デジタルカメラ情報サイト

懐かしいデザインのニコン用レンズ「NOKTON 58mm F1.4 SL II S」(デジカメWatch)

露出計連動爪つき ニコンDfと組み合わせた写真を掲載

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 匿名
    • 2016年 9月 16日

    まあこういう「衣替え」もいいんだけど…VMマウントレンズのデジタル対応の方をもっと進めてほしい。
    21/2.8とか28/2.0なんか特に。ぐずぐずしているとトキナーに席巻されちゃうぞ。

    • M-KEY
    • 2016年 9月 17日

    Fの後半からF2初期の頃のニッコールテイストですね。
    私はこれの始祖の復刻トプコールを持っており、
    未使用時にフードを逆付け収納できるのは便利です。
    ところが、このノクトン用のフードはねじ込み式ですね。
    調べてみましたが、逆付け収納は出来なさそう。
    しかもアタッチメントサイズが52mmなのに
    品番が「LH-58s」という不思議。
    逆付け(がおそらく)可能で価格も半分くらいの
    ニコン純正HS-12を使った方が良さそうです。

    • Ken
    • 2016年 9月 18日

    CPUの電子接点付きだから最小絞りでAF以外のオートは使えそうだけど
    さすがにロックは付けなかったんですね。
    ロック付けるとこのデザインには合わないのはわかったいますが。。。
    今の純正でもなんかの拍子でロックが外れて
    『最小絞りになったいませんエラー』表示が出て焦ることがあります。
    この手のレンズ使う方はそれくらいじゃ慌てないかな?
    それくらいで逆に焦るひとはこのレンズをセレクトしない?

      • 匿名
      • 2016年 9月 18日

      >それくらいで逆に焦るひとはこのレンズをセレクトしない?

      多分コレw

      • M-KEY
      • 2016年 9月 18日

      PC-Eニッコールには最小絞りの次に「L」ポジションがありますがロックはありません。
      (最小絞りだけとの間だけクリックが少し強めになっています)
      このレンズを使う時は「L」ポジションにしてカメラ側のダイヤルで絞りを操作する事が多く
      ロックボタンがあった方がいいと感じる事はあります。
      アオリの必要が無いときはコシナツァイスのマクロプラナーT*2/50を使います。
      この時はレンズ側を最小絞りにするよりも,ダイレクトに絞りリングで設定する事が多いです。

      このノクトンを使う人もマニュアル露出モードや絞り優先モードを主に使うのでは?
      それなら、レンズ側の絞りリングで絞りを設定する事が多いので、むしろロックは邪魔です。

コメントは利用できません。

ソニー、クリップオンフラッシュ用の電波式ワイヤレスシステム(デジカメWatch)

固定鏡胴の新デザインになった「HELIAR Vintage Line 50mm F3.5」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ