デジタルカメラ情報サイト

GFXにEFレンズを装着するためのアダプター(デジカメWatch)

電子接点付きでAFや手ブレ補正にも対応

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 匿名
    • 2017年 9月 05日

    まともに使えるレンズは、イメージサークルに余裕のあるTS-Eレンズでしかもシフトが使えなくなるだろう。

    • M-KEY
    • 2017年 9月 05日

    全群繰り出しで至近ならいけるレンズは結構ありそうです。

    • 匿名
    • 2017年 9月 05日

    これって中判のイメージサークルを期待して使うアダプタなの?
    撮影後に自分でクロップすることを前提としたアダプタだと思っているのだけれど。

      • M-KEY
      • 2017年 9月 05日

      33×44mm全体をカバーできなくとも、24×36mmより広い撮像面積を求めているのでは?
      24×36mmでいいならGFXを使う必要はないわけですから・・・

        • 匿名
        • 2017年 9月 07日

        > 24×36mmでいいならGFXを使う必要はないわけですから・・・

        アダプタ遊びを前提に考えると、ソニーのα7シリーズはセンサーが特殊なので、他社の、特に広角レンズをつけた場合に周辺がおかしくなったりする。
        そのため、よりまともにライカ判のアダプタ遊びをしようとすると、他には事実上このGFXしかない。(SLはちょっと・・・)

          • 匿名
          • 2017年 9月 07日

          > アダプタ遊びを前提に考えると、ソニーのα7 シリーズはセンサーが特殊なので、
          > 他社の、特に広角レンズをつけた場合に周辺がおかしくなったりする。

          はぁ?α7/9こそ、カラーフィルター配列で言えばごくごく一般的なベイヤー式センサーなんだが。
          ごくごく一般的なベイヤー式で周辺部のマイクロレンズをセンターに向けて偏心させる等の対策何もしてないから発生するわけだ。画素ピッチが広い7sだと多少ましだが、7RやRIIだと盛大に周辺減光とマゼンタ被りが発生する。
          GFXなんてサイズが一回り広いだけのソニーセンサーで画素ピッチも7Rに近いからそれこそ、画面のセンター部分以外は盛大なマゼンタ被りの悲惨な写りにしかならない。何科学原理無視して変な幻想抱いているのかい。幻想や妄想では化学原理に起因することは解決しない。
          Mマウントやオールドレンズ遊びならマイクロレンズに多少とも対策してるライカMデジタルかそれこそSLじゃなきゃソニーα7系よりましにはならない。

            • 匿名
            • 2017年 9月 07日

            7RIIと9は裏面照射型が幸いしてマゼンダかぶりはかなり少ないですよ?
            どちらにしてもソニーのセンサーは特殊だからというのは何か根本的に勘違いしてますね。
            ライカのセンサーはそれなりに対策してますが。

            • 匿名
            • 2017年 9月 07日

            この21世紀にもなって科学原理無視してあんなきつきつマウントでフルサイズ出すとかユーザー舐めてんのかって思わない?
            まぁガジェットヲタのソニー厨は そこがいいの! ってMっ気刺激されまくってるんかもしらんが

            • 匿名
            • 2017年 9月 08日

            ソニーのセンサーが特殊だという情報もあるにはある。信憑性は分からんけど。https://stockmoneyphoto.wordpress.com/2017/06/29/

    • 匿名
    • 2017年 9月 07日

    なんでマウント系の話になってるのかよくわからんしそうとは思わないが
    MマウントつけるんだからMっ気あったほうがいいじゃないw

コメントは利用できません。

4K動画・4chマイク対応になった「RICOH THETA V」(デジカメWatch)

オリンパス、「OM-D E-M10 Mark III」を国内発表(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ