デジタルカメラ情報サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UHS-IIにするとバッテリー消費が少なくなる?(デジカメWatch)

2017.02.17

11件

【特別企画】
CP+2017はSDアソシエーションブースへ! マイクロンのプレゼンを聞きに行こう
by 折本幸治@デジカメWatch

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 2月 17日

    しかしニコンD500とUHS-IIトラブルあったしなぁ

    • 雇われ息子
    • 2017年 2月 18日

    SandiskのUHS-Ⅱの偽物当たっちゃいました!
    海外リテール品には注意しましょう。
    今はほぼ同額の東芝使って、公称値よりだいぶ低いけどスピード出てます。

    • 匿名
    • 2017年 2月 19日

    eye-fiが死んだので東芝買った。転送機能はもはや利用してないが、東芝いいね。
    潰れる前にまた買っておこうかな。

    • 匿名
    • 2017年 2月 19日

    東芝のexceriaは速さ、信頼性、価格のバランスが最高だったな。
    sandiskは筐体が薄くロックピンが出っ張ってるから、カメラによっては引っかかって取り出せなくなったってレビュー見て使うの辞めた。

      • 匿名
      • 2017年 2月 20日

      東芝のステマ書き込みか?

        • 匿名
        • 2017年 2月 20日

        ステマしたところで、もう亡くなっちゃうんだから意味ないだろ

    • たで
    • 2017年 2月 19日

    この64MB使っています。先月、北海道での屋外イベント撮影でE-M1 Mk2で
    5000コマ/バッテリー2つという消費だったんですよね。正直、意外でした。

    日中とはいえ氷点下だし、ポストビューや画像確認はあまりしませんでしたが
    それにしても、そこまでのコマ数が取れると思っていなかったので、てっきり、
    巨大バッテリー(!)のお陰と思ってましたが、UHS-IIでバッテリー消費が少ない
    ということもありそうです。書き込み待ちも起きなかったですし満足してます。

      • 匿名
      • 2017年 2月 21日

      連写気味に使うと、枚数は結構行きますね
      UHS2のおかげもあるのかな

      しかし、mk2はバッテリー表示だけは不安定だねぇ
      急に赤表示になったりしても、刺しなおしたりすると
      まだ40%あったりとかが多くて

        • たで
        • 2017年 2月 21日

        そうですね、寒い時期ですし、リチウムイオンの放電特性だと難しいの
        かもしれませんが%表示をするからにはもうちょい何とかして欲しい(笑

        ちょっと温めたり接点拭くと表示が変わったりでデリケートすぎる感じ。
        もう、むしろ%表示をしない設定とか考えて欲しいと思ってしまいます。
        なんというか、温度での電圧降下も含めてみえちゃうと心臓に悪いです。

        まぁ、そんな訳でモバイルバッテリー駆動のUSBヒーター買いましたとさ。

          • 古参者
          • 2017年 2月 21日

          どうだろう?
          機種にもよるがモバイルバッテリーを使うくらいならUSB給電をすべき。
          通電すればバッテリー自体も若干発熱するしミラーレス機ならセンサーも発熱する。
          電源オフ時に保温ならバッテリーを外してポケットに入れて体温で温めりゃいい。

            • たで
            • 2017年 2月 21日

            ダイレクトなカメラへの外部給電は確かにあるほうがいいと思います。

            それで-5℃位までなら確かに発熱についておっしゃる通りなんですが、
            それ以下の温度になると、もう発熱より放熱が勝っちゃうんですよね。
            ま、次善の策としての若干ばかりカメラを保温するヒーターなんですよ。

            それに内ポケットなら別ですが、外側のポッケはマイナス温度なので
            USBヒーターが結構有効です。電源オフ時にバッテリーを温めるために。
            まぁ、あんまり一般的な環境ではないというのは確かなことですけどね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

発表会で聞いてきました:EOS M6と9000Dはどう進化した?(デジカメ Watch TV)

【実写検証編 その1】動きモノはどこまで撮れるのか?–OM-D E-M1 Mark II(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ