デジタルカメラ情報サイト

2016年「私はこれを買いました!」(第3回)(デジカメWatch)

このレンズでしか表現できない世界がある–AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED/上田晃司
待望のフルサイズPENTAX 日常の撮影から仕事まで活躍–PENTAX K-1/大高隆
ノイズレベルの低さに驚く 万能性もポイント–キヤノンEOS 5D Mark IV/中原一雄
幅広く活躍してくれる便利ズームの2代目–キヤノンEF24-105mm F4L IS II USM/永山昌克

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (21)

    • 匿名
    • 2016年 12月 22日

    第4回もあるのかよ。いつまでやるつもりだw

    買ったのはいいから、私はこれを手放しましたって企画をやってくれ。

      • 匿名
      • 2016年 12月 22日

      昨年も4回だったよ。
      >私はこれを手放しましたって企画をやってくれ。
      これ 理由つきでやってくれたら面白いね。
      提灯記事ばかりでは本当のところはわからないからね。

    • M-KEY
    • 2016年 12月 22日

    私が今年手放したカメラは「E-M5」 と「NEX-6」なんですが
    いずれも後継機への代替だったので、記事としては面白くないですね。
    あと「D3」「D300」は故障して修理しようとしましたが
    「補修用パーツの撤廃」で売ろうにもジャンクにしかならない状態に。
    「D2X」も同じ状況で塩漬けになっています。

      • Ken
      • 2016年 12月 23日

      は〜D3やD300まで修理不能ですか。。。。早い。。。
      サービスセンター持って行って断られたんですか?

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2016年 12月 23日

    https://recept.nikon-image.com/repair/PartsgraphRefer.do?categoryCode=0

    確かにD3とD3s、D300の名前が無いですね…。

    F3と一緒にしてはいけないのかもだけれど、フラッグシップでこれは早過ぎない?

      • Ken
      • 2016年 12月 23日

      以前は修理期間が終わっていても
      故障箇所によっては直してくれたりすることがありましたが
      今のニコンは結構シビアですから。。。
      修理と言ってもユニットごと交換が多いから
      そのユニットが無くなれば難しいですいね。

      デジカメはサイクルが早いからすぐに製造終了が来ちゃって
      製造終了から何年という括りなら
      フィルムカメラ(長命のF3なら特に)と比べると短く感じますね。

      それにしても告知もなかったような。。。
      最近はそれもしない?

        • M-KEY
        • 2016年 12月 23日

        ニコンの基本方針は「一世代前は修理可能、二世代前になると不可」のようです。
        地方にいるのでサービスステーション(というかNPS)に持ち込む事は稀で
        普段は電話で相談した後に郵送するようにしています。
        D3の場合は「一応、現物を確認する」ということで送りましたが「未修理返却」に。
        D300は電話の段階で断られD500への代替を勧められました。
        D3XやD300sは形状は同じでも内部の回路に互換性はなく、
        一部の外装以外のパーツの流用はできないという回答でした。
        せめてフラッグシップ機くらいはメールなど告知はして欲しい気はしますが
        その手間やコストを考えると、無理に要望はできませんね。
        (NPSに行くと、近いうちに修理不可になる機材のリストは掲示しています)

          • 匿名
          • 2016年 12月 23日

          デジカメの場合は製造終了後8年は部品を保有する義務があるんじゃないかな。
          2007年発売のカメラがいつ製造終了したのか知りませんが、デジカメはとりあえず定期的に売っ払って買い替えが合理的かもね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2016年 12月 23日

            件のページにも具体的な年数が書いてない有様。

            ヘルプで頼んだカメラマンがD700とD750使ってて、久々にD700で撮った画像見たら今でも通用するのに驚いて中古で買おうかと思ってたけど、修理不能の使い捨てじゃ二の足踏んでしまいます。

            中古は買わず新型を常に買えってことかな。

            「往年の銘機を永く愛用する」文化も消えてゆくのか…。

            • 古参者
            • 2016年 12月 24日

            家電製品の場合は経産省の指導で「補修用性能部品の保有期間」は
            製造中止後8年となっているがカメラに関しては決められていないようだ。
            パナやソニーのような「家電屋」は他の製品と同じく8年としているようだが
            キヤノンやオリンパス、フジは7年でニコンは特に定めず製品ごとの対応。
            D3sが2009年11月の発売だからD3の製造中止はその数ヶ月前としても
            6年程しか経過していないから早いと感じて当然だ。
            プロで業務で使用しているなら充分に償却しているが、
            趣味で買った50万円のカメラなら10年は使いたい。

            • M-KEY
            • 2016年 12月 24日

            私はD3を発売(2007年11月)と同時に買ったので、9年弱使いましたが
            モデル末期に買った人だと7年弱、もっと酷いのがD4発売後に
            高感度特性で「あえてD3Sを買った人」だと、
            4年余りで「壊れたらそれっきり」になってしまう・・・
            D3と同時期の発売のα700は、まだ修理を受けつけています。
            「家電屋」とか「ソニータイマー」と揶揄する人はいますが、
            修理にかんしては面倒見はずっといいですね。

            • 古参者
            • 2016年 12月 24日

            業務で使うプロなら
            いつまでも古い機材じゃなく
            しかるべき時期に更新しろということだな。
            それにしてもモデル末期で買ったら
            税法上の減価償却である5年より前に
            修理が出来なくなるのはどうかと思う。

            • 匿名
            • 2016年 12月 25日

            ソニータイマーが作動して、早めに不具合出てくれた方が
            保証期間内にメンテできる可能性が高いってことか。なんだかなぁ。。。

            • 匿名
            • 2016年 12月 25日

            保証期間内に出るならただの不具合。
            保証期間が終わると発動するからソニータイマーなのでは?

            • 古参者
            • 2016年 12月 25日

            保証が切れても有償修理が出来る方が
            4年ほどで修理が出来ないよりはいい。
            ニコンのコンパクト機で保証期間中なのに
            部品撤廃で修理不能となり直接の後継機も無く
            格下機種の新品と交換を提示されたらしい。
            D700も代替可能な後継機が不在。

            • 匿名
            • 2016年 12月 25日

            >保証期間が終わると発動するから
            キヤノンもタイマー発動させて居るぞw

          • 匿名
          • 2016年 12月 23日

          ニコンは古い機種のユーザーにも親切…というのはフィルム時代の話で、デジタルになってからは逆に古い機種のユーザーの切り捨ては他のメーカーよりもひどいよ。

        • 匿名
        • 2016年 12月 24日

        集積回路は次々と製造技術世代が変わっていくから、保守部品の手当は至難の業です。民生部品ならユーザーを泣かせばすんでしまうが、軍用部品ではそうは行きません。製造後10年たったら、戦闘機や戦車が動かなくなったら困りますから。

        ですから軍用に製造していたメーカーは古い技術を残さねばならず、無駄な出費に泣いています……..というのは10年前までの常識だったが、今はどうかな?

          • 匿名
          • 2016年 12月 24日

          軍用品も大量に扱うものは入れ替えるし、高価なものはカスタムみたいなものだから個別に修理が可能なのでは?

          サーバーの管理等することがありますが、最近は部品の在庫よりもソフトの保守切れが原因で総入れ替えになる事が多いですね。

          • 襤褸猫
          • 2016年 12月 24日

          オールドIC,LSI問題はどの業界でもかなり問題になっており、軍用なんかは膨大な量のストックでごまかしてたりしましたね。それでもおっつかなくて、最悪当時のプロセスで半導体を作ってもらうケースもあったような…
          その手のオールドプロセスでのLSIをカスタムで作る商売をいい加減始めて欲しいw

          軍用は今はCOTS化で、民生品を取り入れやすいようにシステム段階で汎用バスを使ったりしています。パソコンまわり(中央処理装置)なんて民生の方が進化が早くて性能が上ですしね。

      • 匿名
      • 2016年 12月 24日

      昨今の悪業績に起因してるんでしょうかね。
      キィートスとかで修理してもらえるかな?

コメントは利用できません。

秒18コマの「E-M1 Mark II」は、UHS-IIで撮るべき!(デジカメWatch)

壮大なる風景を目指して――新雪の燕岳撮影紀行(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ