デジタルカメラ情報サイト

プロユースに向けて動き出した「FUJIFILM GFX」(デジカメWatch)

【インタビュー】
導入のきっかけや使用感をフォトグラファーに聞く
営業写真館にとってもともと近い存在
業界に信頼されてきた「記憶色」が武器
by 関根慎一

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (24)

    • 匿名
    • 2017年 7月 02日

    「記憶色」というのは、撮影した本人にとっての記憶色なんで、第三者からみればギタギタに彩度の高い自然でない画と思うことも多い。やっぱり、なるべく加工しない画が欲しいもんだ。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 7月 02日

      記事をちゃんと読まれました?

      富士フイルムの言う「記憶色」とは、これまでのフィルム時代から蓄積されたプロからアマまでの幅広いユーザーからの声をもとに編み出されそして支持されてきた、いわば「写真といえばこんな色だよね」というような「大衆が共有できる最大公約数的な記憶色」のことであり、個人の感覚を対象としてないですよ。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      どのカメラでも加工した絵に過ぎないと思うが、加工の少ない絵も出せるでしょ。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      銀塩写真が写真の原点なんだから、それを再現したものが多くの人にとって自然に感じられるはず。
      ってのが富士のスタンスなんだろうけど、今や30代でもデジタルが当たり前で育った時代だよね。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      彩度抑えめが未加工と感じるなら、いくらでも出来ますぜ。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      昔フジはフィルムの輸出先国の色の好みの傾向に合わせるために、発色を微調整していたと聞いたことがある。デジタルでの色作りに関してもそういう膨大なデーターとノウハウは活きているのでしょう。フィルムシミュレーションモードにしても、メーカー自らフィルムの発色を再現するものではないと明言しているので、銀塩時代よりさらに先へ色作りに関する研究を先に進めているのは明らか。でも商品撮影なんかで忠実色モードがないのは少し困るんだよね。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 7月 02日

        >忠実色モード

        それってどこのメーカーのどういう名称のモードです?

        ニコンだと「フラット」になるのかな?

        一度試してみて自分には合わないと感じ、以降全く使ってないですけど。

          • 匿名
          • 2017年 7月 02日

          キャノンの忠実設定です。フジのプロヴィアモードは赤がクスみ、若干オレンジに転びます。赤を重要視するとアスティアモードが正確。総じてデジタルが苦手とするオリーブグリーンの再現性はフジは他社に比べ優れていると思います。多少面白みに欠けてもカタログの写真などは正確な色再現が必要になるので、そういったモードを加えてくれとメーカーには伝えました。JPEGでサクサク正確な色のカットが取れればポストプロダクションにかける時間が省け、もしかしてプレミアムフライデーも楽しめる余裕ができるかもしれません。(笑)

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 7月 03日

            レスありがとうございます。

            ヘルプのカメラマンでキヤノンユーザーもいるので、キヤノンの画像データを扱うこともあるのですが、その人の設定なのかな?

            彩度が低すぎてニコンのスタンダードに比べて華やかさが足りないなあと感じることが多いです。
            といって単純に彩度を上げればいいってものでもないし。

            DPPで現像すればまた違うのかもしれませんが、あれもどうも操作が馴染めないので、LRで現像してしまうのがいけないのかな…。

    • 匿名
    • 2017年 7月 02日

    なんで フジ機以外のカメラのJPEGをベテラン営業写真家が使いこなせないんだ?

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      デジタルのフローについていけなかった人ってあるだろ

        • 匿名
        • 2017年 7月 02日

        そう言う人はフジ機を使っても 結局駄目だろう。

          • 匿名
          • 2017年 7月 02日

          とりあえず本文くらいちゃんと読もう

    • 匿名
    • 2017年 7月 02日

    街中の写真館って全然儲かってなさそうだけど、こんな高いカメラ導入する経費あるのか?
    チェーン店で証明写真撮ってもらうと、使ってるのはだいたいD3000系とかkissだぞ。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      世界は広い。
      国内の商業写真館は導入の可能性が考えられる一つのカテゴリーに過ぎない。
      それと、証明写真用にコレを使うところなんて皆無だと思います。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      顧客はコマーシャル・フォトやアート性を求めてるカメラマンでしょうね。

      • 雇われ息子
      • 2017年 7月 02日

      ウチの証明写真用カメラは、α900だよ。
      導入した当時手元にあったカメラで、
      肌色の再現が良かったのがこいつだけだったから。
      同業の人からは「マジかよ!」ってビックリされる。

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 7月 02日

        なんと贅沢な!

        実際はAPS機で十分なんでしょうけど。

      • ken
      • 2017年 7月 02日

      各地の商業写真館って昔はかなり儲かってたんですよね〜!
      (なんせ数年焼かないとネガは廃棄しますってとこもあったとか)
      代々やってる写真館の御子息達と同じ写真学校だったけど
      一般家庭の僕らとは貧富の差が激しかったなぁ。。。
      もっと前は家が金持ちじゃないと写真家にはなれないって話だし。
      (『ピンぼけ写太』より)

    • 雇われ息子
    • 2017年 7月 02日

    >切り替えによって僕らが抱えるデメリットやリスクは、ある程度まで許容できると考えています。

    これがミラーレス由来のものなのか、ラージフォーマットだからなのか、
    かなり気になるんですけど。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 7月 02日

      普通に考えて

      ラージフォーマット

      かと。

      画像そのもののクオリティもそうですが、「その辺のハイアマチュアでも使ってるような35mm判とは違いますから」と堂々とアピールできるのもアリかと。

      ここまではフェーズワンやペンタでもできることですが、そこにミラーレスであることのメリットがプラスされる、という感じではないでしょうか。

      瞳認識AFとか、ウエストレベル的な使い方ができるティルト式液晶とか。

      • 匿名
      • 2017年 7月 02日

      前後の文章から読み解くと、デジタル由来のリスクという意味でしょう。
      この人は「一眼レフ」をフィルムカメラという意味で使っていると思います。
      例えば不慣れな操作から起こしてしまう、データの喪失などのリスクを指すのではないかと思います。

    • M-KEY
    • 2017年 7月 03日

    「コマーシャルフォト」と「営業写真館」そして、美術館などの収蔵品撮影用だと
    一眼レフであるよりも、ミラーレス化による低振動やカメラの軽量化の方が
    運用上のメリットは大きいでしょう。
    その上で、S◯PRoからの一連のフジ機の「適切なパラメーター」のJPEGで撮れば、
    後処理の必要なく、そのままプリントするのがベターというのも、大きいですね。
    導入コストについても、輸入品のデジタルパックと比べると破格ですし、
    サポートの安心感も大きいので、障壁は低いと思います。

    • M-KEY
    • 2017年 7月 03日

    ネガティブD800ユーザー :
    レスありがとうございます。
    ヘルプのカメラマンでキヤノンユーザーもいるので、キヤノンの画像データを扱うこともあるのですが、その人の設定なのかな?
    彩度が低すぎてニコンのスタンダードに比べて華やかさが足りないなあと感じることが多いです。
    といって単純に彩度を上げればいいってものでもないし。
    DPPで現像すればまた違うのかもしれませんが、あれもどうも操作が馴染めないので、LRで現像してしまうのがいけないのかな…。

    キャノンのデータでもRAWなら撮影時の設定はキャンセルできるハズなので
    LR(CameraRaw)上で他社機の画像と「ある程度は近づける事」は可能だと思います。
    でも、キヤノン同士でも5Dmk3と5Dsとを肌色を完全に一致させるのは(私には)無理でした。
    (DPPなら機種間の差分データを使って一致させられるのかもしれませんが・・・)

コメントは利用できません。

100周年レンズ、待望のレギュラーバージョン――SUMMILUX-M F1.4/28mm ASPH.(デジカメWatch)

タムロン、大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2」を発売(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ