デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックはいかにしてデジカメ業界をリードしてきたのか?–LUMIX 15周年記念インタビュー第1弾(デジカメWatch)

【パナソニック LUMIX 15周年特別企画】
手ブレ補正と高倍率ズームレンズを広めた功績をたどる
スリムコンパクト「LUMIX FX」の快進撃
まさに新しい発明。トラベルズーム「LUMIX TZ」シリーズ
先進技術をユーザーのために
by 折本幸治@デジカメWatch

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 12月 02日

    家電屋のくせに生意気だ!(僻み)

    • 匿名
    • 2016年 12月 02日

    「パナソニックはいかにしてデジカメ業界をリードしてきたのか?」……これ常識?あるいは非常識?

      • 古参者
      • 2016年 12月 02日

      一度撤退しての再チャレンジで、その後の躍進は見事だが
      「業界をリードしてきた」は言い過ぎだと思う。

        • 襤褸猫
        • 2016年 12月 04日

        まだLXもm4/3も話が展開していませんね。FZの系譜は今に至るまで綿々とネオ一眼の中心の一つとして君臨しています。FZ1000なんてデジカメで望遠が欲しい、なら鉄板で勧められましたから。FZH1はちと高いですけどねw

          • 匿名
          • 2016年 12月 05日

          ネオ一眼(笑)
          そういういい加減な言い方するなよ、まったく。やれやれ。

            • Ken
            • 2016年 12月 05日

            ネオ一眼。。。
            でもそういう分類もあったわけで猫さんは間違ってないと思いますが。。。
            ではなんて呼べばいいのでしょう?

            • 匿名
            • 2016年 12月 05日

            これに関してはフジが元凶。
            ネオ一眼スタイル、と言い出したものが、
            ネオ一眼と切り取られて、いまの有り様。
            フジも反省したのか、最近は言わない。

            • 匿名
            • 2016年 12月 05日

            高倍率ズーム一体EVF式カメラ、
            略してハイパーコンデジ

            • 匿名
            • 2016年 12月 05日

            ネット的に言えばネオじゃなくて「ナオ一眼」かな

            • 古参者
            • 2016年 12月 05日

            リコーMIRAI やオリンパスL系とか京セラSAMRAIなんかはレンズ一体型ながらも一眼レフだった。
            でもフジのズームカルディア3000は別にファインダー光学系がある非一眼レフだった。
            こういった事情から一連のカメラはブリッジカメラと呼ばれていたが誰も覚えていないようだな。

            • Ken
            • 2016年 12月 05日

            古参者さん
            ブリッジカメラは(少なくても僕は)覚えてますよ。
            たしか以前ここでも書きました。
            (『たしか』って書くとまた叱られる)
            ただそれのハシリはオリンパスIZMで非一眼レフでした。
            古参者さんの書き込みにあるようにカルディア3000(これは全く覚えてません)も非一眼レフですから
            ネオ一眼の話をしている流れとはちょっと違うのではないでしょうか?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 12月 06日

            >ブリッジカメラと呼ばれていたが誰も覚えていないようだな。

            なんでこんな書き方するんでしょうかね。
            「お前ら知らないだろう、俺は知ってるんだぜ、すごいだろう」と些細なことでも他人より高い位置に居たいマウンティング思考がダダ漏れですね。

            少なくともここのコテハン勢が知らないわけないでしょうに。
            せめて

            ブリッジカメラと呼ばれていたものだけれど遠い昔のことだね。

            とか

            ブリッジカメラと呼ばれていたものだけれど、覚えてる人いる?

            などと書けば可愛げがあるのにね。

    • 匿名
    • 2016年 12月 02日

    誇らしいニダ

    • 匿名
    • 2016年 12月 02日

    一時はミラーレスで先行するパナ、置き去りにされるオリンパスという感じでしたね。

      • 匿名
      • 2016年 12月 05日

      オリ、はパナやソニーという家電屋に救われた感じですね。
      頭があがらないイメージ。

    • 匿名
    • 2016年 12月 03日

    メジャープレーヤではあるが、リードはしていない

    • 古参者
    • 2016年 12月 03日

    ハイズームとミラーレスではリードして来たとは言える。
    個人的にはパナ機のメインスイッチが長押しでなく
    スライドなのを評価している。

      • Ken
      • 2016年 12月 03日

      別にあなたの評価はいらない。

      • 匿名
      • 2016年 12月 03日

      そんな個別の技術ではない、「カメラ業界をリード」と言ってるのが妥当かということ。ミラーレスでもない、カメラ全体のこと。

        • 匿名
        • 2016年 12月 03日

        「デジカメ」業界をというお題で内容的にはそれ程おかしくないと思うけどね。

        • 古参者
        • 2016年 12月 03日

        だーかーらー
        上に
        「業界をリードしてきた」は言い過ぎだと思う。
        と書いてあるのが見えないの?
        その上でパナがリードしたと言えるのは
        ハイズームとミラーレスのみジャマイカ?って事。
        あと、汎用フラッシュを辞めたのは残念だ。

          • 匿名
          • 2016年 12月 03日

          上の
          >そんな個別の技術ではない、「カメラ業界をリード」と言ってるのが妥当かということ。ミラーレスでもない、カメラ全体のこと。

          にレスしたんだが、スレの流れすら読めないの?

      • M-KEY
      • 2016年 12月 03日

      少なくとも「ミラーレス機」にかんしてはリーディングカンパニーなのは間違いないでしょう。
      高倍率ズーム機については「牽引」はしましたが、「リード」かどうかは意見が分かれそうです。
      個人的には高倍率ズームの始祖はオリンパスのUZシリーズを推したいですが、
      全天候型以外のレンズ一体型はリストラされてしまい、UZの末裔のSTYLUS 1sも
      カタログには載っているものの、事実上はディスコンと寂しいですね。
      現行の高倍率ズーム機はパナFZH1とソニーRX10の二者択一状態ですね。
      ルミックスのスライド式の電源スイッチは、使いやすいというかわかりやすく
      デジタルカメラに馴染みのない人に勧めやすいという利点があります。
      これは現行機(TZ85以外)にも受け継がれているルミックスの美点の一つでしょう。

        • 匿名
        • 2016年 12月 03日

        >現行の高倍率ズーム機はパナFZH1とソニーRX10の二者択一状態ですね。
        これは貴方の規準だけであり、高倍率ズーム機なんていくらでもあるでしょう。
        むしろRX10なんて高すぎて選択肢にすらならない人が多いはず

    • 匿名
    • 2016年 12月 03日

    カセットテープのウォークマンの頃から、パナは後から来て美味しい所を持ってくメーカーという印象

      • 匿名
      • 2016年 12月 05日

      真似した電機ですから(笑)

        •   
        • 2016年 12月 05日

        堂々と言っていたし、元々後出しで売れ筋の真似をするために基礎研究をキッチリとやるって凄い方向性だったからな。
        マーケティングセンスはイマイチだけど要素技術の基礎は揃えていて、売れ筋を見つけると商機を逃さず製品投入が出来る。

        技術の方向性で言えばAppleに近い。
        Appleも新技術については第一走者となるのを極端に避け、実用域に入った時に横からかっさらうってのが定番。

          • 匿名
          • 2016年 12月 06日

          Appleはあえて安定思考でパーツを選んでる感がある。少しくらいスペックが良くても実績のないチップは使わないみたいな。かっさらうとは少し違う感じがするが?

    •   
    • 2016年 12月 05日

    最近は兎も角、LUMIX展開開始時はそこそこリードしていた感は有ったと思うのだけど。

      • 匿名
      • 2016年 12月 05日

      そうかあ?
      誇大宣言ではリードしてたかも知れないが。

    • 匿名
    • 2016年 12月 06日

    ミラーレスの様なミラーボックスの技術がなくても中国韓国が簡単にパクれる安易なレンズ交換式を女流一眼何て銘打って売り出したから、中国韓国をレンズ交換式に呼び込んだサムソンをはじめとして奴等の方から自滅したが、一時的にでも、日本の光学産業に余計な波風立てた罪は万死に値する。

      • 匿名
      • 2016年 12月 06日

      家電メーカーとしては、ビデオカメラを静止画用に合わせた
      ミラーレスのマイクロ4/3を早々に立ち上げ、
      オリンパスを救済したとこまでは良かった。
      ただね、宣伝があれじゃあね。
      一眼あそばせ!とか誤解を誘導するかのようなやり方は、
      恥じて欲しいと思う。

        • 匿名
        • 2016年 12月 06日

        >一眼あそばせ!
        誤解しようが大局としては(コンデジより)「大判」「EVF」と機能面で一眼レフと同等だから問題ない
        そこより「女流一眼」でしょ
        アレはドン引きした

          • 匿名
          • 2016年 12月 07日

          一眼あそばせ、も酷いよ。
          低脳な代理店の入れ知恵かも知れないが、
          恥を知れ恥を、と思ったわ。

          • 匿名
          • 2016年 12月 07日

          レンズ交換式=一眼

          という間違いを広めた罪は深い。
          家電屋だとはいえ、あまりにひどい。

    • 匿名
    • 2016年 12月 08日

    パナソニックはデジカメとミラーレスに全力で挑んできて、今のデジカメ業界の状態がある。
    ちなみにレンズ開発もクソ真面目で、面白みはないが性能はかなり高い。
    キヤノンもニコンもシェアでは一流だが、結局今後はミラーレスへ注力していくわけで後追いなのは事実。
    パナソニックがリードしてきたというのは、ある面では間違いないだろう。

      • 匿名
      • 2016年 12月 08日

      あのさ、一眼レフみたいなTTL光学ファインダー機を除いて、
      デジカメもハンディカムも皆ミラーレスなのよ。

      いちいちミラーレスと言うかどうかの違いでしかない。

      • nroff
      • 2016年 12月 08日

      言わんとしてることはわかりますが、主流がミラーレスになった時に成立する意見ですね。

      また、ファインダーに限らず、AF方式や手振れ補正方式など、各社独自のやり方でそれぞれ頑張っていますが、収斂する気配はまだありません。Panaも様々な技術アイデアを出す会社の一つであり、どこどこの会社が「リード」している、というのはちょっと違う気がします。

      • 匿名
      • 2016年 12月 08日

      レンズ開発クソ真面目?
      ならば、ライカ銘なんてやめるべきでしょう。
      パナミクロンとか、自社ブランド持たなきゃ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

富士フイルム、「FUJIFILM X-A10」を海外で発表(デジカメWatch)

ドローンも高級コンデジ並みの画質に、DJIが新製品発表(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ