デジタルカメラ情報サイト

ソニー「α9」、日本で5月26日発売。約50万円(デジカメWatch)

世界初の35mmフルサイズ積層型CMOS採用

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 4月 21日

    さて、ゲームチェンジャーたりうるか?

    • Ken
    • 2017年 4月 21日

    さあオリンピックまであと3年!
    ニコンキャノンの反逆の魂に火を点ける仇役の登場です!
    そろそろ本気を出してもらいたいものです。
    まあ2年で出さなきゃマジでソニーに食われるだろうけど。
    焦らずゆっくり安いのからでいいです。(買えるレベルで)
    MとかVとかじゃないよ!

      • 匿名
      • 2017年 4月 22日

      法人(報道機関)でソニーに入れ替えるところはほとんど無いと思うぞ。そもそもソニーは超望遠レンズが欠落している。単にカメラの高速連写機能だけで勝負できるものではない(←古参者風口調)
      スポーツ写真を撮る個人プロではいくらかはあるかもしれんね。

        • 匿名
        • 2017年 4月 25日

        何言ってんだ?
        報道はほとんどソニーか池上だろ?

          • 匿名
          • 2017年 4月 25日

          それ、あくまで動画の世界限定ならな。
          だから、そちらから攻めたい、
          だから静止画との境界を無くして
          融合機を全面に据えて静止画の領域に
          食い込みたいんじゃないの?ソニーは。

        • 匿名
        • 2017年 4月 25日

        ソニーは法人向け映像機器のノウハウをたくさん蓄積していて、動画とスチルの境界線が多義になってきた今、そういう切り口でプロ機材へアプローチしてくる事はキヤノンもニコンも想定はしていただろうけど、現実的となった今は相当警戒心を高めてるのは事実だろう。
        確かに現状ではシステムにまだ穴があるのは確かだが、プロサポートの体制も本気度が伺えるし、プロ機材はほぼCかNという寡占状態もいつまで続くか分からないと思うよ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ソニー、Eマウントの超望遠ズームレンズ「FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS」(デジカメWatch)

ソニー「α9」が目指したもの、狙うもの(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ