デジタルカメラ情報サイト

星を追うおとな(その4)(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (9)

    • 匿名
    • 2017年 10月 06日

    D810aは、人物撮影において肌色の再現性が好ましく、自然風景でも記憶色に近く、
    忠実な色再現が求められるカタログのような用途以外ではD810よりも使いやすい。
    (カタログ撮影なら赤外カットフィルターを使うという方法がある)
    フジ機も色再現の評価が高いのも同様の理由かもしれない。
    D850aが出るなら、そちらを買いたい。

    • nroff
    • 2017年 10月 06日

    カタログ撮影などをしない一般の人にとっては、たしかにaの方が良さそう。

    http://imaging.nikon.com/lineup/microsite/astrophotography/jp/general/index.html

    でも、紫の発色は通常モデルの方がいいのかな。

    • M-KEY
    • 2017年 10月 07日

    なるほど、紫以外の発色はD810aの方がいいですね。
    カタログ用途だと、モスグリーン問題に悩まされそうですが
    俄然D810aが魅力的に見えてきました。
    でも、差額が6万円ほど・・・

    • 匿名
    • 2017年 10月 08日

    フジの色味が人工的なのもこのせいか
    ただD810aの方もraw現像するならさじ加減で吹き飛ぶレベルだな

      • 匿名
      • 2017年 10月 08日

      D800やD810のRAWをLighitroomのデフォルト設定で処理するとD810aの作例っぽい色調になるね。

      • 匿名
      • 2017年 10月 10日

      なんでココって根本的にわかってないのにドヤ顔で書き込む人が絶えないんだろ?

        • 匿名
        • 2017年 10月 10日

        ツッコミ待ちでは?

        • 匿名
        • 2017年 10月 10日

        なんでココって訳知り風で批判するのに、その理由を書かない人が絶えないんだろ?

        • 匿名
        • 2017年 10月 10日

        あんたもその一人じゃんw

コメントは利用できません。

高画素と高速連写が融合 写真表現を追求したモデル――Nikon D850(デジカメWatch)

「iPhoneは長時間露光が面白い」三井カメラマンが講演(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ