デジタルカメラ情報サイト

萩原和幸 流 サムヤンレンズ使い倒し術 第1回:SAMYANG 35mm F1.2 ED AS UMC CS(スタジオグラフィックス)

35mm F1.2 ED AS UMC CS を選んだ理由
35mm F1.2 ED AS UMC CS はどんなレンズなのか
マニュアルフォーカスと相性の良いミラーレス機
実は万能画角の標準レンズ
「ライトに、かつ F1.2 を生かした幅広いシーンに対応できる、いいレンズ」

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2017年 7月 06日

    >標準レンズといえば、絞りを開ければ望遠レンズ、絞れば広角レンズになると言われる万能画角のレンズなのだ。

    いまだに こんなこと書いているプロカメラマンが居るんだw

      •   
      • 2017年 7月 06日

      描写の雰囲気的にはそう表現するのも珍しくないですね。
      まあその場合、実際の画角の調整は自分の足を使う訳ですが。

      #もっと言えば本当の意味での標準レンズなんぞ無いけどな。

    • 匿名
    • 2017年 7月 06日

    使ってるけど、シグマよりも光学性能は高いと感じる。でも、これもシグマも、本当に退屈な描写なんだよね。結局一番よく使う35mmはペンタの35/2だったりするよ。

コメントは利用できません。

周辺まで点像もしっかり写る マイクロフォーサーズ用超広角レンズ――LAOWA 7.5mm F2 MFT(デジカメWatch)

キヤノン、分解清掃を伴う「あんしんメンテ オーバーホール」開始(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ