デジタルカメラ情報サイト

パナソニック、LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm / F2.8-4.0を海外発表(デジカメWatch)

ライカ銘F2.8-4シリーズ第1弾の標準ズームレンズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • 匿名
    • 2017年 1月 05日

    パナソニックなんかいきなりドドドっと出して来たな。
    m4/3はもうレンズ多過ぎて選ぶの大変になってきた。
    12-100とライカ12-60どっち買ったら良いんだ?

      • 匿名
      • 2017年 1月 06日

      どっちも買って 気に入った方を残す。これが間違いのない買い方。

      • M-KEY
      • 2017年 1月 06日

      ズームの向きがパナライカはニコンやソニーと同じ、
      オリンパスはキヤノンと同じなので
      メイン機がニコンならパナライカ12−60mm
      キヤノンならオリ12-100mmにすればいいでしょう。

    • 匿名
    • 2017年 1月 06日

    ZD12-60の大きさ知ってると、いくら電子補正込みでも不自然なほど小さいなw
    まあそれなりのものに仕上げてくるのだろうけれど…

    • nroff
    • 2017年 1月 06日

    4K動画撮ろうとすると、(クロップされるので)12mm始まりでも広角端足りないんですがなんとかなりませんか。

      • 襤褸猫
      • 2017年 1月 06日

      クロップ無し4K動画が撮影できるGH5が出たタイミングでそういうフラグ立てますかね♪

      それはともかくマイクロフォーサーズですと広角レンズがまだまだ足りないのもそう思います。
      コーワが6㎜とか出しませんかね。工業用でも需要はあると思いますし。

        • nroff
        • 2017年 1月 07日

        あ、ホントだ。情報ありがとうございます。機種毎にクロップ量がまちまちなのには閉口していましたが、過渡期の仕様だったのですね。

コメントは利用できません。

パナソニック、ズームレンズ4本のリニューアルを海外発表(デジカメWatch)

パナソニック、”L.モノクローム”搭載の小型機「GX850」を海外発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ