デジタルカメラ情報サイト

中判カメラの概念を崩すコンパクトさが魅力――ハッセルブラッド X1D-50c(デジカメWatch)

新製品レビュー(外観・機能編)
アップデートで機能が向上
by 上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (14)

    • 匿名
    • 2017年 3月 25日

    他のレポートでレスポンスが遅いという評価があったがどうなんだろう?

      • 匿名
      • 2017年 3月 31日

      CP+で冨士のGFX 50sと比べてみたけど、カメラとしての完成度はGFX 50sの方が高いし、JPEG撮って出し(このクラスではあんまりないだろうがCP+の時点だと現像ソフト限られていたから)だと圧倒的に冨士がいいように感じた。
      X1Dはフォーカスが2世代前のミラーレスというかキヤノンの無印EOS Mかというくらいモッサリだった。フォーカス時のレンズのウォブリングの前後のジコジコが最近のカメラとは思えないくらいだった。GFX 50sに勝っているのは、レンズシャッターの美点のシャッターショックの少なさ。電子シャッターと思うくらいショックがない。
      まぁでも、実用的に使うなら間違いなくGFX 50sだな。X1DはHassel Hシステムを持っている人が旅行にも中判持って行って大きなフォーマットで風景撮りたいという場合のサブ機用途かストロボ全速同調を生かしたHSSに頼らずストロボの光量をロスしないデイライトシンクロやるとかの目的がない限り手を出さない方がいいと思う。

        • M-KEY
        • 2017年 3月 31日

        無印EOS Mくらいの動作なら、フラッシュ撮影では問題にならないレベルと考えて良さそうですね。
        中判を使う理由の一つに「クライアントに対する演出」があり、その点ではGFXよりもX1Dが有利です。
        実際に購入するときはレンタルで使ってからになるでしょうが、貴重な情報をありがとうございました。

        • Ken
        • 2017年 4月 01日

        CP+で両機を比較した匿名さん。
        JEPG撮って出しはデータを持ち帰ってモニターで確認されたのですか?
        (それともコーナーにパソコンがあって撮った画像を確認したのかな?)
        圧倒的に富士がよく感じられるとは有益な情報です。ありがとうございます。

        M-KEYさん
        フィルム時代ならいざ知らず、未だにクライアントで『おっ!ハッセル使ってる!』って思う人っているのでしょうか?
        逆に黄色いシャッターボタンは玩具っぽくてマイナスな感じがします。

        • 匿名
        • 2017年 4月 01日

        X1Dで気になった点をもう一つ。
        5,6コマ連続して撮るとカードへの書き込みに時間がかかる。これはコンデジ並みで、とても今のレンズ交換式カメラとしては信じられないレベル。

    • 匿名
    • 2017年 3月 25日

    それ独り言?
    なんか怖い

      • 匿名
      • 2017年 3月 25日

      ネットのコメントはみんな独り言ですよ。

        • 匿名
        • 2017年 3月 25日

        な、なんだって!?俺は誰かご指名して話をするものなのかとばっかり

    • nroff
    • 2017年 3月 26日

    100万円でこういうカメラが作れてその会社が存続できるなら、日本のカメラメーカーも別に減らす必要ないんじゃない?

      • 匿名
      • 2017年 3月 26日

      屏風を一度広げると畳むのは難しいんだよ。終身雇用制の日本は特に難しい。
      売れる見込みで採用した社員、投資した設備、増設した工場、売れなければ全てが重くのしかかる。

      • 匿名
      • 2017年 3月 27日

      必要があって減らしているわけじゃない。各企業のビジネスポリシーで継続するか止めるか決めているだけ。

      • nroff
      • 2017年 3月 27日

      はい。おっしゃる通りだと思います。
      雇用を維持するため/企業を存続させるためにどうするかは経営者が判断することなので、自分がどうこう言えるとは思いません。
      ですが、カメラを趣味とするいち消費者としては、価格を上げることで存続できるのであれば、趣味性の高い(高価格な)カメラを作り続けて欲しいです。
      手頃な価格だと大変ありがたい、と思いながらも、今のカメラはちょっと安すぎる。Sonyの高価格化へのシフトなどは当然だと思います。
      さらに、ペンタックスなどちょっとバーゲンしすぎです。そんなんで(部門は)続けられるの?とはたから見て心配になります。

        • 匿名
        • 2017年 3月 27日

        デフレがダメだってのは同意だし、高価格帯へのシフトも仕方ない事だろうが、デフレ脱却半ばで富裕層以外の金回りがまだそこまで潤沢とは言えないうちから性急に値上げを連発したら逆に売れなくなって苦しくなるんじゃない?

      •   
      • 2017年 3月 28日

      バリュー向け商売とニッチ向け商売は別だからね。
      でもってそのニッチ向けってのが日本企業が苦手な物だし、日本市場でイマイチ受けない物だったり。

      ニッチってのは要は、自社のエコシステムで利益を出し続ければ、シェアなんぞどうでも良いって事。
      で、日本のマニアなんぞはそのシェアだけで価値を決めてしまう奴等が山ほどいる。

コメントは利用できません。

今年の桜は「城」と一緒に撮ってみよう!(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ