デジタルカメラ情報サイト

ニコン、円周魚眼と対角線魚眼で撮れる「AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED」(デジカメWatch)

ニッコール初のフィッシュアイズームレンズ

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (15)

    • 匿名
    • 2017年 5月 31日

    これって対角線魚眼の時はf4.5なんだな。
    MFTのf1.8の方がいいね。

      • ニコン好き
      • 2017年 5月 31日

      円周魚眼と対角線魚眼がズームで撮れる。
      これの価値観の違いですね。

      キャノンの同様なレンズを買わないで良かったと ほっとしてる。

      • M-KEY
      • 2017年 5月 31日

      これ一本で
      1)FXの全周魚眼
      2)FXの対角線魚眼
      3)FXの5:4クロップでの対角線魚眼
      4)DXでの対角線魚眼
      と4通りの使い方ができますが、
      星景などを撮るには、15mm域でのF4.5のという明るさは残念です。
      高感度特性を加味してもMFTの8mmF1.8の方が「明るい」です。
      FXにこだわり全周魚眼も欲しいというなら、
      シグマの8mmF3.5と15mm F2.8の2本を買った方が良さそうです。

    • ニコン好き
    • 2017年 6月 01日

    しょせん豆粒撮像素子のMFTと比べてもなあ
    >シグマの8mmF3.5と15mm F2.8の2本を買った方が良さそうです。
    そもそもシグマなんてニコンの補完でしかないし
    シグマにお金を使いたいとは思わない。
    単焦点レンズを2本持ち歩くのと付け替えるのが面倒くさい。
    ニコンなら、これ一本でズームで楽しめる。

    ナノクリスタルコートも期待出来るし

      • M-KEY
      • 2017年 6月 01日

      まず、対角線魚眼自体の使用頻度が低く、全周魚眼なんて「普通は使いません」
      たしかにFXとDXの対角線魚眼が一本で済むのでFXとDXを併用しているなら便利で
      私もトキナーの10−17mむぁ10年以上使っています。
      メーカーとしても、滅多に売れない全周魚眼の在庫を抱えずにすむというメリットも。
      でも、使う立場からいえばF2.8のFX用対角線魚眼の方がありがたいです。
      (DXは10.5mmがあります)
      現行のフィッシュアイニッコール16mmは義援時代から30年近く経つ
      旧態依然なレンズでD3/D700以降では、シグマ15mmと使うユーザーが多く
      それを凌駕する純正が待ち望まれていたのですが、斜め上のレンズが出ちゃいました。

      ま、魚眼を含む「短焦点」レンズはフランジバックが短い方がメリットが大きいので
      現行のフランジバックが長めのFマウントよりは、最短のEマウントの方が向いており
      個人的にはシグマかコシナからショートフランジバックに特化した魚眼レンズを
      EマウントXマウントで出してもらいたいです。

        • ニコン好き
        • 2017年 6月 01日

        >まず、対角線魚眼自体の使用頻度が低く、全周魚眼なんて「普通は使いません」
        写真は、趣味道楽遊びなので
        面白ければ良いんじゃないかな。

        昔EOS5Dにシグマの8ミリ円周魚眼を付けて遊んでた事が有りました。
        (ニコンに当時フルサイズ機が無かったので)

        • ニコン好き
        • 2017年 6月 01日

        後からシグマからAPS-C用円周魚眼レンズが出たような記憶が?たぶん?
        でもこれって本当に「井戸の底」に見えるのでは?

          • 匿名
          • 2017年 6月 01日

          4.5mmだったかな? CGの素材作成用に持ってました

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            だったかな?も何も現行製品なんだが?

            • 匿名
            • 2017年 6月 01日

            なんだこいつ?
            と思っちゃったんだが?

      • ニコン好き
      • 2017年 6月 01日

      補足
      >そもそもシグマなんてニコンの補完でしかないし
      > シグマにお金を使いたいとは思わない。
      なんて書いたけど
      よくよく手持ちのカメラを見たら
      SIGMA sd Quattro を持っています。
      なんだなんだ言いながらシグマを結構買ってますね。

      ニコンのミラーレス機
      SIGMA sd Quattro
      と同じ方法を取ればFマウントのレンズも生かせるかもしれないですね。

    • ken
    • 2017年 6月 02日

    M-KEYさん
    【対角線魚眼自体の使用頻度が低く、全周魚眼なんて「普通は使いません」】
    これはM-KEYさんの場合ですよね?
    使うひとは普通に使うのでは?
    だからこそ昔からラインナップされてるし新型もでたんじゃないかな。

    【でも、使う立場からいえばF2.8のFX用対角線魚眼の方がありがたいです。】
    使用頻度少ないのに『使う立場』って。。。
    たまにしか使ってないのにユーザーの代弁者!みたいな書き方は普通に使ってる方に失礼なのでは?

    【魚眼を含む「短焦点」レンズはフランジバックが短い方がメリットが大きいので
    現行のフランジバックが長めのFマウントよりは、最短のEマウントの方が向いており】
    ではFマウントのニコンが『短焦点』レンズ出しちゃいけないのかな?
    このレンズを出したこと自体、罪?批判対象?

      • M-KEY
      • 2017年 6月 02日

      すみません、書き方が悪かったようですね。
      >対角線魚眼自体の使用頻度が低く、全周魚眼なんて「普通は使いません」
      これは一般論としてです。
      私自身は広角や魚眼は大好きで、持っている全てのシステムに魚眼レンズがあります。
      先に書いたトキナーの10-17mmの他にミノルタの15mm、パナソニックの8mm、
      Eマウントの16mm+フィッシュアイコンバーター、シグマの8mm全周を持っており、
      (今は使っていませんが)クールピクスの魚眼コンバーターも各種持っています。
      むしろ、使い過ぎないように我慢しています。

      >使う立場からいえばF2.8のFX用対角線魚眼の方がありがたいです。
      シグマの様にFXとDXに対角線と全周の両方、合わせて4本のラインナップが
      理想なのですが、販売数が極端に少ないレンズを厚く揃えるのは
      メーカーとしてはリスクが大きいので、一本でマルチに使える魚眼ズームの方を
      優先するのは理解出来ます。(キヤノンも同様の戦略でしょう)
      でも、いくらマルチに使えると言っても、F4.5は暗くて、星には使いにくく
      最新の設計のF2.8、いやF1.8の対角線魚眼レンズを出して欲しかったです。

      >魚眼を含む「短焦点」レンズはフランジバックが短い方がメリットが大きい
      とはいえ、FマウントのバックフォーカスでFX対応のF1.8の対角線魚眼なんて、
      光学的に無駄が多く、現実的なサイズや値段では収まらないでしょう。
      ショートフランジであれば、F1.8でも常識的なサイズに収まりそうですし
      F2.8であれば従来よりも小型軽量(かつリーズナブル)になると予想できます。
      そこで「個人的に」FマウントよりもEマウントの「ちゃんとした魚眼レンズ」が
      欲しいんです。
      レンズ交換式はFマウントしかないニコンがFマウントで「短焦点」レンズを出すのは
      罪でも批判対象でもなく「あたりまえのこと」で、むしろFX対角線魚眼を20数年も放置したり、
      DX対角線魚眼がいまだカップリング式AFなのが問題だと考えています。

        • 匿名
        • 2017年 6月 02日

        >レンズ交換式はFマウントしかないニコンが..

        また「オレサマ基準」を持ち出して、、、ニコン1 もレンズ交換式だよw

          • M-KEY
          • 2017年 6月 02日

          すみません。
          「オレサマ基準」にメーカー自身がやる気を見せていないニコワンは
          全く視野にに入っていませんでした。
          「4/3以上で」を付け加えます。
          まぁ、ニコワンに防水仕様の魚眼レンズが適正な価格であれば
          少しは評価が変わっていたかもしれませんが、すでに死に体なのに
          中途半端に売れていて「止めるに止められない」状態ですね、
          いつまで引っ張る?それともDL廃止を受けリスタートするか?

コメントは利用できません。

ロケ撮影で威力を発揮 バッテリー式ストロボ「B1X」の進化ポイントは?(デジカメWatch)

ニコン、手頃なDX広角ズーム「AF-P DX NIKKOR 10-20mm f/4.5-5.6G VR」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ