デジタルカメラ情報サイト

あの「ZEISS純正」iPhone用コンバージョンレンズに、テレとマクロが登場(デジカメWatch)

【特別企画】
カメラファンも納得するさすがの高画質 ZEISS譲りの高い質感も魅力
準標準の画角が気持ちよい、ポートレート撮影向けの「Mutar 2.0x」
小さなものを拡大して撮れるマクロレンズ「Vario-Proxar 40-80」
まとめ:ずば抜けた画質と高い質感 iPhoneの撮影領域を拡げる良アイテム
by 三井公一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2016年 9月 09日

    素敵なお姉さんに癒される~

    • 匿名
    • 2016年 9月 10日

    時代はデュアルレンズ

    • 匿名
    • 2016年 9月 19日

    こういうフロントコンバージョンレンズは逆立ちしてもマスターレンズの解像越えられないんだが。
    精々、画質の劣化が多少減るかどうか程度の差しかない。リアコンバージョンレンズでマスターレンズの残存収差除去に特化した天体望遠鏡のレデューサー、エクステンダーやコマコレクターの様な性質のレンズでなければ、ツァイスが設計しようがシナや半島メーカーが設計・製造しようと大した差はない。

      • 匿名
      • 2016年 9月 20日

      まあまあ。
      ターゲットは、なんちゃってツァイスに引っ掛かる客層ですから。

        • 匿名
        • 2016年 9月 20日

        なんちゃってじゃないよね?

          • 匿名
          • 2016年 9月 20日

          ブランドに騙される
          舶来物信者ホイホイとしか

    • 匿名
    • 2016年 9月 20日

    デジカメ使った方が早い気が…

コメントは利用できません。

FUJIFILM X-T2の生産追いつかず(デジカメWatch)

ライカ銀座店、10周年記念の「ライカM-Pチタン」を発売(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ

最近のコメント