デジタルカメラ情報サイト

高い解像力と自然なボケを両立 AFも高速–SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | Art(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】
by 大村祐里子

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 匿名
    • 2017年 2月 28日

    >また、見た目もガラリと一新されている。重量は約1.5割増し

    旧製品が725g、この新製品が1130g(EOSマウント)。
    重量が約1.5割増しだなんて 小学校の算数も出来ないからカメラマンになったのかな?

      • 匿名
      • 2017年 2月 28日

      慶應義塾大学法学部法律学科卒だから俺よりは頭良いはず

      • 匿名
      • 2017年 2月 28日

      正しくは150%増しだよね

        • 匿名
        • 2017年 2月 28日

        増加分が150%だとトータルで元の250%になるんだが。
        5割増しで良いんじゃね?

          • 古参者
          • 2017年 2月 28日

          九分九厘大丈夫というが10%にも満たないとか
          五分五分だと残りの九割は?なんて言う奴だな。

            • 匿名
            • 2017年 3月 01日

            ここでもじいちゃんが意味不明の書き込みをしている(笑)

          • 匿名
          • 2017年 2月 28日

          50歩100歩だと6デシベルも違うとか言いかねないw

    • 匿名
    • 2017年 3月 01日

    CP+のシグマのArtシリーズで塙真一氏のポートレートワークショップに参加したのだが、EFマウントのこのレンズを1DXIIで使った参加者がいきなり、合焦マークが点灯していたにも関わらず、オールピンボケで途中でレンズ交換されてた。シグマの担当者で個体差で相性が悪い場合があるとかいってたな。
    自分はEFマウントよりも相性が悪そうなニコンFマウントのを使ったが、F1.4開放でもフォーカスの問題なかった。ニコンとシグマの組み合わせでよく言われるホワイトバランスが狂う点については、Expo Imageのホワイトバランスセッター使ってプリセットマニュアルで合わせて固定してたので、どう影響するのかは確認出来なかった。塙氏の指導で皆グレーカードでマニュアルでホワイトバランス合わせてたから、他の参加者も確認出来なかったと思う。光源は、ハロゲンのRIFAだった。

    • 匿名
    • 2017年 3月 09日

    >だが、筆者はどうも長玉の「大きなボケでいろいろなものをごまかしている」感じが気に入らないので、

    105ミリと85ミリでそんなに違うワケもないのに、こう決めつけているのは85ミリしか使ったことがない「乏しい経験」による思いこみ。まだ駆け出し写真家のようだから無理もないか。
    それに 当人の作例だって「大きなボケでいろいろなものをごまかしている感じ」のものを平気で載せているしなぁ。。。

      • M-KEY
      • 2017年 3月 09日

      「大きなボケでいろいろなものをごまかしている」
      これはスケジュールがタイトなタレントさんのポートレートで
      背景の人払いが不要になると重宝された手法ですが、
      ボケ過ぎて困るなら、少し絞れば問題ないです。
      100(105)mmよりも85mmを使うと、モデルとの距離が近くなり
      コミュニケーションがとりやすいというのが最大のメリットでしょう。
      個人的には七部身だと85mmでも少し遠く、75mmくらいがベターで
      APS-C機で50mmを多用しています。

コメントは利用できません。

デジタル時代だからこそ活きる24mmの画角–ELMAR-M F3.8/24mm ASPH.(デジカメWatch)

これだけ多機能で13万円台は大サービスだ!–PENTAX KP(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 08:03)
    →【特定の方への反感からか、一部の言葉尻を捉えて自己流に拡大解釈した意見は、なかなか共感を得るのは難しいと思います。】 荻窪氏に反感はないのですが「圧倒的」という言葉が気になったもんで。 ボディ式を前時代的なものとして全否定してるみたいに感じました。 それを言葉尻と言われると。。。すみません。 特定の方があの方ならば、今回はこちらから反論したワケではないのですが。。。 単にボディ式の方が速い場合もあるよねって感じで問いて 他の匿名さんからの例も出していただけたので充分です。 ありがとうございました。
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 07:48)
    →【なるほど、AF-Sのマイクロは使ったことがないので知りませんでした。】 こちらは「なるほど」で、僕の方は「あら探し」ですか。。。
  • User Avatar最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 06:56)
    →この記事は猫写真ブログですが、デジカメに関しては新製品レビューで各メーカーの製品を使用している方ですので、根拠ない感覚的な記事という訳では無いと思いますよ。 特定の方への反感からか、一部の言葉尻を捉えて自己流に拡大解釈した意見は、なかなか共感を得るのは難しいと思います。
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 06:36)
    →【少ない経験値と情報量の上司に振り回されたくはないですね。】 ネットだけの情報と英語混じりの用語で上司を煙にまく部下も嫌だなあ。
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 06:32)
    →【AFのシュッという速さが気持ちいい】 無音で動くのが速いと錯覚させる部分もあると思う。 また20万以上のレンズと4万円くらいのレンズでは比較にはなりにくいのでは? (荻窪氏の50ミリのコンディションはどうだったのかな?久しぶりに引っぱり出してきたみたいだし) 17-35F2.8と20-35F2.8をD3くらいで比較してみたいですね。 あ、もちろんレンズ内モーターの方が速いとは思いますよ。 圧倒的という言葉に引っかかったもんで。
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 01:15)
    →少なくとも、荻窪圭さんは「AF NIKKOR 50mm f/1.4 D」で撮った後で 「AF-S Nikkor 35mm f/1.4G」を使って、「AFは圧倒的に速い」と感じています。 あなたの様に不確実な記憶でのコメントではありません。 「AF-S 16-35mm f/4G ED VR」と「Ai AF 18-35mm F3.5-4.5D IF-ED」を D750なりD610なりに付けて、実際に動作させて比べてみましたか?
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 01:06)
    →http://a-graph.jp/2019/03/15/37980 技術の進歩で「情報」も「常識」も上書きされていきます。 少ない経験値と情報量の上司に振り回されたくはないですね。
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/28 00:43)
    →圧倒的という言葉を用いるならしっかりした情報をもってなきゃならないということ。コレを鵜呑みにする読者もいるんだからライターとしての責任を持って書いてほしい。 それを「あら探し」と思うなら、被害者意識が高いのかな? 望遠系ズームや超望遠なんかはレンズ内モーター式が速いと思うけど 50ミリくらいの単焦点だったら、圧倒的な差はなかったと思う。 全てレンズ内モーターのCanonと比べてもNikonのボディ式はそこまで遅くなかったのでは? ジコジコ音やピントがあったように見えるファインダーに錯覚されてる部分はあったと思うけど。 【ウォブリング】はググッても出てこなかった。(情弱) 相変わらずルー大柴みたいですね。 生徒さんにハッタリ利かすのにもそういう言葉混ぜるのは効果的なんでしょうね。日本語で言った方がわかりやすいのに。
  • User Avatarnroff豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/28 00:18)
    →カラーセンサーで色情報取得、(フィルターなしの)モノクロセンサーで高感度の明暗情報取得、は初期(ライカ搭載の初代)のモデルですね。今は全部フィルターありのはず。 最新機種は(透過度の高い)イエローのフィルター採用だった気も。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 23:53)
    →スマホに付けられたらおもしろそう
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 23:45)
    →HUAWEIのはカラーと別にモノクロセンサーも載っててカラーフィルターがないはず。
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 23:30)
    →誰にでも「あら探し」ですね。 使うボディにもよるでしょうが、50mmF1.4のような単焦点は カップリング式からAF-Sに替えたら「AFは圧倒的に早い」と感じるのは 間違いではないと言っていいでしょう。 それにAFのスピードはレンズの駆動速度そのものだけでなく、 「ウォブリング」も含めて評価する必要があります。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 22:58)
    →安いのあるよ。 https://www.monotaro.com/g/01218434/
  • User Avatarken最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 22:21)
    →16-35も早いとは言えないなあ。 いずれにしろ圧倒的という表現は正しくないということ? 大丈夫か?ネコ写真家。 まあカメラマンじゃなくミラーレスとスマホばっかりで一眼レフが久しぶりっていうライターだからね。こういうライターってどうも信じられない。(個人的感想)
  • User AvatarM-KEY最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 22:04)
    →なるほど、AF-Sのマイクロは使ったことがないので知りませんでした。 フォーカシングでの移動エレメントが重いカップリング式よりも遅いとは意外。
  • User AvatarM-KEYD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:47)
    →EOS 20DとかEOS-1Dmk2の頃は、新しくカメラを買う度に 全部のレンズとボディをサービスステーションに送っての調整が必要でした。 その後、カメラのカスタムファンクションにピントの微調整の項目が追加され、 ポストビューと見比べながら自分で調整できる様になり、今はライブビュー出力を 使った微調整も可能になったのですが、それも撮像センサーで測距するミラーレス機 では不要となり、精度やスピードもα9IIでは問題のないレベルに達している訳で ソニーがTLMのAマウント機に積極的でないのもわかる気がします。
  • User AvatarネガティブD800ユーザーD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:42)
    →なるほど。 外部デバイスでのAF制御の補助はいつかやるべきではと思っていましたが、すでに始めているメーカーもあるのですね。 特に暗所に弱いデジカメはアクティブ方式の併用が有効だと思っていたので、納得です。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:13)
    →これより安いモノクロ専用機は存在しない? これより高いモノクロ専用機はニコンDS-Qi2とフェーズワン
  • User Avatar最新の一眼レフ「ニコン D780」に25年前のレンズを付けて猫を撮る(ASCII.jp)へのコメント(01/27 21:11)
    →> でも、少なくとも現行のAF-Sレンズでカップリング式AFより遅いレンズはないのでは? マイクロニッコールは60mmでも105mmmでも、旧タイプのAFカプラー式をD1桁ボディで使った方が速い。
  • User AvatarD780はどんなカメラなのか?(デジカメWatch)へのコメント(01/27 21:07)
    →> それは「きちんと調整済」であることが前提ですが、世の中には必ずしもベスト > に調整済みでないカメラがそれなりに存在するようなので。 その調整とは光路長と光軸のスケアリングのことを言っている(用語を理解してないからそういう抽象的な表現なんだろうが)のだろうが、その調整が今は銀塩一眼レフの全盛期の1980~90年代とは今は調整装置の進歩で楽に高い精度で出来るようになっている。 それは、レーザーダイオードの進歩で、光軸/光路長検査用の正確な平行光の光源が簡単に得られるようになって、昔みたいにハロゲン電球に高価な複数のレンズを組み合わせたコリメーターが不要になった。しかも、非常に正確な拡散しないスポット光も得られるようになった。 貴殿が「ベストに調整済みでないカメラ」というカメラが1990年代の銀塩一眼レフや2010年以前の廉価グレードのデジタル一眼レフを基準にしているなら認識を改めるべき。 一昔前は、数百万もする光学ベンチ用コリメーターじゃないと不可能だった非球面光学系の光路長/光軸調整がアマゾンで数千円で売られているレーザーコリメーターで出来る様になっている事実をよく理解すべきだ。 昔は設備があれば高精度の調整可能でも、高価な設備を廉価機に導入出来ないという事情があったが、いまは廉価機に使える数千円の器具で20年前の数百万の設備より高精度の調整が出来る様になっているんだよ。特に近年の青紫色レーザーダイオードの急速な進歩とコストダウンが大きいな。波長の短い青紫光の方が検査精度が高いからな。 > 常にセンサーが曝露されている電子シャッター時のミラーレス機は相対的に測距 > にかけられる時間が長いというメリットと画像と測距が固定されているという > メリットは大きいです。 ローリングシャッターは遅いと言ってもフル画素動画で60Pが可能ならば、1/60相当でスキャン出来るわけだが、その1/60で像面位相差の甘い精度のピントをコントラストAFで追い込むのは無理だね。何故なら、コントラストAFは画像エンジンでの信号処理が入ってからの動作で、且つベストのピント位置から行過ぎる工程があって初めて最大コントラストのポイントを掴むから、いくら位相差である程度ピントが追い込まれてても合焦までの工程が多い分、合焦の速度上のメリットは帳消し。それから、電子シャッターでもグローバルシャッターだと信号カットで露出調整するから、結局はミラーが動作する一眼レフと同じで、シャッター動作中のAFは断続的にしかならない。パナはそれを見越して像面位相差は諦めてレーザー距離計でグローバルシャッターでも連続的にフォーカスする方向に舵を切っている。
  • User Avatar豊かな階調再現に、4,000万画素の描写力をプラス――ライカM10モノクローム(デジカメWatch)へのコメント(01/27 20:40)
    →これへカラーフィルターが無いんだから デジタルカラー設定のモノクロとは全然別物だよ

アーカイブ