デジタルカメラ情報サイト

Phase One、新開発の1億画素センサーを搭載した「IQ3 100MPトリクロマティック」(デジカメWatch)

ベイヤーカラーフィルターの再設計で色再現性を向上

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (6)

    • ニコソ好き
    • 2017年 9月 22日

    デジカメなら秒9コマくらい撮れないとダメですね。
    こんなもの買うくらいならファーストクラスでヨーロッパ往復した方がマシですよ。
    私はいつもそうしています。あははは。

      • 匿名
      • 2017年 9月 23日

      ニセモノがそんな書き込みしてもアラシにもならん。くだらん。

        • ニコソ好き
        • 2017年 9月 23日

        くだりますよ。あなたも相当頭の固い人ですね。悔しかったら私くらいの面白い冗談を言ってごらんなさい。隣の囲いに塀が出来たんだってね。家ぃ〜!

          • ken
          • 2017年 9月 24日

          上の匿名さん
          ニセモノは黙殺しましょう。
          相手にしたらダメですって!

    • たいしたもんだ
    • 2017年 9月 23日

    このカメラの画像の精細さを擬似的に味わいたいのであれば、2400万画素のカメラの画像を4枚合成すれば、おおむね味わえる?

    お金がないからAPS-Cか2400万画素カメラしか持っていないけれど、600万画素のカメラと2400万画素のカメラの画像は相当違ったので、2400万画素と1億画素とはこれまた相当違うのでしょうね。

    • 匿名
    • 2017年 9月 26日

    Phase OneやHasselの中判ボディは35mmベースの一眼レフやミラーレスほど、露出やWBがカメラ任せに出来る程じゃないから、マニュアルで露出とWBを使いこなせる様でないとまずまともに写すこともままならないよ。へたすりゃ、露出とWB(ブレやピンボケも)をはずしたファイルサイズだけが巨大な糞画像の量産しか出来ない。

コメントは利用できません。

古きよき街並が残る岡田地区で、幸運を招く“猫道”を歩く(伊豆大島・前半)(デジカメWatch)

星を追うおとな(その2)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ