デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、分解清掃を伴う「あんしんメンテ オーバーホール」開始(デジカメWatch)

EOS/EFレンズをハードに使うユーザー向け
by 鈴木誠@デジカメWatch

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (11)

    • 匿名
    • 2017年 7月 07日

    あ、ねじ1個余っちゃった。社員さんにバレないように捨てとこ。(ノ´・ω・)ノ ⌒ * 

    • 匿名
    • 2017年 7月 08日

    キヤノンはたしか、5D4機能追加の有料FWアップデートもやってたな。有料サービスが増えるのは、良いんだか悪いんだか。

      • nroff
      • 2017年 7月 10日

      低額だが有償、が一番いいと思います。医療費と一緒かな。

        • ニコン好き
        • 2017年 7月 10日

        確かに、そうかも知れない。
        技術者にも給料を払わなくちゃね。
        あんしんメンテ スタンダード
        撮像素子表面を清掃します。
        ¥3,000(税別)
        まあ 妥当なところかな。

    • 匿名
    • 2017年 7月 09日

    保守があるだけマシ。
    ニコンはサービス拠点がなくなりサポートも数年で打ち切り。
    使っている爺が死ぬのと同時にあの世に旅立ってこの世から撤退するらしい。

      • ニコ爺
      • 2017年 7月 09日

      あなたが旅立つのと
      ニコンが旅立つのと
      どっちが早いか競争だね。

        • 匿名
        • 2017年 7月 09日

        昔のニコンのサービスは一級品というか
        スレタイのような事は当たり前だった。
        だが、今やソニーにまで遅れをとる体たらく。
        拠点は減り、修理対応期間は短いし、過ぎれば門前払い。
        三菱グループ全体が暗黒面に堕ちてしまったか?

          • ニコン好き
          • 2017年 7月 09日

          >昔のニコンのサービスは一級品というか
          > スレタイのような事は当たり前だった。
          揚げ足を取るみたいで申し訳ないが
          今までは、キャノンのサービスは、悪かった。と言う事?

          EOS6Dを持ってるが全然使ってないんで、つまりまだ壊れてないのですが

            • M-KEY
            • 2017年 7月 09日

            私の知る限り、銀塩の頃のキヤノンのサービスは
            一部の優待顧客以外に対しては「おざなり」な印象が強く
            不調を感じて修理に出しても「こんなもんです」的な対応で
            ちゃんと話を聞いてくれないという印象は強かったです。
            特にサードパーティレンズを使っての不具合は、あきらかに
            ボディ側に問題があっても、なかなか認めてもらえませんでした。
            一方、ニコンの場合は修理指定箇所以外にも不具合があれば
            しっかり部品交換しているのにもかかわらず、
            伝票には「調整しました」とあるだけとか、
            修理期間を過ぎていても、可能な限り対応してくれました。

            当時のキヤノンは、フラッグシップ機でも巻き上げの仕方に
            よってコマ間が不均一で場合によっては重なってしまうなど
            すでにコマ間データーバックを商品化しているニコン機と比べ
            機械としての精度も劣っている部分を感じましたが、
            今のニコンは、そういった面でも追い抜かれているようです。

            • ニコン好き
            • 2017年 7月 10日

            >今のニコンは、そういった面でも追い抜かれているようです。
            そんな事言うと
            現場で悪戦苦闘してる技術者が気の毒だ。

            数年前ですが
            ニコンだとファームウェアのアップデートを無料でやってくれた。
            ソニーだと有料でしっかりお金を取られた。

        • 匿名
        • 2017年 7月 09日

        ふふふ。どう転んでもニコンのサービス拠点が無くなっているのは確かなようだね。
        そこは目をつぶって逆ギレとか、だから老人は嫌われる。

コメントは利用できません。

萩原和幸 流 サムヤンレンズ使い倒し術 第1回:SAMYANG 35mm F1.2 ED AS UMC CS(スタジオグラフィックス)

沼への道は3層で舗装されている(その2)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ