デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

K-1に合わせて登場した標準ズーム–HD PENTAX-D FA 28-105mmF3.5-5.6ED DC WR(デジカメWatch)

20161101_02

【交換レンズレビュー】
by 大高隆

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (74)

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2016年 11月 03日

    以前も書いたことあるけど、この手のレンズ、ニコンも出せばいいのに…。

    望遠伸ばすより広角拡げるのがトレンドなのはわかるけど、フルサイズ用(特にD610キット用)の手軽な標準ズームが全く無いのもどうかと思う。

    フィルム時代はやっすいのから高いのまで、「こんなに無くてもいいだろ」くらい標準ズームがたくさんあったのに。

      • 古参者
      • 2016年 11月 03日

      AF-S 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRじゃダメかな?
      これを高価と感じるなら、わざわざFXを使う意味はないね。
      DXで18-55辺りを使えばいい。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2016年 11月 03日

        自分はFXには純正24-120とシグマの24-105を使ってるけど、その下が純正の24-85とタムロンの28-75しか選択肢が無いというのはどうかと思うけど。
        まああくまで個人の意見ですが。

        「24-85を高いと感じるならFXを使う意味は無い」
        という意見には同意しかねるけどね。

        「憧れのFX欲しいなあ、でも手が届く値段のD610のキットレンズ24-85では望遠が足りないなあ。でもその上の24-120だとキットが無いから単体で買うと一気に値段が上がってしまうなあ。広角は24までも要らないんだけどなあ。」
        そういうふうに考える人にはFXを使う資格は無い、とでも?

        そりゃ85と100とでは、実際に写る大きさはさほど変わらんかもしれん。
        でもその些細な違いでも、求める人、価値を感じる人はいるものだし、実際にフィルム時代には28-105㎜F3.5-4.5と28-100㎜F3.5-5.6や28-70㎜F3.5-4.5と28-80㎜3.5-5.6などが併売されてたわけで、真の意味でFXがフィルム時代の標準フォーマットとして世間一般に受け入れられるためにはそういう低価格路線のレンズもあっていいと思うのだけれど。

        「おマニア様のためのFXに大衆が入り込んでくるんじゃねえ」と蹴落としたい、「FXは俺のような上級マニア様だけのもの」と悦に入ってたいのなら、どうぞ自分ちの庭の中だけでやってて、どうぞ。

          • 古参者
          • 2016年 11月 03日

          フィルム時代に標準ズームが数多くあったのは
          35-70から35-105とか28-70、28-8528-105、24-70、24-105など
          望遠に伸ばしたり広角に伸ばしたりしたのがダブっただけだろうよ。
          今だってDX用も含めればフィルム時代に迫る本数はある。
          主な物でも24-85、24-120にタム28-75と選択肢は充分にある。
          安価な28-105に需要があるならサードパーティが売っている筈だ。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 03日

            論点がずれてるのは、読解力が無いのかわざとなのか…。

            ま、

            「3つしか」選択肢が無い
            と思うか、
            「3つも」選択肢がある
            と思うか。

            こういう価値観の違いはどうしようもないから仕方ないけどね。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 03日

            F4現役当時、純正の使える標準ズームがAF35-70mmF2.8しかなく
            仕方なくトキナー28-70mmF2.8を使っていた者の感想としては
            24-70mmF2.8、24-85mmF3.5-4.5、24-120mmF4という
            今の FXニッコール標準ズームのラインナップには不満はありません。
            それにDX標準ズームをクロップで使うなら選択肢は豊富です。

            もし、AF-S 28-105mmF3.5-5.6G VRがあったとしても
            それが7万円なら、購入対象にはなりにくいでしょう。
            AF-S 28-75mmF3.5-4.5Eがプラ3万円でD610のキットとして
            存在したとしても、ソニーFE28-70mmF3.5-5.6 OSSのように
            「なかったことにされる」可能性が高いです。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 03日

            確かに7万円ではキツいとは思います。

            ただ、自分の論点はそもそも本数の多い少ないではなく、フィルム時代は庶民のものだった35㎜判カメラの本来の立ち位置に対しFX機が高価&大型過ぎるので、もっと昔のサイズや価格に近い手軽なモデル、たとえばDX18-55のFX版プラスαなイメージのものがあればと思ったけれど、ま、嗜好は人それぞれなので。

            ただ、DX専用標準ズームをわざわざFX機で使うのは、やはり一般大衆向けではないと思う…。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 03日

            もう一つ。

            「AF-S 24-85mm f/3.5-4.5G ED VRを高価と感じるなら、わざわざFXを使う意味はない」

            これが引っかかったもので。

            着けるレンズの値段の高低でFXの必然性が決まるとはね。

            • 古参者
            • 2016年 11月 03日

            庶民のカメラという概念は嫌いだが、フィルム時代の
            35mm一眼レフの立ち位置は今に当てはめるとAPS-CやMFTだ。
            今の35フルはフィルム時代の中判の役割。
            M-KEY氏も指摘しているように35フル用のチープな標準ズームは受け入れられない。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            それはあなた方お二人の価値観であって、世間一般ではどうでしょ?

            実際この28-105の小型軽量さに魅力を感じるコメントもついてきてるし。

            35㎜判なんて本来高級感もチープも両方併せ持つフォーマットなんだから、庶民仕様があっていいじゃない。

            それともなんだ、デジタル時代の35㎜フルは俺たち貴族樣のもので平民が使おうなんて許せん、とでも言いたいのかな?

      • M-KEY
      • 2016年 11月 03日

      28-105mmF3.5-5.6に7万円出さなくても、その半額以下でタムロン28-75mmF2.8が買えます。
      私はFマウントとAマウント(OEM)を使っていますが、充分にコンパクトだし描写性能も満足しています。
      (ソニーOEM版は7万円弱と、このペンタ28-105mmF3.5-4.5と同価格帯ですが・・・)
      それにFマウントなら安価な標準ズームの中古も潤沢です。

        • 匿名
        • 2016年 11月 04日

        28-105って使いやすいと思うがなぁ。
        105ミリまであれば、クロップ使えば150ミリ相当になるし、
        28-75とは別物だろう。

          • 古参者
          • 2016年 11月 04日

          クロップでいいというなら28-75でも105mmとして使える。

            • 匿名
            • 2016年 11月 04日

            クロップしても105mmまでしか行けないのと、
            150mmまで行けるのじゃ、かなり違うんだが。

            タム28-75はAF遅いしうるさいし、
            そういう点での使用感もだいぶ違うぞ。

          • 匿名
          • 2016年 11月 05日

          同感。
          ワイド側は35~40㎜近辺をメインに使う私としては、
          28㎜まで広角があればもう十分だわ。
          可能ならば、35㎜スタートで望遠域に達するレンズも欲しい。
          35-135㎜、40-200とかなら大型化しないだろうしね。
          28-105の勢いで、35-135お願いしたい。

        • 匿名
        • 2016年 11月 04日

        AF動作の音、速さの違いはいかんともしがたいですが・・・・
        タム2875は防滴でもないし、
        同列で比べても意味ないと感じますが。

        • M-KEY
        • 2016年 11月 04日

        最近発売された標準ズームのほとんどが24mmスタートで、高倍率ズームや
        エントリー用のキット以外で28mmスタートのズームは久しぶりの感があります。
        高倍率ズームも24mmスタートが出ている状況です。
        新たに28mmスタートの標準ズームが出る可能性は低く、もしニコンが
        28-105mmF3.5-5.6を出しても防塵防滴にはならないでしょう。
        ニコンユーザーの立場でいえば、28-105mmF3.5-5.6よりも24-85mmF3.5-5.6を
        選びたいし、予算が足りないならタムロン28-75mmの費用対効果は高いし、
        コンパクトさを求めるなら、DX機を使えばいいのです。
        ペンタユーザーでも28-105mmよりは24-85mmや24-105mmの方を欲している人が
        多いのではないかと予想しますが、K-1にこのようなコンパクトなズームを使うよりも
        K-3IIに16-85mmの方が便利なんじゃないかと思う次第です。

          • 匿名
          • 2016年 11月 04日

          このレンズ同等の400g代前半、
          同価格帯で24-105が作れるなら、
          そりゃあ是非お願いしたいよね。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 04日

            旧製品ですが
            http://www.sony.jp/ichigan/products/SAL24105/
            があります。

            • 匿名
            • 2016年 11月 04日

            欲している人がいるとの話だが、
            それなら何故そのα24105は消えたの?

            • M-KEY
            • 2016年 11月 04日

            ソニーの都合でしょう。
            実際、α900ユーザーの間では欲しがる人は多かったです。

            • 古参者
            • 2016年 11月 04日

            その24-105はα900には能力不足で消えた奴だな。

            • 匿名
            • 2016年 11月 04日

            いまの水準で作ったら、
            24-105は巨大化必至だろう。
            だから28-105という解もありだろう。

            ペンタは以前の24-90をリニューアルしても良かったんだろが、
            これも今の水準に合わせるには、
            全面変更&巨大化は避けられなかったろうな。

    • 匿名
    • 2016年 11月 04日

    ここまでペンタのレンズ・ボディに直接言及する書き込みなし。
    いったい何の記事なのか、読んでるうちに分からなくなった。

      • 古参者
      • 2016年 11月 04日

      今更28-105/3.5-5.6なんかに興味を持つ人は少ないって事だ。
      一回り大きくなってもいいから24-105で7万円なら欲しいと感じる人もいるだろう。

        • 匿名
        • 2016年 11月 04日

        大きく重くなるくらいなら、28-105でいいよ。
        何でも重厚長大に流れる必要は無いのである。

          • 古参者
          • 2016年 11月 04日

          大きくて重いのが嫌ならAPS-Cだ。
          選べるレンズも大きくずっと幸せになれる。

            • 匿名
            • 2016年 11月 04日

            貴様はそうすればいいが、そう考えない人もいるんですよ。
            35㎜判の光学ファインダーはやはり気持ち良いし、
            肩ひじ張らずに散歩するのに、28-105㎜が400gちょっとで用意されているって、
            個人的にはかなり気に入っているんだけれど。
            D750に24-120付けて散歩すると、もう少し軽いレンズが欲しくなる。
            24-85があると言うだろうけど、一度売ってしまい後悔しています。
            24㎜スタートのレンズがあればあったでよし、
            28㎜スタートのレンズがあってもよし、
            いちいちケチつけるだけが能じゃないと思いますよ。
            どこも同じようなレンズばかりじゃつまらないし、
            むしろ違いがあった方が嬉しいですから。

            • Ken
            • 2016年 11月 04日

            標準ズームが重いってのは僕の感覚ではわからないです。
            光量がないとこでの撮影が多いので2.8より暗いレンズは考えられないし
            それでずっと首や肩にかけてたのでそれが普通なってます。
            カブるレンズはなるべくバックに入れたくないので(重くなるので)
            予備のとりあえずなんでも撮れる50mmや35mmの単玉以外は
            大三元三本詰めて仕事に行きます。
            だから僕にとっては28-70F2.8や24-70F2.8が標準ズームです。
            それより望遠側は望遠ズーム使うし
            フィルムで一眼始めたときは50mmのみで足で前後することを覚えましたから
            一本だけを選ぶなら28-70でなんとかなります。
            高いとか言うけど20万のレンズでも15年使えば元は取れるでしょ。
            フルサイズデジカメに標準ズームだけつけてて
            重いからヤダというのは。。。もう写真やめ。。。おっとと!
            でも何十g差で重いだの軽いだのって。。。そんなに虚弱体質ってワケじゃないでしょ?

            • M-KEY
            • 2016年 11月 04日

            私の場合、α6300+E16-70ZAに行き着きました。
            この軽快さを体験すると35mmフルどころか
            APS-Cの一眼レフでさえ持ち出せなくなります。

            ペンタックスK-1で24-70mmF2.8でなく気軽にいくなら
            リミテッド単焦点なのでは?という気がします。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            kenさん、35㎜フルを使う人全員が仕事で使ってるわけじゃないですよ。

            他の方もコメントしてますが、

            「フルサイズは使いたい。でもできるだけコンパクトに、軽くしたい。」

            そう思うことは当然のことだし否定すべきことではないと思います。

            D750の24-120キットを使っていると、とても便利だと思う反面、つくづくいびつな組み合わせだといつも思います。

            かたや「FXをとにかく小さく軽くする」ことに執念を燃やし叡智をつぎ込んでそれを実現したボディ、こなた便利なスペックと引き換えに大きく重くなったレンズ。

            パワーウェイトレシオ的にはそれなりに小型軽量に収まっているのかもしれませんが、D750と組み合わせた時のフロントヘビー感、頭でっかち感は、D750を小型軽量化した開発陣の努力を否定するようなもの。

            「じゃあ24-85使えばいいじゃん」と言われるかもしれませんが、24-120の広角ではなく望遠に魅力を感じる人もいる場合、小型軽量と焦点距離レンジとの兼ね合い、間をとる感じで28-105に価値を感じるのは自然なことだと思いますし、実際他の方からそのようなコメントもついてますよね。

            かつて行き過ぎた自動化で評価を落としたミノルタαシリーズが息を吹き返した707などのsiシリーズ登場時、その標準ズームとして24-85㎜と28-105㎜の2本が同じF3.5-4.5と同じ価格で用意されました。

            当時のユーザーはどちらを選ぶべきか迷う楽しみを与えられたと思いますし、その後他社に24-85㎜が波及していきました。

            そういう選択肢は多くて困ることは無いと思いますが…。

            • Ken
            • 2016年 11月 05日

            ネガティブさん
            決して多種なレンズやフルサイズで軽い機種を求める方々を否定しているつもりはなかったんですが。。。(文面は。。。否定しちゃってますね。ごめんなさい)
            標準ズームの話題で24-70F2.8があまり出てこないので書き込んじゃいました。
            僕個人ならやっぱりペンタには良さげな24-70F2.8があるからそっちを選択します。
            何十gの差と書きましたが倍くらいの差のレンズもあるんですね。
            僕にとっては逆にバランス悪くなりそう。。。

            古参者さんの『大きくて重いのが嫌ならAPS-Cだ』というのは
            (別の意味があるかも知れませんが)自分的には賛同です。
            そこを突き詰めていけばM-KEYさんの6300+16-70になるのでしょう。

            もっと突き詰めていけばiPhoneでいいじゃん?になっちゃうけど。。。それは認めたくないなあ。。。
            だから『大きくて重いのは嫌』に否定的になってしまうのかも。

            • Ken
            • 2016年 11月 05日

            ネガティブさん、連投すみません。
            『35ミリフルサイズ使う人全員が仕事で使ってるわけじゃないですよ』
            仕事かどうかを別にしてフルサイズを選ぶ目的はなんでしょう?
            大きめのセンサーでの高画質というのも選択理由のひとつだと思います。
            だったら多少デカくて重くてもそれにあった高級(と言われる)レンズを選ぶべきじゃないかとも思います。
            高級(と言われる)レンズが高画質とは限りませんが。。。

            じゃあ中判使えよ!って意見もあるでしょうが
            僕的にはフルサイズで充分です。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            「大きくて重いのが嫌ならAPS-C」はひとつの選択肢としてアリだと思いますが、「フルサイズを使いたい」人には意味の無い選択肢でもあります。

            仕事以外でフルサイズを使う目的?
            必然や明確な目的、蓋然性が無いと使っちゃいけないものなんですか?

            kenさんはランエボやインプSTiに乗る人に訊くんですか?

            「あなたはプロのラリードライバーですか?」と。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 05日

            >24-85㎜と28-105㎜の2本が同じF3.5-4.5と同じ価格で用意されました。
            コレが後に24-105mmに統一される訳なんですが・・・
            ま、24-105mm登場以前でも、望遠が足りないのは一歩前へ出るとか
            トリミングで対処できるが、引きが足りないのはどうしようもなく
            ある程度経験のある人の間では、24-85mmの方が優勢でした。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 05日

            「35mmフル」を使いたい人で

            ネガティブD800ユーザー :
            「大きくて重いのが嫌ならAPS-C」はひとつの選択肢としてアリだと思いますが、「フルサイズを使いたい」人には意味の無い選択肢でもあります。
            仕事以外でフルサイズを使う目的?
            必然や明確な目的、蓋然性が無いと使っちゃいけないものなんですか?
            kenさんはランエボやインプSTiに乗る人に訊くんですか?
            「あなたはプロのラリードライバーですか?」と。

            凡庸なスペックの小型ズームを使うのも「フルサイズを使いたい」人には
            意味の無い(とまでは言いませんが、レアな)選択肢だと思います。

            ランエボやWRX乗りは「プロのラリードライバー」ではなくても、
            そうしたモノに憧れがあったり、走るのが好きな人なのは間違いないでしょう。
            そういう人にとって実際は必要のない性能でも、いざとなれば発揮できそうと
            いうのは付加価値であり大事なものです。
            見た目だけエボやWRXで中身がFFの1500ccNAじゃ悲しいです。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            >後に24-105mmに統一される訳なんですが

            あくまでα707発売当時の話でしょうに。

            時間が経って技術が進めば統合されるのは当たり前のこと。

            もちろん、あなたをはじめここに来るような人々は24-85の方を選ぶでしょう。
            僕もそうします。

            でも当時、28-105を選んだ人がいたのも事実ですからね。

            そして今現在の技術で、松竹梅の竹もしくは梅レンズとして24-85と28-105が両方用意されていたらどうでしょうね。

            こればかりは想像するしかないわけですが、今現在存在しないもので仮想バトルしてもしょうがないですね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            >kenさん

            >ランエボやWRX乗りは「プロのラリードライバー」ではなくても、
            そうしたモノに憧れがあったり、走るのが好きな人なのは間違いないでしょう。

            それでいいじゃないですか…。
            答え、出てるじゃないですか…。

            そういうの、なんで車は良くて、カメラではダメなんですか?

            最初は安価で小型軽量なレンズで入門しても、途中から大きく重い高級レンズを買い足すかもしれないじゃないですか。

            もしくはすでに高級レンズを持っている人が、「たまには肩の力を抜いて」という気分の時のために安価で小型軽量なレンズを買い足すかもしれないじゃないですか。

            他の匿名さんたちと違い、コテハンのお三方がそういう可能性や選択肢をなぜわざわざ狭くしようとするのか、理解に苦しみます。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            あ、間違えた。
            ken樣ごめんなさい。m(_ _)m
            上はM-KEYさんへの返信でした。

            • 匿名
            • 2016年 11月 05日

            ランエボ・インプレッサ・WRX、あとスバル系の四駆。。。
            いい車だと思うけどこういう所で語る人たちが多いってのがどうも。。。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            写真やカメラ愛好家とスポーツカー愛好家は結構な確率でかぶりますからね。しかたないですね。

            綺麗な景色が撮りたい→車で出かける機会が多くなる→どうせなら運転して楽しい車に乗りたい

            みたいな。

            バイクでも同様で、写真を撮るのに山道を走るうちにバイク好きになり、それが高じてチューナーの神様に弟子入り→独立してチューンアップ会社を立ち上げちゃったという伝説を持つ人もいるしね。

            • 匿名
            • 2016年 11月 05日

            ここで語ってる人ってそういう人でもないけどね。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 11月 05日

          連投失礼。

          >見た目だけエボやWRXで中身がFFの1500ccNAじゃ悲しいです。

          そもそも、35㎜判なんて、本来その1500なんですよ…。

          それと、エボに対してラリーアート仕様、WRXに対してSRXという外観を似せた廉価グレード(ランサーは出力調整、SRXはWRXからターボをオミット)もありましたが、それぞれそれなりに需要はありました。

          特にインプの場合はNAでもボディや足廻りはWRXと同じだったので、パワーはともかく高い走安性やボディ剛性の恩恵を受けられました。

          他社でも、シルビアはターボの有無が選べましたし、ターボ付きがデフォルトの180SXは後からNAが追加されましたね。

          そういうモデルを選んだ人を「金が無くてカッコだけWRXかよ」と嘲笑う人は当時もいたかもしれませんが、僕はそんな人間になりたくありませんね。

            • 古参者
            • 2016年 11月 05日

            ポルシェにもターボルックなる物が存在する。
            そういった車のユーザーを嘲笑はしないが、
            ユーザーにはなりたくないな。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            ユーザーになるならないは個人の自由だからどっちでもかまわないけれど、あざ笑ったり「可哀想に」とか言うのは人としておかしいと言われても仕方ないからね。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 05日

            逆ですね。
            中身はランエボだけど派手なスポイラーやウイングを外して
            見た目は「普通のランサー」風だけどめっぽう速いのは渋いですし
            ビートルやスバル360にポルシェのエンブレムというのはシャレが効いてて
            ジョークとして理解できますし、下位グレードに必要に応じて上位グレードの
            機能部品を装着するのはいですが、見た目だけのために
            普通のランサーをエヴォルックにするなんて言わば偽装です。
            金がなくて本物が買えないけど見栄を張っているなんてモーレツにカッコワルイ。
            私はそんな恥ずかしい人間にはなりたくないです。

            • 匿名
            • 2016年 11月 05日

            >金がなくて本物が買えないけど見栄を張っているなんてモーレツにカッコワルイ。

            本人がよければ他人がどうの言う事でもないと思うが。
            常に一番上を買えるわけでもないし、大抵は妥協してるわけで
            妥協の方向性の違いだけでしょ。
            純正が高いんでスペック同じだからと互換品買うのを偽者だとかそれこそ見た目だけで言うのと同じだと思うけどね。

            自分も今は金に余裕もあるんである程度いいものを買えるようになってるけど、若い時は安いものをそれこそみてくれだけ着飾って楽しんだりしたが。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            >金がなくて本物が買えないけど見栄を張っているなんてモーレツにカッコワルイ

            そういう話とか偽装てわけじゃないじゃない、今回の28-105の件は。

            論点ズレまくりでコメントは穴だらけ。
            なんか必死だね、みっともないなあ。

            味方は古参者氏しかいないみたいだけど、彼でさえ「そういうユーザーになろうとは思わないがそんなユーザーを嘲笑もしない」とまともなこと言ってるのに。(笑)

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 11月 05日

            そうかあ、M-KEYさんにはこの28-105は偽物に見えるんだね。

            立派なメーカー純正なのに、偽物扱い、フルサイズデジタル一眼レフにはふさわしくない、こんなレンズを使うのは貧乏臭くてみっともなくてカッコ悪いと言いたいんだね。

            自分はペンタユーザーではないが、失礼極まりないだろ。
            ホント人格を疑う。

    • M-KEY
    • 2016年 11月 05日

    K−1が発表されたとき「ペンタファンにとっては福音だけど、ヒットするのか?」と
    懸念を持ちましたが、私の予想に反して売れているようでなによりです。
    果たして、K-1を買った人は、28-105mmF3.5-4.5用なレンズを使いたくて買ったのでしょうか?
    もちろん、K-1が初めてのデジタル一眼レフでゼロからシステムを揃える人もいるでしょうけど
    手持ちのFAリミテッドを活かしたいと考えた人、以前はペンタックスの銀塩機をつかっていて
    仕方なく他社機を使っていたけどコレを契機にペンタックスに戻ってきた人、
    他社機ユーザーだがペンタックスのシステムやリミテッドレンズに興味があった人などが多いハズで
    そういった人が28-105mmを積極的に選ぶのか?
    同様に、EOS 5D系やD800系を使っている人が、28-105mmF3.5-5.6のようなスペックのレンズを
    積極的に選ぶとは、なかなか考えられません。
    ま、EOS 6DやD610のキットレンズとしては一定の需要はあると思いますし、
    そうしたキットを買ったけど24-70mmF2.8等に代替し下取りに出たのをサブに買う人はいるでしょう。
    そりゃ、35mmフルは使いたいが大きなズームが嫌というので小型軽量のズームを欲する人も居るでしょうが、
    タムロン28-75mmF2.8もあり、28-105mmF3/5-5.6よりは、そちらを選ぶ人が多いのではと思います。
    だからこそ、各社の28-105mmF3.5(4)-5.6が淘汰されたのに、28-75mmF2.8がロングランとして
    残っているのでしょう。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 11月 05日

      >K−1が発表されたとき「ペンタファンにとっては福音だけど、ヒットするのか?」と懸念を持ちましたが、私の予想に反して売れているようでなにより

      つまりあなたの「~でしょう」とか「~だと思います」が現実にそぐわない、あてにならないことを自ら証明してるじゃないですか。(笑)

      そりゃあ設計の古い、デジタル化に取り残された旧式28-105を積極的に選ぶ人は少ないでしょう。

      今この時期に新設計の28-105が出たことに価値があると思いますし、ペンタが十分なリサーチを行った結果かもしれません。

      今後の推移を見てからでもいいんじゃないですか、このレンズならびに今の時代に小型軽量を優先させた28-105が不要かどうか。

      まあどのみち機材なんて人それぞれ、好きなのを使えば良いのであって、いちいち「こんなレンズはフルサイズにふさわしくない」などとケチをつけるのは無粋だと思いますけどね。

        • 古参者
        • 2016年 11月 05日

        K-1がヒットしたかどうかは後継機が出るかどうか?
        出なかったらα900同様に失敗作という事になる。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2016年 11月 05日

          そう。
          だからまだヒットしたかしてないかの判断も時期尚早。

          同じように、28-105の存在意義についての評価もまだまだこれから。

            • M-KEY
            • 2016年 11月 05日

            ペンタックスの場合、35mmフル用の標準ズームが、この28-105mmF3.5-5.6と
            24-70mmF2,8しかないので、一定の需要はあるでしょう。
            でも、ニコンの場合は24-70mmF2.8のほかに24-85mmF3.5-4.5や24-120mmF4があります。
            FX用のキットズームは24-85mmF3.5-5.6だけでなく、28-300mmF3.5-5.6が担っており
            28-105mmF3.5-5.6なんて出しても売れなさそう。
            ということです。

    • M-KEY
    • 2016年 11月 05日

    ネガティブD800ユーザー :
    >金がなくて本物が買えないけど見栄を張っているなんてモーレツにカッコワルイ
    そういう話とか偽装てわけじゃないじゃない、今回の28-105の件は。
    論点ズレまくりでコメントは穴だらけ。
    なんか必死だね、みっともないなあ。
    味方は古参者氏しかいないみたいだけど、彼でさえ「そういうユーザーになろうとは思わないがそんなユーザーを嘲笑もしない」とまともなこと言ってるのに。(笑)

    論点がずれているというか、ランエボやWRXの話題を持ち出したのはあなたなんですがねぇ。
    偽装というのは、α7に自作で「R」シールを貼ったらり、ペンタならK-3のネーム部にK-1と張るようなコト。
    そういえばD800をD800Eに偽装した事件がありましたね。

    なろうと思わない=尊敬はしていない

    本論は、今の時代に7万円もする28-105mmF3.5-5.6なんて、そりゃほしがる人もいるだろうけど
    24-70mmF2.8が大きく重い、もっと気軽というなら24-85mmがすでにあるし
    安く標準ズームが欲しいならタムロンの28-75mmF2.8という選択肢もあります。
    同じようなモノをニコンが出したって売れそうもないだろう?っていうことです。
    そもそも、35mmフル機を買って、レンズが重いとか大きいと宣うのはの本末転倒で
    小型軽量を重視するならAPS-CやMFTを選ぶほうがスジでしょう。

    28-105mmF3.5-4.5、なんとなくOM-3Tiと同時に出た35-80mmF2.8を思い出しました。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 11月 05日

      はいはい、自分は一切間違ったことは言ってないんですね、ご立派ご立派。

      こちらから見ると矛盾だらけで顔真っ赤に見えますが、「趣味なんだから人それぞれ」で済む話なのに、なんで「こうあるべき」「こうするのがスジ」などと己の主義主張を他人に押し付けるのか。

    • M-KEY
    • 2016年 11月 05日

    匿名 :
    >金がなくて本物が買えないけど見栄を張っているなんてモーレツにカッコワルイ。
    本人がよければ他人がどうの言う事でもないと思うが。
    常に一番上を買えるわけでもないし、大抵は妥協してるわけで
    妥協の方向性の違いだけでしょ。
    純正が高いんでスペック同じだからと互換品買うのを偽者だとかそれこそ見た目だけで言うのと同じだと思うけどね。
    自分も今は金に余裕もあるんである程度いいものを買えるようになってるけど、若い時は安いものをそれこそみてくれだけ着飾って楽しんだりしたが。

    妥協して買うのはいいです。
    でも偽装は恥ずかしい。
    レンズでも同じスペックだけど安いからという理由だけでサードパーティを買うのは嫌です。
    私はシグマもタムロンもトキナーも持っていますが、純正にない魅力を感じたからであり
    安いだけがウリのサードパーティーとか、互換品は一切買っていません。

      • 匿名
      • 2016年 11月 05日

      だから「自分はこうだけど、そうじゃない考えの他人は恥ずかしい」なんて決め付け自体が恥ずかしいって話だけどね。

      あんた自身何時も欲しいけど高いから買えないとかコスパがどうのって意見を何時も言ってるけどそれとどう違うのか。
      所詮仕事の道具でしかない考えと趣味で使う人は違う考えだというのもあると認識しないと。

    • Ken
    • 2016年 11月 05日

    仕事以外でフルサイズを使う目的?
    必然や明確な目的、蓋然性が無いと使っちゃいけないものなんですか?

    ネガティブさん
    仕事以外で。。ではなく仕事かどうかを別にしてフルサイズを選ぶ理由の意でした。
    必然や明確な目的がないと使っちゃいけないのではなく
    必然や明確な目的があるからこそ高くて重いフルサイズをわざわざ選択するんじゃないでしょうか?

    それに極端な例で申し訳ないですが
    同年代のネガティブさんならわかると思いますが(また怒られるか?)
    CanonNewF−1のモーター付きを買ってレンズは当時のシグマのセット販売の格安レンズっての見て
    なんか滑稽だなあ〜!って感じたのが今も染み付いてるのかも知れません。
    もちろん今のレンズが当時のシグマの格安レンズと同等というつもりではありません。
    (安いレンズでも高級レンズを凌駕するのはたくさんあると思います。)

    車のことですが僕には何が何やら。。。。
    林道なんか走らないのに四駆のエクストレイル乗り続けている立場です。

      • 匿名
      • 2016年 11月 05日

      横だけど、わかる人は選んで買うけどわからないけどいいものなら大丈夫だろうって買い方もあるのでは?
      フルサイズは高くて重いとはいえ、別に手が出ないものでもないしライカを買うとかそこまで厳密に考えるものでもないでしょう。

      車じゃないけど、バイクだとよく使いきれないから250ccで十分とかいう意見もあるけど、使い切るとかそうじゃない余裕ってものもありますしね。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2016年 11月 05日

      以前書いたことがあるのですが、自分がかつて写真教室の講師をしていた時の生徒さん(当時50歳くらい)で、EOS-1にKiss用のキットレンズのEF28-80㎜F3.5-5.6Ⅲを着けていた人がいます。

      正直、当時は僕も「もったいないなあ」とは思っていましたが、滑稽とは思いませんでした。

      レンズの価格や性能の差が、その人の写真力へ及ぼす影響の決定的な違いにはならないことがわかっていたからです。

      その人に「なぜEOS-1なのですか?ボディをEOS5や55にしてその分のお金をレンズにかけた方が良かったのでは?」と訊こうと一度も思わなかったわけではありませんが、無粋だと思い訊きませんでした。

      無駄に重かろうがコスパ悪かろうが、単純に「フラッグシップを使いたい」だったのではないかと思いますが、本人がそれでいいならそれでいいんじゃないかと。

      ちなみにその方はその後、中古でマミヤRB67を手に入れておられました。
      「35㎜判のレンズなんかに投資するより大きいフォーマットに移行した方がいい」と考えたんでしょうかね。
      これまた訊きませんでしたので、理由はわかりません。
      もちろんEOSも併用されていました。(同じ場所で両方で撮っていた。)

      マミヤのレンズなんて実用一点張りで、同じ中判のペンタやフジはもちろん、下手したら35㎜用のミノルタやキヤノンと比べても特別優れているわけでも無いと思いますが、今回の話に置き換えてみたらいかがでしょう?

      画面サイズが大きくなることのメリットは、時にレンズのグレードを上げるよりも大きいことがあることはkenさんもご承知でしょう。
      ファインダーも大きくて、見ていてとても気持ち良いですよね。

      これは極端な例とは重々承知の上で続けますが、レンズの能力よりもフォーマットを優先する人も実在するわけで、その人が「フルサイズを使いたい。でもトータルの重量を軽くしたいのでレンズは小型軽量がいい。値段は安ければ安いほどありがたい」と考えるのは個人の自由であり、他人が口を挟んだり評価したりすることではないと思うんですが。

        • 古参者
        • 2016年 11月 05日

        マミヤセコールはハッセルのツァイスよりもシャープだった。
        マミヤに謝れ!

          • M-KEY
          • 2016年 11月 05日

          ま、マミヤに謝ろうにも存在しませんが、その技術はフェーズワンに受け継がれているので
          「下手したら35㎜用のミノルタやキヤノンと比べても特別優れているわけでも無いと思います」
          というのは侮辱に値する暴言だとは思います。
          実際、ハッセルとマミヤを併用していましたが、解像感ではマミヤが上でした。
          同様にEF28-80㎜F3.5-5.6Ⅲについても、その性能を知った上での評価なのでしょうか?
          前にもレスしましたが、EOS-1の連写性能とか操作性は欲しいが、サービス判でしか使わないから
          必要な画角を持ったレンズでなるべく軽いモノを選んだという可能性もあります。
          私は、銀塩時代はEOS-1にEF28-105mmF3.5-4.5USMを常用していたので体験していませんが
          逆光には弱くMFは使い物にならないけど、キレの良いレンズという評判でした。
          また、ニコンですが約20万円のAF-S DX ED 17-55mmF2.8Gよりも、
          買い方によってはマイナス価格だったAF-S DX ED18-55mmF3.5-5.6Gのほうが
          開放から安心して使える性能だったりと、安いから描写が悪いとはかぎりません。

          • 匿名
          • 2016年 11月 05日

          どんしゃりをシャープだとか(笑い)

        • Ken
        • 2016年 11月 05日

        ネガティブさん
        僕の考えではフラッグシップにKiss用レンズはやっぱり滑稽ですよ。
        (EOS-1時代に純正ってトコに拘る所も逆に滑稽)
        確かそのひとの自由ですが
        ネガティブさんも『もったいないな』と違和感を感じたと思います。
        そりゃオトナなら(しかも生徒さんに対して)口には出さないでしょう。

        画面サイズが大きくなることはレンズのグレードを上げることよりメリットがある。。には賛同です。
        でもできるなら両方上げた方がいいと思うのも事実です。
        せっかくフルサイズ買ったんだから。。。
        ネガティブさんが違和感を感じたように『もったいない』ですよ。
        もちろん個人の機材を否定はしませんってば!

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2016年 11月 05日

        ああ、うん、別に仲良しクラブに入りたいわけじゃないからいいけど、この人たちとは永遠に交わることは無いんだな、とあらためて実感しました。(笑)

        価値観は人それぞれなので、あなた方のそれも否定はしませんよ。

        とはいえ、EF28-80㎜F3.5-5.6Ⅲについてだけは言及しときましょうか。

        当時カメラ雑誌では「価格や作りの割によく写るレンズ」と評されて、実際4切プリントで見ても十分な力を持っていたと思います。

        ちなみに件のEOS-1は素ボディなので、連写性能はまったく考慮に入れられておりません。

        >必要な画角を持ったレンズでなるべく軽いモノを選んだという可能性もあります

        これ以上の何の理由が必要ですか。

        ま、自分の主義思想が優位に立たないと気が済まない人たちとどれだけ言葉を交わしたところで不毛ですし、他の方からも「ペンタのスレで何やってんだ」とお叱りを受けているので、壇上から降りるとしましょう。

          • 古参者
          • 2016年 11月 05日

          的はずれなレスしか付かないくらい
          どうでもいいレンズという事はよく分かった。

            • 匿名
            • 2016年 11月 05日

            いちばん頓珍漢なのはキミ!
            気付いてない?

            • M-KEY
            • 2016年 11月 05日

            価格コムを見ると、レビューは8件、クチコミ50件となっています。
            ちなみにEF-S 18-135mmF3.5-5.6はレビュー12件、クチコミ259件
            FE 24-70mmF2.8 GMはレビュー13件、クチコミ546件です。
            そのレビューやクチコミでは「24スタートに」的なコメントよりも
            最短撮影距離が0.5mという部分に不満が大きいようです。
            これは少し意外でしたが、最近のレンズは寄れるモノが多いので
            その点でも「時代遅れなスペック」ですね。

          • Ken
          • 2016年 11月 05日

          そのEFレンズは使ったことないですが
          (そもそもEFレンズは使ったことがないです)
          『価格や作りの割りにはよく写るレンズ』
          やっぱり『割りには』がついちゃいます。
          『四切プリントを見ても充分な力』
          当時のレンズで四切プリントに不十分なレンズがあるかどうかわかりませんが
          何かの記事(確か写真工業)でキットレンズは2Lサイズに焼くことを想定したと読んだことがあります。
          これは写るんデスと同じレベルとか。
          (写るんですユーザーはそれ以上伸ばさないのでそのサイズのプリントをベストにするような設定だったようです。)
          フィルム時代は35ミリはサイズが同じだったから
          レンズの違いが写りの違いに、今以上につながっていたと記憶します。
          (内面反射とかのボディの作りは別として)
          その生徒さんが高画質を求めて後に35ミリじゃなく中判に進んだのなら
          やっぱりフラッグシップにKiss用レンズは(間違ったとは言いませんが)
          違和感のある選択だったと思います。
          もし彼がKiss用レンズではなく高品質なレンズ(単焦点も含めて)を使ったとしたら
          果たして中判に進んだかどうかは
          我々は想像するしかありませんが。。。

    • 匿名
    • 2016年 11月 05日

    M-KEY :
    ペンタックスの場合、35mmフル用の標準ズームが、この28-105mmF3.5-5.6と
    24-70mmF2,8しかないので、一定の需要はあるでしょう。
    でも、ニコンの場合は24-70mmF2.8のほかに24-85mmF3.5-4.5や24-120mmF4があります。
    FX用のキットズームは24-85mmF3.5-5.6だけでなく、28-300mmF3.5-5.6が担っており
    28-105mmF3.5-5.6なんて出しても売れなさそう。
    ということです。

    ペンタのスレで何言ってんの?
    K-1ユーザーに需要があればそれが全てで、ニコンのラインナップなんざ知った事じゃない。

      • 古参者
      • 2016年 11月 05日

      ニコンにも28-105が欲しいなんて言う奴がいるからだ。
      コメント入れるならレスを最初から読んでくれよな。

    • ohak
    • 2016年 11月 06日

    ここまで読んだ

    顧客(俺)の本当に欲しかったもの:24mm大口径コンパクトDFA単焦点

      •   
      • 2016年 11月 09日

      まあ、単なるラインナップを早期に埋める為の埋め草でこれだけ話が盛り上がれば十分だろ。

コメントは利用できません。

SIGMA sd Quattro、2016年度グッドデザイン金賞を受賞(デジカメWatch)

オシャレな見た目と多彩な機能! オリンパス「PEN E-PL8」をチェック!(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ