デジタルカメラ情報サイト

キヤノン、アオリ撮影用のTS-Eレンズを拡充(デジカメWatch)

50mm、90mm、135mmを発売 0.5倍マクロ対応
「TS-E50mm F2.8L Macro」「TS-E90mm F2.8L Macro」「TS-E135mm F4L Macro」の3本
12月下旬に発売、税別315,000円

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (49)

    • 匿名
    • 2017年 8月 29日

    TS-Eのラインナップが、すごい。
    http://cweb.canon.jp/ef/lineup/ts-e-extender.html

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      本当に羨ましい。1本でいいからリコーも頼むよ。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      これと組み合わせるMFの専用ボディが出たりするかも。

        • 匿名
        • 2017年 8月 30日

        APS-Cなら、キヤノン自身がEFマウントの産業用カメラ出しているよ。パワーフォーカス機能あるけど当然MF。でもシェアは低いというか計測器の代理店から売れたという話を聞いたことない。産業用カメラで4/3以上のサイズのセンサー使用カメラは、Fマウントが主流。

    • ネガティブD800ユーザー
    • 2017年 8月 30日

    時をほぼ同じくしてTSレンズの新製品を出すニコンとキヤノン。

    特にキヤノンの135mmは野心的ですらありますね。

    やはり「画像処理ではダメ」という需要があるということですね。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      多画素化でティルトはますます重要さを増している。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      需要ってもあまりにも一部ユーザーの話で、それでも相応の数が出る見込みないものなら作る訳ないもんね。
      そういうのに応えられるのがキヤノンの懐の深さなのかな。

        • 匿名
        • 2017年 8月 30日

        画素ピッチが狭くなり回折の影響が目立つので
        ピントの為に以前ほどは絞れなくなっているから
        ティルトの需要自体は増えている。
        もちろん、深度合成という方法もあるが
        撮影時できる事は撮影時にした方がいい。

      • 匿名
      • 2017年 8月 30日

      逆に考えればこれくらいの大きさ重さ、余裕のある作りの馬鹿でかいレンズを使って
      しかもティルトで回折を避けなければ多画素のセンサーを活かせない
      という事でもある。。。

        • 匿名
        • 2017年 9月 02日

        みんな論点ズレたり紆余曲折して結局

        行き着くところはこの答えなわけよ。。。

        • 匿名
        • 2017年 9月 03日

        パースコントロールという面で考えると大量に
        ブツ撮りする印刷会社とかスタジオでの需要は
        ありそうだが(建築写真用途としては広角側に限界がある)
        この手のレンズをコンパクトなデジイチで使う意味
        というのを突き詰めるとやはりそういう切実な
        問題に直面することになる

          • 匿名
          • 2017年 9月 03日

          現実問題として、よほどの大手のプロダクションでない限り
          デジタルのビューカメラシステムでは採算が取れない。
          よってデジイチのアオリが必要になる。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            かつては地方でスーパーのチラシをやってるような零細スタジオでも大中判でアオリを駆使してたのにね。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            独占企業みたいな地方の印刷会社とかも結構金持ってるからな

          • M-KEY
          • 2017年 9月 03日

          >(建築写真用途としては広角側に限界がある)
          シフト可能なレンズTS-E 17mmよりも包括範囲が広いレンズを教えて下さい。

      • 襤褸猫
      • 2017年 9月 02日

      PCニッコール19㎜の記事の杉本さんの「15mm、19mm、24mm、35mmのラインナップが欲しい」は本当にそう思いますね。ニコンも135㎜は驚いたでしょう。
      あと、でかくてもズームのチルト・シフトレンズの需要はあると思います。…が、恐らく極端な事言えば12-24㎜のチルト化が要望でしょうし、商品化は無理でしょうねーw

      それにしても、35㎜のシフトレンズがラインナップから消えて結構経ちましたね。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        PC19mmのスレッドにも書きましたが、
        ニコンの場合、×1.2クロップがあるので
        PC-Eの24mm、45mm、85mmでも
        28.8mm、54mm、102mm相当もまかなえるので
        ×1.2クロップで22.8mmになる19mmよりも14mmを
        出した方が効率のよいラインナップになったと思います。
        DX機も有効活用すれば36mm、67.5mm、127.5mm相当に
        なるので、PC135mmも緊急に必要だとは感じません。
        それよりもズームマイクロを復活してもらいたいです。

          • 襤褸猫
          • 2017年 9月 03日

          14㎜もしくは15㎜は作りたいでしょうけど、10㎜のシフト量が欲しいとなるとイメージサークルでは10㎜程度の画角が必要になり… やろうと思えばできるのが怖いですが、今の技術ですとw

          ズームマイクロ復活は私も賛同します。仕事で無性に使いたい時がありますし。ただ、35-70㎜くらいの画角で欲しい。50㎜時に1/2で充分ですので。

            • 匿名
            • 2017年 9月 03日

            言い訳してるが、17mmよりも広角を作りたかったが無理。
            せめて水平90度の18mmを目指したが、それも出来ず
            仕方なしに19mmにしたというのが真相だと思う。

            • M-KEY
            • 2017年 9月 03日

            DX用のズームマイクロなら35-70mmでもいいですが
            FX機に使うならば、50-135mmが欲しいです。

    • 襤褸猫
    • 2017年 9月 01日

    PC NIKKOR 19mm f/4E ED のコメントとの差が趣ありますね♪

      • 匿名
      • 2017年 9月 01日

      19mmと50//90/135mmでコメントが違うのは当たり前

        • 匿名
        • 2017年 9月 01日

        why?

          • 匿名
          • 2017年 9月 01日

          19mmと50mm以上とでは用途が違うんだよ。

            • 匿名
            • 2017年 9月 01日

            そりゃ画角による用途の違いなんて当たり前だけど、チルト/シフト機能がついてることの意味や価値に違いは無いと思うんだけど、違うのか?

            まさか50mmより広角は建造物専用で、長いのはブツ撮りやポートレート専用とか思っちゃってる?

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            少なくとも19mmで広告用のブツ撮りするのが一般的とは言えないよね。
            歪み上等のイメージ的カットならいくらでもありそうだけど。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            下にも書きましたが、論点はそこではないのでは?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 9月 01日

        そもそもニコンの19mmの掲示板では

        「今時アオリなんか使わなくても画像処理でいいじゃん」

        という「アオリ」機構そのものについてのやりとりをしていたのであって、「19mmという焦点距離」を問題にしてたわけじゃないんですよねえ…。

        ビューカメラなんて、超広角だろうが望遠だろうが、画角を選ばずアオリを使うんですけどね。

          • M-KEY
          • 2017年 9月 02日

          アオリには歪み補正のシフトとピントのコントロールのティルトがあります。
          そして、その意味合いは超広角と中庸焦点域では全くアプローチが違います。
          同じビューカメラを使っていても,超広角では凹みボードや袋蛇腹を使って,
          主にフロント部をライズしてフレーミングを決める事が多かったのに対し、
          標準域から中望遠ではリア部をライズしてして歪みの補正をし、
          ティルトでピントのコントロールをするので,手順は全く違います。
          「超広角だろうが望遠だろうが、画角を選ばずアオリを使う」のではなく
          画角や被写体によってアオリの使い方は違うのです。

          デジタルの場合は同じ「シフトによる歪み補正」でも、超広角域では
          より包括画角の広いレンズを使ってトリミングする事が合理的ですが、
          標準〜中望遠域では像の変形を使う方が便利で、
          それを撮影時のアオリなのか後処理でするのか、という違いがあります。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            だからアオリの「使いこなし」は焦点距離や画角、被写体や目的に応じて変化はするでしょうが、アオリ機構の「存在価値」は焦点距離にかかわらずあるでしょう?という話をしているだけなんですが。

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            ニコン19mmの方にもアオリが必要だというコメントはあるのだが?

    • M-KEY
    • 2017年 9月 02日

    匿名 :
    そりゃ画角による用途の違いなんて当たり前だけど、チルト/シフト機能がついてることの意味や価値に違いは無いと思うんだけど、違うのか?
    まさか50mmより広角は建造物専用で、長いのはブツ撮りやポートレート専用とか思っちゃってる?

    少なくとも、PCニッコール19mmのスレッドは建築写真前提で進行しています。
    こちらは50mm/90mm/135mmなので、ピントのコントロールという部分が
    多画素化による回折限界と絡めたハナシになっているので、流れは変わって当然です。
    もっというと、多画素化(と超超広角レンズの登場)で超広角域のシフトは
    「トリミング前提の撮影」に置き換える事が可能になってきましたが、
    標準域〜望遠域では、必要な被写界深度を得る為のティルトの重要性は増しており
    一言で「アオリ」と言っても,その意味合いは大きく違うということです。
    これがEF TS-E 17mmとPCニッコール19mmの比較なら違ってくるでしょう。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 9月 02日

      相変わらず我田引水ですね。

      まあ「あなたがそう思うのならそうなのでしょう、あなたの中では」。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 02日

        アオリにかぎらず、画角が違うと被写体に対するアプローチは変わり、
        レンズに求める要求が違うのは当然の事です。
        大中判の銀塩機には広角専用でシフトのみに特化したカメラがあります。
        もちろん知っているでしょうけど、それに対してもティルトが出来ないと
        不満を感じていますか?

        • ネガティブD800ユーザー
        • 2017年 9月 02日

        ニコン19mmの記事ではティルトのニーズや使用した作例が挙げられてるんですが、それは…。

          • 匿名
          • 2017年 9月 02日

          ニコン19mmの方でもティルトが不要だとはなっていない。
          あなたが「限られた人たちのために作られた特殊なレンズ」だと思うなら、それでいい。

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            自分は超広角でもティルトのニーズはあると書いたつもりですが?

            • 匿名
            • 2017年 9月 02日

            ニコン19mmのスレでアオリが要らないとゴネてるのは約1名。
            M-KEYは広角はシフトだけでもいいと言っているが
            全体的には「アオリは必要」という流れなんだが
            ネガティブ君は何が不満なの?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 02日

            ???

            なんか話がズレてますね。

            まあ不満があるとすればM-KEY氏にからまれたことかな。(笑)
            (こっちとしては極力関わらないように、氏のコメントにはレスしないようにしてるのに。)

            元々の自分の襤褸猫さんのコメントに対する自分のレスは、氏の言わんとすることが

            ニコンの19mmの時はあれだけ湧いて出た「アオリ機構は不要、画像処理で十分」派がキヤノンでは一切姿を見せないのが可笑しいね

            と解釈してのものなので、そもそもその解釈が間違っているのならごめんなさいとは思いますが。

            「だから焦点距離が違うからだろ」と言われる方もおみえでしょうが、それについては「焦点距離にかかわらずアオリ機構の有効性はあるので、その指摘は正しくはない」としか言えません。

            • 襤褸猫
            • 2017年 9月 02日

            >氏の言わんとすることが

            >ニコンの19mmの時はあれだけ湧いて出た「アオリ機構は不要、画像処理で十分」>派がキヤノンでは一切姿を見せないのが可笑しいね

            全くその通りでございますw

            一時(今もか?)キャノンアンチだったらしいので、私、表現を控えめにしてみました。w

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 9月 03日

            襤褸猫さん、レスありがとうございます。

            僕の勘違いでなくてよかったです。

            その方向性でおもしろく盛り上がるかと思いきや、妙に専門的なうんちくを主観ベースで語りだす人が現れて、趣旨の本筋からずれてしまい残念です。

            まあ、例の一派(単独犯という判断の方もいらっしゃるが)は完全論破されて手も足も出なくなったのか、あるいはもう自分たちには関係の無い世界の話だと関わらないようにしているのか、といったところですかね。

    • M-KEY
    • 2017年 9月 02日

    匿名 :
    ニコン19mmのスレでアオリが要らないとゴネてるのは約1名。
    M-KEYは広角はシフトだけでもいいと言っているが
    全体的には「アオリは必要」という流れなんだが
    ネガティブ君は何が不満なの?

    デジタルになって、以前ならティルトやシフトでしか対処できなかった事が
    ソフト処理で、かなりの部分が可能になりました。
    予算や機材の都合で後処理で済ますという事も多いでしょう。
    でも、撮影の段階で施した方がワークフロー上のメリットが大きい事もあり
    銀塩時代なら大中判が使われていた領域でも35mmベースのデジタル機が
    使われる事が多くなったので、そうした需要を満たすために、
    TS-E やPCニッコールのような「いわゆる特殊レンズ」の必要性が増してきました。

    広角でのティルトの要望が少ないのはPCニッコールの記事でも触れられていますし、
    銀塩時代のPCニッコール28mmも35mmもシフトだけでした。
    先にも書いたように被写界深度の浅い大判でもカンボワイドのようにシフトに特化した
    機種もあり、ティルト不可は、むしろ誤操作が少ないという点で利点でした。
    もちろん、広角域でもティルトの需要は皆無ではないので65mmをビューカメラで
    使うということもありましたし、被写界深度面で有利な35mmベースのデジタル機でも
    多画素化によって、ティルトの必要性が増していることも理解しています。
    言いたいのは、多画素(狭画素ピッチ)化でシフトにかんしてはトリミングで代用できる
    領域が増えているけど、ティルトにかんしては需要は増えているということです。
    ネガティブさんは、シフトとティルトを「アオリ」として同一視したいようですが
    光軸をずらすのと曲げるのでは、その意味合いは異なるので、本質的には
    分けて考えるべきだということです。
    これは「私の中だけでなく、普遍的な事象」だと自信を持って言えます。
    同一視したいのであれば、ネガティブさんの中だけでしておいてもらいたいです。

      • 襤褸猫
      • 2017年 9月 03日

      無粋なツッコミを一つだけ、 キヤノンがTS-Eでチルトを他社に圧倒的に先駆けて可能になった理由、同時に連動絞りしか無かったニッコールで出来なかったのは「電磁絞り」の存在が故です。
      銀円時代云々の言及は時代背景を無視した言及です。

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        嘘をついちゃいけません。
        FD時代からキヤノンのアオリレンズはティルト可能でした。
        http://global.canon/ja/c-museum/product/fd144.html

          • 襤褸猫
          • 2017年 9月 03日

          大変失礼しました>FDのシフトレンズはチルトも出来る化け物だった、そいえば。

      • 匿名
      • 2017年 9月 03日

      シフトとティルトはそれぞれ別の事象だろうけど、
      いずれにせよ必要とする人は極一部という点は共通で、
      熱く語られても一般人には「はぁ」としか・・・

        • M-KEY
        • 2017年 9月 03日

        それはズトリミングするから望遠は不要と言うようなものです。

          • M-KEY
          • 2017年 9月 03日

          訂正
          それはトリミングするから望遠は不要と言うようなものです。

    • 匿名
    • 2017年 9月 03日

    M-KEY君はウザいし、いちいち癇にさわる物言いをするが
    デジタル時代におけるシフトとティルトの考え方という意味では
    一つの見解として納得できる部分はある。
    ネガティブ君とはデジタルでもアオリは必要という点では
    一致しているのに、どうして争うのか外野には理解できない。
    私怨でもあるのか?

コメントは利用できません。

ニコン「D850」はどこがすごい? ファンミーティングで聞いてきました(デジカメ Watch TV)

キヤノン、手ブレ補正付きの「EF85mm F1.4L IS USM」(デジカメWatch)

最近のコメント

  • User Avatarkenソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 21:20)
    →【プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。】 これはビックリ! デジイチが普及し始めたD2XのファインダーではMFはかなり困惑。 (拡大アダプター付けてたけど) その時期、久々にFM2のファインダーのぞいたらデッカくて見やすくてびっくりした。 F5でも液晶が入ったからMFはやりにくかった。 高価なインテンスクリーンを入れたF3も使ったことあるけど MFではF4が1番合わせやすかったと記憶しています。(スプリットマイクロ入れてたから誤記憶かも知れないけど) ホントだとすると筋金入りのMFニコ爺さんなんですね。
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 18:45)
    →俺はF3AFから使っているんだが?
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 17:35)
    →排気量で比べたがるのは イメージがセンサーサイズ至上主義者の理念なんだろうけど、 安全装置も含めての自動車だし、税金のカテゴリーに過ぎない種別なんだな。 発想の出発点がジイサン臭くて陳腐すぎる。 軸トルクを稼ぐ事で性能を競う物は適当とは思えない。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 16:00)
    →ところで、なんでそんな育ちが悪そうな口調でしか書き込めないんですか?
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 15:37)
    →私もライカLマウントレンズ5本持ってますよ。キャノンのね。 もちろんL39スクリューマウントです。ドヤッ
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 15:28)
    →そういえばキャノンを使ってるプロはフイルムEOS辺りからAFを使い初めたが、 ニコ爺プロはニコンにAFが導入されてからもそれは邪道としてMFでピントを合わせしていた。 プロにデジイチが普及し始めた頃になってもニコ爺プロは頑なにMFにこだわっていた。 先日、以前付き合いのあったらカメラマンに飲み会で会ったのだが 仕事でD5を使っているが、AFは未だ使ったことがないと豪語しとった。 つまりニコ爺プロには瞳AFどころかAFすら信用できないアマちゃん専用のものなんだそうだ。
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 13:11)
    →コミケのカメコは機材は凄いが腕は大したことない奴が多い
  • User Avatarソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 11:49)
    →確かに猫は難しい被写体。早く動物瞳AF試したい。
  • User Avatar4月末まで匿名ソニー「α6400」のトラッキングAFは歩き猫も完璧に捕らえる!(ASCII.jp)へのコメント(03/25 10:40)
    →ソニーなんてだめですよ。ニコンZ7なら招き猫も完璧に捉えますよ!
  • User Avatarストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 10:39)
    →触れてやるなよ シグマが悪いんだ
  • User Avatar新たなるプロフェッショナルモデルの細部をチェック――OLYMPUS OM-D E-M1X(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:19)
    →普通車乗りが軽自動車を見るようなイメージと同じでしょ。
  • User Avatarkenストロボの明かりがとてもきれいなCP+(その7)(デジカメWatch)へのコメント(03/25 08:16)
    →現場にいたワケではないが高宮さんの写真はもう少し上から撮った方がよりかわいくなると思う。 最後のカットもポーズとらせるならややアゴをひかせた方がいいかな。 (僕は女性のウエストアップ以上は台に乗って撮る傾向です) また言うだけ大写真家って言われるな〜!
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:15)
    →匿名 : > オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。...
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/25 01:02)
    →> オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れ > ば外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得ら > れます。 これが勘違い。マニュアルでWB合わせる場合でも、G,M,C,Yをパラメーターで調整できるのに、何をわざわざCC(Color Correction)フィルター使うんだよ。使うわけねーだろ。ストロボのキセノン管の焼けの不揃いで色温度合わせる為にはストロボにフィルター装着するが。 > ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの > 黄疸よりは自然な肌再現が可能ですし、現行機でも EOS 5Ds よりは好ま > しい発色をします。 ニコン機で黄色いのは、Expeed 1~3までで、それ以前のCCDやD2Xは黄色くはなく、寧ろ肌が青味がかってたが。それにグレーバランスを取る時点で既にAWBじゃないだろ。 > 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時 > 代の王道、というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。 そう思うだろうが、それは平均を取った測定という話で、正確に特定部分について合わせたければ撮像センサーはエリアセンサーだから、隣接画素からの漏光による影響がある。それはエリアセンサーの宿命だよ。金属とてナノメートル単位の薄さになれば半透明の状態になる(反射式NDフィルターが良い例)。同じ厚さでは金属よりも透過性の高いシリコンで、隣接画素と隔てるのはナノメートル単位の厚さのシリコンならば、もっと漏光する。特定部分をスポットでということであれば、測光ポイントにしかセンサーがないものスポットセンサーしか測定域外の影響を受けない測定は物理的に不可能。銀塩時代のTTLの内蔵スポットメーター(何せ測光点にしかCDSセルがないわけだから)なんて存在しない現時点では、単体の露出計やカラーメーターしかないということになる。 だから、結局のところ適所適材ということ。センサーによる測光やWB判断は万能ではない。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 21:37)
    →オールドレンズで黄変しているモノでも、AWBやグレーセットでWBを取れば 外部メーター+色補正フィルターよりも、簡単確実に良好な結果が得られます。 ソニー機でもグレーセットすれば、少なくともデジタル黎明期のニコンの黄疸よりは 自然な肌再現が可能ですし、現行機でもEOS 5Dsよりは好ましい発色をします。 露出計の件でも話しましたが、目標は「センサーの欲しがる光を届ける」で、 露出の決定も色もセンサーのフィードドバックで決定するのがデジタル時代の王道、 というか、デジタルカメラが高精度なメーターなんです。
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:27)
    →> TTL による AWB はレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 > 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくな > りそう。ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メー > ターの数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても,実利は > まったくないと考えています。 ソニー機に限らずというが、ソニーはAWBで緑成分の取り方に問題あるから、肌色が黄ばむとか植物がCGとか言われつだろ。これは、価格.comの口コミでも他のネットのユーザー情報でも出ていることである程度一般的な情報といえる。 つまり、AWBに問題あるところに更に色被りした光を入れるってのは、錆びた水道管に汚水流したら、更に汚くなりましたってことに繋がるわけだ。レンズやフィルターを通した色の偏りを正しく吸収するのは、元の何の偏りもない晴天時の太陽光やストロボやHMIの光でAWBで偏りがないとか違和感のない色に出来て初めて成り立つことだろ。つまり、校正が出来てない計測器での計測は常に誤りという大原則ってわけ。 原理的にTTLが良くて、外部計測はダメと言うならば、未だにストロボのAUTO調光は外光AUTOの方がいいとかいう声はなくならないよね。一方で、特定メーカーのTTL調光は精度が高いとか、その特定メーカー以外はあてにならないという極論もあるよね。TTL調光の方が原理的に正確な筈だが、元の調光精度が悪ければ、優位な方式使っても優位性を生かせないわけだ。
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:25)
    →半額でも買えないや
  • User AvatarCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 20:23)
    →M-KEY : TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・ メーター不要なんてプロとしてあるまじき発言だな
  • User Avatar「ライカQ2」ハンズオン&開発責任者インタビュー(デジカメWatch)へのコメント(03/24 18:36)
    →コンパクトで一番魅力的なカメラだと思うわ。 買えないけど。
  • User AvatarM-KEYCokin、1枚で複数の減光効果が得られるNDフィルター(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:33)
    →TTLによるAWBはレンズやフィルターによる色被りを吸収するハズですが、 単体メーターを使って、それのファクターを掛けていると訳がわからなくなりそう。 ソニー機にかぎらず,デジタルカメラでは、撮影の現場で単体メーターの 数値をカメラに代入するのは、儀式としての効用はあっても, 実利はまったくないと考えています。 実際に撮影するカメラでレンズを通った状態で測定する、すなわち グレーセットで露出やカラーバランスを決定するのが正解です。 灯体管理にはカラーメーターがあると作業は楽ですけど・・・
  • User AvatarM-KEY日本カメラ博物館、大変革の時代を振り返る「平成のカメラ展」(デジカメWatch)へのコメント(03/24 17:25)
    →鑑賞をスマホなどの端末に任せ,EVF付きのモニターレスにするという方法は あるでしょうけど、DSC-F1は背面モニターによるフリーアングルが肝でしょう。 Nikon AW1,そんなカメラもありましたが,結果的に防水レンズは一本しか出ず それならレンズ一体型で水中ワイコンとかを充実させた方がよかったかも? というか、話の流れはレンズ一体型なんですけどねぇ

アーカイブ