デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コシナの超広角「ヘリアー三兄弟」をα7R IIでテスト(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】
10mm・12mm・15mm 歪曲収差が少なく自然な広角描写が味わえる
Eマウント版はα7シリーズに最適化
常時持ち歩ける小ささが魅力
歪曲収差は少なく極端な周辺光量落ちも無し

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 1月 12日

    描写は良好だし 比較的小型だし、歪曲もほとんどないのでいいレンズなんだけど・・・いまや一眼レフ用の11ミリや12ミリスタートのズームですらf4なのだから、もっと明るいレンズを提供してほしい。
    単焦点がズームより暗いのはどうも。。。

      • M-KEY
      • 2017年 1月 13日

      こういったレンズの主用途ではパンフォーカス気味に撮る事が多く
      F4で大型化&高価格化するなら,現状のままの方がありがたいです。
      10mmは買いました。
      たしかに画面周辺部のフリンジは目立ちますが
      後処理で容易に除去できるので実用上は問題ありません。
      なんといっても最高のコストパフォーマンンス。
      EVF内に距離情報が表示されるので,拡大MFよりも
      近距離以外はそれを目安にピントを合わせる方がいいです。
      絞り位置に関係なく「押した時だけ開放になるボタン」
      があれば、より便利になるとは思います。

        • 匿名
        • 2017年 1月 13日

        > EVF内に距離情報が表示されるので,拡大MFよりも 近距離以外はそれを目安にピントを..

        そんな面倒くさいことしなくても レンズの距離目盛りを見れば済むことだが。。。

    • 匿名
    • 2017年 1月 13日

    超広角レンズのレビューを見ていつも思うのだが、なぜこんなに上を向いてパースをつけて撮るのだろう。
    このようなレンズは建築やインテリア撮影に使うことが多いのに、きっちり水平を出して被写体に正対して撮ってくれないと歪曲収差の有無が全くわからない。
    海外の写真家の作品では、ファインアート系でも都市や建築をまっすぐに正対して捉えたものが多いと思う。

      • M-KEY
      • 2017年 1月 13日

      水平に撮ったら画面の下半分が地面になるので
      撮影場所に苦労するでしょうけど,そうした作例がないのは
      広角レンズのレビューとしては不完全ですね。
      10mmではシグマの12-24mm(初代)よりも
      歪曲はずっと少なく、画面端に直線があっても許容できます。
      むしろ画面端の立体物が放射状に引き延ばされる方が気になり
      人物なんて誰でもマツコ状態になります。

      •   
      • 2017年 1月 16日

      古いUWHを使っている方は室内写真で水平にってのが多いですよ。
      まあ不動産の物件情報で使ってますのでちょっとサギっぽいですが。
      広大なリビングに見えるのが現実には…とか。

    • 匿名
    • 2017年 1月 19日

    ニコンFマウント用を出してくれたら、必ず買うのになぁ。
    超広角は、旅に1本は持って出かけたい。
    でも使う頻度は低いので、なるべく軽くて小さいのが好ましい。
    AFS14-24なんて、簡単に持ち出せないしね。
    って持ってないけど。。。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

20m防水になったコンパクトカメラ「FinePix XP120」(デジカメWatch)

ロモグラフィー×富士越カメラ 個性派レンズの撮影会が開催(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ