デジタルカメラ情報サイト

テキトーに撮ってもそれっぽくキレイな写真になる! ソニーのフルサイズ対応中望遠レンズ「SEL100F28GM」(ASCII.jp)

【ちょっと気になる!小便利そうな周辺機器レビュー:第74回】
保持はしやすく、そこそこ軽い
合焦部以外は大きくボケるため
初級者でも“それっぽい”写真が撮れる
GW中にいろいろ撮ってみた!
高感度当たり前なご時世なので強気に撮っていける
by 林佑樹

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 匿名
    • 2017年 5月 11日

    写真なんて全部テキトーに撮っておけば大丈夫だ。
    要するに世の中大切なのはPhotoshopよ。

    • 匿名
    • 2017年 5月 11日

    流石にみんな綺麗なボケやね。
    Photoshopの見せかけの加工じゃこうはならないよ。
    ただ世の中のレンズが全部アポダイゼーションで
    どう写しいても滑らかボケになるようなら、
    それはそれでつまんないんだろうね。

    • ニコン好き
    • 2017年 5月 11日

    ニコンのレンズ
    AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED
    このレンズと撮り比べてみたいですね。

    アポダイゼーションでぼかした画像か
    105mm f/1.4Eでぼかした画像か
    どっちが良いか興味有りますね。

    ちなみに私は
    58mm f/1.4GをニコンD810に付けて使ってる。

      • ニコン好き
      • 2017年 5月 11日

      >なおEXIFではF5.6と表記される。
      いくらなんでも暗すぎる。ちょっと興味を持ったけど辞めた。

    • 匿名
    • 2017年 5月 11日

    いやいや大きくボケることは無だろいいすぎ
    綺麗だけど

コメントは利用できません。

ニコン反撃開始、新レンズキット「D5300 AF-P ダブルズームキット」が初登場(ITmediaデジカメプラス)

ライカM10フルブラックドレスアップ――Leica M10 + Kistar 35mm F1.4(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ