デジタルカメラ情報サイト

CBのRR(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

    • ken
    • 2017年 10月 13日

    あ、星編は終わってたんですね。
    星は門外漢なのでオチがわからなかった。。。

    あるあるですが裏ブタぱかーんの件で
    すぐ閉めれば被害も少ないのですが
    驚いて一瞬動きが止まって(なぜか様子を見てしまい)
    被害拡大というのは認定されるかな?

    • M-KEY
    • 2017年 10月 13日

    いざ撮影しようとすると、メディアがカメラに入っていないとか
    メディアは入っているけど、フォーマットし忘れていて
    残量がわずかということは結構あるので、
    すべてのカメラバッグに予備のメディアを忍ばせています。

    α7系だと、満充電のバッテリーを入れていても
    数日経つと、残量がわずかだったり
    出かける前に確認した時は半分以上の容量があるのに
    現場で撮影をしていると、数ショットでドロップすることがあり
    常に満充電の予備電池も携帯する必要があります。

    LR44を4個つなげて4LR44にしたことはありませんが、
    容量が低下した4LR44や4SR44をバラすと
    1個か2個は十分に使えるLR44(SR44)があるので
    キヤノンAシリーズやペンタックス67で使った電池を
    ニコンに再利用していました。

    単三電池駆動のデジタルカメラは減りましたが
    USBk給電できるモノが増えてきたので、
    以前ほどはこだわる必要はなくなっていますね。

    好きなバイクはヤマハSDR200

    • 匿名
    • 2017年 10月 13日

    メディアの入れ忘れは、たまにあるなあ。
    どこのメーカーだったか忘れたけど、メディアが入っていないと自動的にデモモードになるのがありましたね。
    撮影していて、どうもいつもと違う動きをするもんだから「変だな????なんでだ???」と思って、いろいろチェックしたらメディアが入っていないのに気づきました。
    入っていないなら、シャッター切ったときに「カードが入っていないので記録できませんでした」と警告を表示てくれればいいのにさ・・・。

      • 匿名
      • 2017年 10月 13日

      カスタムファンクションの「カード無し時のレリーズ禁止」を有効にすればいい

        • 雇われ息子
        • 2017年 10月 13日

        カメラ購入時には必ずそれチェックしてカード無しレリーズ禁止に
        してます。持ち出すときには必ず動作チェックするので、
        このあるあるの類に遭遇したことは「デジタル化してから」は
        ありません。

        銀塩時代は、4×5のホルダーにフィルムを入れるとき、ノッチを
        間違えて・・なんてありませんが、フィルムを引き葢の所に入れて
        蓋入らなくて焦る、なんてことは社内では初心者あるあるでした。

          • M-KEY
          • 2017年 10月 14日

          銀塩時代の失敗と言えば、フィルム先端がスプールにしっかり挿さっておらず
          結果「撮れていない」という事が偶にあったのですが、
          自動巻き化でオートローディングになって以降、そうした失敗は減りましたね。

            • ken
            • 2017年 10月 14日

            それでもついつい巻き戻しクランクが回ってるか確認してしまうあるある。
            認定されないかな〜?

            • M-KEY
            • 2017年 10月 15日

            F4の頃は、AF性能の関係で望遠はEOS-1Nも併用していましたが
            F4だと巻き戻しノブの回転でフィルムの状態が確認できるのに
            EOSだと出来ないし、36枚できっちり巻き戻しされるのが不満でした。

    • 匿名
    • 2017年 10月 14日

    ISOを高感度に設定したまま戻さず、ピーカンの真っ昼間にそのまま撮影して、
    今日はやけにシャッタースピードが振り切れてるなって、最後まで気が付かないことある。

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 10月 15日

      その逆もしかり。(笑)

      低感度にしたまま撮って、後でPCで見たらブレブレ…。

      自分はそんなヘマしたことないけど、ヘルプのカメラマンがそれやってかなりのカットが使えないことがあった…。

      なんでスポーツ競技の写真を絞り優先AEで撮るんだよ…。
      使ってもいいけどシャッター速度に気をつけろよ、なんだよ「感度100・F11・SS1/30」て…。
      しかも日中晴天屋外でなんでそこまでSS落ちてるのかと思ったら、PLフィルター使ってるのかよ…。

        • M-KEY
        • 2017年 10月 15日

        それは災難でしたね。
        例え、意図しない低感度になっていても数カット撮れば
        1/30secのような低速シャッターだと感触で気付くハズ。
        絞り優先以前の問題ですね。
        私の場合、撮影前のミーティングでのカメラのパラメーターや
        モードの確認、時刻合わせから入るので、今のところは
        大丈夫ですが、油断した頃にミスが出るので他山の石とします。

        PLフィルターも「ここじゃ必要ないだろ?」という時でも
        使っている人を時々みかけますが、意図が見えません。

    •  
    • 2017年 10月 15日

    一眼レフ時代はホワイトバランスをタングステンにしたまま日中撮影して、RAWだったから救われたことが
    今はミラーレスでEVFなのでそんな心配はもうない

      • 匿名
      • 2017年 10月 15日

      ポストビューですぐに分かるじゃん。
      フィルムならいざ知らず、デジタルなんだから。

        • 匿名
        • 2017年 10月 15日

        たまに驚くほど確認しない人いるよ。
        さすがに途中で何度かは見るようだけれど、既に撮影場所から離れてるとかね。。。
        そういう人に限ってあれはブレてただの、露出補正読み違っただのと失敗の武勇伝を語るんだよなぁ。。。何のためにデジタルでやってるのよと。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2017年 10月 15日

          あるある、というか「いるいる」ですね。

          そういう人はむしろネガフィルムの方がよっぽど安全かも。

          ホント、機材は赤ハチマキや白レンズだのと立派でも、アンビリーバボーなことをしでかす人っているものです。プロでも。

          かなり前にも書きましたが、舞台の撮影を全カット5000Kに固定して撮った奴とかね。
          「まあやっちゃったことは仕方ない、こっちで直すからRAWちょうだい」
          「え?RAWなんて使ったこと無いです」
          「」

          アフタービュー見て疑問に思わなかったのだろうか?嘘のようなホントの話。
          スポーツ競技撮影ならなかなか良い写真を撮る人でしたが…。(ちなみに上のSS1/30とは別人。)

          • 匿名
          • 2017年 10月 16日

          撮影後、背面液晶で確認する行為がかっこ悪いとか、みっともないという人は結構いますね。私はかっこ悪いと言われるダメージより、後から撮影をミスったと気づいたときのダメージが大きいから、撮影後いちいちチェックしますけどね。ミラーレスだったらEVFを覗きながら確認できるのでかっこいいのかな?

            • ネガティブD800ユーザー
            • 2017年 10月 16日

            >撮影後、背面液晶で確認する行為がかっこ悪いとか、みっともない

            自分にもそう思っていた頃がありました…。

            撮影後にEVFで確認するのも、念が入りすぎると傍から見たら「いつまでもカメラ覗いたままどこを撮っているのかわからない人」に思われそう…?

            • M-KEY
            • 2017年 10月 16日

            背面液晶で確認する行為がかっこ悪いとは思いませんが、
            大勢のカメラマンが居る状況で、立ったまま画像確認を
            されると、他のカメラマンの邪魔になることもあるので、
            画像確認をするなら、しゃがむなり避けるなりして欲しいです。
            EVF(オリンパス)機だと、レリーズの半押しを解除すると
            ポストビューになるので、撮影動作のまま迅速に露出やW/Bの
            確認が可能で、リズムが途切れる事がなく撮影できます。
            もちろん、じっくり確認する場合は、他のカメラマンの邪魔に
            ならないように、しゃがんだり他のカメラマンに場所を譲ったうえで
            レンズを下に向けるなどの配慮が必要なのはいうまでもありません。

      • 匿名
      • 2017年 10月 15日

      >今はミラーレスでEVFなのでそんな心配はもうない

      デジタル化で撮影後すぐに画像を確認出来るようになって致命的なミスは減った
      EVF機なら撮影前に設定ミスに気付くことが可能になったのだが
      これに言及する人は少ないね。

        • M-KEY
        • 2017年 10月 16日

        スタジオなどのストロボ撮影では、いくらライブビューといえども
        撮影前に結果をシミュレートする事は出来ませんが、EVF機であれば
        ファインダーから目を離さずに撮影画像の確認が可能です。
        これは、人物撮影での目つぶり確認にも便利です。

      • ken
      • 2017年 10月 16日

      タングステン設定のままデイの灯りで撮るとご存知のように真っ青(顔じゃなく画面)になりますが
      それはそれでいつもと違った新鮮な色合い。。。な訳ないか!

      失敗したけどのあるあるでは
      前にも書きましたがクロップしてるの忘れて撮影してたら大胆な寄ったフレーミングになってて
      迫力ある絵になってた。。。とか。認定されないなぁ。。。

    • 匿名
    • 2017年 10月 15日

    好きなバイクはてっきりCBR250RRというオチかと思ったらVTとは。
    ちなみに自分は鈴菌M109R。だが50代ともなると車体の重さがつらい・・・

    • M-KEY
    • 2017年 10月 16日

    銀塩時代の失敗といえば,レンジファイイダー機で
    レンズキャップをしたまま撮影した事があります。
    布幕フォーカルプレーンの場合,シャッター幕の焼き穴を防ぐため
    撮影後に速やかにキャップをしめるので、その時に気付きますが
    マミヤ7のようなレンズシャッター機だと危険なので
    レンズキャップの周囲に赤いテープを巻いて視認性を上げていました。

      • 雇われ息子
      • 2017年 10月 16日

      レンズキャップをしたまま電源スイッチかシャッター押すと
      警告が出てくれるカメラがあったような。
      確かGA645Ziだったかな?

        • M-KEY
        • 2017年 10月 16日

        フィルター枠の中に測光受光部のあるカメラだと、そうした警告がありましたね。
        キャノネットにも、測光範囲外ではシャッター仕ロックする組みがありました。
        マミヤ7はレンズ交換式で、測光受光部がファインダー内にあり、
        広角レンズではスポット測光的になるという難点もありました。

        測光で思い出しましたが、
        やけにAEが暴れると思ったらスポット測光になっていた、
        というのはどうでしょうか?

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カシオ新ブランド“G’z EYE”発表会レポート(デジカメWatch)

LUMIX GH5の新機能「4K HDR」について勉強してきた(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ