デジタルカメラ情報サイト

新しいカメラは新しいカメラバッグに盛れ(その1)(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (23)

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    camera bagをカメラバックと書くやつが居るな。この漫画でもそうだ。

      • 匿名
      • 2017年 10月 20日

      そんなどーでもいいこと得意げに書き込んじゃうヤツwww
      いるいるw

        • 匿名
        • 2017年 10月 21日

        ↑ いつも書き間違っているやつだなw

          • 匿名
          • 2017年 10月 21日

          ベット(bed)とかビビット(vivid)とかリジット(rigit)なんて書くやつも多いな。
          かと思うと マゼンダ(magent)とか 酷いのになると チルド液晶やキッドレンズなんて…(-_-;)

          • 匿名
          • 2017年 10月 21日

          うああああ
          また痛い人たちが集まってきたww

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    カメラバッグらしく見えないデザインとか言って売ってるやつ、ほとんどカメラバッグにしか見えないんだがwww

      • 匿名
      • 2017年 10月 21日

      自分もそう思ってお気に入りのショルダーに既成品のインナー入れて試してみた。
      確かに見てくれは全くカメラバッグに見えないものの、当然ながら元々カメラバッグとして設計されていないものであるから結果的にはやはり使いにくかった。
      特にカメラやレンズに素早くアクセスが出来ないのと、慌てて出し入れするうち無意識のうち金属のパーツで擦り傷だらけにしていることも判明し断念。
      本気でらしく見えないもの作ったらどうしてもカメラバッグとして求められる機能性がある程度犠牲になりそうな気がします。

    • M-KEY
    • 2017年 10月 20日

    カメラバッグで困るのが、気に入って使っていたけど
    痛んできたので代替しようとすると、廃番になっていて
    後継が無くなっている事が多い点です。
    ロウプロのノバやステルスリポーターの各サイズを
    機材に応じて複数使っているのですが、
    ノバは整理されて大きめのサイズが無くなっていますし
    ステルスリポーターに至ってはシリーズごと廃止に。
    (サイズによっては流通在庫は残っていますが・・・)
    というか、ロウプロ自体がバックパック偏重で
    ショルダーバッグのラインナップが減っていますね。

      • 雇われ息子
      • 2017年 10月 20日

      ロウプロは亡くなった先代社長が愛用していましたが、
      同じものはもう売ってないです。
      ラインアップの入れ替えが早いのかな?
      品質が良いので残念です。

      僕個人はずっとDOMKEですけどね。
      F3Xは3個目で、F4AFに切り替えましたがもうそろそろ寿命です。

        • M-KEY
        • 2017年 10月 21日

        ステルスリポーターの前はDOMKE(F-1Xバリ、F-2バリ、F-2バリ、J-2)を使っていました。
        メイン使用のF-2BBがくたびれてきた時にステルスリポーターに出会い、
        それ以前にも中判用にはマグナムAWを使っていたのですが、ステルスリポーターは
        マグナムより軽量でショルダーベルトや各ポケットなどの作りの繊細さの割に
        リーズナブルだったので、いっきに傾倒しました。
        今は、D300AW(E-M5IIセット)、D400AW(ニコンDXセット)、D550AW(動体撮影セット)
        ノバ200(ニコンFXセット)、イベントメッセンジャー150(α6300セット)に加えて
        以前から使っていたTENBA 2の代替として復刻版のTENBA 2 II を使っています。

          • ken
          • 2017年 10月 21日

          皆さんのようにお高いのは使っていませんが
          ハクバのSPG-RG3を愛用しています。
          Amazonなら5000円しないくらいで買えたんですがもうない。。。
          カメラ2台(仕切りをうまくすれば3台)と大三元三本(+コンパクトな単焦点)、メーター、ストロボ、資料、無理すればノートパソコンが入って小さめにまとまります。
          とはいえ大江戸線や銀座線の網棚には入らないんですが。
          ファスナーがないので埃は心配なのが唯一の欠点。
          ただ現場行くと他の技術系スタッフ(写真ではない)も結構使ってて
          間違える可能性も無きにしもあらずです。

    • 匿名
    • 2017年 10月 20日

    KATAいいよね・・・

    •  
    • 2017年 10月 20日

    トートバッグ系は実際に使うと角が控えめでカメラバッグっぽく見えないのだけど
    なぜか商品写真だときっちり直方体にしあげてあっていかにもカメラバッグっぽく見えるのはなぜだろう

    • 襤褸猫
    • 2017年 10月 21日

    ウエストポーチ型は事実上滅んだのですね、ええ(泣) いや、70-200をレンズ付けたままとか無理なので滅ぶのも仕方ないんですが。

    ロープロって昔からモデルチェンジが頻繁で、かつ商品寿命は短めですが、それを補って余るバリエーションの数なので、お店でその場で選んでしまえば良いような。(いや、同じの無くて妥協していますけどね、実際)
    まあモデルチェンジが嫌ならドンケ選べば良いかと、とは思います、やや高いけど。

      • 匿名
      • 2017年 10月 21日

      ドンケは廉価な印象だったが、いつの間にか高級品になっているね。
      逆にテンバが随分と買いやすい値段になっている。

        • M-KEY
        • 2017年 10月 22日

        20数年前にドンケを最初に買った時、F-2が18,000円ほどで
        ハクバのゴッドウィンよりも若干安かったと記憶しています。
        当時のテンバのプロシリーズの半額くらいの印象で、
        その頃と比べると、ドンケは倍の価格になっており、
        その間の物価上昇を考えると割高になっていますね。
        一方、テンバの現行製品は、当時のプロシリーズに相当するモノがないし
        クラシックラインも、完全復刻というより意匠を真似た別物で
        見た目の縫製は丁寧になりましたが、オリジナルほどの耐久性はなさそうで
        価格相応なモノだという印象です。

          • 匿名
          • 2017年 10月 22日

          DomkeはTiffenに買収されて一度日本から撤退してるね。
          復活する時に値段が上がっていた。
          Next Generation は本国では売っているよ。

            • M-KEY
            • 2017年 10月 22日

            「撤退」というか、親会社のティフェンが破産して
            製造が縮小されていてところに9.11というタイミングで
            米国内で需要が増えて銀一にまで製品が充分に
            回って来なかったという事のようです。
            https://dc.watch.impress.co.jp/cda/item/2004/11/30/458.html

        • 匿名
        • 2017年 10月 26日

        ウェストバッグ型って、いま全然ないんですか?
        少しはあるけど使いにくいとか、高いってこと?

        リュックやキャリーバッグ型は業務用機材、いちばん身体の負担が少なくてすぐ取り出せるウェストバッグ型は公私ともにメインカメラ入れてるんですが、、、

        今でも買えるのあったらリンク貼って頂けると有り難いです。

      • M-KEY
      • 2017年 10月 21日

      「モデルチェンジが嫌」なのではなく、「代替先に困る」のです。
      ドンケを買ったら
      1)ストラップ取り付け部のプラを金属製のカラビナに替える
      2)フラップ固定の金具をニフコのバックルに替える
      3)ウエットスーツ用の両面ジャージ素材でインナーボックスを作る
      というカスタムが必要だったし、デジタルになってフィルムを持たなくなり
      サイドポケットが不要になったのですが、ロウプロのステルスリポーターは
      そうしたカスタムをしたドンケをさらに使いやすくした仕様でした。
      数年毎にマイナーチェンジをし、どんどん熟成されて「定番化」するかと
      思っていたのに廃盤になってしまい、寂しい気持ちになりました。

      ドンケも鳴り物入りで出たネクストジェネレーションは
      2年ももたずに廃盤になっています。

        • 雇われ息子
        • 2017年 10月 22日

        ネクストジェネレレーション、本当に
        あのシリーズ全部廃盤になってますね。

        the Crosstown Courierも持ってますが、
        スペックの割にかなり高かったです。
        普段使いには容量が少ないので、歩きの多い
        泊まりの出張・旅行用でサブカメラ一式を入れています。
        その時はメインカメラは剥き身でぶら下げてます。

        着替えやPCは別にドイターのリュックに入れています。
        日帰り登山の時はドイターがカメラバッグも兼ねます。
        僕の場合、DOMKEよりドイターの方が無くなったら困ります。

    • 匿名
    • 2017年 10月 26日

    そもそも、カメラバッグを使う理由って何でしょう?
    もちろん撮影機材は入れやすいけど、日用品が入れにくくて、総合的に考えると気に入ったバッグを工夫したほうが便利とかないですか?

      • ken
      • 2017年 10月 26日

      基本的に日用品はカメラバックには入れないなあ。
      ポケットに目薬やトローチ入れるくらい。

コメントは利用できません。

「ZEISS Milvus 1.4/25」が海外発表(デジカメWatch)

ソニー「α6500」と迷路のようなレンズ沼(日経トレンディネット)

最近のコメント

アーカイブ