デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トキナーレンズに新シリーズ「FiRIN」誕生(デジカメWatch)

ミラーレス用の高品位ライン 第1弾はソニーEマウントの20mm F2
「ミラーレスカメラ用の高品位交換レンズシリーズ」という位置付け

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (25)

    • 匿名
    • 2016年 9月 13日

    EマウントレンズはMFでも電子接点あるのがほとんどだが、結局歪曲や色収差、周辺光量不足を電子補正する前提の設計をしているということか?

      • 匿名
      • 2016年 9月 13日

      >周辺光量、ディストーション、色収差などのボディ内光学補正にも対応。

      普通「光学補正」って言ったら電子式に対して光学式と使われるようにレンズで対処する事を指さないか?
      ソニーの言う「ボディ内光学補正」ってのは「周辺光量」「ディストーション」「色収差」をボディ内で光学的に補正するって受け取れるけどそれは無理だろ。

      こんなの消費者を誤認させようって魂胆があると受け取られてもしょうがないでしょ。

        • 匿名
        • 2016年 9月 13日

        > ソニーの言う「ボディ内光学補正」ってのは
        ソニーは言ってないだろ?
        インプレスか、もしかするとトキナーが言ったのかは知らんが。

          • 匿名
          • 2016年 9月 13日

          トキナーも言ってないぞ。
          http://www.tokina.co.jp/camera-lenses/news/tokina-firin.html

            • 古参者
            • 2016年 9月 13日

            そのページには「周辺光量落ち、ディストーション、色収差等の光学データを搭載。レンズが持つ光学特性データをカメラに伝えることができ、レンズの優れた光学特性とカメラによる画像処理それぞれの長所を活かした、理想的な画像を得ることができます。」とある。
            「球面収差や歪曲収差、色収差などの各収差を極力補正し、高解像と低歪曲を実現」した上で残った光学(的な収差を電子的に)補正するんだろう。

        • 匿名
        • 2016年 9月 13日

        自己レスだがセンサーのマイクロレンズで周辺減光を補正はできるから「ボディ内光学補正」がそれを指しているのなら間違ってはいないな。

        • M-KEY
        • 2016年 9月 14日

        Eマウントで明るい光角が欲しかったので吉報です。
        夜景を撮るならAFはむしろ邪魔だし、APS-Cでもスナップには使いやすい焦点距離距離です。

        電子補正無しでビネット、ディストーション、フリンジ等がないのが理想ですが
        高価で大きなレンズになるなら、電子補正併用でミラーレス機らしいサイズと
        買える値段の方がありがたいです。
        コシナレンダーの21mmF1.8が¥118,000、ニッコールの20mmF1.8が¥105,000なので
        10万円切りを期待したいです。

          • 匿名
          • 2016年 9月 14日

          「光角」…..これはこれでありそうな用語だ。

            • M-KEY
            • 2016年 9月 14日

            すみません、ミスタイプです「広角」ですね。
            ウルトロン21mmF1.8、ニッコール20mmF1.8とも実売価格は8万円台半ば、
            サイズは69×81.5mm 490g フィルター径62mmなので
            ウルトロン(69×78.4 mm 412 g フィルター径58 mm)にマウントアダプターを
            付けたのより少し大きく、ニッコール(82.5×80.5 mm 355g フィルター径77 mm)
            よりはぐっとコンパクトに感じそう。

      • nroff
      • 2016年 9月 13日

      > CPUと距離エンコーダーも搭載しており、設定距離や絞り値といった情報をカメラに伝達できる。

      電子接点の使用目的はまずこちらでしょう。これないとExif情報つきませんし。

      「電子補正(も)できる」のと「電子補正する前提」は違いますよ。

        • 匿名
        • 2016年 9月 13日

        Eマウントはその径の小ささ故に後玉径の大きさには制約がある。
        その結果小さな後玉からセンサー端まで光を届かせるためには他マウントよりも斜めに光を導いてやらなきゃならず、特に大口径望遠レンズではその程度が大きくなる。
        またコサイン四乗則などにより周辺減光も大きくなりがち。
        光学補正に限界があるので、電子補正前提としたレンズ設計となり、電子接点が必要になる。
        カメラ好き仲間内での議論ではこんな説もあったのだが、真偽のほどはどうなんだろうか。

          • 匿名
          • 2016年 9月 13日

          電子補正する前から、電子接点は存在しているよ。
          ちなみに、周辺光量低下な。

            • 匿名
            • 2016年 9月 13日

            フルサイズの話ではなくて?

          • 匿名
          • 2016年 9月 13日

          ここ2-3年の進歩ででセンサー上のマイクロレンズの改良やS/N比ダイナミックレンジなど
          ありとあらゆる常識が覆ってきてるから、昔の常識で思考が固まってる「カメラ好き」さんの常識はもう通用しないのでは?
          そもそもソニーのFEマウントってニコンFとほぼサイズ同じだしニコンもダメってことになるし。

            • 匿名
            • 2016年 9月 13日

            ニコンFマウントと内径はほぼ同じだがフランジバックが倍ほど違う。Eマウントの方がより撮像面に近いところに狭い口があるから、テレセン性の面では若干不利だろう。
            従来のFマウントは絞り駆動レバーがあってこれが邪魔してたが、Eレンズが主流になってくるとその問題も解消。
            電子接点の位置についてFマウントはマウントリングの裏側(上面?)についているが、Eマウントはマウント面にあるので後玉と干渉する。だからフレアカッターを設けてごまかしているが、Eマウントの方が配置的に制約が多い。
            FマウントよりEマウントの方が設計は厳しいと思うぞ.
            だから歪曲や周辺光量の不足、各種収差が大きくならざるを得なくなり、電子補正しているんじゃないかと俺も考えてるが?

            • 匿名
            • 2016年 9月 13日

            レンズを馬鹿でかくしてテレセントリックを良くすればいいだろうけど、ミラーレス機のメリットのひとつは失われますね。ただ、ライカMのセンサーは超広角でさえかなり上手く周辺まで受光している。レンズがあんなにコンパクトなのに。

          • 匿名
          • 2016年 9月 14日

          >Eマウントはその径の小ささ故に後玉径の大きさには制約がある。
          ニコンFマウントより少し大きいんだが(苦笑)

            • 匿名
            • 2016年 9月 14日

            実物見りゃわかるがほぼ同じだよ。1mm違わない。
            フランジバックの違い分、望遠レンズ設計ではEマウントの方が制約が出る。
            ただニコンとソニーで了とする基準が違うだろうし、Eマウントの方が電子補正に対するハードルは低そうだから、実際は大差ないだろうが。

            • 古参者
            • 2016年 9月 14日

            でも20mmならマウント経は問題ないね。

            • 古参者
            • 2016年 9月 14日

            いかん、変換ミスした。
            マウント経なんて新興宗教の経典みたいだ。
            正しくはマウント径ね。

            • 匿名
            • 2016年 9月 14日

            >マウント経なんて新興宗教の経典みたいだ。

            フォビオン経典というのがあって

            べいやぁはいれつえせでじかめ
            べいやぁはいれつえせでじかめ
            べいやぁはいれつえせでじかめ
            べいやぁはいれつえせでじかめ

            と1日5回唱えるのだそうだ。

    • 匿名
    • 2016年 9月 13日

    トキナーはCとNに続くNo.3はソニーと想定しているのだろうか?

      • 匿名
      • 2016年 9月 14日

      純正レンズが充足してるニコキヤノに割って入るよりソニーの方が組みやすしと踏んだのでは?
      ソニーも台数出て来たしね。

      • おっさん
      • 2016年 9月 14日

      シェア的には、キヤノン、ニコン、ソニーだから、とうぜんでしょ。トキナーはニコン用は作るけど、キヤノン用は作らない。ライセンス料を払いたくないのか、もともと嫌いなのか。

コメントは利用できません。

純正ソフト以外でシグマのRAWファイルを見る方法–SIGMA sd Quattro(デジカメWatch)

アイ・オー・データ、独自ミラーリング機構搭載の2ドライブNAS(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ