デジタルカメラ情報サイト

富士フイルム編:怒涛の単焦点レンズ群 高品位なデザインにも注目(デジカメWatch)

【ミラーレスカメラ用メーカー純正レンズまとめ】
広角域:充実の単焦点レンズ群。ズームも高品質
標準域:キットレンズながら高級感あり
望遠域:ズームは幅広い選択肢。とろけるようなボケのAPDレンズも
マクロ:小型ながら等倍撮影には非対応
by 北村智史

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (3)

    • 匿名
    • 2017年 8月 16日

    >各社の交換レンズの平均質量を見ると、

    へぇ~ 意味あるのか? 平均値出すなら売れている本数を調べて加重平均出したほうがいいと思うが。。。

    • 匿名
    • 2017年 8月 16日

    富士のレンズはプラの質感が悪かった印象が強いけど改善されたのか?

    • 匿名
    • 2017年 8月 16日

    レンズ本体はまあ良いとして、あの安っぽいフードはどうにかしてほしい。
    ロックもしっかり効かないし、90度回して装着するときのグネ~っとした感触がたまらなく嫌です。
    初期の35mmや60mmマクロは金属製のしっかりしたフードが付いてたのに・・・・

コメントは利用できません。

デジタル一眼ランキングに、新フルサイズ機「EOS 6D Mark II」が初登場(ITmedia デジカメプラス)

新インターフェイス採用のフォトレタッチソフト「PaintShop Pro 2018」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ