デジタルカメラ情報サイト

5段分の手ブレ補正は伊達じゃない!テレ端手持ちで1/3秒が切れた――TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2(Model A032)(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】
by 河野鉄平

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (5)

    • 匿名
    • 2017年 9月 28日

    このような記述をよく見かけるが、ブレはアナログ量なので、閾値を設定するか(何ピクセル分とか)、歩留まり(もちろん閾値込み)で表現しなければ、第三者には本当のところが評価できない。

    まあ、いい加減な表現と思って判断するのが実情にあっているとも云えるが、ときどきカチンと気に障る。加齢短気症かも。

    • 旭日旗
    • 2017年 9月 28日

    日の丸多いなぁ。時には私も。

    • 匿名
    • 2017年 9月 28日

    ピントが来ていない写真が目につくけど、カメラマンまだ初心者なのか?
    こんな作例写真じゃ タムロンにとってネガキャンにしかならん。迷惑に感じているだろうなぁ。

    • 岩清水
    • 2017年 9月 28日

    実はこのレンズ先日買いました。性能いいですよ。しかも当たりを引きました。ようやく長い24-70/2.8探しの旅が終わりました。

    • 匿名
    • 2017年 9月 29日

    手ブレ補正の何段分ってのは今はちゃんと基準あるはず

コメントは利用できません。

カメラファンのための「iPhone 8 Plus」撮って出しレビュー(デジカメWatch)

簡単にWBを設定できる「ExpoDisc2.0」に82mm品が追加(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ