デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、アオリ撮影用のTS-Eレンズを拡充(デジカメWatch)

50mm、90mm、135mmを発売 0.5倍マクロ対応
「TS-E50mm F2.8L Macro」「TS-E90mm F2.8L Macro」「TS-E135mm F4L Macro」の3本
12月下旬に発売、税別315,000円

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (49)

    • 匿名
    • 2017年 8月 29日

    TS-Eのラインナップが、すごい。
    http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ts-e-extender.html

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      本当に羨ましい。1本でいいからリコーも頼むよ。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      これと組み合わせるMFの専用ボディが出たりするかも。

        • 匿名
        • 2017年 8月 30日

        APS-Cなら、キヤノン自身がEFマウントの産業用カメラ出しているよ。パワーフォーカス機能あるけど当然MF。でもシェアは低いというか計測器の代理店から売れたという話を聞いたことない。産業用カメラで4/3以上のサイズのセンサー使用カメラは、Fマウントが主流。

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2017年 8月 30日

    時をほぼ同じくしてTSレンズの新製品を出すニコンとキヤノン。

    特にキヤノンの135mmは野心的ですらありますね。

    やはり「画像処理ではダメ」という需要があるということですね。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      多画素化でティルトはますます重要さを増している。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      需要ってもあまりにも一部ユーザーの話で、それでも相応の数が出る見込みないものなら作る訳ないもんね。
      そういうのに応えられるのがキヤノンの懐の深さなのかな。

        • 匿名
        • 2017年 8月 30日

        画素ピッチが狭くなり回折の影響が目立つので
        ピントの為に以前ほどは絞れなくなっているから
        ティルトの需要自体は増えている。
        もちろん、深度合成という方法もあるが
        撮影時できる事は撮影時にした方がいい。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      逆に考えればこれくらいの大きさ重さ、余裕のある作りの馬鹿でかいレンズを使って
      しかもティルトで回折を避けなければ多画素のセンサーを活かせない
      という事でもある。。。

        • 匿名
        • 2017年 9月 02日

        みんな論点ズレたり紆余曲折して結局

        行き着くところはこの答えなわけよ。。。

        • 匿名
        • 2017年 9月 03日

        パースコントロールという面で考えると大量に
        ブツ撮りする印刷会社とかスタジオでの需要は
        ありそうだが(建築写真用途としては広角側に限界がある)
        この手のレンズをコンパクトなデジイチで使う意味
        というのを突き詰めるとやはりそういう切実な
        問題に直面することになる

          • 匿名
          • 2017年 9月 03日

          現実問題として、よほどの大手のプロダクションでない限り
          デジタルのビューカメラシステムでは採算が取れない。
          よってデジイチのアオリが必要になる。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            かつては地方でスーパーのチラシをやってるような零細スタジオでも大中判でアオリを駆使してたのにね。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            独占企業みたいな地方の印刷会社とかも結構金持ってるからな

          • M-KEY
          • 2017年 9月 03日

          >(建築写真用途としては広角側に限界がある)
          シフト可能なレンズTS-E 17mmよりも包括範囲が広いレンズを教えて下さい。

      • 襤褸猫
      • 2017年 9月 02日

      PCニッコール19㎜の記事の杉本さんの「15mm、19mm、24mm、35mmのラインナップが欲しい」は本当にそう思いますね。ニコンも135㎜は驚いたでしょう。
      あと、でかくてもズームのチルト・シフトレンズの需要はあると思います。…が、恐らく極端な事言えば12-24㎜のチルト化が要望でしょうし、商品化は無理でしょうねーw

      それにしても、35㎜のシフトレンズがラインナップから消えて結構経ちましたね。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        PC19mmのスレッドにも書きましたが、
        ニコンの場合、×1.2クロップがあるので
        PC-Eの24mm、45mm、85mmでも
        28.8mm、54mm、102mm相当もまかなえるので
        ×1.2クロップで22.8mmになる19mmよりも14mmを
        出した方が効率のよいラインナップになったと思います。
        DX機も有効活用すれば36mm、67.5mm、127.5mm相当に
        なるので、PC135mmも緊急に必要だとは感じません。
        それよりもズームマイクロを復活してもらいたいです。

          • 襤褸猫
          • 2017年 9月 03日

          14㎜もしくは15㎜は作りたいでしょうけど、10㎜のシフト量が欲しいとなるとイメージサークルでは10㎜程度の画角が必要になり… やろうと思えばできるのが怖いですが、今の技術ですとw

          ズームマイクロ復活は私も賛同します。仕事で無性に使いたい時がありますし。ただ、35-70㎜くらいの画角で欲しい。50㎜時に1/2で充分ですので。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            言い訳してるが、17mmよりも広角を作りたかったが無理。
            せめて水平90度の18mmを目指したが、それも出来ず
            仕方なしに19mmにしたというのが真相だと思う。

            • M-KEY
            • 2017年 9月 03日

            DX用のズームマイクロなら35-70mmでもいいですが
            FX機に使うならば、50-135mmが欲しいです。

    • 襤褸猫
    • 2017年 9月 01日

    PC NIKKOR 19mm f/4E ED のコメントとの差が趣ありますね♪

      • 匿名
      • 2017年 9月 01日

      19mmと50//90/135mmでコメントが違うのは当たり前

        • 匿名
        • 2017年 9月 01日

        why?

          • 匿名
          • 2017年 9月 01日

          19mmと50mm以上とでは用途が違うんだよ。

            • 匿名
            • 2017年 9月 01日

            そりゃ画角による用途の違いなんて当たり前だけど、チルト/シフト機能がついてることの意味や価値に違いは無いと思うんだけど、違うのか?

            まさか50mmより広角は建造物専用で、長いのはブツ撮りやポートレート専用とか思っちゃってる?

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            少なくとも19mmで広告用のブツ撮りするのが一般的とは言えないよね。
            歪み上等のイメージ的カットならいくらでもありそうだけど。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            下にも書きましたが、論点はそこではないのでは?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 9月 01日

        そもそもニコンの19mmの掲示板では

        「今時アオリなんか使わなくても画像処理でいいじゃん」

        という「アオリ」機構そのものについてのやりとりをしていたのであって、「19mmという焦点距離」を問題にしてたわけじゃないんですよねえ…。

        ビューカメラなんて、超広角だろうが望遠だろうが、画角を選ばずアオリを使うんですけどね。

          • M-KEY
          • 2017年 9月 02日

          アオリには歪み補正のシフトとピントのコントロールのティルトがあります。
          そして、その意味合いは超広角と中庸焦点域では全くアプローチが違います。
          同じビューカメラを使っていても,超広角では凹みボードや袋蛇腹を使って,
          主にフロント部をライズしてフレーミングを決める事が多かったのに対し、
          標準域から中望遠ではリア部をライズしてして歪みの補正をし、
          ティルトでピントのコントロールをするので,手順は全く違います。
          「超広角だろうが望遠だろうが、画角を選ばずアオリを使う」のではなく
          画角や被写体によってアオリの使い方は違うのです。

          デジタルの場合は同じ「シフトによる歪み補正」でも、超広角域では
          より包括画角の広いレンズを使ってトリミングする事が合理的ですが、
          標準〜中望遠域では像の変形を使う方が便利で、
          それを撮影時のアオリなのか後処理でするのか、という違いがあります。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            だからアオリの「使いこなし」は焦点距離や画角、被写体や目的に応じて変化はするでしょうが、アオリ機構の「存在価値」は焦点距離にかかわらずあるでしょう?という話をしているだけなんですが。

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            ニコン19mmの方にもアオリが必要だというコメントはあるのだが?

    • M-KEY
    • 2017年 9月 02日

    匿名 :
    そりゃ画角による用途の違いなんて当たり前だけど、チルト/シフト機能がついてることの意味や価値に違いは無いと思うんだけど、違うのか?
    まさか50mmより広角は建造物専用で、長いのはブツ撮りやポートレート専用とか思っちゃってる?

    少なくとも、PCニッコール19mmのスレッドは建築写真前提で進行しています。
    こちらは50mm/90mm/135mmなので、ピントのコントロールという部分が
    多画素化による回折限界と絡めたハナシになっているので、流れは変わって当然です。
    もっというと、多画素化(と超超広角レンズの登場)で超広角域のシフトは
    「トリミング前提の撮影」に置き換える事が可能になってきましたが、
    標準域〜望遠域では、必要な被写界深度を得る為のティルトの重要性は増しており
    一言で「アオリ」と言っても,その意味合いは大きく違うということです。
    これがEF TS-E 17mmとPCニッコール19mmの比較なら違ってくるでしょう。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 9月 02日

      相変わらず我田引水ですね。

      まあ「あなたがそう思うのならそうなのでしょう、あなたの中では」。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 02日

        アオリにかぎらず、画角が違うと被写体に対するアプローチは変わり、
        レンズに求める要求が違うのは当然の事です。
        大中判の銀塩機には広角専用でシフトのみに特化したカメラがあります。
        もちろん知っているでしょうけど、それに対してもティルトが出来ないと
        不満を感じていますか?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 9月 02日

        ニコン19mmの記事ではティルトのニーズや使用した作例が挙げられてるんですが、それは…。

          • 匿名
          • 2017年 9月 02日

          ニコン19mmの方でもティルトが不要だとはなっていない。
          あなたが「限られた人たちのために作られた特殊なレンズ」だと思うなら、それでいい。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            自分は超広角でもティルトのニーズはあると書いたつもりですが?

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            ニコン19mmのスレでアオリが要らないとゴネてるのは約1名。
            M-KEYは広角はシフトだけでもいいと言っているが
            全体的には「アオリは必要」という流れなんだが
            ネガティブ君は何が不満なの?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            ???

            なんか話がズレてますね。

            まあ不満があるとすればM-KEY氏にからまれたことかな。(笑)
            (こっちとしては極力関わらないように、氏のコメントにはレスしないようにしてるのに。)

            元々の自分の襤褸猫さんのコメントに対する自分のレスは、氏の言わんとすることが

            ニコンの19mmの時はあれだけ湧いて出た「アオリ機構は不要、画像処理で十分」派がキヤノンでは一切姿を見せないのが可笑しいね

            と解釈してのものなので、そもそもその解釈が間違っているのならごめんなさいとは思いますが。

            「だから焦点距離が違うからだろ」と言われる方もおみえでしょうが、それについては「焦点距離にかかわらずアオリ機構の有効性はあるので、その指摘は正しくはない」としか言えません。

            • 襤褸猫
            • 2017年 9月 02日

            >氏の言わんとすることが

            >ニコンの19mmの時はあれだけ湧いて出た「アオリ機構は不要、画像処理で十分」>派がキヤノンでは一切姿を見せないのが可笑しいね

            全くその通りでございますw

            一時(今もか?)キャノンアンチだったらしいので、私、表現を控えめにしてみました。w

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 03日

            襤褸猫さん、レスありがとうございます。

            僕の勘違いでなくてよかったです。

            その方向性でおもしろく盛り上がるかと思いきや、妙に専門的なうんちくを主観ベースで語りだす人が現れて、趣旨の本筋からずれてしまい残念です。

            まあ、例の一派(単独犯という判断の方もいらっしゃるが)は完全論破されて手も足も出なくなったのか、あるいはもう自分たちには関係の無い世界の話だと関わらないようにしているのか、といったところですかね。

    • M-KEY
    • 2017年 9月 02日

    匿名 :
    ニコン19mmのスレでアオリが要らないとゴネてるのは約1名。
    M-KEYは広角はシフトだけでもいいと言っているが
    全体的には「アオリは必要」という流れなんだが
    ネガティブ君は何が不満なの?

    デジタルになって、以前ならティルトやシフトでしか対処できなかった事が
    ソフト処理で、かなりの部分が可能になりました。
    予算や機材の都合で後処理で済ますという事も多いでしょう。
    でも、撮影の段階で施した方がワークフロー上のメリットが大きい事もあり
    銀塩時代なら大中判が使われていた領域でも35mmベースのデジタル機が
    使われる事が多くなったので、そうした需要を満たすために、
    TS-E やPCニッコールのような「いわゆる特殊レンズ」の必要性が増してきました。

    広角でのティルトの要望が少ないのはPCニッコールの記事でも触れられていますし、
    銀塩時代のPCニッコール28mmも35mmもシフトだけでした。
    先にも書いたように被写界深度の浅い大判でもカンボワイドのようにシフトに特化した
    機種もあり、ティルト不可は、むしろ誤操作が少ないという点で利点でした。
    もちろん、広角域でもティルトの需要は皆無ではないので65mmをビューカメラで
    使うということもありましたし、被写界深度面で有利な35mmベースのデジタル機でも
    多画素化によって、ティルトの必要性が増していることも理解しています。
    言いたいのは、多画素(狭画素ピッチ)化でシフトにかんしてはトリミングで代用できる
    領域が増えているけど、ティルトにかんしては需要は増えているということです。
    ネガティブさんは、シフトとティルトを「アオリ」として同一視したいようですが
    光軸をずらすのと曲げるのでは、その意味合いは異なるので、本質的には
    分けて考えるべきだということです。
    これは「私の中だけでなく、普遍的な事象」だと自信を持って言えます。
    同一視したいのであれば、ネガティブさんの中だけでしておいてもらいたいです。

      • 襤褸猫
      • 2017年 9月 03日

      無粋なツッコミを一つだけ、 キヤノンがTS-Eでチルトを他社に圧倒的に先駆けて可能になった理由、同時に連動絞りしか無かったニッコールで出来なかったのは「電磁絞り」の存在が故です。
      銀円時代云々の言及は時代背景を無視した言及です。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        嘘をついちゃいけません。
        FD時代からキヤノンのアオリレンズはティルト可能でした。
        http://global.canon/ja/c-museum/product/fd144.html

          • 襤褸猫
          • 2017年 9月 03日

          大変失礼しました>FDのシフトレンズはチルトも出来る化け物だった、そいえば。

      • 匿名
      • 2017年 9月 03日

      シフトとティルトはそれぞれ別の事象だろうけど、
      いずれにせよ必要とする人は極一部という点は共通で、
      熱く語られても一般人には「はぁ」としか・・・

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        それはズトリミングするから望遠は不要と言うようなものです。

          • M-KEY
          • 2017年 9月 03日

          訂正
          それはトリミングするから望遠は不要と言うようなものです。

    • 匿名
    • 2017年 9月 03日

    M-KEY君はウザいし、いちいち癇にさわる物言いをするが
    デジタル時代におけるシフトとティルトの考え方という意味では
    一つの見解として納得できる部分はある。
    ネガティブ君とはデジタルでもアオリは必要という点では
    一致しているのに、どうして争うのか外野には理解できない。
    私怨でもあるのか?

コメントは利用できません。

ニコン「D850」はどこがすごい? ファンミーティングで聞いてきました(デジカメ Watch TV)

キヤノン、手ブレ補正付きの「EF85mm F1.4L IS USM」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ