デジタルカメラ情報サイト

ポートレート写真家の萩原和幸さんが「α7R III」を体験(デジカメWatch)

【特別企画】
進化した瞳AFの性能は? FE 24-105mm F4 G OSSも試す
by 萩原和幸

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (20)

    • 匿名
    • 2017年 11月 06日

    Image EdegってどうせMacユーザーには使えるシロモノじゃないんでしょ?
    いつも対応OSが一つ遅いんだよSONYは

      • 匿名
      • 2017年 11月 07日

      マックwwwww
      マクドだろwwwww

        • 匿名
        • 2017年 11月 07日

        ↑ 笑ってほしいのか? はいはい….(-_-;)

    • 匿名
    • 2017年 11月 06日

    この肌の色だめだな。NikonのD3世代のAWBみたいなCanon派から酷評された色の再現だな。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1089/992/html/003.jpg.html

    この風景も変な色だな。サムソンセンサー時代のペンタの色みたい。

    https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1089/992/html/016.jpg.html

      • M-KEY
      • 2017年 11月 06日

      肌の色、連写の方は「いつものソニーテイスト」なんですが・・・
      風景の方はヘイズの影響もありそうです。
      って、コッチは24-105mmのレポートでカメラはα7RIIですね。

        • 匿名
        • 2017年 11月 07日

        スタジオでキノフロあたりの高演色蛍光灯照明使ってプロが撮ってニコンの初代Expeed世代と似た色傾向じゃ、色蛍光についてはとてもポートレート向きとは言えないな。
        そもそも、ニコンとキヤノンはAWBじゃ色傾向違うがスタジオでストロボや高演色定常光でマニュアルでWB合わせると同じにはならないまでも、傾向をそろえられるが、ソニーは色の安定性で定評のあるBroncolorやProfotoやPhotonaのストロボでも、ニコンとキヤノンとも傾向揃わない。フジ的な演出した色にもならない。

        • nroff
        • 2017年 11月 07日

        > 肌の色 …… いつものソニーテイスト

        えっ? そうなんですか?
        アマチュアの私にもこの土気色の肌はちょっと気になります。

        取材写真の色もなんか変だし、画像処理中の事故とかじゃないでしょうか。

          • M-KEY
          • 2017年 11月 07日

          私の言う「いつものソニーテイスト」は連写のサムネイルです。

            • M-KEY
            • 2017年 11月 07日

            https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1089/992/html/010.jpg.html
            の方が結構マトモなので,土気色はモデルさんのファンデーションの問題かもしれませんが
            それでも、全体的に色温度が低いような気がします。
            トップのカメラの写真や「画像を取り込んでいるところ」は青っぽい部分もあるので
            スタジオの照明の色温度が低い(タングステン)のはたしかでしょう。

            • nroff
            • 2017年 11月 07日

            > 土気色はモデルさんのファンデーションの問題

            これが一番合点がいきます。

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 07日

            >土気色はモデルさんのファンデーションの問題かもしれませんが
            なんでこんな写真を公開するのだろうか?
            理解出来ないですね。
            手持ちのソニーα7ⅡとかソニーのDSC-RX100M3 は、
            こんな色とは違いますね。

            • 匿名
            • 2017年 11月 07日

            > 私の言う「いつものソニーテイスト」は連写のサムネイルです。

            その連写のサムネからして、初代Expeedのニコン機やキムチセンサーからソニーセンサーに戻った直後のペンタみたいな色。

            > https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1089/992/html/010.jpg.html
            > の方が結構マトモなので,土気色はモデルさんのファンデーションの問題かもしれませんが

            首や腕なんかも顔と同じ傾向の色だが。そういうとこまでファウンデーション塗るのは、特別に演出したヌードグラビアや盛りまくったAVソフトのパケ写かいんち風俗のプロフ写真ぐらいだろ。

            • 匿名
            • 2017年 11月 07日

            > スタジオの照明の色温度が低い(タングステン)のはたしかでしょう。

            今では絶滅危惧種のタングステンのRIFA?
            スタジオのモデル撮影で露出をマニュアルにしているのに、固定ライティングでAWBでも使ってるの?こういう場合、普通はWBはマニュアル湖底にするもんだが。
            AWBでこういう色になるなら、ソニーの静止画のWBは同じソニーセンサーのニコン、ペンタ、オリより2週回くらい遅れてるね。

            • M-KEY
            • 2017年 11月 08日

            どんな灯具を使っているかは不明ですが、現場写真(α7II+PZ16-50 W/B: Auto)から
            色温度が低い(=タンスステン相当)ように見えます。
            作例の方のホワイトバランスはもちろん固定でしょうが、
            それがタングステンのプリセットなのか、カラーメータによる測定値への
            ケルビン指定なのか、グレーカードにによるセットなのかは不明です。
            私は今までソニー機であのような肌色になった経験はありません。
            無印D1を思い出しました。

            • 匿名
            • 2017年 11月 09日

            > 色温度が低い(=タンスステン相当)ように見えます。
            > 作例の方のホワイトバランスはもちろん固定でしょうが、
            > それがタングステンのプリセットなのか、カラーメータによる測定値への
            > ケルビン指定なのか、グレーカードにによるセットなのかは不明です。

            WBがマニュアル固定でこれでは、萩原カメラマンの腕が疑われるところだが、彼がかつて5DIIやD800Eで撮った雑誌記事の作例や本人が公開している作品では、こんな酷いのはない。カラーメーターの測定値のセットでこれなら、α99のマニュアルのP145に記載してあったカラーメーターでは色合わないから貸すホワイトバランスを使えという癖が治ってないことにある。で、グレーカードでカスタムホワイトバランスでこれでは、根本的にWBに問題がある様に思われてしまう。

            • M-KEY
            • 2017年 11月 09日

            一番可能性が高いのが、CN機と同じワークフローで
            「カラーメーターによる測定値へのケルビン指定」ですね。
            https://dc.watch.impress.co.jp/img/dcw/docs/1089/992/html/010.jpg.html
            の方もソニー機のAWBやカスタムWBにしてはシアンが弱いような気がします。

            私はソニー機に限らず、撮影時にカラーメータは使わず、
            グレーターゲットを使ってセットするのですが、
            ソニー機だけが「色がおかいい」という経験はありません。
            むしろ、記憶色に近づけるのは楽だと感じています。
            この仕様が気に入らないというならソニー機は使えませんね。

        • 匿名
        • 2017年 11月 09日

        > この仕様が気に入らないというならソニー機は使えませんね。

        そうだな。じゃ、アパレルには使えないな。
        アパレルと言っても、色柄に凝ったものな。例えば、わかりやすいところでミッソーニのニットじゃダメダメだな。カラーメーターで色を決め打ちしてなおかつRAWでも調整するから。
        比較的安めでも、アメリカのレディースの庶民向けでも色と柄がデコラティブなのもダメだね。

    • 匿名
    • 2017年 11月 07日

    ニコンの一眼レフに搭載されているAE制御・3DトラッキングAF・顔認識AFに使用されている180Kセンサーをあと2倍×2倍程度にすればこのセンサーで瞳AFもできるのではないかと思います。
    そうすれば、撮像素子をAFに使用せずともいいので、パフォーマンスはミラーレス機よりも期待できるのではと思っているのですが。

      • M-KEY
      • 2017年 11月 07日

      ミラーレス機の場合、撮像素子で測距もしているので
      画面周辺部でも十分なAF精度を保つことができるし、
      瞳AFともなると、画面上の位置精度も重要になるので
      一眼レフでは、その位置合わせの調整も厳密さが求められ
      コスト高になる可能性がありますね。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      つくってんればいいんじゃね?

コメントは利用できません。

寒くなったら布団の中や車の中の猫に注意!(ASCII.jp)

マンフロット、国内フィルター市場に参入 ワンタッチでフィルターを着脱できる「XUME」も(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ