デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レンズ構成を刷新した新世代「プラナー」に迫る!ーーZEISS Planar T* FE 50mm F1.4 ZA(デジカメWatch)

【インタビュー】
なぜ「Gマスター」ではなく「ZEISS」ブランドなのか?
3本の標準域レンズをどう選ぶ?
一見プラナーに見えないレンズ構成の謎
後群の補正レンズ系とAAレンズが高画質化に寄与
光学系を最優先したサイズだがホールディング性も考慮
「ぜひ絞り開放で使って欲しい」
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (60)

    • 匿名
    • 2016年 10月 03日

    この大きさだとα99 IIのほうがバランス良さそうだね、もちろんマウントが違うけど。

      • 匿名
      • 2016年 10月 03日

      たしかに。
      こういうレンズを見るとEマウントの径が、
      細過ぎて妙な格好に見えます。
      正直言うと、こういったレンズは、
      アキュートマットの光学像で味わいたいです。

    • 匿名
    • 2016年 10月 03日

    >ZEISSブランドには歴史あるブランドであり、変なものは出せないという思いがあります。

    なんちゃってツアイスの24-70/4の望遠端で遠景を撮ったらまったく解像せず不良品かと思ったが、ソニーに送ったら「MTF測定で問題ありません」という返事だった(爆)
    MTFチャートを撮影するためにレンズ買っている客は少ないと思うんだけどねw
    MTF測定でソニー社内の甘々基準に到達したら「変なものではない」という判断なのだろう。
    「歴史あるブランド」に胡坐をかいているうちにシグマに追い越されたようだよw

      • 匿名
      • 2016年 10月 03日

      ソニーのツァイスは、元々ハンディカム派生だから、
      ブランド云々より、なんちゃってイメージが強い。

      • 匿名
      • 2016年 10月 03日

      ツァイスをソニーブランドとは格の違うプレミアムな位置づけにしたかったのなら、これまでコンデジやハンディカムに易々とZEISSなどと入れてきたのは失敗だったな。
      自分の引き出しの中にも、もはやゴミに等しい旧型サイバーショットが転がってんだけれど、そんなものにもこれ見よがしとばかりに刻印がしてあって、自分の中に存在していたかつてのZEISSという特別な響きはもう消えてしまったよ。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        そうだね。サイバーショットの普通のでもツァイスだったし。
        一時的にはそれが有効なときもあったのだろうけど
        長い目で見れば、ソニーのツァイスはなんちゃってだと皆わかってしまう時代だけに、
        大盤振る舞いしすぎたと思うね。
        あと、一眼の世界でツァイスといえばやっぱりヤシコンで富岡光学の尽力。
        そこにサイバーショットやハンディカムから流れ込んできたソニーのツァイスじゃ
        偽物感がどうしても印象としてあるのも事実。

        最近やっとGマスターというブランドを育てようとする動きが出てきて
        ようやくソニーも分かってきたのかなと思い、期待している。

          • 匿名
          • 2016年 10月 04日

          パナソニックのライカも同じだね、
          発想が同じなのが何とも・・・・

      • 匿名
      • 2016年 10月 03日

      > 「歴史あるブランド」に胡坐をかいているうちにシグマに追い越されたようだよw
      シグマは光学設計がよくても、マイコンもマウントもリバースエンジニアリングだから
      ボディ側が更新される度に何かしら問題が出てくるのがなぁ…

      • 匿名
      • 2016年 10月 03日

      遠景で写りがおかしいのなら、
      特定距離でMTFチャートで確認したって意味ないわな。
      不具合処理がきちんと出来ない見本みたいな話だね。

        • 匿名
        • 2016年 10月 03日

        おそらく遠景描写に欠陥があることを知っていて商品化したのだろう。クレームが来ることもあらかじめわかっていて「MTF測定で・・・」という紋切り型の回答を用意してクレームを切り捨てる方針があらかじめ出来ていたものと。。。S社にはレンズ設計ができる技術者なんているのかな?設計も製造も外部に丸投げじゃないか?

    • 匿名
    • 2016年 10月 03日

    いくらなんでも巨大過ぎない?

      • 八科会
      • 2016年 10月 03日

      高画素のセンサーに最適な解像のレンズを作るとこれくらいの大きさになるのでは?

        • 匿名
        • 2016年 10月 03日

        フランジバックが短くてレンズ設計自由度が上がるとか、
        いろいろ言われていたが、あまり製品では分からないね。

      • 襤褸猫
      • 2016年 10月 03日

      焦点距離が長くなるほど前玉はでかくなり、フランジバックが短くなっても結局マウントギリギリまでレンズを詰めないとテレセン性と周辺画質の確保が難しいので、結局明るいレンズはミラーレスだろうと一眼レフだろうとでかい、になってしまう、と。

    • 匿名
    • 2016年 10月 03日

    フードつけたらほとんど大三元標準ズームなみだな

      • 匿名
      • 2016年 10月 04日

      海外のサイトで外人のおねえちゃんのポトレのサンプル見たんだけど、こんだけ大きくても口径食(レモンボケ)キツイみたい。レモンどころかほぼ柿の種レベルに見えた。
      あとソニーの人、ボケにこだわった、二線ボケは許されないみたいなこと言ってるけど、そのサイトのサンプル見る限りボケがうるさいんですが・・二線っぽいし。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        こだわった割には結果が微妙ですね。
        このあたりがレンズ設計の難しさか…

        しかしながら、ホントに巨大ですね。
        いくら何でもって感じざるを得ません。

          • 匿名
          • 2016年 10月 04日

          結局デジタルカメラの高性能化高画質化が、フルサイズ機用のレンズはここまで大型化しないと持ってるポテンシャルを活かせないということを明らかにしてしまったということ。
          プロはいいのかもしれないが、多くの一般ユーザーにとっては、フルサイズはもう、大きい重い高い、の三重苦のカメラになってしまった。
          批判はあるだろうが、その三重苦を逃れ得るベストフォーマットはやっぱりマイクロフォーサーズあたりと思う。APSC機がハイアマチュア向けくらいが妥当では。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            MFレンズをアダプターを介してα7で使えば重たくも大きくもないよ。使いこなせない人にとっては三重苦だろうけど…
            それにα7のボディ重量は マイクロフォーサーズ機のGH4やもうすぐ発売されるパナソニックG8より軽いw

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            人が快適に持ち歩ける、「人」を基準にフォーマットを決めると
            何が一番バランスがいいか突き詰めて考えてみると面白いかもね?

            センサーはどんどん微細化して高画素高性能にできるかもしれないけど
            物理法則は曲げられないからレンズだけは小さくできない。
            だから本体は小さくできてもレンズは小さくできない
            という矛盾を露呈してしまったレンズとも言える。

            もちろんスタジオ専用で使う場合やアシスタントがレンズを運んでくれる
            偉い先生なら大きさは度外視してもいいかもしれないけど
            それならボディも小さくする必要ないよね?

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            ボディだけ小さくてもなー。
            その分電子補正しなけりゃ周辺光量も足りない歪曲も大きいと画質面への弊害が多いじゃん。
            適正なボディサイズと適正なレンズのサイズ、そして良いバランス。そこが重要でしょ?
            m4/3のE-M1+12-40f2.8くらいの組み合わせが僕には丁度いいな。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            4/3じゃボケを得にくいのがネック。
            やはりAPSから35フルあたりじゃないと
            作画面での自由度が狭い気が。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            匿名 :
            4/3じゃボケを得にくいのがネック。
            やはりAPSから35フルあたりじゃないと
            作画面での自由度が狭い気が。

            自由度が狭いって言い方変じゃないか?

            まあいいけど。その自由度って要は画角に対してのボケ量の事でしょ?
            そんな事言ったらフルサイズは中判に到底かなわないよ。

            • 古参者
            • 2016年 10月 04日

            MFT用のオリ12-40/2.8PROよりもAPS-C用のソニー16-70/4Zの方が小さい。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            だからこそ中判の存在価値があるわけだよ。
            m4/3ヲタは、すぐに無理やりm4/3押しするから嫌われる。
            35フルの1/4しかないポケットフイルムサイズじゃ、
            やはり物足りない人も多いんだよ。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            >まあいいけど。その自由度って要は画角に対してのボケ量の事でしょ?
            >そんな事言ったらフルサイズは中判に到底かなわないよ。

            現実を知らない初心者の勘違いかな?
            現時点で一番大きなボケが得られるのはライカ判フルサイズ。
            中判のほうがフォーマとは大きいのだが、大口径レンズが用意されてないのさ。
            例えばライカ判フルサイズに用意されている135ミリf2、105ミリf1.4、85ミリf1.4、50ミリf1.2に対して「同じ画角で同等あるいはそれ以上のボケ」を提供するレンズは中判デジタルカメラには存在しない!
            勿論上記は「ボケの大小」に限定しての話。画像のダイナミックレンジとか精細感とかは別問題。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            35フルなら、安い50mmF1.8でも
            結構なボケ表現が出来るからな。

            でもさ、だいたいF1.4開放で周辺までしっかり解像するなんて
            ホントに必要なのか?考えるべき。
            こんな肥大化させてしまって、何をやってるんだかって思うよ。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            ›だから本体は小さくできてもレンズは小さくできない
            ›という矛盾を露呈してしまったレンズとも言える。

            別に矛盾でもなんでもない。
            レンズを少数しか持たない人には全体におけるボディの比率が高く、ボディが小さいメリットが大きい。レンズを多数持ち歩く人は多くの場合ボディを複数持つので、やはりボディが小さいメリットは少なからずある。
            ボディが小さいメリットをあまり感じられないのは、多数のレンズを持ち歩いてボディは一台だけって人くらいだよ。自分や周りがそんな人ばっかりだと言うなら、そりゃ脳内世界の話だろって疑いたくなる。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            >35フルなら、安い50mmF1.8でも
            >結構なボケ表現が出来るからな。

            そう思うんなら安い50mmF1.8だって出てるんだから、そっち使えばいいだけだろ。
            そんなに大げさに、何をわめいているんだかって思うよ。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        ――全長が長くなると口径食が大きくなるということはないですか?

        細井:それはないですね。

          ↓
         実写

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        http://www.stevehuffphoto.com/wp-content/uploads/2016/07/DSC00017.jpg
        ポトレじゃないけどこれもたいがいだな。

        •   
        • 2016年 10月 05日

        >あとソニーの人、ボケにこだわった、二線ボケは許されないみたいなこと言ってるけど、
        >そのサイトのサンプル見る限りボケがうるさいんですが・・二線っぽいし。
        ツァイスは二線ボケは残すの好きだと思ったんだけど。

          • 匿名
          • 2016年 10月 06日

          多少ボケがうるさくても解像度重視がツァイス
          多少解像度が甘くてもボケの美しさ重視がG/GM
          今日のツァイスもこの住み分け通りですが何か?

            • 匿名
            • 2016年 10月 06日

            RTSⅡ時代、ツァイスに解像力を期待して
            使ってる人間なんて居なかったんだが。
            むしろそういう数字に出ない空気感とかを強調する
            宣伝をツァイス自身が打っていたくらいでね。

            過去を勝手に書き換えないように!

            • 匿名
            • 2016年 10月 06日

            SONYツァイスとGレンズの違いは以下のサイトが詳しいかと
            http://www.sanei.ne.jp/cp-bin/wordpress/?p=7583

          • 匿名
          • 2016年 10月 06日

          かつては、解像はするがボケが汚いニッコール、
          多少甘いが味わいのあるツァイス、という認識でした。

          だから使い分ける人もいました。

          ついでに、キヤノンはカラー撮影で映える、
          ペンタは逆光に強い、などなど。

    • 匿名
    • 2016年 10月 04日

    匿名 :
    だからこそ中判の存在価値があるわけだよ。
    m4/3ヲタは、すぐに無理やりm4/3押しするから嫌われる。
    35フルの1/4しかないポケットフイルムサイズじゃ、
    やはり物足りない人も多いんだよ。

    中判の存在価値があるというか実は中判くらいが無理なく
    光学系とセンサーの高性能化が可能な理想的なサイズなんじゃないかと。

    35mmフルサイズってフィルム時代からのもの、デジタル時代に
    その大きさにこだわる必要はないわけで、フルサイズこそ中途半端な
    サイズなのかもしれない。

      • 匿名
      • 2016年 10月 06日

      35ミリ自体、フイルム時代は小さな規格だったからな~
      だから35ミリのフルじゃ、おじさん的には大したサイズでもないのよね。

      デジタル時代になり、撮像サイズが自由なんだから、
      もっと多様なサイズがあっていい。

        • 襤褸猫
        • 2016年 10月 06日

        まあここで言われている中判がベスト判ハーフに近い44x33mmでしかないですからね。
        フィルムの頃はブローニーの645はセミ判で、本来の6×6、6×7に比べたら35㎜に近い、とか言われていましたし。

        とりあえず、ペンタックスは645Dに本来の645に近いサイズの素子を乗っけたDFAモデルを是非。

          • 匿名
          • 2016年 10月 06日

          確かに。
          ペンタックス645Z後継機には、
          645フルが欲しいね。

    • 匿名
    • 2016年 10月 04日

    匿名 :
    >まあいいけど。その自由度って要は画角に対してのボケ量の事でしょ?
    >そんな事言ったらフルサイズは中判に到底かなわないよ。
    現実を知らない初心者の勘違いかな?
    現時点で一番大きなボケが得られるのはライカ判フルサイズ。
    中判のほうがフォーマとは大きいのだが、大口径レンズが用意されてないのさ。
    例えばライカ判フルサイズに用意されている135ミリf2、105ミリf1.4、85ミリf1.4、50ミリf1.2に対して「同じ画角で同等あるいはそれ以上のボケ」を提供するレンズは中判デジタルカメラには存在しない!
    勿論上記は「ボケの大小」に限定しての話。画像のダイナミックレンジとか精細感とかは別問題。

    画角で比較しないとwww

      • 匿名
      • 2016年 10月 04日

      > 画角で比較しないとwww

      「同じ画角で」と書いてあるのに 文章がちゃんと読めないユトリ幼児ちゃんかな?

      • nroff
      • 2016年 10月 04日

      8×10のアップのポートレート見たことあるけど、8×10以外では撮れなさそうな被写界深度の浅さでしたよ。

      とはいえ、135フルのレンズが最も充実しているのは事実でしょう。

      個人的には画面の均質さを重視したいと考えているので、開放から周辺部も使えるフルサイズ対応レンズ、というと少ない/極端に巨大・高価と考えます。
      m4/3〜APS-Cにそこそこ良いレンズを着けて使うのが自分としてはベストバランスです。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        個人的にはAPSC~APSHあたりかな。
        4/3じゃ心もとない。

      • 匿名
      • 2016年 10月 04日

      現時点での話ししてどうするの?フルサイズは35MMフィルム時代から
      フォーマットを引きずってるから偶々色々なレンズがあるだけで中判が
      流行ればすぐに明るいレンズが出てきてフルサイズなんてフォーサーズ
      みたいな扱いになるよ。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        >流行ればすぐに明るいレンズが出てきて

        すぐに?? そうなってから書き込みなw

          • 匿名
          • 2016年 10月 04日

          中判全盛の時代が来るときはm43みたいな共通フォーマットにしてほしいね。
          そうすれば意外に「すぐ」は近いかもしれない。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            最後発のフジGFXだって独自マウントなのに近々中判の共通フォーマットが実現して、おまけに大きくて高くて手振れ補正もない中判が世の中で流行して全盛時代が来て、それで意外にすぐ明るいレンズが出てくる、と。すごい未来予測。

            それに中判に明るいレンズがないのは、需要が小さいのだけが理由じゃないんだけどな。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            明るけりゃいい
            ボケりゃいい
            センサーは大きけりゃいい
            連写数は多けりゃいい
            そう言うのただのスペオタっていうんだよ

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            “そう言うのただのスペオタっていうんだよ”

            だったらマイクロフォーサーズでも使ってろよ。

          • 匿名
          • 2016年 10月 04日

          4/3のオリパナじゃどちらも微妙だったが、
          フジとペンタックスあたりが組んだら
          意外に面白いかも知れん。
          ハッセルは後が続かないと予測。

        • 匿名
        • 2016年 10月 04日

        フルサイズが中途半端で中判行けってやつ、だいたい頭の中でしか撮ったことないよな。

          • 匿名
          • 2016年 10月 04日

          フルサイズの実用性を理解してないやつ多過ぎwww
          ただ今現在最高の単焦点でも超高画素機には対応しきれてないから
          フルサイズは2〜3000万画素くらいしてそれ以上は素直に中判に
          任せれば良いとは思うけどな。同様にマイクロフォーサーズも1600万画素
          くらいに抑えてレンズを小型化した方が良い。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            じゃあ何故キヤノンはローパスレスにしないのだろうね。
            よーく考えよう。

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            だとすると、
            マイクロ4/3は800万画素くらいにしないと(笑)

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            > 何故キヤノンはローパスレスにしないのだろうね。
            ノイズ塗り潰しの解像低下をローパスに責任転嫁出来なくなるから?

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            そんな掲示板レベルの理由で付けてるとでも?w
            メーカーとしてみたらローパスの方が安く作れるのに不思議だね~
            さあ、考えてみよう!

            • 匿名
            • 2016年 10月 04日

            >ただ今現在最高の単焦点でも超高画素機には対応しきれてないから

            使ったことのないくせにw
            あ、買えないから僻んでこんな書き込みか。

            • 匿名
            • 2016年 10月 05日

            高画素だからと言って必ずしも等倍で見た時に解像している必要はない

            画素ピッチが気になるなら中判へ、誰も止めないし強制もしない、

            好みの問題だよ。

    • M-KEY
    • 2016年 10月 05日

    さて、Eマウント機に装着できる50mmF1.4には、Exifが記録されるモノだけでも
    Planar T* FE 50mm F1.4 ZA
    の他に
    ZEISS Milvus(Distagon)1.4/50
    Planar T* 50mm F1.4 ZA SSM
    AF50mm F1.4
    50mm F1.4 DG HSM Art
    などがあり、55mmやF1.8、EOS用の50mmも含めれば10本以上、
    さらに非連動のマウントアダプターを使えば、とんでもない数の
    50(55)mmが使えるのですが、どこかで比較テストをやってもらいたいです。

コメントは利用できません。

4K60P撮影を実現! パナソニック「GH5」開発者に直撃インタビュー(ASCII.jp)

ライカSL用の縦位置グリップが発売(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ