デジタルカメラ情報サイト

老舗が満を持して投入した中判ミラーレスの実力は?――ハッセルブラッド X1D-50c(デジカメWatch)

【新製品レビュー(実写編)】
by 上田晃司

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2017年 4月 24日

    このカメラは日本人のねーちゃんポトレには向かない。色の傾向がExpeed 3までのNikonというかPentaxというか、やや肌の黄色みが出る(実は正しい)。白人の場合は、ちょっと日焼けすれば白人憧れの小麦入りっぽい肌に持って行きやすいから。
    以前に、ロシア人とドイツ人のモデルを撮った時にキヤノンの色はあまり好評じゃなかった。ロシア人からはウォッカ飲み過ぎたみたいに赤ら顔と言われたし、ドイツ人からは白すぎて幽霊みたい(日本時モデルと一緒に写っていたので尚更そう見えてしまうのと本人は白人としても色が白い)と言われたことがある。かえって、D800Eで撮ったのが両人とも気に入っていた。
    ねーちゃんポトレには、冨士のGF-50の方がいいだろうね。

    • M-KEY
    • 2017年 4月 24日

    ということは白人モデルを多用するファッションには向いている訳ですね。
    EOS 5Dsも人物の肌色が黄色っぽくてビックリしましたが、
    やはり白人基準での色作りなんでしょうか?

      • 匿名
      • 2017年 4月 25日

      英語が堪能でしょっちゅう海外に行っている塙慎一氏やその弟子の上田晃司氏だって白人モデルの撮影機会の頻度は低いよ。TOEIC受けてもスコア600も無理なあんたが、白人モデルの撮影の心配しても意味ないよ。
      ついでに言っておくと、自滅したSAMSUNG NXもアジア人撮ると黄色かった。ペンタの画像エンジンのデッドコピーが原因なのか韓国人の肌色が日本人より黄色味が強いのが原因なのかはしらんが。

コメントは利用できません。

一瞬のアクションを「ドラマチックスロー」で記録しよう【子ども編】(デジカメWatch)

キヤノン「EOS 5D Mark IV」の有償アップデートが予告(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ