デジタルカメラ情報サイト

富士フイルム「X-T2」 使って導いた「アレ?」な結論(日経トレンディネット)

【落合憲弘の「へそ曲がりデジカメ生活」
デジカメ】

深みのある独特な描写は高評価
X-T1に対するさまざまな意見や要望をもとに性能を磨き上げたX-T2
動体に対するAF追従性能はE-M1 Mark IIに譲る
X-T2と同じ画質で撮れるのにコンパクトなX-T20に目移り

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (42)

    • 匿名
    • 2017年 3月 02日

    フジのXシリーズ、解像感は大したことがない….というのをこの記事の写真でも確認したわ。

      • 匿名
      • 2017年 3月 02日

      レフ機で撮ってもレス機で撮っても上手い奴は上手い。
      下手な奴は何を使っても…ってやつだから、俺は判断保留。

    • 匿名
    • 2017年 3月 02日

    ミラーレス好きが絶賛してるだけだから

    • 匿名
    • 2017年 3月 02日

    うちは構造が単純なミラーレスしか作れない
    一眼レフを作れるメーカーは化け物か
    ただ、幸いなことに、気付かないバカがホイホイ寄ってきて、笑いが止まらないよ

      • 匿名
      • 2017年 3月 02日

      フジは昔一眼レフ作っていたんだよ。ニワカ・カメヲタは知らないだろうが。

        • 古参者
        • 2017年 3月 02日

        それもキヤノンやニコンが真似出来ない大きなサイズの一眼レフをな。

        • 匿名
        • 2017年 3月 02日

        AF一眼以降(それこそ30年以上)作れてないでしょう。
        だから、デジタル一眼レフを発売するにあたっては、
        ニコンから一眼レフボディ供給を受けていたよね。
        でも、ミラーレスのXシリーズは自力で出来た。

          • 匿名
          • 2017年 3月 02日

          >AF一眼以降(それこそ30年以上)作れてないでしょう。

          GX680IIIを7年前まで出荷してたぞ。

            • Ken
            • 2017年 3月 02日

            アレ、AFじゃないしもっと前に作られたヤツのマイナーチェンジ版だし。
            (初代のを使ってましたがめっちゃ使いやすかった!ハッセルから替えて大正解!)
            ここでいうAF一眼レフ以降という括りでは例外でしょう。
            でもアレのデジパック。。。今なら欲しいです。
            今出したらポスター専門のミラーレス(モニターはパソコン)になるのかな?

            • M-KEY
            • 2017年 3月 02日

            GX645 AFのレフレックス部はハッセルが開発したようですね。
            http://fujifilm.jp/personal/filmandcamera/filmcamera/mediumformat/gx645af/index.html
            http://ammo.jp/monthly/0501/04.html

        • 匿名
        • 2017年 3月 03日

        作ろうと思えば作れる技術は確実に持ってるメーカーだと思うよ。
        でもS ProシリーズにおいてFマウントを間借りするような形で続けていたのは、将来のミラーレス化構想が既に視野に入っていたからではないだろうか。
        ニコンもそこまで窮地ならミラーレスはXマウントに乗り入れ。。。って、フルサイズが出来ないからそれは無いか。

          • nroff
          • 2017年 3月 03日

          > 作ろうと思えば作れる
          技術的に作れても、ペイするほど売れないと開発のゴーサインはでないと思います。
          > ミラーレス化構想が既に視野に入っていた
          それはない。

          「一眼レフを作れるのが高い技術を持ってる証」という前提自体、もはやあまり意味がないと思っています。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            まずは他社ボディでスタートしたが、フジならではの独自センサーを開発してもボディやマウントがフイルム時代のものだったから満足はしてなかった。。。的な開発者インタビューをどこかで読んだような気がするよ。
            裏でミラーレスの開発を進めていたのは自然な成り行きじゃないの?

            • nroff
            • 2017年 3月 03日

            S1pro 2000年発売
            X-Pro1 2012年発売
            12年先のことを考慮して判断したとはちょっと思えません。単純にボディ(+レンズ)の新規開発がペイしない、と判断されたからだと思います。独自センサーの開発継続のための市場を自身で作るのが主目的で、フィルム会社らしい判断だと思います。

            • M-KEY
            • 2017年 3月 03日

            フジックス デジタルカードカメラ DS-505
            http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj110.html
            ニコンとの共同開発でニコンデジタルスチルカメラE2と同型機です。
            このあたりの経緯を知っていたら,S◯Proシリーズがニコンの
            ボディを流用したのは「自然な流れ」と理解できるでしょう。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            価格&物量競争に差し掛かったコンデジ事業に代わるパイを見つけにいったのが一連の高付加価値Xシリーズ。

            X100が意外に受けたのを勢いに、体制を再編したわけよ。
            S5proで途絶えたシリーズを今更やるにしてもニコン次第になるし、今からならミラーレスでもいい。
            ミラーレスならば自社で設計製作できて融通がききニコンの顔色に気を使う必要もない。
            それらを総合的に考え、今のXシリーズがあるのさ。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            >それらを総合的に考え、今のXシリーズがあるのさ。

            何の根拠もなく誰もが知ってるイメージをなぞってるだけの、事情通気取りが言いそうなことw

          • 匿名
          • 2017年 3月 03日

          ニコンからボディ供給受けてた時代、
          カメラ事業でリストラしてるくらいだから、
          フジにそんな先を見越しての開発なんて有り得ない。
          そんな余裕あるならリストラするなとなる。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            フジはドル箱だったフィルムが一気に消滅し、暗黒の2000年代初頭以降は技術を活かして畑違いだった分野にも進出し、事業内容がまるで違う企業へと変貌しながら乗り切った。
            厳しいリストラはどちらも共通する部分だが、経営に関して今のニコンはフジフイルムを模範にできそうな部分が多々あるように思う。

          • 匿名
          • 2017年 3月 03日

          ニコンとフジの関係は現在そこまで良好じゃない
          良好だったらフジはD300、D500ベースで出してたと思う
          Xシリーズは苦し紛れに出してみたところ、思いのほか好評だった、てとこ
          怪我の功名というか

            • nroff
            • 2017年 3月 03日

            > Xシリーズは苦し紛れ

            出たての頃は絵に描いたような「レトロなカメラ」だったのを覚えています。最新機種はだいぶ普通(保守的)になってきてますが。当時は打ち上げ花火的な企画で、シリーズ化するなんて想定していなかったんじゃないかな。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            苦し紛れな割には矢継ぎ早に交換レンズを始めとしたシステムの充実を図ってきたんで、開発費は案外潤沢だったのかも。
            最近は少しペースダウンしてきたけれど。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            たしかに、苦し紛れ感ありありだったが、
            ダメ元の開き直りが幸運を導いた感じ。
            もし失敗してたら今頃どうなってた事やら。

            ただまあ、D500ベースのS7proが発売さるなら、素直に欲しいと思う。
            ニコンがD500の提供を渋るなら、D7200ベースでもいい。

            • 古参者
            • 2017年 3月 03日

            S5proは一説では売れば売るほど赤字と言われていた。
            実際には赤字では無いにしろニコンからD200半完成品を買って
            それにハニカムを実装して売るとスタイルでは利益は少ない。
            それにレンズやスピードライトなどでも儲けられないから
            独自規格のレンズ交換式カメラの企画は水面下で続けていた筈だ。
            それがレンズ一体型のXシリーズのヒットで現実化したのだろう。

            • 匿名
            • 2017年 3月 03日

            富士はリストラしてたから、
            新しい企画とか無いの。

            コンシューマー向けのレンズ交換式カメラから遠ざかり、
            んなもん企画してる余裕なんかなかった。

            たまたまX100が当たり、シリーズ化に至る。
            とはいえ販売量はリコーと似たレベルであり、
            好調といとって良いのか難しい。
            富士としてみれば好調なのがも知れん。

            • M-KEY
            • 2017年 3月 04日

            いくらX100が売れたからと言っても、
            そこから開発を始めて一年足らずでX-Pro1を発売できないハズです。
            もう少し前、GF670直後から基礎開発的な事はしていたと思います。
            ひょっとするとハッセルブラッドブランドでも売るつもりで、
            ミラーレス機の開発を進めていたが,何かの都合で頓挫して
            ハッセルはソニーα7の魔改造モデルを、フジが開発していたレンズの
            一部がツァイスのTouitになったのかも知れません。

            • たで
            • 2017年 3月 04日

            フィルムからデジカメの移行で散々苦しみ、デジカメに移行したら、
            コンデジから携帯・スマホへの移行で、また商品展開に苦しんで、
            そして高級コンデジとしてのX100を出していったフジフイルム、
            Xシリーズが苦し紛れの結果であると、言ってもいいと思うけど、
            その「苦しさ」は、考え抜いての「苦心惨憺」だと言うべきかと。

            まぁ、X100後の開発の速さを見ると、ただの打ち上げ花火だった
            のではない思いますね。パスファインダーとしての製品でしょう。
            そのタイミングにはディシジョンツリーはもうあったと思います。

            • 匿名
            • 2017年 3月 04日

            S5 proをフェードアウトさせながらXシリーズの構想を立てていたのは間違い無いと思うぞ。
            当時は既にm4/3が始まっていたし、リストラ云々何もしていなかったとは考え難い。
            もしかしたら試作くらいはやってたかも。

      • 匿名
      • 2017年 3月 02日

      匿名 :
      うちは構造が単純なミラーレスしか作れない
      一眼レフを作れるメーカーは化け物か
      ただ、幸いなことに、気付かないバカがホイホイ寄ってきて、笑いが止まらないよ

      そう言ってるきみは、デジカメの目的は構造が複雑なのを競うことはなく、写真を撮ることだと気づかないバカw

      • 匿名
      • 2017年 3月 02日

      今ミラーレス作ってるメーカーで一眼レフ作ったことないとこ一つもないよね。

        • 古参者
        • 2017年 3月 02日

        パナはオリに作らせていたけどな。

    • 匿名
    • 2017年 3月 02日

    X-T2や1DX Mk2でピントが抜けるのは小さなAFポイントが見えていないから。
    つまりおっちゃん、シャッター切る時の判断が甘いんじゃね?
    マイクロフォーサーズはピン範囲広いからたまたま合っているだけだよ。

      • 匿名
      • 2017年 3月 02日

      ただね、ミラーレス機のEVF(よく見れば背面LCDも)は、
      何かを追いかけて撮るような場合、画面がボケてしまうじゃん。
      OVFのように、ピントが来ているのを見ながら追えないから、
      判断しろと言ってもちょっと酷というものだよ。

      MFTは深度が深いから、たまたまというのは同意。

        • 匿名
        • 2017年 3月 02日

        EVFのX-T2とOVFの1DX Mk2
        どっちでも合わせられないんなら それはやっぱり撮影者の実力では・・・?

          • 匿名
          • 2017年 3月 03日

          1DX Mk2で撮れないなら、何使ってもダメかもね。。。

            • Ken
            • 2017年 3月 03日

            かなり昔に読んだ本に
            『初心者ですがカメラは何を買ったらいいですか?』という問いに
            『とりあえずニコンにしなさい。失敗してもカメラのせいにできないから』という答えがありました。(そういう時代の話ですね)
            今はカメラがどんどん進化して(メーカーも便利な機能に凌ぎを削るから)
            撮る側もカメラに頼る部分が多くなって
            失敗をカメラのせいにして文句いう場合も多くなっちゃうのかもね。
            もちろん仕事ならそんな言い訳通用しませんが。

            • 匿名
            • 2017年 3月 04日

            >失敗してもカメラのせいにできないから

            ぞれって
            「ニコンはメーカーも信者もカメラの不具合を絶対認めないから」
            って意味でしょ?そんな昔からそうだったんだな。

    • 匿名
    • 2017年 3月 03日

    ミラーレスへのヘイトで富士がとばっちり受けてる

    • 匿名
    • 2017年 3月 05日

    なんか、中身の無いやり取りばかりですね。
    写真好きらしい、実のあるやり取りをしたらいかがですか?

      • nroff
      • 2017年 3月 05日

      このスレからも意味のある情報はたくさん読み取れますよ。
      訳のわからない元記事から、よくここまでふくらませたと思います。

      • 匿名
      • 2017年 3月 06日

      ここに限った話ではないですけど、確かに中身が無いやり取りも多いです。
      しかしある発言の中の一つのさりげないワードが引っかかり、念のため掘り下げてみたら自分の知らなかった事実に辿り着く等、写真好き、カメラ好きとして知見の広がりを感じた事がいくつも思い当たります。
      私は結構情報源になってますよ。

        • 匿名
        • 2017年 3月 07日

        しかり!! 読む方の力量が肝心ですな。

コメントは利用できません。

ソニー、デジタル一眼カメラαユーザー向け「αあんしんプログラム」開始(ASCII.jp)

新搭載したSnapBridgeの使い勝手は?――ニコンD5600(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ