デジタルカメラ情報サイト

周辺まで点像もしっかり写る マイクロフォーサーズ用超広角レンズ――LAOWA 7.5mm F2 MFT(デジカメWatch)

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】
小型軽量の超広角レンズが登場
フィルター溝を装備
ユニークなレンズを揃えるLAOWA
周辺部まで安定した画質
星も期待以上の写りに
ソフトフィルターの活用

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (17)

    • nroff
    • 2017年 7月 06日

    新商品紹介なのに、ステップアップリングをつかった使いこなし方法まで説明してくれるのは楽しいですね。ちょっと欲しくなりました。

      • M-KEY
      • 2017年 7月 06日

      このステップアップリングが最初から内蔵された状態なのが
      ニッコールのAF-P 10-20mm f/4.5-5.6G VRという事なんですね。
      >ほとんどの人にとって無意味
      どころか、フィルター装着には必須ということなんですが、
      さすがに、このスペックでフィルター径46mmは無理をしたのか
      (KOWA8.5mmF2.8のフィルター径は86mm)
      周辺減光の原因になっているような気がします。
      とはいえ、このあたりの焦点距離だとAFの恩恵が少なく
      むしろMFの方が使い易いので、これはこれでアリでしょう。

        • ニコン好き
        • 2017年 7月 07日

        >このステップアップリングが最初から内蔵された状態なのが
        > ニッコールのAF-P 10-20mm f/4.5-5.6G VRという事なんですね。

        72ミリのフィルターね。
        私の場合
        AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G
        これも72ミリなので慣れてるので
        こんなもんかな。と普通に使ってます。

    • 匿名
    • 2017年 7月 06日

    星空用にマニュアルフォーカスは、魅力的です。
    普通の撮影では、周辺光量の減少が気になります。
    明るいレンズだとこんなもの?

    • 匿名
    • 2017年 7月 06日

    絞り解放からの周辺減光の少なさと良像をμ4/3用MFレンズで求めるなら、KOWA Prominar一択でしょ。所詮漢字で「老蛙」つまり、老いたカエルがレンズブランドの支那メーカーだからね。支那製の中では良い方であるのは認めるが、KOWAには及ばない。

      • nroff
      • 2017年 7月 07日

      コーワのケロちゃんとコロちゃんは若いカエルですからね。

      • 匿名
      • 2017年 7月 07日

      所詮漢字で「老蛙」つまり、老いたカエルがレンズブランドの支那メーカーだからね。(うわっ! 我ながらオレめっちゃカッコよくね?ね?)

        • 匿名
        • 2017年 7月 07日

        文字の読み方や動物の名前やyoung/oldレベルのことなんて、外国語を習う時に初歩の初歩として教えること。まともに英語教育受けていれば常識。
        その程度のことに噛みつくお前は余程の語学コンプレックスあるんだな。

        • 匿名
        • 2017年 7月 07日

        めちゃ頭悪そう(笑)

          • 匿名
          • 2017年 7月 09日

          > めちゃ頭悪そう(笑)

          それ、まさにお前。
          1行レスを即座に3回も繰り返すなんて、脊髄蛙の脊髄反射そのものだ。
          低学歴無教養でも蛙並みの脊髄反射は出来るということか。

        • 匿名
        • 2017年 7月 07日

        所詮漢字で…以降は、蛙云々以前に蛇足という感じ

        • 匿名
        • 2017年 7月 07日

        そして
        >まともに英語教育受けていれば常識。(キリッ)
        ですよ

        • 匿名
        • 2017年 7月 07日

        シナのレンズ如きで騒ぐなよ

      • 匿名
      • 2017年 7月 07日

      描写性能最重視ならプロミナーだろうが大きく重い。
      画角が広く一段明るくコンパクトなレンズという選択肢もあっていい。

        • M-KEY
        • 2017年 7月 08日

        いくら描写性能に優れていても、フィルター径が86mmのプロミナーは
        MFT用としては大き過ぎで、このLAUWA7.5mmの方に魅力を感じます。
        しかし、不等間隔の絞りなんて、いつの時代かと小一時間・・・

        • 襤褸猫
        • 2017年 7月 08日

        画角と大きさでこっちを選ぶのはアリでしょう。
        寧ろKOWAで7㎜くらいのレンズを作って欲しいですが。工場用でも短焦点は需要あるでしょうし。

        明るさは、F2.8のレンズをもう一段開ける代わりに周辺光量が…という感じが。周辺像はそれ程崩れていないのは大したものだとは思います。

          • M-KEY
          • 2017年 7月 08日

          KOWAほど本格的じゃなくてもいいけど、しっかりした光学設計の
          APS-C機用の7mmF4とか10mmF2.8、対角線魚眼などが欲しいです。

コメントは利用できません。

Gマスターシリーズにふさわしい画質 高画素機にも余裕で対応――SONY FE 16-35mm F2.8 GM(デジカメWatch)

萩原和幸 流 サムヤンレンズ使い倒し術 第1回:SAMYANG 35mm F1.2 ED AS UMC CS(スタジオグラフィックス)

最近のコメント

アーカイブ