デジタルカメラ情報サイト

タムロン、EOS 6D Mark IIと同社レンズの組み合わせについて告知(デジカメWatch)

カメラ内「レンズ光学補正」オンで、ライブビュー撮影時にエラー

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 8月 10日

    インチキメーカーのレンズは買うもんじゃない。
    安物買いの銭失い。

    • 匿名
    • 2017年 8月 10日

    EOS 6D Mark II めんどくさいカメラだ。
    基本的にEOS 6D Mark IIを買わなけりゃ良い。

      • 匿名
      • 2017年 8月 11日

      サードパーティ製のレンズを排除するような仕様になっているんだろうね。

      • 匿名
      • 2017年 8月 11日

      ボディーメーカーに文句言うのはお門違いってものですよ。

    • 匿名
    • 2017年 8月 10日

    ところで、レンズメーカーつてレンズ以外にもいろいろやっているから、長く続いてるよね。

      • 匿名
      • 2017年 8月 11日

      コシナとかは?

        • 匿名
        • 2017年 8月 11日

        いろんな光学製品やってる。

    • 匿名
    • 2017年 8月 11日

    Canonって他のカメラメーカーと比べるとサードパーティーのレンズとの相性はシビアだよね。
    構造的なものなのか。

      • 匿名
      • 2017年 8月 11日

      もうこれはブラックボックス的な話なんでしょうね。
      ていうかニコン機でも相性問題結構起きてるんじゃなかったですかね?

      • 匿名
      • 2017年 8月 11日

      キャノンは過去にFDマウントとEFマウントでそれぞれ一回づつ、シグマに裁判で負けて煮え湯を飲まされているから、サードに対しては一番厳しい姿勢。シグマSAマウントなんて電子接点と信号の通信とフランジバックについてはEFマウントのパクリで物理的形状だけKマウントだもんな。これはキヤノンは相当面白くないみたい。
      一方、動画方面ではCINEMA EOS拡販の為にEFマウントの布教活動はしているが。産業用カメラでもEFマウントを増やそうとしたがさっぱり売れずで、大型センサー産業用カメラはFマウントがデファクトスタンダードのまま。キヤノンもFマウントの産業用カメラを出してるくらい。
      その点は、タムロンを手ぶれ補正で特許訴訟で訴えながら最終的にクロスライセンスで和解したニコンは、タムロンとはレンズの共同開発や生産委託したりして比較的友好的。

        • 匿名
        • 2017年 8月 11日

        何で関係の無いニコンの話を持ち出すのかな。キヤノン対ニコンの構図は、もう意味ないだろう。

        • 襤褸猫
        • 2017年 8月 12日

        キヤノンはSAマウントの電気接点で協力していたような、気のせいだったっけ…
        ニコンがシグマに対して敵対意識を持っているのは、特許でガチで争っていましたし、通称シグマチェックなるシグマのFマウントレンズが動作不良になる、なんて話も。

          • 匿名
          • 2017年 8月 13日

          SAマウントの接点件はは知らないが、中華マウントアダプタなんか、凄い接点が雑。耐久性が心配。

          • 匿名
          • 2017年 8月 14日

          妄想が酷いですね。

        • 匿名
        • 2017年 8月 12日

        シグマはニコンに金払って許してもらったんだっけ?
        新機種の度にボディ側に得体の知れない「何か」が入ってる可能性のある現代はレンズメーカーもリスキーな商売ですね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

露出(カメラ基礎:露出)(デジカメWatch)

暑い夏の風物詩!? 2017年のバテ猫三昧(ASCII.jp)

最近のコメント

アーカイブ