デジタルカメラ情報サイト

画面周辺まで高い描写力の超広角レンズ 歪曲もほぼ無し–FíRIN 20mm F2 FE MF(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】
by 曽根原昇

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (8)

    • nroff
    • 2017年 2月 01日

    国内外の各社からよさげなレンズがA7向けにどんどん出てくるけど、どう理解したらいいんだろう。

    ・FE規格はポテンシャルがあり、各社の技術者や商品企画に興味を持たれている。
    ・Sonyがマウントの技術情報開示に積極的。
    ・レンズメーカーのミラーレス対応レンズ開発の実験台としてA7が手頃。

    商売だけ考えるなら、Ni・Ca(・PK・A)マウントレンズを共用設計で作るのがいいと思うんだけど。
    だってこれ、Sony専用ですからね。そんなに数が出るとも思えないのに。

      • 匿名
      • 2017年 2月 02日

      ニコンやキヤノンはあまりにもメジャーすぎて付け入る隙がない。
      ソニーは値段の割にはイマイチなレンズが多く、数も少ないので
      コストパフォーマンスや性能に優れるなら注目度も高く売り上げを期待できる。
      こんな感じじゃないでしょうか。

      • M-KEY
      • 2017年 2月 02日

      Profotoのラジオスレーブもソニー用が出るなど、ソニーEマウントのユーザーが多いとの判断でしょう。
      たしかにメインでソニー機を使うプロは少ないのですが、サブでα7系を使いだした人は目立ちます。
      キヤノン、ニコンに続く第三勢力になりつつあるのでしょう。
      しかも先行して必要なレンズが揃っているキヤノンやニコンにくらべ、ソニーのレンズラインナップは
      まだまだ足りない部分が目立つという部分も大きいと思います。

      • 匿名
      • 2017年 2月 02日

      動画用途には、こういうレンズの方がいいんだよ。
      だから、まずはソニーEからとなる。

    • Ken
    • 2017年 2月 02日

    憶測ですが
    ・こういうレンズをたくさん作って欲しいからソニーのパテント代が安い。
    ・MFレンズだからミラーレスの方がなにかとピント合わせがしやすい。
    ・広角レンズなのでミラーボックスある一眼レフカメラだと作りにくい。
    (ならM4/3用がないにはなんで?って突っ込まないでください)
    ・ある程度売れたら他のメーカー用のも発売してマニアに二本買わせる。

    最後は冗談ですが、こんな理由も少しあるのかなぁ。。と
    写真工学、光学ともに無知な人間が憶測しました。

    • 匿名
    • 2017年 2月 02日

    単純にソニーが自社の仕様を公開してるためでしょ
    キャノンニコンを始めレンズの通信データのAPI仕様を公開してないわけで
    サードパーティーはリバースエンジニアリングで勝手に作るしかない
    ファームアップや新しい機種が出るたびに動作しなくなったり動かなくなるのはこのため
    オープン企画なはずのマイクロフォーサーズでもレンズの通信データは非公開なため
    メーカーごとに手ぶれ補正やAF動作が違うし

      • 匿名
      • 2017年 2月 02日

      >オープン企画なはずのマイクロフォーサーズでも
      マイクロは確かオープンじゃ無かったような…?記憶違いだったらゴメン。

        • 匿名
        • 2017年 2月 02日

        フォーサーズはオープンだったけれど、マイクロは
        「賛同してくれたメーカーには開示する」に変わったので
        それであってる
        細かいことだけれど、「準オープン」というか

        互換性はまあねぇ…お互い囲い込みたいのだろうから
        どちらもあんまり触れたくない部分なんだろうね

コメントは利用できません。

高速AFと連写で一瞬をきれいに撮影 ソニー「α6500」(日経トレンディネット)

パナソニック「GH5」のスゴいところ、教えてもらいました(デジカメ Watch TV)

最近のコメント

アーカイブ