デジタルカメラ情報サイト

今、フルサイズ一眼を買うなら14万円切りのスタンダード機「α7II」が狙い目!(ASCII.jp)

【最強ミラーレス一眼「α9」とお安くなった「α7II」、どっちを買うべきか!?:第2回】
フルサイズ機らしからぬコンパクトなボディー
ISO 1600でも使える! 感度別撮影サンプル
フルサイズ機ながら特殊撮影機能も完備!
連写をしないならお買い得なフルサイズ機
by 周防克弥

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (90)

    • 匿名
    • 2017年 5月 30日

    実は夏のボーナスで買おうかと思ってたところです。
    でもフルサイズはニコンで運用してるから、レンズは多分50mmあたりと広角の単焦点くらいだな。
    あとはオールドレンズをマウントアダプタで使用。
    あんなでかくてバランスが悪い、そして高いズームレンズとか買う金も意思もない。

      • ニコン好き
      • 2017年 5月 30日

      買うのは、お勧めしないです。
      あなたが目が良いならニコンのOVFのファインダー使うのを勧めます。
      電池がめちゃくちゃ食う。予備の電池は、必要!
      俺の場合は、目が悪いおまけに老眼も進んで
      EVF内蔵の方が目に楽だからα7Ⅱを使ってる。

      >あんなでかくてバランスが悪い、そして高いズームレンズとか買う金も意思もない。
      だったらなおさらニコンのF2.8ズームレンズとかF値の明るい単焦点レンズを勧めます。
      私は、もう重くて大きいレンズを持ち歩くのが辛くて
      24-70F4ズームとか35F2.8なんかを妥協して使ってる。
      私みたいに体力が衰えてないなら
      >でもフルサイズはニコンで運用してるから、
      このまま使い続けるのを、おすすめします。

        • ニコン好き
        • 2017年 5月 30日

        このカメラマン氏
        「FE 85mm F1.4 GM」
        「FE 24-70mm F2.8 GM」
        なんか値段が高価で重くて大きいレンズを使ってる。
        こんなレンズを使ってるなら、そこそこに撮れて当然では?
        ボディ単体だけ安いα7Ⅱを狙い目なんて言われてもなあ?
        値段が高価なレンズを売りつける気としか思えない。

          • 匿名
          • 2017年 5月 30日

          待った待った、確かに大きく重たく高価で高性能なレンズだけど、
          そのクラスはどこのメーカー・マウントでも定番でしょう?
          m43や1インチ機、はたまた中判大判は別ですけどね

          とはいえ、α7IIあたりは今は良いけどすぐにIIIシリーズが出そうだし、
          次はおそらく、さんざん言われてきたバッテリーの弱さを改良してくるだろうから今のタイミングでは安心してオススメできないですよね

        • 匿名
        • 2017年 5月 30日

        なるほど、参考になります。
        頑張れるうちは安易に妥協しないよう、自分なりに頑張ります。

        ソニーからの広告費に対する、見返り記事に見えてきました。
        ボディだけじゃ仕方ないでしすもんね。
        あやうく鵜呑みにしそうでした。

          • ニコン好き
          • 2017年 5月 30日

          ただね。α7Ⅱは、
          私みたいに目が悪くて老眼で体力の衰えた、おじさんは、
          スマホよりは、もうちょっと良く撮りたいだけなんで
          旅カメラとしては重宝してます。

          本当は、ニコンD810にF2.8のズームレンズを付けて
          歩き回りながら撮りたいんですけどね。

          余談ですが先日ヨーロッパ旅行に行って歩き回って足の筋がつっちゃった。
          同行した人にお歳を聞いたら自分よろ10歳以上年上
          自分がいかに日頃怠けているかと恥じ入りました。
          ニコンD810を担いで歩き回れるように運動をしようと思いました。

          • ニコン好き
          • 2017年 5月 30日

          補足
          α7Ⅱですが星空はどうか知りませんが
          正月に長崎ハウステンボスに持って行ったのですが
          夜のイルミネーションを撮るのに
          ・フルサイズ対応5軸ボディ内手ブレ補正搭載のフルサイズ一眼
          ・EVF内蔵で明るく見れる。
          これほんと撮るのが楽だった。
          α7Ⅱも良い事も有りますよ。
          レンズも24-70F4ズームなので軽くて小さくて楽でした。

          まあ F2.8ズームレンズなんかには、画質では勝てないでしょうけどね。

      • nroff
      • 2017年 5月 30日

      買うのをお勧めします。
      普段使っていないメーカーのカメラを使うと、操作系や機能などが異なり、大変新鮮です。
      各メーカーの設計思想が感じられ、メイン機に対する理解も深まります。
      オールドレンズ遊びは現状フルサイズEマウント一択なので、サブ機としても無駄になりません。

      • 匿名
      • 2017年 5月 31日

      古いMFレンズを使うならα7IIはいい選択だよ。
      OVF機では逆立ちしても実点出来ないMFの精度を持っている(拡大表示が使える)。
      しかも どのMFレンズを使っても「手ぶれ補正」が効く。
      これはペンタックス以外のデジタル一眼レフでは出来ない芸当。

      更にα7IIに限らず 最近のミラーレス機は電子シャッターや電子先幕シャッターを搭載しているので、メカブレから解放される。
      この点でデジタル一眼レフでは得られないシャープな画像が手持ちでも得られる。
      CP+でタムロンの技術者も言っていた;
      「手ぶれなどの緩い周期の動きは レンズの手ぶれ補正で十分押さえられるんです。でもそれに ミラーショックや先幕シャッターのメカショックのように短い周期のシャープなブレが加わると それはとても補正できないんです。」
      見方を変えれば ほとんど一眼レフ使用者はレンズの本当のシャープさを知らないとも言える。

        • 匿名
        • 2017年 5月 31日

        使える使えないレベルの話ならともかく、
        オールドレンズ使うとか言いながら、
        光学ファインダーで楽しめなきゃな。
        勝手に画処理された電子ビューでしか楽しめないとか、
        冗談にもほどがある。

          • nroff
          • 2017年 5月 31日

          結局、一眼レフ派の人は「スクリーン像の質感が好き」というのが最優先事項なような気がします。

          それ以外は全て後付けの理由で、性能レベルでミラーレスが追いついたり追い越したりしてもあまり関係ないのだと想像します。

          私もスクリーン像の質感は好きなので、気持ちはわからないでもないですが、

          「古い銀塩カメラで空シャッター切ってればいいんじゃね?」

          と嫌味をいってみたくなります。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            同意。ほとんどEVF機に移行してまった私がそうです。さすがに空シャッターだけでなくフィルムも通してますが、時々銀塩MF機で光学ファインダーを楽しんでます。今の一眼レフのスクリーンなんて出来悪いし、MFでピントが立ち上がって来るのを楽しむこともできないスクリーンなら、もうEVFの方が色々な意味でOVFより優れていると断言しちゃえます。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            それでもEVFよりは遥かにマシ。
            テレビ画像見ながらキャプチャリングしてて楽しい?

            • nroff
            • 2017年 5月 31日

            マシとかマシでないとかでなくて、匿名さんがご自身の心の声に耳を傾けないと。
            「やっぱフォーカシングスクリーン像だわ」と思うのであれば、別に他メーカーの技術動向や他ユーザーの意見などどうでもよくなるはず。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            あきらめろ、EVFで良いじゃないか。
            したがって、静止画なんぞビデオカメラの静止画機能でも済むわけだ。
            そう来なくちゃ!
            つまり、スチル専用カメラは淘汰され
            ビデオカメラに吸収されていく。
            そのとき残るメーカーはどこか、よーく考えよう。
            今後ソニー以外は買っても無意味であることは、
            よほどのバカでないなら分かるだろう。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            無意味じゃあないでしょう
            ソニーのフルサイズ機を買っておけば、ほぼ全てのメジャーマウントのレンズが使い回せるんだから

            っていうか、何を言っても無駄でしょ、こういう人は
            回線の向こうでEVFをバカにされたソニーやオリンパスのユーザーが顔真っ赤にして反論してると思って遊んでるんだから

            このサイトの大半のソニー批判の火種が、ソニーとニコンのマルチマウントのユーザーが暇つぶしに一人で書きこんでるとも知らずにね

            •   
            • 2017年 5月 31日

            実は昔の一眼レフで好きだったのは、絞り込んだ時に画像が狙った落としどころに近いところにスパって決まる瞬間だったり。
            だから最近のなら、EVFでも良いかなーと。
            逆にEVFなら開放オンリーの一眼レフよりは雰囲気が見れますから。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            フィルムなら長尺マガジンを準備したりと、その時代なりに工夫して
            撮れないリスクを回避する方法を考えてきてるだろ。
            A-1で星や夜景撮るなんて言ってたら笑われたもので、
            一晩どころか気温によっては数十分で電池切れたもんだよ。
            だからそんな機種は選ばないのが知恵。

            撮り直しが出来る撮影なら別にのんびりやれば良いんだけど、
            撮り直しが出来ない瞬間を狙うのなら、リスクを低減させる策や
            最善策を考えるのは、プロなら当たり前のこと。

            灼熱のスタジアムでEVF機がどこまで持つか(熱的にね)というものあるし、
            寒冷地で電池性能が落ちる条件で、どこまで撮影枚数が減るのかなど、
            ちゃんと裏付けが無い限りは、怖くて使えないね。
            使えたとしても、リスクに近い機材を選ぶような事はしないし。

            むろん、考え方が違う人もいるだろうから、それはそれで尊重するが、
            我が社のプロはたいてい私と似た考えだよ。
            撮ってナンボの世界。撮れないリスクをわざわざ背負うことはしない。

          • M-KEY
          • 2017年 5月 31日

          α7の登場によって、膨大なライカマウントのレンズのスルー画が見られるように
          なった(MFTは全画面でない)のですが、それはスルーですか?
          スクリーン像と電子像は違うと言う人が出てきそうですが、
          スクリーンの特性によって、ボケ量や色味など見られる像は違ってくるし
          実際に撮ったデータ自体は電子像なので、その差に意味があるか?

          別スレにもあるライカ用の望遠レンズや、レフレックスレンズ、
          ソフトフォーカスレンズなど、光学ファインダーでは正確なピントを
          得るのが難しかったレンズでも正確なピントを得られます。

            • nroff
            • 2017年 5月 31日

            確かに、ライカマウントレンズを光学ファインダーで楽しめた人はどこにもいませんね。

            (ビゾとかRとか言わないでね)

          • 匿名
          • 2017年 5月 31日

          >光学ファインダーで楽しめなきゃな。
          撮影せずに「覗くだけ」が趣味の人ね。
          そんな人でも デジタル一眼レフの液晶が載った暗くて ピントの山が分からないスカスカ光学ファインダーがいいのか?
          それって撮影よりマスターベーションの世界w

          • 匿名
          • 2017年 5月 31日

          つまり、勝手に画処理された画像しか楽しめないようなデジカメは全部だめだよねぇ。。

          ライカのインスタントカメラがいいんじゃね?

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            少なくとも被写体をそのまま見たいという欲求。

            加工食品も良いが、生でも食べたいという
            基本的な欲求だろうて。

            • nroff
            • 2017年 5月 31日

            もう、何度でも何度でも言いますが、一眼レフで見ているのは磨りガラスに映った像。自分の毛様体筋を動かしてもピンが変わるわけではありません。ぜんぜん「そのまま」じゃない。

            一眼レフのファインダー像の非現実性は、レンジファインダー派から昔から指摘されています。

            変に「正しさ」を求めず、「自分は一眼レフのファインダー像が大好きだ」とだけ言えばいいのです。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            ファインダーのスクリーン交換すらしたことも無い「OVF派」ばかりなんだろうなぁ

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            被写体が反射あるいは放った光を見られるのがOVFの利点で、
            光の加減がそのまま確認できる自然さはEVFでは望めない。

            EVFは光源自体が別モノだから、どうしても人工的になってしまうし、
            ドットの明滅が繰り返されるパン時に違和感が出る。

            それを知って使い分けることだよ。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            朝もやに煙る深山の池の水面に一条の光が差し込むのをファインダーを覗き今かと息を潜めてレリーズチャンスを待つ

            なんてときにEVFだと気が乗るのかしら

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            >今かと息を潜めてレリーズチャンスを待つ
            >なんてときにEVFだと気が乗るのかしら

            同感。EVF万歳派は、そういう撮影経験が少ないんじゃないかな。
            勝手にゲインアップされたら変化が分かりづらいし、
            そうした不確定要素のないOVFは欠かせないね。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            まだフィルムの時代に、仕事場近くに生まれた子猫と母猫の姿をとるために匍匐前進で近づき腹ばいのままシャッターチャンスを待って1時間以上ファインダーをのぞき続けたことがあって、その甲斐あってそれなりの写真が撮れ、とある写真コンクールで佳作ではあるが賞をいただいたことがある。
            あれがEVFだったら出来ていたか甚だ疑問。
            EVFはそれはそれで便利なので否定はしないけど、我々古い世代がEVF派のEVF万能論に反抗したくなるなるのもそれなりの経験と理由がある。
            ハイブリッドファインダーカモン!

            • nroff
            • 2017年 5月 31日

            う〜ん、
            猫の写真の方はともかく、接眼ファインダーだらだら覗き続けるのではなく、
            自分の目で対象物をしっかり見たほうがいいんじゃないかな。
            経験値が高いなら、どう写るかは頭の中であらかじめわかるでしょ?

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            >自分の目で対象物をしっかり見たほうがいいんじゃないかな

            見られる場合はそれでもいいだろう。
            望遠で鳥や動物の動きを待つときなんかは、それじゃ無理なんだよ。
            EVFでもダメじゃないけど、長く覗いていると違和感で疲れてしまうから、
            OVFを選びたくなるのだよ。こればかりは経験が無いと分からないかも知れんがね。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            OVF派は必死に従来のOVFの長所を繰り返し主張しているけど、俺みたいな特殊な奴以外の大多数はEVFで十分と言ってるようにも読めるな。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            俺はOVFだけど全ての撮影にOVFが必要、有利と言うつもりはないよ。
            実際ミラーレスカメラも併用しているしね。
            だけどEVFは勘弁、というシチュエーションも確かにある。
            EVF派はOVF派が否定するから余計に、なのかもしれないが、あまりにもEVF万能論を振りかざしすぎるように思える。
            デジタル時代の「画像を取得」する、という感覚がある人はいざしらず、フィルム時代から「写真を撮影」してきた人は、やっぱりEVFだと写真を撮ってる気がしない、という感覚を持つ人はいるんだよ。
            そしてシチュエーションによってはOVFの方が優れている場面もあるにはある。
            ま、今となっては好みの問題ではあるかもしれないが。

            • 岩清水
            • 2017年 5月 31日

            EVFでは無理な場面が多々ありますよ。スポーツ観戦だと望遠鏡代わりにずっとファインダを覗いてるしね。EVFだと電池の残量を気にしないといけないので、私はevfは好きでないですね。
            それとニコワンで20コマ連写を数回やるともう電池が切れてしまいます。α9は実際どうですかね?

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            >あまりにもEVF万能論を振りかざしすぎるように思える。

            これミラーレスの話しとかでも良くあるけど大抵万能うたうのは一眼レフとか従来の人でミラーレスとかEVFなんかの新しい方は向き不向きあるけど
            便利な点もあるって意見がほとんどなんだけどな。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            電池の残量が気になるなら双眼鏡を使ったらいいじゃないか。

            • 岩清水
            • 2017年 5月 31日

            電池交換中にシャッターチャンスが訪れたらどうする?今はまだスポーツ撮影はミラーレスは向かないと思いますね。

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            USB充電や給電可能な機種も増えてるし、電池気になるなら
            外部電源用意すればいいんじゃないかな?
            格段に持つとはいえ、一眼レフも電池交換やメディア交換
            必用なわけだし

            • 匿名
            • 2017年 5月 31日

            電池交換中にシャッターチャンスが訪れたらどうする?今はまだスポーツ撮影はミラーレスは向かないと思いますね。
            んなの、フィルム時代からのチャンスを逃がすな、の問題よ。適切な時を見計らってのフィルム交換は常識。24/36で交換なんて普通のことだった。今なら電池残量バー1/3で電池交換。

            • M-KEY
            • 2017年 5月 31日

            作動音の問題もあり、2年前から舞台撮影はミラーレス機に移行しています。
            1ステージ2時間ほど、2回公演で計4時間ほどEVFを覗き続けますが、
            一眼レフと比べて眼が疲れやすいと感じたことはありません。
            むしろ、照明の明暗差を吸収してくれるので楽だと感じるくらいです。
            それに加え、撮影画像もEVFで確認できるので、姿勢を変えずにすむし
            背面モニターの明かりで幻惑されることもなく、周りに迷惑もかけません。
            少なくとも、撮影画像のチェックで数時間モニターを見る方が眼が疲れます。

            もちろん、動きが早く予想が出来ないスポーツでは、
            表示遅延のない光学ファインダーが使いやすいです。

            • M-KEY
            • 2017年 5月 31日

            >電池交換中にシャッターチャンスが訪れたらどうする?

            E-M5IIの場合はバッテリーは90分ほどしか保たず、サッカーには
            心もとなく、バッテリーグリップを使うことで対処しています。
            E-M1IIやα9ならバッテリーが大型化されているのでカメラ単体で臨み
            ハーフタイムでバッテリー交換をすれば問題ないでしょう。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            ほんとに過酷な状況に陥った経験、皆さんあまり無いのかな?
            土砂降り、あるいはそこまで行かなくても、雨天時だと
            電池交換するにしても気を使うものですよ。

            予備があれば良いとか、そういう問題じゃない場合もあるんです。
            撮れるか撮れないかの瀬戸際において、不安要素は排除しておきたい、
            それが私のスタンスですね。業務なら当然でしょ?と思うですけど。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            仕事じゃないんで何かを撮らないといけない状態というのはないけど、
            業務だのどうしてもそういう状況でっていうならサブカメラを持つんじゃ
            ないのかな?
            電池だけに何故固執するかわからん

            • M-KEY
            • 2017年 6月 01日

            D1なんて純正バッテリーだと3〜400枚程度しか撮れず、
            1000枚以上撮れるD100に驚嘆した経験があるので、
            保たないと定評のα7でも納得はできるんですね。
            銀塩でも、キヤノンA-1なんて夜景なんて撮ってたら
            電池は一晩保たず、予備電池が必須でした。

            • M-KEY
            • 2017年 6月 01日

            雨天でのバッテリー交換なんて、フィルム交換と比べたら楽勝です。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            ホントに使った事あるのか?
            みたいに思う書きこみが並んでるけど、もしかしたら他メーカーだとそうなのかもしれないからあんまり強い事言えないなぁ…
            もしくは「その人の頭の中ではそのように見えてる」のかもしれないし

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            >電池交換中にシャッターチャンスが訪れたらどうする?

            完全機械式のカメラでない限りカメラは電池交換の呪縛からは逃れられないわけで、みんな工夫して準備してなんとかして来たでしょうに、何を今更。

            それでも電池交換中にシャッターチャンスが訪れたのならそれは単にあなたがドンくさいだけです。

            • M-KEY
            • 2017年 6月 02日

            ミラーレス機で困るのは、待機中に自動でスリーブになっていて
            いざ撮ろうとしてもカメラが一瞬反応せずにシャッターチャンスを逃す点です。
            そうかと言ってスリーブをしない設定にすると無駄に電気を喰うし
            電源オフにすると、起動にスリーブからの復帰以上に時間がかかります。
            OVF機なら完全に起動していなくともフレーミングは可能だし、AFも作動しますが
            ミラーレス機だと起動するまでファインダー像は見えないし、AFも動きません。
            しかもソニー機だとAEのレスポンスが悪いので、急に明るさが変わると
            一枚目は極端な露出オーバーになることがあります。

          • 匿名
          • 2017年 6月 01日

          OVFの良さは、どういう風に写るか脳内で結果を想像するところにあると思う。
          EVFだと最初から答えを見せられている感じでそれ以上の想像が働きにくい。
          便利で確実なのは確かにEVFだと思うが、あくまで現実と対峙してあれこれ想像を巡らせてシャッターを切り、答え合わせをするというのが写真撮影の醍醐味のような気もする。
          仕事で決まったカットを撮らなければならない人はそんなこと言ってられないだろうし、それを言うと銀塩で撮れとか言われそうだけど、便利さとのトレードオフはあると思う。

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            ハイブリッド式ファインダー、ぜひ欲しいです。
            フジのは、光学がTTLでないので、ぜひTTLのハイブリッドを!

            一台で賄えるなら、大変助かりますよ。

        • 匿名
        • 2017年 5月 31日

        反論が抽象的で具体性に欠けますね

        • 匿名
        • 2017年 6月 01日

        >見方を変えれば ほとんど一眼レフ使用者はレンズの本当のシャープさを知らないとも言える。

        それは言える。ミラーレスである程度の枚数を撮ると実感できます。

          • 匿名
          • 2017年 6月 01日

          ブレ易い条件なら、一眼レフだってミラーアップして撮影するか、
          ライブビュー撮影すれば良いだけのこと。
          電子先幕搭載シャッターを搭載している一眼レフだってあるんだし。
          ミラーレスで出来ることは、一眼レフは出来てしまうの。
          一眼レフ構造を使わず、ミラーレスのような状態を作り出せるのだからね。
          いわば光学、電子のハイブリッド式であると言えよう。
          逆に、ミラーレスが一眼レフの真似をしようとしても、
          光学光路が無いから、どう逆立ちしたって無理。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            だよなぁ
            後はOVFとEVFを併存できるハイブリッドファインダー的なのが出来たらそれこそレフ機最強になるのだが。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            望遠系ならそうだが、広角系はレンズの自由度でレフ機は太刀打ちできない。
            ハイブリッドファインダーは早く実現して欲しいね。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            >望遠系ならそうだが、広角系はレンズの自由度でレフ機は太刀打ちできない。

            本当にそうなの?
            設計難易度が高いとは言え、レフ機の広角がミラーレスより劣ってるとは思えないんだが。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            >ブレ易い条件なら、一眼レフだってミラーアップして撮影するか、
            >ライブビュー撮影すれば良いだけのこと。

            それで動態撮影なんかとても出来ないのを知らないんだね。

            >逆に、ミラーレスが一眼レフの真似をしようとしても、

            真似する必要なんかどこにも無いんだがw

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            一眼レフ機がかつての交換式ファインダーになり、
            EVF,OVFを選択できるようになったり、またはハイブリッド式が出てきたら、
            こんな議論にも終止符が打たれるんだろうと思います。
            そろそろ出てくるような気もしています。

            • M-KEY
            • 2017年 6月 02日

            現状でもD800系でブレの影響を排除したり、MFでピントを追い詰める時は
            ライブビューで撮影しているんですが、背面モニターにルーペフッドを
            あてがって撮るようになるので、EVFが内蔵されたら格段に便利になります。
            また、晴天屋外での撮影画像の確認にも威力を発揮します。

            一方で20mm以下の超広角域だと、フランジバックが短い方が
            レンズの性能を上げつつ小型化が可能です。
            コシナのワイドヘリアー三兄弟のようなレンズはショートフランジだから
            実現できたレンズで、そのレンズを使いたいがためにα7系はライカMを
            買っている人もいるくらいで、その分野はミラーレス(系)が優位です。

          • nroff
          • 2017年 6月 01日

          OVFとEVF両方積んだカメラなんて本当に欲しいですか?
          「機能は多ければ多いほどよい」って価値観の人はまだまだいるのですね。

          私のイメージでは、一眼レフ派とミラーレス派の両方から嫌われそうな気がしますけど。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            欲しいよ。
            光学、電子それぞれ一長一短なんだから、それを自在に選べたら最高じゃん。

            かつてシャッター優先か絞り優先かで、互いに優位を謳って譲らなかった議論があったが、
            ミノルタXDが両優先AE機を出して、不毛な議論にピリオドを打ったのを思い出すよ。

            • nroff
            • 2017年 6月 01日

            ミラーレス派からは「ミラーボックスが邪魔」と言われ、
            一眼レフ派からは「ファインダーが濁った」と言われ、
            OVFモードとEVFモードでAF精度やAF速度が異なり、

            そうこうしているうちにSONYのEVFは解像度が倍になり、フレームレートも倍になり、遅延も半分になり、色域も拡大し、HDR化で輝度差も増え、普及機もブラックアウトがなくなり……。

            ハイブリッドファインダーの技術が存在するとして、採用しそうなのはNikonあたりですが、出したら最後、ContaxAXのようにカメラ事業部ごと吹き飛ぶと思いますが……。

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            ハイブリッド機が出されちゃ困る立場の人?
            現行マウントのまま出せるし、何がどう吹き飛ぶんんだか。
            ショートフランジバックにしてしまったメーカーは
            今更出来ないだけに、焦るのも分からんでも無いが。

            • nroff
            • 2017年 6月 02日

            出たら出たで生暖かく見守るだけです……。

            課題の解決をいくつもパッチを当てて複雑にするのはあまり好みでなく、長期的に徒花(あだばな)のプロダクトとして記憶に残るだけだと考えています。
            イメージとしては繰り返しになりますが、ContaxAXです。

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            富士が何故にハイブリッド式ファインダーにこだわるか、
            貴殿には分からないでしょうね。

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            自分も駄目だと思う。
            ここであれ欲しいこれ欲しいって意見は出ても実際出ると
            ここが駄目あれが駄目、値段が高いとか文句言うだけだし

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            一眼レフに、外付けEVFが装着できるようになるだけでも、
            用途を選ばないスーパーマシンになり得るからねぇ。
            ミラーレス陣営としては困るよね。分かります。

            • nroff
            • 2017年 6月 02日

            ファインダー以外の仕様が全く同じの、共通マウントのEVFとOVFの姉妹機を同時に出すなら成立するかもしれません。マニアなら両方買うからね。なんで一台で済まそうとするのかな。

            • nroff
            • 2017年 6月 02日

            > 富士が何故にハイブリッド式ファインダー
            うん、わからない。
            あれ、けっこう濁ってませんか?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 6月 02日

            自分も欲しいです。

            ファインダーのハイブリッド化やライブビュー時の動体撮影能力確保のために価格が上がることを心配される方もみえますが、むしろ

            「レフ機とミラーレス両方のシステム一式をそれぞれ揃え現場に運びケースバイケースでとっかえひっかえ」

            などとやるくらいなら、1台で2役こなせるボディとレンズの一式で済む方が結果的に荷物も価格もコンパクトになるのでは?

            超広角レンズに関しては、昔のニッコールみたいにミラーアップして使うようにできるでしょ、ライブビューでしか使えなくなるけど別にミラーレスボディを用意しなくてもいいわけだし、あくまで画質を求めるユーザーからはむしろ大歓迎でしょ。

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            X100F今一番使い込んでいるカメラですが、はっきり言ってOVFいらないです。両方を搭載するためにEVFのクオリティーがT2なんかと比べると落ちています。同機のOVFしか使わない人もいるみたいだから、おっしゃる通りハイブリッドって本当に必要なのかなあって思いますね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 6月 02日

            >ファインダー以外の仕様が全く同じの、共通マウントのEVFとOVFの姉妹機を同時に出すなら成立するかもしれません。

            その方が無駄が多い気がします…。

            あくまで僕個人の運用としては、基本ボディ2~3台に守備範囲の違うレンズをつけてぶら下げていることが多いので、OVF機とEVF機を同じ台数用意することは経済的にキツイですし、混合して運用するのもかえって不便に思えます。

            1台で済むカメラなら、複数以上同時運用でも臨機応変に切り替えられてとても便利だと思います。

            ハイブリッドファインダーを収めるスペースの確保が難しいなら、せめてF5以前のようなファインダーブロック交換式にして欲しいですね。

            EVFの方はFやF2のフォトミックファインダーのような頭でっかちになるかもですが。
            いや、どうせそれくらいになるならば、いっそハイブリッド式も欲しいです。なんて贅沢な選択肢!(笑)

            あるいは以前も書きましたが、京セラの初期のAF一眼レフがやっていたペンタ部の上に建て増しするような小型ストロボみたいな外付けEVFでも受け入れられます。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 6月 02日

            >X100F今一番使い込んでいるカメラですが、はっきり言ってOVFいらないです。
            >同機のOVFしか使わない人もいるみたいだから、おっしゃる通りハイブリッドって本当に必要なのかなあって思いますね。

            いや、だからこそハイブリッドの蓋然性が確保されると思うのですが…。

            OVFのみとEVFのみのモデルを出してたら、メーカーの生産や在庫の管理のコストが増え、結果販売価格としてユーザーに降りかかってくるのでは?

            また、ハイブリッドファインダーは初代X100の最大のセールスポイントであり、ハイブリッドだからこそ成功して今があるのだと思います。

            これがOVFかEVFどちらか一方だけのカメラだったら、今のXシリーズは存在しなかったかもしれないくらいの、重要なギミックだと思うのですが…。

            EVFの見え味がT2に劣るのはわかりますけどね。
            まあ、カメラの性格の違いもありますから…。

            • M-KEY
            • 2017年 6月 02日

            フジ方式のハイブリッドファインダーではなく、
            ニコンSP方式の「親子ファインダー」でいいんです。
            別にOVFとEVFが隣接している必要はありません。
            一眼レフの左肩(背面から見て)にα6000系のように
            EVFが内蔵されればベターだと思います。

            • nroff
            • 2017年 6月 02日

            技術的にすぐできそうで、コストもアップせず、実際役に立つのは、M-Key氏の言うような左肩に外付けなのでしょうけど、キヤノンやニコンがセールストークとしてどう説明するのでしょうね。一眼レフの欠点に言及せずに利便性を語るのはなかなか難しそうです。

            • 匿名
            • 2017年 6月 02日

            >ハイブリッドだからこそ成功して今があるのだと思います。

            おっしゃる通りだと思います。
            最初は物珍しくてOVFとEVFを切り替えてみるんですが、そのうちファインダー内で絵を作り込んでいけるEVFの便利さに慣れてしまうと、ついにはOVFを使わなくなってしまいます。富士がX100、ProシリーズをハイブリッドファインダーにしたのはもしかしたらEVF懐疑派を懐柔するための巧妙な仕掛けと言えるかもしれません。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 6月 02日

            >X100使いの匿名さん

            そうですね、うまいことソフトランディングさせたと思います。

            結果的にどちらかしか使わないようになるとしても、「どちらが自分に合うかを使いながら見極められる」というのは、両方備えていないとできないことでしょう。

            基本EVFでも気分や節電でOVFにすることもできるわけで、「それしか無い」よりは「両方ある」方が便利なのは明白ですよね。

            とはいえ、既にご指摘がありますが、富士のハイブリッドファインダーとレフ機のOVFとを混同はできないですね、富士の方はレフ機ではなく擬似レンジファインダーなので。

            むしろレンジファインダーとレフ機のハイブリッドとも言えるんですよね。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 6月 02日

            >nroffさん

            まずは動画ニーズに応える、からですかね。

            あとはM-KEY氏が常々言われている

            「撮影前に露出やWBが追い込める」
            「晴天下など明るく液晶が見づらい場面でのLVが捗る」

            これらで十分、わざわざレフ機の欠点を挙げることなくEVFを売り込めると思いますよ。

            少なくとも外付けの追加装備としてのEVFに興味が向く人の多くは、十分レフ機の弱点を理解した上でそれを補完する機材としてのEVFを求めているはずですから。

            • M-KEY
            • 2017年 6月 02日

            一眼レフにEVFを内蔵するのに抵抗があるなら、
            F-1やF〜F3のように左肩にもシューを付けて
            そこにOPのEVFを「後付け」するという方法もあります。

            • nroff
            • 2017年 6月 02日

            > 動画ニーズに応える

            左肩にマルチメディアシューをつけて外付け高精細大型の液晶アクセサリーを純正で用意し、さり気なくEVFも揃えておけばいいですかね。

            EOSのM6のEVFとかがそのまま流用できれば開発費も不要かもしれません。

    • 匿名
    • 2017年 5月 30日

    α7Ⅱ以外でもフルサイズのボトムを受け持EOS 6DやD610がいずれもモデル末期を迎えていて、実売価格を見るとついポチってしまいそうに安くなってますね。
    レンズも一から揃えなきゃって人は楽しそうに見える地獄の扉が開いている状態かも知れませんが。。。

    • 匿名
    • 2017年 5月 30日

    個人的にはボディ単体を最安値12万を切ったところで買いたい。キャッシュバックと合わせると10万切るからね。
    ただ、11月に発売が予想されてるα7M3がどんなスペックになるかも気になるんだな。
    4K、バッテリーの大型化、タッチパネル、低輝度AF性能の向上なんかがあると、待ちたい気もする。

    • 祖認
    • 2017年 5月 30日

    いまα7IIを買ったら、α7IIIが出たときに大きな失望を味わうでしょう。

      • M-KEY
      • 2017年 5月 30日

      α7IIも十分な機能でリーズナブルなので、納得して買うのもアリだと思いますが、
      当面必要がないなら、α7III(α9X?)が出てから見極めるといいでしょう。
      個人的な予想では、秋に出るのはα7R系に後継で、α7IIに相当する新型機は出ずに
      35mmフルのエントリーとしてα7IIがしばらく継続されるような気がします。
      今買って後悔しそうなのはα7RIIの方でしょう。

      • 匿名
      • 2017年 5月 30日

      3型を待って飛びついても、ソニーの場合再び改良モデルが出て一年あまりで実質旧型・・・というのは十分あり得る。
      発売直後の新型を即入手して当分は後継モデルの心配などしたくないと考える人はソニー機なんて向いていない。

        • 匿名
        • 2017年 5月 31日

        ソニータイマーも気になる。

        撮り直しが出来ない被写体の場合、
        ソニー=バクチ だからな。

        もっとも、撮り直しが出来る被写体なら、
        タイマーと付き合いながら気長にやるも良し。

        • 匿名
        • 2017年 5月 31日

        ソニーを使うなら、長く使おうなんて考えず、
        タイマー作動前に順次買い換えることだよな。

      • 匿名
      • 2017年 5月 30日

      そう言う考えだと永遠にカメラ買えないなw

    • M-KEY
    • 2017年 6月 01日

    匿名 :
    フィルムなら長尺マガジンを準備したりと、その時代なりに工夫して
    撮れないリスクを回避する方法を考えてきてるだろ。
    A-1で星や夜景撮るなんて言ってたら笑われたもので、
    一晩どころか気温によっては数十分で電池切れたもんだよ。
    だからそんな機種は選ばないのが知恵。
    撮り直しが出来る撮影なら別にのんびりやれば良いんだけど、
    撮り直しが出来ない瞬間を狙うのなら、リスクを低減させる策や
    最善策を考えるのは、プロなら当たり前のこと。
    灼熱のスタジアムでEVF機がどこまで持つか(熱的にね)というものあるし、
    寒冷地で電池性能が落ちる条件で、どこまで撮影枚数が減るのかなど、
    ちゃんと裏付けが無い限りは、怖くて使えないね。
    使えたとしても、リスクに近い機材を選ぶような事はしないし。
    むろん、考え方が違う人もいるだろうから、それはそれで尊重するが、
    我が社のプロはたいてい私と似た考えだよ。
    撮ってナンボの世界。撮れないリスクをわざわざ背負うことはしない。

    最初から星を撮るつもりならニコマートを持って行ったのですが、
    旅行などに行って、出先で旧に夕景や夜景を撮りたくなったりしません?
    4LR44で長時間露光すると、それこそ数十分保たなかったですが、
    4SR44なら数時間は使えましたし、バラすと4個あるSR44のうち
    1〜2個は残量があるのでF3なんかに再利用していました。

    寒冷地での電池のドロップなんて今のデジタルカメラよりも
    銀塩のEOS-1の方が酷かったように記憶しています。
    (ニッカドを使えば寒冷地ではいいけどコスパと管理が・・・)

    というか長尺マガジンをハンドヘルドで使うのは稀でしょう。
    あのサイズでもって250枚しか撮れないのですから、
    無人でのインターバルとかリモコン撮影ならいいでしょうが
    通常撮影なら複数台使ってフィルムマガジン的に使う方が現実的。

    機材の選択は「適材適所」なのは当然のハナシで、既存のEマウント機を
    灼熱のスタジアムで使うなんて、そんなリスキーな事はしません。
    α9も外気温が30度を超える環境で実用になるのか疑問です。

    それも実際の現場で使いながら「見極めていく」しかない訳です。

コメントは利用できません。

写真とキャンプとコーヒーと――“ツインリンクもてぎ” でくつろぐ贅沢な時間(デジカメWatch)

きめ細やかな機能の数々 センターポールを引き出せるスタイリッシュな三脚――VANGUARD Alta Pro 2+ 263AP(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ