デジタルカメラ情報サイト

ニコン、不振のカメラ事業「国内工場は閉鎖せず」(Yahoo!ニュース)

ミラーレスを早期に拡充、立て直し図る
ミラーレス市場が一眼レフ市場を上回る2-3年後が目安
「将来は高級コンパクトの王道もやりたいが、DLシリーズの中止を決めたばかりのため、次の開発は慎重に判断する」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (31)

    • 匿名
    • 2017年 2月 26日

    まあ1眼レフは、縮小して行くかもしれないが
    そんなにカメラ事業って悪いんだろうか?

    ニコンがミラーレス機を出したら、たぶん買うと思う。

    本当に不振なのは
    半導体を製造する半導体露光装置
    これが足を引っ張ってるだけでは?

    • 匿名
    • 2017年 2月 27日

    やはり135フル対応のミラーレス新マウントのラインナップでしょうか。
    それともニコワンの中での上位モデルとか、大口径や超望遠などのレンズ拡充なのかな?
    前者だとSONYなどの売れ筋を分析しつつ、いかに差別化するかが難しいです。
    後者だと小型センサーを生かした従来に無い潜在的需要がどれだけの規模か読めません。

    「利用者視点での条件設定など商品化プロセスを見直し、利用者ニーズとの乖離をなくす」
    このニーズをどう読むかが勝負所ですね。

      • 匿名
      • 2017年 2月 27日

      ニコンの場合はFマウントとの高い互換性がないとユーザーが納得しない。
      ボディとの連動機構が古い物が多いニコンは苦労するぞ。
      それともニコ1程度の互換性にしてFマウント切り捨てるか。2システム並立は大変だ。

        • 古参者
        • 2017年 2月 27日

        ここにも「Fマウントのままでのミラーレス機を希望しいる輩が居るが
        おそらくGタイプ移行のレンズにしか対応しないだろう。
        下手すりゃAF-Pでないとフル機能が使えないか可能性がある。
        そんなカメラが本当に欲しいか?
        ショートフランジの新マウントなら
        「電子接点のみのアダプター併用でのAF-Pはフル機能使用可能」
        それより古いレンズに関しては世代に合わせたアダプターで対応すればいい。
        この方式ならカップリング式AFでもモーター入りのアダプターで対処可能で
        F4以上に面倒見の良いカメラにすることが出来る。

    • 匿名
    • 2017年 2月 27日

    ミラーレス陣営は常に本気のカメラを作り続けている。追う立場だから。
    残念ながらニコンとキヤノンは、2大保守党だけにやむを得ない部分はあるものの、本気は見えない。
    出し惜しみをせず、みんなが本当に欲しいと思うモノを、ちゃんと出せるかが長期的な鍵を握っている。

      • 匿名
      • 2017年 2月 27日

      本気でないのにミラーレスシェア2位のキヤノン。

        • 匿名
        • 2017年 2月 27日

        どっちもカメラ界の横綱でも白鳳と日馬富士くらいの差があるからなあ
        ニコンに横綱相撲はできんのよ

        • 匿名
        • 2017年 2月 27日

        ニコン、キヤノンはこれまで一眼レフを守ろうとしてミラーレスを卑下した扱いをしてきたのだが、そのアプローチ方法が違った。
        ニコンはより小さなフォーマットで一眼レフのとの差別化を選んだが、市場であまり受け入れてもらえたとは言えない。
        そしてその主力たるはずの一眼レフも縮小したため再びミラーレスを再構築するしかない状況に追い込まれてる訳だから、悲壮な決意で取り組んでくる事が期待できる。
        一方欲張りなキヤノンはあの程度のシステムでもシェアを奪い始めてる訳だから、当面は自社一眼レフとのバランスを見ながらダラダラやっていきそうだが、そのニコンの新モデル次第でギアチェンジしてくる可能性はあるね。

          • M-KEY
          • 2017年 2月 27日

          「一眼レフを守ろうとしてミラーレスを卑下」
          この方針自体が間違っていて、ミラーレスをないがしろにしている間に
          ソニーやフジに顧客を奪われてしまったんですが、
          日本のカメラ業界全体を考えれば、CNの2強以外の躍進は
          選択肢の確保という点においては、歓迎すべきだとも言えます。

          で、今後はミラーレス機にも舵を切ることになるわけです。
          キヤノンのマウントで35mmフルは少し厳しそうですが、
          ニコンの場合、先行他社の欠点を補う事が可能という利点があります。
          と言っても「時すでに遅し」という感も・・・

            • 匿名
            • 2017年 2月 27日

            EOS Mのマウントアダプタは、接点だけで制御回路無し。
            つまりEFマウントは既にミラーレスに対応なわけで、
            キヤノンのフルサイズミラーレスはEFマウントのままで
            出てくるよ。

            • 匿名
            • 2017年 2月 27日

            それ、電磁絞り化したFマウントも同じでないの?

            • nroff
            • 2017年 2月 27日

            レンズ駆動系はそのままでもいけるのかな?

            • 匿名
            • 2017年 2月 27日

            ニコンがこうなってしまったから言える話で、長期計画では一眼レフの衰退も予想はしていただろうけど、これまでの商品展開を考えて、もはやミラーレスの時代だから今後はそちらに注力するという経営方針の転換なんて、こうなるまではとても出来なかっただろうよ。
            これはニコンの歴史、というかFマウント機が宿命的に抱えていた問題だったのだと思う。

            • 匿名
            • 2017年 2月 27日

            動画撮影に特化した形状のボディにすれば、Fマウントと交換性が無くても問題ないと思うけど

            一眼レフの形状にこだわるからこそ買う方も「Fマウントと交換性がなきゃヤダ」てなるわけで

            そもそも静止画撮影用といて発展してきたボディ形状に、何故動画撮影機能を盛り込んでいるのかが分からない

        •   
        • 2017年 2月 27日

        キヤノンはなんだかんだで弾はキッチリと用意しているからね。
        幾らMが他メーカーの周回遅れでも、EOSでキヤノン贔屓になってくれた人へのアプローチにはなる。
        しかし、ミラーレスでニコ1を放置し、プレミアムコンパクトでDLを失敗したニコンには現状の需要にアピールする弾自体が無いからな。

    • 匿名
    • 2017年 2月 27日

    EOS Mが出て4年半、α7が出て3年半。
    マジで何やってたの?
    発売中止になったDLが未だに主力機種のようにHPに載ってたりするあたり、
    内部で喧々諤々やって、全然足並みそろってないんだろうか?

      • 匿名
      • 2017年 2月 27日

      ニコワンがここまで受け入れらないとは予想外だったらしいね

        • 匿名
        • 2017年 2月 27日

        性能と使い勝手が「カス」だったからね。J5で幾分マシになったけど それでも他社の3周遅れ。
        交換レンズも明るいものがほとんどないし。魅力に乏しいシステムだった。

          • 匿名
          • 2017年 2月 27日

          さすがにボディ小さすぎ。
          そしてフルサイズから見てセンサーサイズも小さすぎ。
          限界は4/3型でしょう(賛否両論あるのは認めるが)。
          そういう意味で画質も大分こなれてきたマイクロフォーサーズに参入せんかな・・・。
          せんかw

            •   
            • 2017年 2月 27日

            V3悪いイメージが無かったんで「新形が出たら考えて見るか」と思ったら、
            その後が続いてこなかった、と言うのも。

            • 匿名
            • 2017年 2月 27日

            それならレンズのラインナップも参入当初から問題ないし、エントリー機もOEMでまかなえるので、Fマウントとの互換性に目をつむるとしても理想的だね。

      • 匿名
      • 2017年 2月 27日

      J5が出てからもうすぐ丸2年。その間後継機も出てなければ 新しいレンズも出ていない。
      完全に放置プレイ。
      今更ニコワンに力入れますと宣言しても 誰も信じないだろう。

    • 匿名
    • 2017年 2月 27日

    「不沈のカメラ事業」と思っていたのが「不振のカメラ事業」になってしまいましたとさ。めでたしめでたし。

      • 匿名
      • 2017年 2月 28日

      めでたしめでたし…という表現からはニコンに反感を抱いている人物のように思われるが、もしかして日本企業全部を憎んでいる在日か?

        • 匿名
        • 2017年 2月 28日

        ソニーユーザーに決まってるじゃないかw

          • 匿名
          • 2017年 2月 28日

          違うな。
          ソニーを悪者にしたいオリンパスユーザーと見ている。

            • 匿名
            • 2017年 2月 28日

            勝ち誇ったキャノ坊じゃね?

          • 匿名
          • 2017年 2月 28日

          オリ公!

    • 匿名
    • 2017年 2月 28日

    過去の栄光をすべて忘れるところから始めないとニコンの再生はないと思う。
    もう昭和20年代のダンカン神話やFの伝統などはすっぱり忘れて
    持っている光学技術を生かす「市場が求める今の時代のカメラ」とはなんなのかに
    もし解答が得られなければニコンは消える。

      • 匿名
      • 2017年 2月 28日

      残念な話だけれど、市場が求める今の時代のカメラにニコンが持ってる光学技術などはさほど重要な要素じゃなくなってきたというのが現実なんじゃないの?
      苦しくても蓄積してきたノウハウを売ったり捨てたりはしないで欲しいもんだねぇ。

    • 匿名
    • 2017年 2月 28日

    カメラ以外の収益の柱探して、カメラ事業は赤字が出ない程度に祝日しよう、ということだよな。

コメントは利用できません。

ニコン、100周年記念で歴代の名機がずらり(デジカメWatch)

どんな紙でもインクジェット用紙にする液体(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 19:34)
    →えらい杞憂だな。 ニコンが本格的なミラーレスを出しても 一眼レフの市場が存続しているうちは一眼レフは続けるだろう。 D850の次はミラーレスになってもD6は一眼レフとして出る。 その次のD7はグローバルシャッター機になるかもしれんが Dfのような立場の一眼レフは残すはずだ。
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 19:10)
    →>DX機に、いまさら「死に体」の1マウントを使うとは考えにくいです。 ニコン1マウントにはDX素子は余裕で入ります。エントリー機は小型軽量のほうが好まれるはずなのでその考え方はアリだと思っています。 それよりZマウントが本当に使われるか?ですが純粋なミラーレス機が本当に必要だとみんな思っているかどうか?だと思います。 キヤノンはソニーと同等機を出すようですがニコンもそれに追従したら面白くない。だからニコンはソニーの真似をするんじゃなくて旧ユーザーも満足いくモノを出してもらいたい。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 18:53)
    →kEN爺はバッテリー型番をころころ変えてほしいのか? 自分はいやだな。できるだけ共用化して欲しい。
  • User Avatarニコン好き2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 17:28)
    →>マイナーチェンジでAF-P化すればマウントアダプターで対応できます。 ニコンD800では、AF-Pレンズは使えないのでは? ニコンD850なら大丈夫ですね。 >EF-Mマウントは「相当おかしなことをしないと)35mmフルに対応できないとのことなので、 ソニーのEマウントにも言えるが(ぎりぎりフルサイズ機を出したけど) フルサイズの対応を考えて企画しなかったのは、企画上のミスですね。 キャノンは、抜け目ないメーカーの印象だったので珍しいですね。 、 >キヤノンは過去の例ではあっさり捨て去りそうな感じですが。 それは、ソニーが最も当てはまりますね。 ニコン・キャノンがフルサイズEVF内蔵ミラーレス機を出して 旗色が悪くなったらEマウントをあっさり捨て去るかもね。 そしたらAマウントとEマウントで肩の荷が重くなるのでは?
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 17:02)
    →もう私の言いたいことはこれだけ、レンジファインダー機が残っているように、どーしても一眼レフでなければいやだというプロやハイアマが必ずいると考えられますが、ニコンはそういう人たちにも対応してくれるか?という点です。 キヤノンは過去の例ではあっさり捨て去りそうな感じですが。
  • User Avatar  ダブルカメラを搭載した低価格モデル――HUAWEI nova 2(デジカメWatch)へのコメント(04/20 16:52)
    →合成開口計算してしまえば単純な光学性能越えられるよ。 んでもって複数レンズを使用した場合、そのレンズとレンズの外々の仮想レンズとして計算で出せるんだよ。 その辺り数年前にAdobeが説明していたけど、そういや最近はAdobeの話は聞かないな。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 15:07)
    →EF-Mマウントは「相当おかしなことをしないと)35mmフルに対応できないとのことなので、 ショートフランジのEFマウントとしエクステンションチューブEF25II的な中間リングを介して 一眼レフ用のレンズも使えるようにしているかもしれません。 (もちろんEF-Sのように誤装着できないような仕掛けは必須) FX機とDX機の同時開発なら、同じZマウントと考える方が自然です。 DX機に、いまさら「死に体」の1マウントを使うとは考えにくいです。 リンク先のコメントにもありますが、D3&D300の再来というかミラーレス機なら FX機とDX機の筐体は共通化が可能です。(α99M2とα77M2はほぼ同じサイズです) それこそD5に匹敵する堅牢性のボディとバッテリーグリップを省コストで実現できそう。
  • User Avatar子供をキレイに撮るたったひとつの冴えたやり方(その2)(デジカメWatch)へのコメント(04/20 14:36)
    →思春期の亀ヲタには刺激が強いわねえ。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 13:27)
    →ソニーのカメラがビデオだっていう人ってなぜかニコワンのことはそう言わないんでよね。 思い込みって恐ろしいわ。
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 12:26)
    →デジカメinfoは情報が早くて http://digicame-info.com/2018/04/2-54.html キヤノンは新マウントを起こすようです。素晴らしい解決法とは、AFの制御プロトコルをEF機と同じにするというオチだったりして。 http://digicame-info.com/2018/04/world-press-photo-2018.html ソニーは一般コンシューマーには売れているがプロにはまだイマイチなのかもしれません。 http://digicame-info.com/2018/04/dx-3.html DXミラーレス機が出る可能性があるようですがニコン1マウントを使うかZマウントを使うか不明です。フルサイズミラーレスはキヤノンはα7RIIIかα7IIIに相当するものを出すつもりのようですが、ニコンはDXミラーレスを出してもフルサイズミラーレスは出さないような気がしてなりません。
  • User Avatar岩清水2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 12:05)
    →私は手で持っているカメラを落としたことはないです。三脚に据えてちょっとその場を離れたら強風が吹いて三脚が倒れたり、足を滑らせて転んだ時に三脚に足を引っかけて三脚が倒れたり、ということです。
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 10:40)
    →>レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか? ニコンがシステムカメラだと言っているねhttps://www.nikon.co.jp/news/2011/0921_nikon-1-brand_04.htm
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 09:57)
    →「同じシリーズなのに製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的です」 百回くらい読んでからレスしてもらいたいですね。 一度リリースしたら未来永劫バッテリーの変更はままならん!なんて言ってません。 技術の進歩、要求性能の変化、法令などの環境に合わせて、 しかるべきタイミングでバッテリーが更新していくのは仕方ないというか ユーザーメリットにもつながります。 NIkon 1は互換性への配慮が足りず、システムカメラとしては落第、 その一つの例としてバッテリーをあげました。 ま、不変と言いつ長年のユーザーでさえ互換性に悩むFマウントのメーカーですから メインストリームでないNikon1に望むのは酷かもしれませんが・・・
  • User Avatar2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:46)
    →Ken爺は「ベット」とか「カメラバック」とか「ビビット」って書くんだねw
  • User Avatar子供をキレイに撮るたったひとつの冴えたやり方(その2)(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:44)
    →タイトルと乖離した内容の漫画ですねえ(笑)
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 08:03)
    →ではスパンの話。 四年でフルモデルチェンジするフラッグシップ機と 一年半でフルモデルチェンジした1型機に 相対的な時間の流れを当てはめるのは意味がないのでは? カメラユーザーは千差万別いてたとえばV2から始めてV3に買い替えたユーザーと D3sから始めてD4に買い替えたユーザーとでは1.2年でバッテリー変わっちゃたのは同じで『いや〜、D3sのバッテリーはD2Hから8年も経ってるから変わって当然!』みたいなこと言われても予備バッテリーを買い替えしなきゃいけないのは変わりありません。 α(ホームページはバッテリーの対応機種調べるのに非常に見にくい!)にいたっては現行機種で同じような種類なのにバッテリーが違うのだから、こっちの方がM-KEYさんのいう『バッテリーが変わるのはシステムカメラとしては致命的』に当たるんじゃないでしょうか? wからZになった持ちが良くなったそうですが、互換性を持たせることはできなかったのかな?バッテリー設計技術じゃないからわからないけど。 (ニコンのD7000のバッテリーは互換性持たせながらちまちま良くなってる) 話を始めに戻すとバッテリーがコロコロ変わるのはそのシリーズを買い替えたりして愛用しているユーザーからとっては非常に不便であり経済的にも痛くなります。 ただそれをカメラ一個体の評価として『致命的』と言っちゃうのはどうか?ということです。 そもそもVシリーズは各個体を同時に持ち歩いたり レンズ交換できるけど『システムカメラ』として考える部類のカメラなんでしょうか?
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:33)
    →匿名さん アグレッシブに写真撮影してると落とす可能性は結構高いんですよ。 精密機械だからと言って機材に余りに気をかけるのは撮影条件に自ら壁を作ってしまいます。 (ガサツに扱っていいわけではない) だから充分注意するけど事故は少なからず起きてしまう。 まあベットの上でゴロゴロしながらカメラいじって悦に入ってる方々は落とすなんて考えもしないでしょうが。。。(それもカメラの楽しみ方のひとつですが) 使用時はわりかしハードに!終わったら優しくメンテナンスが僕個人のやり方です。 F5のときは僕の不注意だったけど。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 01:25)
    →ソニーのEマウント機は小型軽量を重視しすぎで強度は二の次のようですが ミラーレス化=強度不足ではなく、むしろフランジバックが短い方が有利です。 別に現行のFX用レンズの全てをミラーレス用に刷新する必要はありません。 新マウントは12-24mmF4、24-85mmF4、Fisheye 16mmF2.8があれば当初は十分、 Fマウントの24-120mmF4や70-200mmF4、Micro60mmF2.8は比較的設計年次が古いので マイナーチェンジでAF-P化すればマウントアダプターで対応できます。
  • User Avatarken2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:51)
    →もう一度書くけど 法律の権は解決でよろしいのでしょうか? スパンの話に流れる前に決めときましょう。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:44)
    →落下時の壊れやすさについては 経験上、自重の軽いカメラの方がダメージは少ないと感じています。 スポーツなどでカメラのパワーが必要で、縦位置の頻度が高いなら D5や1DX、D850やEOS 5Dmk4にバッテリーグリップが必要でしょうが D5や1DXのサイズや縦位置グリップは私の用途にはナンセンスです。 手持ちはもちろん、三脚使用時にも縦位置だと重心がセンターポールから 離れる為に安定性が悪いので銀塩時代もF4やEOS-1はバッテリーグリップ (ブースター)無しが基本でしたし F5を買ったもののメイン使用機はもっぱらF100でした。 デジタルになってもD2XよりもD200を多用、高感度対策でD3を買っても 結局はD300を多用し、D3Xでなくα900を選びました。 (D700がD3と同時発売なら迷わずD700を買っていたでしょう) 単に解像度や高感度特性、超広角が必要というなら、 35mmフルであってもコンパクトな方が優位だと考えていあmす。
  • User AvatarM-KEY2018年3月のMap Cameraデジカメ売上ランキング(デジカメWatch)へのコメント(04/20 00:22)
    →互換性を保ったままで改正電気用品安全法に適合できたかもしれませんが 登場から8年経っており、 使用機種もD2H、D2X、D2HS、D2XS、D3、D3X、D3Sと変遷していれば、 新型に替わっても(同じ理由でEN-EL3系もEN-EL15にチェンジ)納得できますが、 Vシリーズは機種ごと、それも1年半に満たないスパンなので比較になりません。 ソニーにかんしても、2013年11月にα7/7Rが発売されてα9までに4年、6機種出ており 「製品ごとにバッテリーが違うのはシステムカメラとしては致命的」 にはあてはまらないのですが、これにかんしてはα7IIで変更すべきだたったと思います。 それにWバッテリーをキャリーオーバーされて予備電池を大量に持つよりは Zバッテリーで半分の個数で済む方がユーザーメリットははるかに大きく バッテリー変更を歓迎する声は多いですが、非難する声はほとんどありません。 Nikon 1のバッテリーをソニーEマウント機にあてはめるなら NEX-5はFM500で出して、NEX-5Nで新型バッテリーに NEX-6でNEX-3などと同じFW50にして、α6000でFZ100にして 同時にα5000も未知のバッテリーにするような感じです。

アーカイブ