デジタルカメラ情報サイト

国産現像ソフトの雄 SILKYPIX Developer Studio Pro 7を試してみる(デジカメWatch)

【気になる(国産カメラメーカーブランド以外の)現像ソフトレビュー】
かゆいところに手が届く細やかさ
by 北村智史

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • nroff
    • 2016年 8月 18日

    DxO OpticsProの記事は参考になりました。
    Capture OneやRawTherapeeは取り上げてくれるかな。

    • 匿名
    • 2016年 8月 19日

    シルキーは、ノイズ塗り潰しと海外ソフトの様な外人好みの原色がきつい下品な色にならなくていいんだけど、肝心のソフトとしての操作性が悪く、痒いところに全く手が届かないのと解像度が劣化するのが大きな欠点。そんな状態でLRより割高では、ジリ貧になるだけ。

      • 匿名
      • 2016年 8月 20日

      SILKYPIX、高いよね。DxOもC1もASPもLRもあるけど、SILKYPIXに踏み切れないのは値段。安い方はバージョンアップするの遅いからなぁ。

    • 岩清水
    • 2016年 8月 19日

    シルキーもライトルームもCapture Oneも解像感は今一つでロウセラピーがダントツに良かった記憶があります。以来ロウセラピー一筋です。

      • 匿名
      • 2016年 8月 19日

      基準感度でもNR Offだとうっすらノイズが載るCanon機限定(純正でもサードでもNRの完全Offが出来ないアプリケーションである限り、何らかのDigicに倣ったノイズ塗り潰しが入る)でノイズを粒状感と思うことが出来てRAW現像そのものが目的化してるならそれでもいいだろうね。

        • 岩清水
        • 2016年 8月 19日

        RAW現像が目的化してると言うのは聞き捨てなりませんね。メーカーお着せのJPEGの画質では満足できないからRAW撮りしてるんであって、もちろん現像ソフトが純正ではJPEG撮って出しと同じになるから使用不能。だからいろんな現像ソフトを試すわけですよ。
        例えばDIGICがバージョンアップしてノイズが減ったと喜んでいる人がいますがそれはノイズ処理のアルゴリズムが変わったからであってね。
        キヤノン機の基準感度のノイズとは暗部ノイズかな?それはいくらでも解像感の劣化なしに目立たなくできるし、ソフトの操作次第ですよ。

        • nroff
        • 2016年 8月 19日

        匿名さんのコメント内容・価値観が今ひとつ分かりづらいのでお聞きしたいのですが、

        ・Canon機のNRを完全OFFで現像できるアプリは存在しないということでしょうか。
        ・ノイズは残す派ですか/可能な限り消したい派ですか?
        ・ノイズリダクションと解像のトレードオフについてどのようなお考えでしょうか。

          • 匿名
          • 2016年 8月 20日

          > ・Canon機のNRを完全OFFで現像できるアプリは存在しないということでしょうか。
          – 貴兄の理解度と質問の前提が不明瞭だね。前提条件を明示した上で答えておくよ。ソフト会社製の有償販売(含むAdobeの有償サブスクリプションライセンス)ソフトでは、ないね。LRあたりでも、Canon純正のDigital Photo Professionalよりは、NRを少なく出来るが、Adobe StandardでもRAW Therapyで全てのエフェクトをオフにした場合と比べると明らかにノイズを消している。SilkyでもCapture Oneでも程度問題で同じ様なもの。ソフト会社製の有償ソフトではないフリーのオープンソフトのRAW Therapyで、物理的に0ではないかもしれないが、殆どNRなしの状態に出来る。
          > ・ノイズは残す派ですか/可能な限り消したい派ですか?
          – 残すとか消すではなく、初めからない方が良い。正信号でないからノイズ(雑信号)であるわけなので、雑信号を含まない正信号のみ記録した方が、記録の正確性確保の観点から望ましいのは物理の原則。産業用冷却CCDカメラなんかは、ペルチェ2段+水冷ラジエーターでCCD強制冷却して、初めから暗電流ノイズと熱ノイズを限りなく減らして最初から雑信号を含まないようにしている。それと同じ発想だね。だから、感度をむやみに上げない。室内ならば適切なライティングを行い、風景ならば明るさが足りなければ三脚使う。基準感度に近いところを使うから、そもそもノイズを消す必要に迫られる撮り方はしない。スポーツ等の動き者はシャッターチャンス優先だから、その場合はノイズは気にせず感度上げるし、ノイズが気になりすぎる時は、解像悪化してもNRかける。これは、押さえたシャッターチャンスを生かすにはどちらがいいかは被写体と場面で適切な方を選ぶ。
          > ・ノイズリダクションと解像のトレードオフについてどのようなお考えでしょうか。
          – だから、ノイズを消す必要に迫られる撮り方は動き者でない限りしない。風景ならば、強風下でなければ三脚使うし、室内ならば大型ストロボや高演色LED照明で適切なライティングをする。

            • 岩清水
            • 2016年 8月 20日

            私は数年前に有償ソフト含めてNRを完全オフできるのはロウセラピーだけだと気づいたので以来ロウセラピーを使い続けているというわけです。恐らく有償ソフトには大人の問題があってメーカーからライセンスを認める代わりにNRを強制的に掛けるようにという契約があるのでしょう。基準感度にノイズが見えるのはキヤノンだけではなくどのカメラにも存在します。キヤノンのセンサは暗部ノイズが少々多いというのが欠点です。
            デジタル一眼レフのセンサがわざわざ画質の落ちるCCDからCMOSに変わったのも大型センサゆえの消費電力の少なさと発熱の少なさが理由で、長時間露光した時のピンク色の色被りの少なさを見れば一目瞭然です。まさか家電品のデジカメにペルチエ素子を付けるわけにはいきません。
            動きモノはシャッターチャンス優先でなくとにかく被写体を止める方が優先だから周りが暗ければ仕方なくISO感度を上げるしかありません。晴天下ならISO100、F4で1/2000は切れます。何だかあなたの言っていることは机上論で撮影スキルが推し量られてしまうようなものですよ。

            • 匿名
            • 2016年 8月 20日

            >>岩清水

            そもそもお前にはコメントしてない。
            机上の空論だ?お前がRAW THERAPYが使うのもお前の主観上の好みでしかない。ついでに言っておくとお前の前提は、あくまでお前の所有するPCとモニターのキャリブレーションとカラーマネジメント環境上でのことでしかなく、何ら普遍性はない。客観性のないところで、おま個人の主観上の決めつけと思い込みで言われる筋合いはない。

            • 岩清水
            • 2016年 8月 20日

            nroff氏に揚げ足取りのレスをしているところなど、まああなたのようなバカと議論するつもりはないのだけど一言だけ言う。技術者気どりするな。

          • nroff
          • 2016年 8月 20日

          興味深いコメント、ありがとうございます。

    • 匿名
    • 2016年 8月 20日

    >>岩清水

    高校段階で物理IIの履修もしていず、MAECHクラスの大学すら出てないお前にバカとか言われる筋合いはない。学歴を言うと学歴で判断出来ないと言って来るだろうが。学科知識を踏まえた上での技術論について、学科知識習得が劣るものにそれこそ感情論で語られる筋合いはない。

コメントは利用できません。

シグマのミラーレス一眼「sd Quattro」で猫を撮る!(ASCII.jp)

コンパクトカメラ、品不足深刻。震源地ソニーの販売は4割超マイナスに(ニュースイッチ)

最近のコメント

  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 10:40)
    →>レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか? ニコンがシステムカメラだと言っているねhttps://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_nikon-1-brand_04.htm
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 09:57)
    →「同じシリーズなのに製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的です」 百回くらい読んでからレスしてもらいたいですね。 一度リリースしたら未来永劫バッテリーの変更はままならん!なんて言ってません。 技術の進歩、要求性能の変化、法令などの環境に合わせて、 しかるべきタイミングでバッテリーが更新していくのは仕方ないというか ユーザーメリットにもつながります。 NIkon 1は互換性への配慮が足りず、システムカメラとしては落第、 その一つの例としてバッテリーをあげました。 ま、不変と言いつ長年のユーザーでさえ互換性に悩むFマウントのメーカーですから メインストリームでないNikon1に望むのは酷かもしれませんが・・・
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:46)
    →Ken爺は「ベット」とか「カメラバック」とか「ビビット」って書くんだねw
  • User Avatar子供をキレイに撮るたったひとつの冴えたやり方(その2)(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:44)
    →タイトルと乖離した内容の漫画ですねえ(笑)
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:03)
    →ではスパンの話。 四年でフルモデルチェンジするフラッグシップ機と 一年半でフルモデルチェンジした1型機に 相対的な時間の流れを当てはめるのは意味がないのでは? カメラユーザーは千差万別いてたとえばV2から始めてV3に買い替えたユーザーと D3sから始めてD4に買い替えたユーザーとでは1.2年でバッテリー変わっちゃたのは同じで『いや〜、D3sのバッテリーはD2Hから8年も経ってるから変わって当然!』みたいなこと言われても予備バッテリーを買い替えしなきゃいけないのは変わりありません。 α(ホームページはバッテリーの対応機種調べるのに非常に見にくい!)にいたっては現行機種で同じような種類なのにバッテリーが違うのだから、こっちの方がM-KEYさんのいう『バッテリーが変わるのはシステムカメラとしては致命的』に当たるんじゃないでしょうか? wからZになった持ちが良くなったそうですが、互換性を持たせることはできなかったのかな?バッテリー設計技術じゃないからわからないけど。 (ニコンのD7000のバッテリーは互換性持たせながらちまちま良くなってる) 話を始めに戻すとバッテリーがコロコロ変わるのはそのシリーズを買い替えたりして愛用しているユーザーからとっては非常に不便であり経済的にも痛くなります。 ただそれをカメラ一個体の評価として『致命的』と言っちゃうのはどうか?ということです。 そもそもVシリーズは各個体を同時に持ち歩いたり レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか?
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:33)
    →匿名さん アグレッシブに写真撮影してると落とす可能性は結構高いんですよ。 精密機械だからと言って機材に余りに気をかけるのは撮影条件に自ら壁を作ってしまいます。 (ガサツに扱っていいわけではない) だから充分注意するけど事故は少なからず起きてしまう。 まあベットの上でゴロゴロしながらカメラいじって悦に入ってる方々は落とすなんて考えもしないでしょうが。。。(それもカメラの楽しみ方のひとつですが) 使用時はわりかしハードに!終わったら優しくメンテナンスが僕個人のやり方です。 F5のときは僕の不注意だったけど。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:25)
    →ソニーのEマウント機は小型軽量を重視しすぎで強度は二の次のようですが ミラーレス化=強度不足ではなく、むしろフランジバックが短い方が有利です。 別に現行のFX用レンズの全てをミラーレス用に刷新する必要はありません。 新マウントは12-24mmF4、24-85mmF4、Fisheye 16mmF2.8があれば当初は十分、 Fマウントの24-120mmF4や70-200mmF4、Micro60mmF2.8は比較的設計年次が古いので マイナーチェンジでAF-P化すればマウントアダプターで対応できます。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:51)
    →もう一度書くけど 法律の権は解決でよろしいのでしょうか? スパンの話に流れる前に決めときましょう。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:44)
    →落下時の壊れやすさについては 経験上、自重の軽いカメラの方がダメージは少ないと感じています。 スポーツなどでカメラのパワーが必要で、縦位置の頻度が高いなら D5や1DX、D850やEOS 5Dmk4にバッテリーグリップが必要でしょうが D5や1DXのサイズや縦位置グリップは私の用途にはナンセンスです。 手持ちはもちろん、三脚使用時にも縦位置だと重心がセンターポールから 離れる為に安定性が悪いので銀塩時代もF4やEOS-1はバッテリーグリップ (ブースター)無しが基本でしたし F5を買ったもののメイン使用機はもっぱらF100でした。 デジタルになってもD2XよりもD200を多用、高感度対策でD3を買っても 結局はD300を多用し、D3Xでなくα900を選びました。 (D700がD3と同時発売なら迷わずD700を買っていたでしょう) 単に解像度や高感度特性、超広角が必要というなら、 35mmフルであってもコンパクトな方が優位だと考えていあmす。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:22)
    →互換性を保ったままで改正電気用品安全法に適合できたかもしれませんが 登場から8年経っており、 使用機種もD2H、D2X、D2HS、D2XS、D3、D3X、D3Sと変遷していれば、 新型に替わっても(同じ理由でEN-EL3系もEN-EL15にチェンジ)納得できますが、 Vシリーズは機種ごと、それも1年半に満たないスパンなので比較になりません。 ソニーにかんしても、2013年11月にα7/7Rが発売されてα9までに4年、6機種出ており 「製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的」 にはあてはまらないのですが、これにかんしてはα7IIで変更すべきだたったと思います。 それにWバッテリーをキャリーオーバーされて予備電池を大量に持つよりは Zバッテリーで半分の個数で済む方がユーザーメリットははるかに大きく バッテリー変更を歓迎する声は多いですが、非難する声はほとんどありません。 Nikon 1のバッテリーをソニーEマウント機にあてはめるなら NEX-5はFM500で出して、NEX-5Nで新型バッテリーに NEX-6でNEX-3などと同じFW50にして、α6000でFZ100にして 同時にα5000も未知のバッテリーにするような感じです。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:55)
    →しかし巷にはカメラを落とす話があふれているが、なんで落とすかね。あまりに機材の扱いが杜撰すぎやしないか。ガサツな輩はカメラなんて精密光学機器を扱うのやめたほうがいいよ。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:17)
    →岩清水さん カメラを何度も落としちゃダメですよ! ストラップをちゃんと首からかけなきゃ! まあ個人の機材なので誰に謝る必要はないけど。 でも雪山でネックウォーマーしてて暑くなったので外した瞬間 首からストラップでかけてたF5が凍った雪の上に飛んでいったトラウマが。。。 マウントイカれました。
  • User Avatarダブルカメラを搭載した低価格モデル――HUAWEI nova 2(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:08)
    →天体写真のタイリングは、解像度があがる訳ではなく、多数の画像の中から、シンチレーションの落ち着いた部分を取り出してつなぎ合わせてる。 だから、同じ多数の画像から合成するなら、2/3インチのカムコーダーで口径5cm程度の望遠鏡で撮ったものよりは、20cmシュミカセにSuper35のシネカメラで撮ったものをタイリングした方が遥かに高分解能、高解像度。タイリングは、寧ろシンチレーションの影響の大きい大口径シュミカセの方が効果がわかりやすい。 あと、連星や球状星団の個々の星の分離は小口径の望遠鏡で小センサーで撮ったものは、いかに多くの画像をタイリングしても大口径の望遠鏡にAPS-C以上のセンサー撮ったものには絶対に歯がたたない。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 23:06)
    →もちろんミラーレスになったも 今あるレンズ資産を活かせるFマウントの固執してます。 僕の場合、解放1.4とか短いフランジバックによる小型化とかは 大三元レンズ全て買い替えというリスクに比べれば 全く必要ありません。 でもZマウントになっちゃうんですよね。 それで高級Fマウント保持者がどっかに行っちゃわなきゃいいけど。 新しく揃えるなら他社でも費用的に変わらないだろうし。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 22:12)
    →岩清水さん よいかどうかは僕に判断権はありませんが 間違ったことをしたのに気づいたときに正直に謝るというのは 社会人として正しいと思います。 (ある意味、岩清水さんをダシに使ったようで申し訳ありません) あと話題転化として持ちうる知識(及びググったデータ)を駆使して 全くベクトルの違う方向に話を持ってって 絶対に自分の過ちを認めないという方法もありますぜ!
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 22:03)
    →え〜っと 法律の件は解決でいいのかな?
  • User Avatar襤褸猫ダブルカメラを搭載した低価格モデル――HUAWEI nova 2(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:59)
    →逆にラインスキャンが可能な物はそれで対応、天体向けなんてどっちにしても一品物なので、センサーアレイで対応、複数視点合成は仕事で散々恩恵を受けているので(SfM万歳)画像合成もまだまだ進化するでしょうし、そこまで大型センサー万歳、となるの?とも思いますが。 美術品も天文もマルチスペクトルの有難味が大きい世界なので、小型+バンドパスフィルタでアレイ組んで撮影、もあり得ます。 GMと同じ以上の能力があって重さ100g、とかなら私も乗り換えますも、仕事カメラ。
  • User Avatar襤褸猫4K対応マイクロフォーサーズシネマカメラなど、展示会に見る動画機材のトレンド(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:48)
    →値段は本体価格こそ安いですが、メディアにそれなりにかかり、4Kで撮影フローを組むならPCもそれなりのスペックが必要なのでそこそこな出費に。 でも、50万でとりあえずのワークフローが出来、Davinchi resolveが手に入るからそれなりに魅力ではありますが。 GH5SというかGHシリーズはmp4で撮影が出来るのでさっと録るYoutuberなんかは完結できるカメラとしてパナを買う気はします。 まぁ仕様も、工業製品と手工品の差があるらしいですが、ブラックマジックデザイン製品は。熱対策は某メーカーと違ってしっかりやっているかもしれませんが、その辺はパナは絶対的な信頼がありますし。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:28)
    →D3100を落としたが、キットズームが曲がっただけで本体は無傷だったよ。
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 21:06)
    →初代EOS-1Dを何度か落としましたが傷がついただけで本当に丈夫なカメラでした。D800を落としたらマウントごとレンズが取れました。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/19 20:39)
    →既存のミラーレス用のEVFは糞だね。今となっては画素数で負けるが3.5インチ液晶使ったシネカメラ用のEVFを知っているとトーンの再現が滅茶苦茶でソニーを中心に糸巻歪曲が目立つ0.5~0.7インチクラスの豆粒液晶を宝石鑑定ルーペよりも安っぽいアイピースで拡大してるEVFなんて無理だね。あのレベルじゃとてもOVFに取って代われるものではない。

アーカイブ