デジタルカメラ情報サイト

とにかく写りの良いカメラがほしい人に! 日本初の中判ミラーレス、富士フイルム「GFX 50s」(ITmediaデジカメプラス)

センサーサイズがこんなに違う中判デジカメの迫力
顔をアップで撮らないで、とか言われた
着脱式ファインダーと縦横チルト式モニター
100万円コースだけど素晴らしいカメラ
by 荻窪圭

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 匿名
    • 2017年 3月 31日

    顔をアップで撮られるのはどんなカメラでもみんな嫌だと思うが

    • 峰不二子
    • 2017年 3月 31日

    やっぱり中判カメラは荻窪K氏にはしんどかったね、いろんな意味で。

      • 古参者
      • 2017年 3月 31日

      撮られる方はカメラの解像度なんて判らない。
      ただ至近からでっかい望遠レンズを向けられるのは嫌だと言うね。

      • 匿名
      • 2017年 3月 31日

      猫も嫌がるだろう。

      • 物知り
      • 2017年 3月 31日

      ワハハハ、諺に「猫に中版」とありますわな。

        • 匿名
        • 2017年 4月 01日

        「中版」じゃなくて「中判」ね。

    • 匿名
    • 2017年 3月 31日

    4/3→(面積1.8倍)→APS-C→(2.25倍)→35mmフルサイズ→(1.7倍)→デジタル中判

    とグレードアップしていくと考えていますが、どうなんでしょう。つmり想定内なのでは
    ないかとの予想です。

      • 匿名
      • 2017年 4月 01日

      44×32なんて中判という資格ないよ。銀塩のベスト判半切と同じ程度の面積。

        • 匿名
        • 2017年 4月 01日

        メーカーがそう読んでいるので、一介のカスタマーがより正しい呼び方をしても受け入れられないんですよ。

        典型的な例が「高画素」です。数が多いのは「多」なので、「高画素」は間違い、「多画素」が正しい。初期には、心あるメーカーやプロカメラマンが「多画素」を使っていましたが、メーカーの圧倒的な宣伝に消えていった。

        多人数、多数、多種類、多段階…..の「多」を「高」に変えてみれば間違いがわかる。

        英語にしてみればさらにはっきりする。many pixelsであって、high pixelsじゃない。

        まあ、メーカーにしてみれば、ピクセル数が多いほど「高性能」であると暗に誤解させたかったからでしょう。大手量販店の売り子がいみじくも「ピクセル数が多いことを訴えるのが最も効果的」と言っていました。

          • 匿名
          • 2017年 4月 01日

          高画素については何のって記述がないので、センサーあたりの画素密度と考えれば
          高低でもおかしな記述ではない。

            • 匿名
            • 2017年 4月 02日

            密度で言えば、圧倒的に高密度なのはスマホのセンサーです。

            • 匿名
            • 2017年 4月 02日

            スマホのセンサーも今は1/2.3型だったりするので安いコンデジと変わらないのかと。

          • 匿名
          • 2017年 4月 02日

          画素数(値)のことだから、数なら多少でも高低でも通じる。

            • M-KEY
            • 2017年 4月 02日

            「数値が高い/低い」という表現があるので
            「高画素」も間違ってはいないですが、
            画素数を表すなら、やはり「多/少」で
            「高」を使うなら「高精細」の方がしっくりきます。
            銀塩中判のシステムを使ったカメラなら中判でも問題はないし、
            ワンショットデジタルカメラで言えば
            33×44mmセンサーは「ラージフォーマット」の範疇だと思います。
            境目は流動的ですが、35フルから1型が「ミドルフォーマット」
            2/3型以下を「小型センサー機」と考えるのが妥当でしょう。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2017年 4月 02日

          >メーカーにしてみれば、ピクセル数が多いほど「高性能」であると暗に誤解させたかったからでしょう。

          いや、決して間違ってもいないと思いますが?

          センサーのサイズとの絡みもありますが、デジカメ黎明期は画素数が上がると同時にセンサーのサイズが大きくなっていったケースもありましたし、D3xが出た時には「画素数が倍になったらその分ダイナミックレンジや高感度特性が悪くなるんじゃ」と心配した人が多いと思いますが、実際には杞憂でした。

          もちろん、同じセンサーサイズのまま画素を増やして高感度などの性能を落としていった時代があったことは否定しませんけどね。

            • 匿名
            • 2017年 4月 02日

            世代が進むと技術も進むので、比べるのは同じ技術で造った異なる大きさのセンサーでしょう。

          • 匿名
          • 2017年 4月 02日

          車の出力と同じ感覚なんだろう。
          馬が多いとは言わず、高いか低いか。
          まさにマーケティング的な意味合いで。

          一眼カメラだってマーケティング的で、
          本来の分類からしたらおかしいな言い方。

          変な例は探し始めたらいっぱいさ。

          • 匿名
          • 2017年 4月 03日

          「高画素」にケチを付けるなら「フルサイズ」というのをまず辞めさせないと。

            • 匿名
            • 2017年 4月 03日

            何のフルサイズなのか言わないと
            まあ確かに分からんわな。

    • 匿名
    • 2017年 3月 31日

    こいつで女性を撮るとけっこうヤバイですな(笑)

コメントは利用できません。

圧倒的な高画質に衝撃、オチアイ的「RX100」の選び方(日経トレンディネット)

iPhone 7 Plus で撮るフォトジェニックな都会のオアシス(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ