デジタルカメラ情報サイト

AFなど基礎体力も向上 効果てきめんの「自然光オート」WB――ニコンD850(デジカメWatch)

【インタビュー(後編)】
AFセンサーの-4EV対応=「暗めの月明かり」で使える
測光センサーの仕組みとは?
気になる新機能について
ファインダー・液晶モニター・操作系
注目の機能について
デザイン、操作レイアウト
by 杉本利彦

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (26)

    • ニコン好き
    • 2017年 10月 31日

    「ネガフィルムデジタイズ」
    これ良いですね。
    これだけでもニコンD850を買う価値が有りますね。

    何とかかんとか屁理屈を付けて買わない人が気の毒です。

      • 2コン好き
      • 2017年 11月 01日

      ↑ 必死だねww
      そのアダプター 発表したのは良いが 問題があってまだ製品化できてない。
      そんなお粗末な会社に成り下がってしまったね ニコソ。

        • ニコン好き
        • 2017年 11月 01日

        あ~なんか発売を延期してますね。予約してたのに残念

        あなたニコンの悪い所見つけるの早いですね。

    • 匿名
    • 2017年 10月 31日

    「ネガフィルムデジタイズ」だけで価値あるとかそれこそ屁理屈つけて買えと言っているようにしか思えないのですが。。

    (D850は一眼レフとして良いカメラだとは思いますが)

      • ニコソ好き
      • 2017年 10月 31日

      私の言う事に意見するとか、どんだけ偉い方なのですか?
      私はアメックスのプラチナカードだって持っているんですよ。

        • ニコン好き
        • 2017年 10月 31日

        上記の書き込みは、私とは違います。

          • 匿名
          • 2017年 11月 01日

          でもアメックスのプラチナカードだって持っているんでしょ?
          一瞬でも似たような考えがよぎったんでないのw

          • 匿名
          • 2017年 11月 01日

          >私とは違います。
          名前を見れば一目でわかるでしょ
          あまりくどくど言っていると、今度は「成り済まされたフリ」をしてるのかと疑いたくなります

            • 匿名
            • 2017年 11月 02日

            それを言ってはいけません。
            公然の秘密です。

      • 匿名
      • 2017年 11月 02日

      ネガカラーの銘柄によってオレンジベースの色が違うんだけど、ネガポジ反転の際にどうやって補正しているのかな。
      Phoshopでやる時は、何写ってコマを撮って、その色を減算処理してから会長反転してるんだけど、コダック、Agfa、フジ、コニカと皆オレンジベースの色や濃さも違うから、銘柄ごとに減算処理の元のオレンジベースの色を取得しないとならないんだよね。

        • 匿名
        • 2017年 11月 02日

        そんなあなたにvuescan。
        フイルムの何も写ってない場所でオレンジベースのサンプリングができるよ。
        モノクロフィルム自家現像で現像条件が違ってもこれならオッケー。
        RAWやマルチサンプリングでメーカー純正ソフトより広い階調を保存しておくことも可能。
        フィルムスキャナが一般的だった頃は、このソフトの愛用者も多かった。

          • M-KEY
          • 2017年 11月 02日

          反転した後のオレンジベースの部分でグレーバランスを取れば
          極端に変色したネガでなければ、ほぼ問題ないでのですが
          vuescanだと、すでにサポートの終わったスキャナーの
          ドライバーとして使えるし、現行スキャナーでも純正よりも
          早く、細かい設定もできるようなので、フィルムから
          スキャンングする機会が多いなら、入手しておいた方がいいでしょうね。

    • 匿名
    • 2017年 11月 01日

    フィルムの複写だなんて、現代のデジタル画像表示の拡大率自由自在の世界では、
    ゴミとの戦争だよ。やる奴の気が知れない。

      • M-KEY
      • 2017年 11月 01日

      以前からフィルムスキャンでゴミにはなやまされてきました。
      クールスキャン亡き後、こうしてフィルムスキャンの手段を残しているのは
      一定の評価はしますが、せっかくリニューアルするなら、
      中判にも対応してもらいたかった。

      •  
      • 2017年 11月 02日

      最近安価なスキャナ出回ってますが、あれ使ったら多分ゴミで苦労しそうですね。
      かといって専用フィルムスキャナだと今はplustekくらいしかない・・

    • nroff
    • 2017年 11月 01日

    元記事を何度読んでも、製品サイトの説明を読んでもわからないのだが、
    「自然光オート」ってなに? デイライト(固定)とどう違うの?

      • ニコン好き
      • 2017年 11月 01日

      http://www.nikon-image.com/products/slr/lineup/d850/features01.html
      光の条件の変化に即したホワイトバランスで、紅葉や夕焼けなどがより印象的な画像に仕上がります。

      まあ 見栄えの良い写真が撮れるって事かな

        • 匿名
        • 2017年 11月 01日

        内容、理解できてる?

      • nroff
      • 2017年 11月 01日

      > 判別すべき光源をあらかじめ自然光に限定

      とあるので、撮影対象の固有色に引っ張られた補正や、水銀燈や蛍光灯の補正っぽいことはしない、
      ってことなのかな。

        • M-KEY
        • 2017年 11月 01日

        オートホワイトバランスは画面内の色の総和をグレーに近づける動作なんですが、
        「自然光オート」は、極力5600ケルビンから動かさないようにしているのでしょう。
        というか、自然光下の撮影では、その時の天候に合わせて「太陽光」「曇天」「日陰」という
        プリセットを使う方がオートよりも被写体の色に左右されずに安定します。
        人工光源下では、完全に補正するよりも、少し色被りを残す方が記憶色に近いので
        これも、完全補正の値よりも「太陽光」方向に少しスライドさせているハズです。

          • 匿名
          • 2017年 11月 02日

          自分が使いこなせてないからだと思うけど、ホワイトバランスの日陰とか曇天って、色温度低くてオレンジっぽくなりすぎませんか?
          どうも自分の目には太陽光のままのほうが99%いい結果になるのですが。

          • nroff
          • 2017年 11月 02日

          私は逆に「曇天」固定で撮影することが多いです。
          その方が「ヨーロピアンカラー」になる気がして(KODAKはアメリカだけど)。
          あと、AWBは全く使いません。

            • M-KEY
            • 2017年 11月 02日

            カタログでなければ、別に忠実な色再現を重視しなくとも
            彩度も含め。自分の好みの色を求めていけばいいでしょう。
            もちろん、仕事の場合は「記憶色の最大公約数」というか
            顧客の期待する色でないと都合が悪いケースもありますが、
            銀塩時代に、発色の違いでフィルムを使い分けていたように
            作風として「色」を利用するのはアリだと思います。
            ニコンの「自然光オート」は、忠実性よりも期待色を
            求めたモノだと思います。
            JPEG主体の運用など,即時性が大事なときは重宝するでしょう。

      • ニコン好き
      • 2017年 11月 01日

      う~ん
      あんまし難しい事は考えないです。
      お!きれいに撮れてる。
      それで良いかな って感じ

        • 匿名
        • 2017年 11月 01日

        コンデジって事だね

      • 匿名
      • 2017年 11月 04日

      ペンタのCTEをうまいこといって真似たものなんじゃ…

コメントは利用できません。

万能だが、特に人物撮影で真価を発揮する新世代単焦点――SUMMILUX-SL F1.4/50mm ASPH(デジカメWatch)

新機能の発表で盛り上がった「Synology 2018」レポート(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ