デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水族館撮影のテクニックを教わってきた(デジカメWatch)

【特別企画】
手強い環境&被写体…上手に撮るための工夫とは?
by 飯塚直

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2016年 9月 01日

    歌もうまいし素敵な写真を撮れる美人なお姉さんに是非指導してほしい。

      • 古参者
      • 2016年 9月 01日

      似た名前の人と間違ってないか?

        • おじさん
        • 2016年 9月 05日

        水樹菜々って写真もうまいの?

    • 匿名
    • 2016年 9月 02日

    この記事の撮り方より 大きめのゴムフードを(ステップアップリングを介して)取り付けて、フードを水槽に押し付けて撮るのがよい。

      • 古参者
      • 2016年 9月 02日

      ゴムフード作戦も良いが
      http://www.443c.com/reflecter/
      だと、アングルの自由度が上がるよ。

        • 匿名
        • 2016年 9月 02日

        そう思ってだいぶ前に買ったんですが、
        大き過ぎ&柔らかいことから
        ・姿勢によって傾きかげんが変わる
        ・レンズの操作の邪魔になる
        ・構造上、かなり近づかないと周りが映ってしまう
        等々
        結局ゴムフードの方が良いという結論になりました
        ゴムのフードもアレはアレで結構硬いので、フードの外側に柔らかいスポンジ等の層を付けると、
        水族館の水槽などの曲線にフィットしやすいです

          • M-KEY
          • 2016年 9月 02日

          私は30cm四方のネオプレンゴムのシートの四隅に吸盤を付けたモノを自作していますが
          http://www.hakubaphoto.jp/products/detail/0101160051-4H-0Y-00
          のようなワイド系のラバーフーでも、たいていの場合は問題ないと思います。
          ニンンジャレフはヒカリモノの物撮りの時に重宝しています。

コメントは利用できません。

エプソンColorio V-edition第2弾「EP-30VA」(デジカメWatch)

EOS 5Dシリーズの違いを見てみよう(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ