デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、バリアングル+タッチ液晶になった「EOS 6D Mark II」(デジカメWatch)

小型軽量ボディを継承 45点オールクロスAFに進化

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (7)

    • ken
    • 2017年 6月 29日

    機種レベル によって『レンズ工学補正』に差があったとは!
    勉強不足でした。
    レンズ自体の評価はカメラとセット になりますね。

      • M-KEY
      • 2017年 6月 30日

      クラスによって「光学補正」に差をつけるというよりも
      世代間で補正内容が違ってくるのでは?
      ボディよりも新しいレンズに対応できない場合も考えられますし
      「回折補正」は最近になって行われるようになった補正です。

      • 匿名
      • 2017年 6月 30日

      カメラ内でできるかどうかってだけで、RAWで撮ってDPPでDLOとか設定して現像すれば別にキスでもいいんだよ。Jpeg撮って出ししかしない人には大問題かもね。

      • 匿名
      • 2017年 6月 30日

      ミラーレス出はじめの頃は散々デジタル補正で誤魔化すなとか叩いといて
      キヤノン様の「レンズ光学補正」は素直に受け入れるのか・・・

        • 匿名
        • 2017年 6月 30日

        それは信仰心が言わせてるんだよ。
        ニコ爺しかり。

        • 匿名
        • 2017年 6月 30日

        何を信じてたのか知らないですが、ミラーレスなんて出る前から各社とも割と普通にデジタル補正は行われてましたよ。
        補正の程度はメーカーによってそれぞれでしたが。

    • nroff
    • 2017年 6月 30日

    EOS80Dあたりから採用された、シャープネスのパラメータ充実はいいですね。
    「ディティール重視」とかのスタイルで簡単に試せます。
    これあると、rawで撮らなくても線の細い画像が作れるはず。

コメントは利用できません。

キヤノン、小型ボディ+バリアングル液晶の「EOS Kiss X9」(デジカメWatch)

デジタル一眼ランキング、キヤノン「EOS Kiss X8i ダブルズームキット」が3週ぶりトップ(ITmedia デジカメプラス)

最近のコメント

アーカイブ