デジタルカメラ情報サイト

発表イベントにジョエル・マイロウィッツ氏が登壇――「ライカM10」実写レポート(デジカメWatch)

【特別企画】
帰国後、日本での実写レポート
試写を終えて
by 斎藤巧一郎

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2017年 4月 14日

    このレポーター、自己陶酔ナルシストの傾向が強い。
    >新型機「ライカM10」をアンベール。
    アンベールねぇ…. 「アンベール斎藤」って芸名にすればいいのに。

      • 匿名
      • 2017年 4月 14日

      傾向が強い、どころじゃないですね。全編これポエム。

    • nroff
    • 2017年 4月 14日

    サムネールにも使われている外観写真、一瞬、軍用モデルかと思ってしまいました。

    • 匿名
    • 2017年 4月 14日

    シャープさが欠落した作例写真ばかりだが、レンズがヘボなのか?
    それともこのレポーターが手ぶれしやすい取り方をしているのか?

      • 匿名
      • 2017年 4月 14日

      手ぶれじゃないですかねえ?
      レポーターの方は、お歳を召されているようですら。

      >この日常的なシーンに興味が湧き、高価なレンズを向けるのは私らしいと微笑みながら。

      このあたりの文章、かなり気持ち悪さを感じます。

        • 匿名
        • 2017年 4月 15日

        本当に気持ち悪いですね。ギャグかと思ったら大真面目。
        プロフィール見たらそんなお年寄りでもないようです。

        • 匿名
        • 2017年 4月 15日

        私もね、そこのポエム読んで写真を見てみたの。
        ちゃんとピンは来てるのよ、これが! 発泡スチロールにだけどwww

      • nroff
      • 2017年 4月 14日

      明らかなピンボケのカットもあるようです。カムの調整不足?
      それともレンジファインダーで2000万画素超えは難しいのでしょうか。

    • 匿名
    • 2017年 4月 14日

    クマモンがパラグライダー

    • 来夏
    • 2017年 4月 14日

    今回は赤城さんや河田さんはよばれなかったのかな?作例なら、赤城さんが安定していて、参考にもなる。

    • 匿名
    • 2017年 4月 15日

    プロフィールにアラフォーとかいてあるけど、更新した方が良いね。

コメントは利用できません。

ニコン、ステンレス製の高級シューカバーに新モデル(デジカメWatch)

レベルを選択して保存するだけ。ザラついた写真をワンクリックで鮮明にできる画像ノイズ除去ソフト――PhotoDenoise(Vector)

最近のコメント

アーカイブ