デジタルカメラ情報サイト

【改めて解説】「速写ストラップ」のメリットとは?(デジカメWatch)

2016.08.29

1件

【特別企画】
速い・便利・使いやすい…まだの人に伝えたい3つのポイント
メリットその1:すばやく撮影体勢に移ることができる
メリットその2:移動中も楽で安全
メリットその3:「からまりにくくて縦位置撮影にも便利」
ではデメリットは?
まとめ:こんな人にオススメ!
by 秋山薫

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • 匿名
    • 2016年 8月 29日

    速写ストラップは各社色々出しているが、自分はオプテックのを使っている。
    『OP/TECH ユーティリティストラップ・スリング』

    これだけだと構えた時にストラップが邪魔してしまい具合がよくないので、ストラップホールのあるクイックシューと合わせて使ってその問題を解決できた。

    カメラの上面、自分が構えた時に左手側に来るストラップホールと、カメラ下部のクイックシューのストラップホールをオプテックスのストラップでつないで使うようにしている。

    このスタイルだとカメラを常時左手側に待機させられる上に、左手の手の平は常時カメラの底面側をキープできるので撮影ポジションに持ってくるのがスムーズでよろしい。
    また左手で常時カメラをキープするのはレンズ保護の目的も兼ねる事ができるのも良い。

コメントは利用できません。

キヤノン「EOS 5D IV」、3名の写真家が注目する改良点(日経トレンディネット)

デジタル一眼ランキングにキヤノン「EOS M10 ダブルズームキット」が初登場(ITmediaデジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ