デジタルカメラ情報サイト

「SIGMA sd Quattro H」のレンズキットが登場(デジカメWatch)

24-105mm F4 | Artもしくは35mm F1.4 | Art

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 匿名
    • 2017年 3月 05日

    フランジ長を確保するための出っ張りがつらい。ここを着脱式にしておいて、将来の短フランジに備えているのもありだとは思うが、フォビオンはもともと入射の奥行き方向で色を分離する方式だから、通常のベーヤー方式に比べて光のテレセントリック性はより確保しなければならないのだろうか?そうとなれば短フランジはありえないかな?

      • M-KEY
      • 2017年 3月 06日

      同感です。
      着脱式にして、SA、EF、Eマウントなどが使えるユンバーサルマウント機に慣れたのに・・・

コメントは利用できません。

本漆塗りのライカMが登場。大丸創業300周年記念モデル(デジカメWatch)

最新ミラーレスのマニュアルフォーカスは便利! 隠れている猫を撮る(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ