デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

予約多数につき、OLYMPUS OM-D E-M1 Mark IIが供給不足に(デジカメWatch)

発売日に入手できない可能性が これから予約しても時間がかかる場合あり

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 匿名
    • 2016年 12月 14日

    もう飽きたよこういう商法
    まあこういう宣伝自体が元々「予定通り」なんだろうけど

      • 匿名
      • 2016年 12月 15日

      アップル商法とも云う。

    • 匿名
    • 2016年 12月 15日

    というか、製造現場にいるとわかるけれどこれがどんな業界でも通常だって
    多く作って在庫抱えるより、そのつど作るほうがダメージが少ない
    機会損失ガー、とか言いたい人も多いのだろうが、それより在庫減らせ圧力のほうがでかいのよ
    わざと宣伝のためにやってるわけじゃなく、単に少なめにしか作ってませんという事実の表明に過ぎない
    買う側も、あーはいはいとスルーしとけばおk

      • 匿名
      • 2016年 12月 15日

      メーカーサイドからしたら、この発表ができる事は手応えになってるというか、発売前から大々的にプロモーションしてた割に最初から何の苦労もなく入手できる機種は、あれ?反応薄っ!・・・って事なのかもね。
      そして発売後も常時軽い品薄状態で推移させていくのが理想なんだろう。

      • 匿名
      • 2016年 12月 15日

      自分もメーカーなのでよくわかります。
      定番商品で成功が確実に見込めるものなら投資もしますが、それでも少しずつ生産を増やしていく程度でいきなり大量生産とかまずありえない。
      この数年で一段と現場の効率化という人減らしもあり設備だけ出来ても無理なんですよね。

      機会損失がと言う人は高い初値で出来もわからないものをしっかり予約して買ってくれてるのでしょうかね。まぁちゃんと買ってくれる人はそういう事は言わないと思います。

    • M-KEY
    • 2016年 12月 15日

    D2Xは「満足できる数を揃えられなかっため」と発売延期になりましたし
    S5Proも最初の発表よりも発売が遅れました。
    その当時の機種で販売延期は珍しい事ではありませんでしたし
    初回ロットを入手できなかったら一ヶ月待ちが普通でしたので
    転売屋が暗躍していました。
    「機械損失」については、このクラスは指名買いがほとんどなので
    発売延期で購入を断念したり他機種を買うようなケースは少なく
    余計な在庫を持つリスクよりは「少し足りないくらい」の方が
    売価の低下も防げるのというメリットもあるでしょう。
    実は,私もS5Proの発売遅れで、その高感度を活かそうとした
    撮影に間に合わせる為にD40を買ったのですが、S5Proも購入しました。
    (動作速度に納得できずに一ヶ月程で売却しましたが・・・)

    • 匿名
    • 2016年 12月 16日

    「じゃあ要らない」と言わない消費側が悪い。

      • 匿名
      • 2016年 12月 16日

      モノの性格上、じゃあ要らないと言わない客が多い事は良く分かってるから、ますますこの傾向は強まるんじゃない?
      競合製品も多くて大量に売り捌く事が使命の商品ならこういうのはまずいだろうけど。

      • 匿名
      • 2016年 12月 16日

      まあ所詮は趣味向けの少数量産品なんだし、とくにこれで不幸になる人がいるわけでもなし
      こんなもんでいいのではないのかね

      ホント、嫌なら買わなきゃ済む事なのに「ステマがー」とかいう奴多すぎだよね

    •   
    • 2016年 12月 20日

    まあ無理して大量生産して勝負に出ても、失敗した時に不適切な会計処理でどうこうするのはちょっと難しくなってきているだろうしな。

コメントは利用できません。

絞り開放でもシャープな描写–AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED(デジカメWatch)

2016年の「歴史的カメラ」9機種が発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ