デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「完全に」透明なマウントアダプターを作る–OLYMPUS AIRをフレキシブルに活用(デジカメWatch)

【切り貼りデジカメ実験室】
by 糸崎公朗

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2016年 8月 31日

    焦点距離90ミリ程度の引き伸ばしレンズを使えば、無理にマウントを逆向きにせず
    蛇腹の取り外しだけで目的が達成できるだろう。
    75~80ミリでもいけるかもしれない。
    あ、それじゃ加工度が低くて記事になりにくいか?

    • 糸崎公朗
    • 2016年 9月 01日

    コメントありがとうございます。実はこのベローズとセットで使うためのヘリコイド無しのマクロタクマー100mm F4も持ってるのですが、ハズレ個体なのかもともとデジタルと相性が悪いのか?どうも今ひとつピントが合わないのです。
    と言うことでマクロキラー40mmの出番になりました。
    みなさんにもぜひいろいろ試していただければと思います。

コメントは利用できません。

キヤノン、グローバルシャッター搭載のCMOSセンサーを開発(デジカメWatch)

いまさら聞けない「レフ板」(リフレクター)入門(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ