デジタルカメラ情報サイト

ソニー、ミラーレスカメラで「プロ市場攻略」を宣言(デジカメWatch)

【インタビュー】
石塚茂樹社長インタビュー
フルサイズミラーレスが新調
プロとの接点を増やし、プロ市場に食い込む
by 折本幸治@デジカメWatch

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 11月 09日

    身の程知らずが

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      下のニコン好きもだが、既得権益にしがみつくのはこういう反応をする人なんだろうな。

    • ニユン好き
    • 2017年 11月 09日

    時代遅れの一眼レフから先に進めないニコンとキヤノンがカメラ業界から消えるカウントダウンが始まりましたね。
    ミラーレスを使ってからは一眼レフなんか使うことは全くないですね。

      • ニコン好き
      • 2017年 11月 09日

      私は、ニコンD810 を買ってから一眼レフに戻りましたね。

        • ニコン好き
        • 2017年 11月 09日

        失礼
        私は、ニコンD850を買ってから一眼レフに戻りましたね。
        と 訂正します。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      ホントそうですね。
      ミラー付き一眼レフとか、無駄に贅沢な機械を愛でるマニアの代物となりましょう。
      リニアの時代になってもSL好きな人はいるから、ミラー付き一眼が好きな人は死滅しないでしょうけど。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      レフがなくなる頃にはミラーレスもなくなってる、て

      カメラ=スマホになるんだよ

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      ニコン、キャノンのレンズを含め古今東西のレンズがおよそすべて使えてフルサイズ機なのはα7しかないからシェアを伸ばしていくのは当然。デジタルになってから写真を始めた人はメーカーに対しての忠誠心などこれぽっちも持っていないしEVFに対するアレルギーもないから、最初CNで入ってきてそのあとどんどんαに乗り換えている感じ。比較的安く手に入るY/Cやらペンタコンやらトリオプランとかのレンズ使っていい写真を量産している。ここの住人にはそういう流れは見えないんだろうな。

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      ニコン、キャノンのレンズを含め古今東西のレンズがおよそすべて使えてフルサイズ機なのはα7しかないからシェアを伸ばしていくのは当然。デジタルになってから写真を始めた人はメーカーに対しての忠誠心などこれぽっちも持っていないしEVFに対するアレルギーもないから、最初CNで入ってきてそのあとどんどんαに乗り換えている感じ。比較的安く手に入るY/Cやらペンタコンやらトリオプランとかのレンズ使っていい写真を量産している。ここの住人にはそういう流れは見えないんだろうけど。

    • ニコン好き
    • 2017年 11月 09日

    ふん!何言ってやがる。
    大言壮語(たいげんそうご)だね。
    ニコンが弱ったのにつけ込んでシェアを少し伸ばしただけだろうに

    年間シェアで2位にならなかったら
    社長は、辞任すべきだね。
    >プロ市場に食い込む
    M-KEYさんは、買うのかな?

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      目を覚ませ。ソニーがシェアを伸ばしたからニコンが弱ったんだろ。
      自分でもSONY買って貢献してるじゃないか。いずれにせよNikonは終わりだ。

        • ニコン好き
        • 2017年 11月 09日

        ニコンD810
        ニコンD750
        は、売れ行き好調なのでは?

        ソニーは、Aマウントをどうするんだろうか?
        年間シェアで2位になれるのか?
        Aマウントをどうするか? 見て見ぬふりしてるのかね?
        話は、それからだね。

          • ニコン好き
          • 2017年 11月 09日

          失礼
          ニコンD850
          ニコンD750
          は、売れ行き好調なのでは?
          と 訂正します。

          • 匿名
          • 2017年 11月 09日

          Aマウントはどうするかって、1年前にフラッグシップ出してる。
          ニコ1の最新機種はいつ出たんだよ。
          お前の理屈じゃニコンの話こそ、それからだろうが。

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 10日

            >Aマウントはどうするかって、1年前にフラッグシップ出してる。
            忘れてました。
            と言うか
            その程度の印象しかAマウントにはないんだけど
            >ニコ1の最新機種はいつ出たんだよ。
            どうなんでしょうね。
            ニコワンJ5の写りは良さそうなので
            EVF内蔵の新型を待ってる。
            でも
            DSC-RX100M3を使ってる。
            DSC-RX100Mシリーズの出来が良すぎる。
            ニコワン、ちと苦しいね。

      • 匿名
      • 2017年 11月 12日

      >年間シェアで2位にならなかったら
      >社長は、辞任すべきだね。

      ソニーはデジカメだけの会社じゃないから 別にその程度のことで辞任する必要はないよ。
      アパートの管理人には世間のビジネスは分からないだから 黙っていたほうが恥かかずにすむよw

    • ken
    • 2017年 11月 09日

    確かに一大勢力に成りつつありますね。
    現場でも1/5くらいの確率で見ます。(数えたわけではない)
    動画と一緒に使うプロとしては利点は一眼レフ以上ですから
    プロ市場に食い込むのは近いでしょう。
    あとの課題は耐久性かな。
    ミラーとかの稼動部少ないからいいのかもね。
    で、ソニーがミラーレスの代名詞となったらパナソニックやオリンパスはついて行けるだろうか?
    カメラメインのニコン壊滅よりカメラは1部署でしかないパナソニックの撤退の方が早いかも?
    オリンパスは(個人的に思い入れがあるから)残ってほしいですが。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      ソニーはフルサイズしかやる気がなさそうだし、マイクロフォーサーズとはセグメントが違う。
      これからフルサイズのカメラとレンズが安くなることはないだろうし、はっきり言って、今のカメラ・レンズは一般的日本人の購買力を考えると高価になりすぎたキライがある。
      また従来からの写真・カメラファン、つまりジジイはフルサイズに思い入れもあるし、大型センサー信仰があるから無理かもしらんが、今の若い人にはセンサーサイズに対するこだわりも少なかろう。つまり相対的な画質を重視すれば大型フォーマットを使うだろうが、機動性を重視する場合は小型フォーマットで十分と考える人も多いだろう。

      カメラを買う・使うのはプロだけではないし、一般ユーザーにはフルサイズ至上主義はこれまでほどには幅を利かせないのではないか。
      つまり、マイクロフォーサーズは生き残るだろう。
      やばいのはAPS-C。
      ペンタックスや富士は中途半端な位置にいるので、そっちをこそ心配するべきではないだろうか。

        • 匿名
        • 2017年 11月 09日

        パナは動画部分で競争はあるだろうけど、オリは関係ない感じはするね。
        後、スペックも値段もそうだけど既にフルサイズは極一般の人からは完全にオーバースペックになってるからエントリーとしてはm43でもいいでしょう。

          • ken
          • 2017年 11月 10日

          でもソニーで1番売れてるのはAPSのα6000でしょ?
          フルサイズで2位になったのでこんな宣言も出たんだろうけど
          M4/3は相手にしてないのかも?
          やっぱりAPSとM4/3だと値段が変わらなかったら
          売れてるソニーだったりセンサーの大きいAPSを選択するんじゃない?
          量販店のお兄さんの口車に乗せられて。

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 10日

            >M4/3は相手にしてないのかも?
            まあ 110フルサイズ だしね。
            相手にしない方が良い。
            あ でも今は撮像素子を買ってくれるお客だから
            そこそこに売れれば良いのでは?

        • 岩清水
        • 2017年 11月 10日

        レンズ交換式カメラの主な購買層はファミリー層とカメラヲタク。ファミリー層はレンズ買わないしヲタクはスペック重視、レンズが売れなきゃシステムとして成り立たないからマイクロフォーサーズは消える運命なのかも。

          • 匿名
          • 2017年 11月 10日

          言っちゃ可哀想だけども、
          しょせん110フルサイズだからね。

            • nroff
            • 2017年 11月 10日

            スルーされてるからといって何度も繰り返すのは野暮ですよ。

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 10日

            110フルサイズ
            これ誰が言い出したんだろうか?
            「言い得て妙」だね。
            私らの世代だと あ そうか と分かりやすい。

            M4/3なんて言われてもピンと来ない。

            • nroff
            • 2017年 11月 10日

            「写ルンです」はいかがですか? フルサイズですよ。

            • ken
            • 2017年 11月 10日

            1番最初の写ルンですは110サイズだったけどすぐに35ミリになったよね。
            やっぱりあのフィルムサイズは無理があったのかな?
            オート110買ったけど結局あんまり使わなかったからなあ。。。

            ちなみ35ミリ写ルンですは2L版でのプリントを基準にしたとか。
            EOSキスのキットレンズも同じく2L版プリントを基準にしたと当時の本で読みました。
            等倍で見られるデジタルはなんだか気の毒。

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 10日

            オート110 防湿庫の中に有ります。
            まあ2回巻き上げが面倒
            フィルムも1個だけ有る。(使えるかどうかは不明ですが)

            これと全く同じデザインでデジカメを出したら買ったでしょうね。
            (固定レンズで良いです。AFが使えてね。)
            PENTAX Qシリーズは、何となく買う気になれない。

            • 匿名
            • 2017年 11月 10日

            ほらよ!
            http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/optio-i-10/feature.html

            • 匿名
            • 2017年 11月 10日

            写ルンですが110から35mmになったのは画質要件も多少はあるが
            ラボシステムの都合の方が理由としては大きい

            • ニコン好き
            • 2017年 11月 11日

            Optio I-10
            教えていただいて有難う御座います。
            でもヨドバシでは、
            生産完了品になってますね。

            • 匿名
            • 2017年 11月 11日

            4/3規格というのは、110(ワンテン)ポケットフィルムをベースに
            策定したんじゃないかと思うくらいサイズが近いんですね。
            110フルサイズ、まあ間違った表現ではないし、
            35㎜だけがフルサイズじゃないぞ、という意味では支持します。

    • 匿名
    • 2017年 11月 09日

    ここに集まってくるヲタどもには どうでもいい別世界のことだろうに。。。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      と、現実から目を逸らさないように逃げたところで、現実はニコンに厳しい。

    • 匿名
    • 2017年 11月 09日

    予想通りですね。
    ソニーだって映像分野ではプロ機材を長年やってきたんだからそりゃミラーレス時代は満を持して総攻撃してくるよね。
    まぁプロ市場で一眼レフ劣勢となればキヤノンは強大な力で一気に切り替えを推し進めていきそうだけど、体力を落としてしまったニコンは厳しいかもなぁ。

      • 匿名
      • 2017年 11月 09日

      MP3プレーヤー出しそびってiPod → iPhone にしてやられた SONY の姿が今の Nikon って感じ。

    • 匿名
    • 2017年 11月 10日

    こっちの方にも書いたけど、WBを色温度で決め打ちで設定する必要がある場合は、ソニーはダメだね。
    http://www.digicamezine.com/wp/2017/11/06/15651/#comments

    誤解する者がいるだろうから言っておくけど、WBを色温度で決め打ちで設定するのはJPEG撮って出しとは限らないから。アパレル、特に生地に凝った色や柄が使われている場合、基準を決めて設定しておかないと後でRAWで調整するにしても、客観的に忠実なのか主観的にそう見えるのかで、テキスタイルデザイナーやパターンナーはうるさいから。特に大手の生地メーカーが絡んでたりすると、彼らはカラーメーターより精度や測定項目の多いカラーアナライザーまで持っていたり(会社所有やレンタルだが)するから、カラーメーターで決め打ちするワークフローが使えないのは困る。
    似たようなところで、花や観葉植物の見本。
    ちょっと違うけど植物見本にも難しい問題があって、演色性の高い光源でWBもきっかりやっておかないと、花や葉の模様や色の微妙な差が再現できない。
    http://panproduct.com/blog/?p=81668

    この点は、NCやフェーズワン(レンタルでしか使えないが)でないとだめといっても良い。フジは記憶色だけどスタンダードのモードでWBマニュアルで調整すると結構素直になるので、RAW現像しない場合にはフジも使える。オリやペンタも植物にはいい。
    但し、これらの用途にはソニーだけはダメ。もっと、静止画のWB理解しろと言いたい。カラーメーターでは色が合わないとマニュアルに書いて逃げるなと言いたい。

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      今までに慣れた色が良く見えるのだろうが
      色味は好みの問題だね。

        • nroff
        • 2017年 11月 10日

        コミュニケーションが成立していないですよ。

      • M-KEY
      • 2017年 11月 10日

      カメラが素直な色再現でも、レンズによって発色が違うので
      美術品の複写のように厳密に色を管理したい場合は、
      ライティングを変えるごとにグレーセットをし、
      かつ、カラーチャートも写し込むようにしています。
      銀塩時代も、フィルムによって色再現が異なるので
      (もちろんエマルジョンの管理はしていました)
      カラーチャートを写し込むのは必須でした。
      カラーアナライザーなんて持ち込まれたら、
      Ra基準の従来型のカラーメーターでは、気安めというか
      単なるアリバイにしかならないような気がします。

      演色評価基準もRaに彩度の概念も加えたMT-30というのがありますが
      https://www.jstage.jst.go.jp/article/jieij1980/79/11/79_11_639/_pdf
      セコニックC-700だと大丈夫なんでしょうか?

        • 匿名
        • 2017年 11月 10日

        カラーアナライザー用意してもらってる時は、素直にそっち使わせて貰うって。
        カラーメーターですらうまく合わないものが、より細かくより高い精度で測定値示すカラーアナライザーでは尚更合わないと言うこと。
        c-700は入射光式カラーアナライザーC-7000の簡略版だから、同じ感覚で使える。

          • M-KEY
          • 2017年 11月 11日

          質問ですが、カラーアナライザーで測定した数値を
          どうやってカメラに入力するのでしょうか?

            • 匿名
            • 2017年 11月 11日

            色温度はそのまま使える。これはいいよね。
            後は色被りについてG-Mの設定で調整するわけだけど、これはカラーアナライザーでRGB値が太陽光との比較でどれがプラスかマイナスかを測定させて、その結果(エクセルやCSVファイルで出力というかパソコンにUSBケーブルで転送される)をエクセルのマクロでCCフィルターの号数に換算する。結局カラーメーターと同じだけど、エクセルで変換する分、カメラの癖を補正できる。後HSL値も取得できるから、撮影時やRAW現像時に彩度や色相を調整する際の指標になる。
            でも、自分ではやらない。大概は操作に慣れたテキスタイルデザイナーやパターンナーがやってくれるから。こちらでやるのは色被り補正用の係数設定用のカラーチャートのテスト撮影の画像渡すくらい。

            • M-KEY
            • 2017年 11月 12日

            解説、ありがとうございます。
            結局、光源の方を整えてカラーチャートを使って合わせ込むという
            銀塩時代のワークフローを継承した方法しかないということですね。
            フィルム銘柄によって色再現は違い、テスト撮影で追い込んではいましたが、
            最終的にはチャートを使っての製版まかせというか本機校正で色合わせで、
            これは、今も基本的には変わっていないと思います。

            銀塩末期のインテリア撮影では、当時出始めたデジタルカメラを
            カラーメーター代わりとして使って,その方が作業的には楽でした。

            たしかに、スタジオでのテザーモニターで、あまりにも色がおかしいと困るし
            撮影時に出来るだけ追い込んでおいた方がワークフロー上は好ましいのですが
            私は、ソニー機のグレーセットで特に問題とは感じていません。

            とはいいながら、現状でカタログや美術品の複写等はD800で行っており
            ソニー機を使うのはロケ先での料理撮影やインテリアのみです。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            結局、大事な撮影はニコンなんだ。

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      WBもそうですが、色相のねじれというか独自の味付けもありますよね。
      このあたりはNCを見慣れてると、ん?ってなります。
      全ての色相がニュートラルに徹したモードが正解とも言い切れないのだけれど。

        • nroff
        • 2017年 11月 10日

        > 色相のねじれ

        昔使っていたコンデジの肌色が好きで、再現したいと思っているのですが全然できません。

        独自の味付けするのはメーカーの勝手なのだけど、どう変えているかを情報開示してもらえればと思います。「データーシート」とかないのかな。

          • 匿名
          • 2017年 11月 10日

          肌色のみをまねるだけなら、その元のコンデジ画像の肌色をフォトショップのスポイトツールで選択して、その選択した色をRGBスライダーでRGBの各値を読み取ってメモしておいて、その肌色に似せたい画像の肌色部分以外をマスクした後に肌色の部分をカラーバランスで弄ってRGBの値を近づければ真似することは出来る。

          • 匿名
          • 2017年 11月 11日

          例えば紫色の花や衣服、神社の朱塗なんてのもメーカー毎、モード毎に驚くほど違うテイストになるのも昔から変ってないですね。

      • 匿名
      • 2017年 11月 11日

      こういう、現場からの貴重な指摘とかネットでしないほうが良いよ。
      ソニーは今、必死こいてマーケットリサーチしてるとこだから。
      disるなら何でソニーが避けられてるか・嫌われてるか、わからないようにやろうよ(笑)

      まー、素直に聞く耳持ってたら、こんないじけたカメラにはならないんだけど。
      自作自演のプロユース広報とか本当に惨め。
      まともな現場でソニー使ってる人みたことないし、話題にすらなってないよ。

      あ、ネットで散々持ち上げて、じっさいは誰も買わないとか面白いかもね(笑)

        • 匿名
        • 2017年 11月 11日

        くやしいのう。くやしいのう。

        • 匿名
        • 2017年 11月 11日

        極論すれば、ソニーにはフルサイズのミラーレスが復習機種あるってだけだからね。
        ソニーはフルサイズ=プロユースと短絡的に考えているだけの様だね。
        ミラーレスでもスタジオユースなら、あまりハンデはないから、実際フジとかは使われてきている。JPEGでさっと入稿するなら、正確な色合わせが要らない水着グラビアとからフジは大型ストロボとの相性もいいから雑誌グラビアやWeb素材なら十分。
        ソニーはJPEG撮って出しだと、キヤノンとフジには遠く及ばないし、マニュアルで色合わせする用途だとニコン(キヤノンやフジでもスタンダードにすれば同じことだが)みたいにニュートラルの基準点を見つけられない。
        植物撮ってもペンタやオリの様にはいかない。これが全てといってもいい。
        取り敢えず、フルサイズつかえると凄いぞー的なアマチュアに受けているだけ。オールドレンズ遊びなんて、商業用業務用途ではレタッチャーから「真面目にピント合わせろ、ボケ!」と言われるだけだから。

          • 匿名
          • 2017年 11月 12日

          >フルサイズのミラーレスが復習機種あるってだけだからね
          復習機種・・・(-_-;)

        • 匿名
        • 2017年 11月 13日

        ぶっちゃけ、こうして騒げば騒ぐほどソニーは「効いてる効いてるw(古い)」って思ってるでしょうね

        >あ、ネットで散々持ち上げて、じっさいは誰も買わないとか面白いかもね(笑)
        俺はペンタックスを騙して殺そうとしたお前らを生涯許さないよ

          • 匿名
          • 2017年 11月 14日

          ???
          K-1とかKP、堅調だよ。
          どちらも高品質で良心的。

    • ken
    • 2017年 11月 10日

    一時、ミノルタからカラーメーター修理を受け継いだソニーが
    『カラーメーターでは色は合わない』とマニュアルに書いちゃイカンよね。
    ソニーがソニー機に合う為のカラーメーターを出したらいいんじゃない?
    (ソニーモード、他社モード切り替え式で)
    そこまですりゃ『プロ市場に食い込む』意気込みが見えるってもんです。
    (出しても採算合わなそうだけど)

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      普通は、SEKONICのC-700でソニー以外なら、傾向を揃えられるものなんだけど。
      と言うか、テキスタイル系や美術館のアーカイブ作成でクライアントがカラーアナライザーまで用意している時に決めうちが出来ないのは困る。動画なら、常に画面全体の色の総和を無彩色といあやり方でいいと思うが、クライアントが色指数まで出している時に、その都度基準点がずれるのは、いくら後からRAWを調整すると言ってもばらつくから困るんだよね。
      こういう用途にはソニーは使えない。

      • 匿名
      • 2017年 11月 10日

      逆だよ。
      一眼レフと一緒にメーターも付いてきたけど邪魔だからケンコーに譲ったんだろう。

    • 匿名
    • 2017年 11月 10日

    色なんか後からどうにでも出来るだろ。色の事までカメラ任せで生きてんの?

    • 匿名
    • 2017年 11月 10日

    ど素人だな。
    そもそも、コミュニケーションが成立してない。
    色を後から弄って変えることと基点を揃えて再現性のバラつきをなくすのは別時限の話だ。

    • 匿名
    • 2017年 11月 11日

    結論言えば、フルサイズの機種を多くラインナップしてるだけで、プロユースとか言うな、ボケ。
    静止画のWBがわかってないぞ、ボケ。
    RAWで調整前提でもニュートラル起点がメーター等で揃えられないから、最終出力時の色校正が面倒なんだ、ボケ。
    というとこだろう。
    NCがフルサイズミラーレスを出して来たら、この分野へのソニーの進出は止まるだろう。アダプターでEFレンズやFマウントを使っている層は普通にNCに戻るだろうし。

      • 匿名
      • 2017年 11月 11日

      画質がよけりゃ文句ないだろ!
      連写コマ数多けりゃ文句ないだろ!
      ブラックアウトフリーすげぇだろ!
      AF性能?ウチの瞳AFの性能見てみろ!

      って、メーカー自体がスペック高けりゃプロは使うだろ!
      って思ってるように見えてしまうのは私の穿った見方でしょうか?

        • 匿名
        • 2017年 11月 11日

        > 画質がよけりゃ文句ないだろ!
        色合わせがやりやすいことが印刷原稿として重要です。

        > 連写コマ数多けりゃ文句ないだろ!
        シャッターチャンス掴む上でのタイムラグがないことが重要です。

        > ブラックアウトフリーすげぇだろ!
        ワンテンポ遅れた瞬間が見えていても意味ありません。

        > AF性能?ウチの瞳AFの性能見てみろ!
        単なる被写界深度の浅いボケボケポートレはアマチュアが撮る写真。
        商業用はスタジオで大型ストロボや大型料定常光照明で絞って撮るので、センター一点で問題ありません。

        と、全てが実はプロユースで選ぶには決定的な要素でない事実。
        カタログスペックで魅かれるアマチュア向きなんだよね。

          • 匿名
          • 2017年 11月 12日

          >カタログスペックで魅かれるアマチュア向きなんだよね。

          ほんと、店頭で試す程度でもαシリーズの使いにくさ・見当違いな方向性・低品質は明らか。
          (意外とパナのほうが真面目。もの凄くダサいけど)

          提灯記事とか真に受けて、ネットで買っちゃうんだろーねー。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            たしかにモノとしてはパナの方がしっかり作られていたりする。
            聞こえのいい分かりやすい宣伝につられてしまうのが
            ソニーユーザーに多き気がする。
            高いキャバクラで、ボッタクリされていても気付かない
            鈍感なおっさん向けというイメージ。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            >ほんと、店頭で試す程度でもαシリーズの使いにくさ・見当違いな方向性・低品質は明らか。

            必死だねw
            必死すぎるのが滑稽だねww

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            >ほんと、店頭で試す程度でもαシリーズの使いにくさ・見当違いな方向性・低品質は明らか。

            買いもしないのに あら捜しのために店頭で時間かけてカメラを独占しているやつって本当にうざいね。

            • 匿名
            • 2017年 11月 13日

            煽るつもりはないんですが、
            「もうすぐニコンと共に墓に入る老人はそもそもターゲットに非ず。旧態然とした価値観はあえて無視する」
            くらいの事は前提にしてしそう
            コンデジからステップアップしたい人の多くがネックにしている部分を取っぱらったのが初期のNEXだったと思うので

            パナソニックは最初こそ女流一眼にぶったまげたけど、その後は良いバランスだと思います

          • 匿名
          • 2017年 11月 12日

          >商業用はスタジオで大型ストロボや大型料定常光照明で絞って撮るので、センター一点で問題ありません。

          それ初心者の思い込み。
          実際にα9を使用しているプロがその素晴らしさに驚いて「もう一眼レフには戻れない。ピント精度が桁違い」と発言している。
          「SHINDOのブログ」で検索してみれば その記事が出てくる。
          この人 キヤノン→ニコン→ソニーと使用機材が変遷している。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            買収されたプロの話を鵜呑みか?
            ステマのソニーだぜ?

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            >買収されたプロの話を鵜呑みか?
            >ステマのソニーだぜ?

            必死すぎるのが笑えるけど 落ち目のN社員かな?笑
            キミと違って彼はまともなプロカメラマンだよ、あのブログは昔から読んでいるが。

    • 匿名
    • 2017年 11月 11日

    真面目な話し、会社のカメラがソニー変わったら、みんな怒ると思う。

    ソニータイマー付のカメラなんか、仕事じゃ絶対使えない。

      • 匿名
      • 2017年 11月 12日

      SONYに切り替えて3年過ぎたけど、壊れた機材はないよ

      • 匿名
      • 2017年 11月 12日

      ニコンのフラッグシップ機は購入して1年で3回も不具合起こして入院したよ(-_-;)
      まあはずれをひいたんだが、フラッグシップ機でも出荷前に点検してないのを知って愕然とした。

    • 匿名
    • 2017年 11月 11日

    本当にソニーなんか使ってる大手のスタジオとか会社あるなら、実名あげてほしい。

      • ken
      • 2017年 11月 12日

      どこの出版社か覚えてないけど現場でα使ってたグラビアカメラマンはいました。
      色のことはわからないけどRAWで調整できるレベルでOKな雑誌もあるのでしょう。
      確かにプロのソニー使用者は増えていると感じます。
      でもCanonNikonに取って変わるレベルではない。
      銀塩時代もペンタやミノルタ、オリンパスを使ってたプロも少数ながら存在したんだから
      ソニーのプロ市場宣言も決して間違いではないと思う。

      あ、『ラ・ラ・ランド』でグラビアカメラマンがソニー使ってましたね!
      (あの映画、ソニー絡んでるのかな?)

        • 匿名
        • 2017年 11月 14日

        >あ、『ラ・ラ・ランド』でグラビアカメラマンがソニー使ってましたね!
        >(あの映画、ソニー絡んでるのかな?)
        ソニーは映画もやってるのでむしろライバルじゃないですかね

        ラ・ラ・ランド作中での扱いは
        「旧態然としたジャズを好むはずの主人公がPOPs系ダンスユニットでヒットする姿」を
        「カメラマンがキヤノン(古いが質実剛健)を投げ捨ててソニー(新しいが薄っぺらい)を選び、主人公の思惑とは全く違う演出で写真を撮る」
        あたりからして、映画のテーマを演出するためのアテ馬だと思いました

        とかだいぶ以前に書いたら「映画程度にそんな考えてみてるなんておかしい」とここで言われましたねぇ・・・
        全てのカット・脚本が作られたものである以上、そこには必ず意味が有るはずなのですが

      • 匿名
      • 2017年 11月 12日

      そういうのはまだこれからじゃない?
      プロ市場と言っても一気にソニーへ切り替えてくれることはまず無いだろうし、一眼レフが必須とまでは言えないような所からじわじわ浸透させる長期的計画でしょう。

        • 匿名
        • 2017年 11月 12日

        > 一眼レフが必須とまでは言えないような所からじわじわ浸透させる長期的計画でしょう。

        それって、NCがフルサイズミラーレスを出してくれば、ソニーを選択する必然性はないことになる。NCの一眼レフがNCのミラーレスに置き換わっていくだけでしかないと思う。

          • 匿名
          • 2017年 11月 12日

          ついでに言えばフルサイズミラーレスマウントとしたらEマウントは欠陥マウントだからな。
          ニコンキヤノンがフルサイズミラーレス出したら光学的に最も設計制約のあるマウントという位置に落ちるのは間違いない。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            キヤノンがEF-Mマウントでフル機を出したら
            ここの御仁は困るだろうなぁ

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            ソニーの欠陥は古い欠陥! ニコキャノの欠陥は良い欠陥!

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            >ソニーの欠陥は古い欠陥!
            すみません、「古い→悪い」です(テレテレ

          • 匿名
          • 2017年 11月 12日

          そうは言ってもニコン、キヤノンにはまだ何も無い訳でしょ?
          両社がプロ仕様のミラーレスを出すからには現行一眼レフ同様、その日までには周辺システムまで抜かり無く完備するはずですが、そんな状態になるのはいつの日なんでしょう?
          そもそもミラーレスという事でまっさらな状態からシステムを構築するとなれば、カメラはニコンかキヤノン以外ダメとまでは考えないプロも結構居そうな気がしますよ。
          僕も古くからのカメラ好きなんで老舗には頑張って欲しいけど、もたもたやってる間にソニーがプロユースに割り込む事は十分考えられます。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            キヤノンはフルサイズのミラーレスについては、海外の噂サイトにちらほら出て来る程度だが、ニコンは公式にミラーレス開発の発表しているし、最近公開されたミラーレス関係の特許が、レンズ、シャッター、マウントアダプター、センサーとかなりある。これはニコンは出すということでほぼ間違いないだろう。

            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-10-26
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-10-12
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-09-14
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-09-07
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-09-07
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-08-10
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-07-27
            http://hi-lows-note.blog.so-net.ne.jp/2017-07-06

            それと、レンズの特許をみれば、後玉径が40mmを超えるレンズも複数あるから、これは電子接点のレイアウトも考慮するとマウント径が50mm超となるのも間違いなさそう。ソニーのFEマウントの欠点をものの見事に克服する設計というわけ。
            アクセサリーに関しては直接マウントに装着するものでなければ、既存の一眼レフの物が使えれば、いいわけだろう。オリパナだって無印4/3からμ4/3への移行はマウントに装着する以外のアクセサリーは、リモートケーブルだのストロボだのは既存の無印4/3のものがそのまま使える様にしたから、ネイティブのμ4/3のレンズが当初少なかっただけで、それ以外のアクセサリーについては別に揃ってないことはなかっただろう。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            キヤノンはフルサイズのミラーレスについては、海外の噂サイトにちらほら出て来る程度だが、ニコンは公式にミラーレス開発の発表しているし、最近公開されたミラーレス関係の特許が、レンズ、シャッター、マウントアダプター、センサーと10件を超える件数ある。これはニコンは出すということでほぼ間違いないだろう。
            それと、レンズの特許をみれば、後玉径が40mmを超えるレンズも複数あるから、これは電子接点のレイアウトも考慮するとマウント径が50mm超となるのも間違いなさそう。ソニーのFEマウントの欠点をものの見事に克服する設計というわけ。
            アクセサリーに関しては直接マウントに装着するものでなければ、既存の一眼レフの物が使えれば、いいわけだろう。オリパナだって無印4/3からμ4/3への移行はマウントに装着する以外のアクセサリーは、リモートケーブルだのストロボだのは既存の無印4/3のものがそのまま使える様にしたから、ネイティブのμ4/3のレンズが当初少なかっただけで、それ以外のアクセサリーについては別に揃ってないことはなかっただろう。

            • 匿名
            • 2017年 11月 12日

            デジタル化以降の新マウントの設計では後玉径をセンサーの対角線長と同等以上にするのが光学的に道理だから、ほぼすべての新マウントはそうなっている。Eマウントだけがその道理外。道理を外れた部分はどうするかと言えば、電子補正・画像処理を用いるしかない。
            そんな破廉恥なクズ規格でプロ市場攻略とか、厚顔無恥にも程がある。

            • 匿名
            • 2017年 11月 13日

            >それと、レンズの特許をみれば、後玉径が40mmを超えるレンズも複数あるから、これは電子接点のレイアウトも考慮するとマウント径が50mm超となるのも間違いなさそう。ソニーのFEマウントの欠点をものの見事に克服する設計というわけ。

            ものの見事に克服ってw
            現状、大口径のEFマウントでソニーを凌駕できてないキヤノンが、どうして突然「ものの見事に克服」できるんだよ。キヤノンはその前に、センサーの性能で追いつけるよう死ぬ気でがんばるべき。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            > 現状、大口径のEFマウントでソニーを凌駕できてないキヤノンが、どうして突然「ものの見事に克服」できるんだよ。

            ニコンの例を挙げてるのに、なんでキヤノンが出て来るんだ。
            センサーとマウント規格は別問題だが。
            ソニーのEマウントでは、F1.2超の大口径比のレンズは物理的に絶対に不可能だから、マウントの口径アップはストレートに光学設計の自由度が増えることになる。広角から標準域の大口径比は寸法の問題だから、電子補正の進歩では絶対に狭小マウントでは克服不可能。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            電子接点の付いておらず電子補正の出来ない海外のレンズで50mmF0.95とか有ったと思うけどあれはどう説明するの?
            お決まりの「画質的に無理をすれば」みたいなアレ?

            いや、実際のところEマウントの仕様とかどうでもいいんだけど
            ネットとかでネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチネチ粘着して
            「ぼくのきらいなコイツはけっかんひんだぞー!」と訴え続けてるのを見ると
            逆にソニーを応援したくなってくるよね

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            >ソニーのEマウントでは、F1.2超の大口径比のレンズは物理的に絶対に不可能だから

            現実に存在するものから目をつぶって夢みて、あわれだな。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            ニコンが新たにミラーレスの規格を立ち上げて
            システムを構築するまで会社が保つかが心配。
            D850が売れていると言っても、同じような価格の
            α7RM3の3倍くらい売って、やっと同じ儲けなのでは?

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            > 電子接点の付いておらず電子補正の出来ない海外のレンズで50mmF0.95とか有ったと思うけどあれはどう説明するの?

            Speedmasterという中華レンズだろ。
            後玉径不足でほとんどイメージサークルが足りてなくてケラれているというれべるだろ。中央付近ですら画面中心を外れるとコマ収差がでてて、レンジファインダー時代のCanon 7用の50mm F0.95よりひどい描写でアマチュアがネタで使うのにはいいとしても、とても業務用途で実用に使うレンズではない。ロモのペッツバールの外装だけ現代風というレンズでしかない。電子接点もなくして無理にEマウントにはめているだけだから。
            プロ用途と大上段に言い放ってんだから、プロが実用的に使える大口径レンズを達成可能なマウント使用でないとダメだろーが。
            Fマウントにも、CRT Nikkor 58mm F1.0というのが1970年代にあったが、これは自動絞りがついていて、産業用レンズだから絞り解放からでも使えるレンズだった。ロスアラモス研究所の研究用原子炉の監視装置のCRT画面を精密に写すのが用途だった。一眼レフ用でバックフォーカスが長く(バックフォーカスが長いと後玉径を小さくできる)、電子接点もなかったからできたわけだがな。
            物理的に無理と書いたのは、フル機能使うための電子接点も備えたAFレンズでってこと。性能を無視したネタレンズとか用途を限定した特殊レンズと一緒にしないでくれ。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            >ソニーのEマウントでは、F1.2超の大口径比のレンズは物理的に絶対に不可能

            ノクチルックス…

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            >ソニーのEマウントでは、F1.2超の大口径比のレンズは物理的に絶対に不可能だから

            上にもあるように、デジタル化以降のライカMで50mmF0.95が出てるんだよ。ライカMマウントはEマウントよりさらに小さい。何が自信たっぷりに、絶対に不可能だよw

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            中央部は0.95のスピードは得られるだろうけどな。
            周辺は2EV以上落ちる。
            それでもいいなら0.95使えばいいんじゃね?

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            みんなやさしいな。出てもいないもので見事に克服とか痛いこと言って、他を貶してるクズにつきあってあげて。

            • 匿名
            • 2017年 11月 14日

            ぶ・・物理的に・・(ぐすん)・・絶対に・・・不可能なんだからっっ!
            バカァァァ・・・(号泣)

            • 襤褸猫
            • 2017年 11月 15日

            待ってくれ、F1.0の超ハイスピードレンズのプロットで
            >(バックフォーカスが長いと後玉径を小さくできる)
            は持ってきちゃダメでしょうに。混乱します。矛盾はしていないけど。

            ニコンの場合、散々マウント径でとやかく言われてきましたが(フランジバックは長いけど、結構後玉が後ろに出っ張るのでバックフォーカスは短めだったりします)、おかげでミラーレスは遠慮せず大きなマウント径を採用出来ますな。

            お懐かしやのF501で本格的なAF一眼レフの展開を始めた時は、AFニッコールをかなり一気に揃えてきたから、35㎜ミラーレスも割と早くレンズが揃うんじゃないかな?

            • 匿名
            • 2017年 11月 16日

            > 上にもあるように、デジタル化以降のライカMで50mmF0.95が出てるんだよ。ライ
            > カMマウントはEマウントよりさらに小さい。何が自信たっぷりに、絶対に不可能
            > だよw

            光学わかってないことを更に晒していな。最後にwまでつけて。

            バカにわかる様にソースな。
            https://dc.watch.impress.co.jp/docs/review/lensmount/590713.html

            ソニーのEマウントが問題なのは、18mmという短いフランジで46mmの径しかないこと。
            必要マウント径はバックフォーカス長との相関で決まる。
            ライカMマウントでは、43.9mm径で27.8mmのフランジ。Mマウントのマウント径とフランジの相関をEマウントの18mmのフランジにあてはめると48.5mmで同等なので、18mmのフランジで46mmというのは、Mマウントよりも最初から不利な要素を抱えていることとなる。
            ライカTLマウントは、52mm径(公表されてないのでカメラ屋でノギスで実測)で21mm(Mマウントアダプターの延長寸法をMマウントのフランジからマイナス)だから、ちゃんと余裕を持たせた設計となっている。
            Eマウントより、フランジが長く径も大きいから二重に有利。これが光学を理解した設計。
            性能無視した取り付けが出来るだけのネタレンズと光学性能と電子接点のレイアウトも考慮した設計は全く次元の違う話だ。

            • 匿名
            • 2017年 11月 17日

            >光学わかってないことを更に晒していな。最後にwまでつけて。
            バカにわかる様にソースな。

            ソースにもなってないものをリンク貼ってソースにみせかけようとして、さらにバカ晒してるw バックフォーカスはフランジより長くできることも知らない光学無知のくせに。あとからへんな条件付けてごまかそうとしても「物理的に絶対に不可能」とお前が言ってしまったことは、かわいそうだが消せないんだよ。

            • 匿名
            • 2017年 11月 17日

            フランジでもガイジでもなんでもいいけどそういう不毛な争いは外でやってくれよ

            • 匿名
            • 2017年 11月 17日

            >バックフォーカスはフランジより長くできることも知らない光学無知のくせに。

            だからこそマウント口径が重要なんだが、お前はそんなことも知らない光学無知なのかな?

            • 匿名
            • 2017年 11月 17日

            >だからこそマウント口径が重要なんだが、お前はそんなことも知らない光学無知なのかな?

            物理的に絶対に不可能君、またまたごまかそうとして恥の上塗り。物理的に絶対に不可能君、必要マウント径はバックフォーカス長との相関で決まると言ってるくせに、マウント口径が小さいのにフランジが長いから光学的に有利という珍説は、バックフォーカスはフランジより長くできることを知らなきゃ出てくるわけないだろうが。なんだったらソースの中から、自分の珍説にあたるところをちゃんと引用してみせろよ。できないだろうがw

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            マウント口径が同じでフランジバックが違う二つのマウントがあったら、バックフォーカスを論じる場合にはフランジバックが長い方が有利。
            なぜならフランジバックより長いバックフォーカスをとる場合、つまり後玉が鏡筒内、奥に入り込んでる場合は、長いフランジバックの方が大きい後玉径にすることができるから。マウントが物理的な絞りになってしまうってことだよ。
            だから
            >物理的に絶対に不可能君、またまたごまかそうとして恥の上塗り。
            を書いてる御仁はまたまた恥の上塗りだな。

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            ↑ 理屈はそのとおりなんだが、今時バックフォーカスが大幅にフランジバックより長い設計のレンズなんて無いな。
            昔のライツの望遠レンズにはあった。マイクロニッコール105ミリf4なんかもそうだね、あれはベローズニッコールと共通の設計だから当然だが。

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            物理的に絶対不可能くん

            >マウント口径が同じでフランジバックが違う二つのマウントがあったら、バックフォーカスを論じる場合にはフランジバックが長い方が有利。

            珍説では口径が小さくても有利なはずなのに、いつのまにか同じになっちゃったんだ? もう珍説を通り越して支離滅裂じゃないかよw ソースの中の珍説部分の引用はいつ出てくるんだ? ソースがあるある詐欺じゃねえか。

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            ソースあるある詐欺w

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            Eマウントの内径46もないぞ。爪の先端で見るべきでは44もない。実際には最大後玉径はセンサー対角線長さを越えられないからいわゆるテレセントリック性の高いレンズは作れない。デジタル時代の新規格では唯一。なぜ他の規格が充分大きいマウント内径を持って作られたのかを真摯に考えるべきだね。

            • 匿名
            • 2017年 11月 18日

            物理的に絶対不可能ソースあるある詐欺くん

            苦しくなったら今度は爪かよw いくら後からどんどん足してってもごまかせねえんだよ。知らなかったようだが、残念ながらバヨネット式であるライカMマウントにも内爪はある。故に爪を理由にデジタル化以降のライカMマウントがソニーEマウントより有利になるわけがない。自分で物理的に絶対不可能なソースがあると言ったんだから、それがリンクのどこなのか、早く「真摯に」示せよ。やっぱりソースあるある詐欺じゃねえかよ。

    • nroff
    • 2017年 11月 12日

    「こんなのオモチャだよ。プロの仕事には使えないよ」と言われながら、いつの間にか市場を席巻していったものっていっぱいあるんですけどね(特に多いのはコンピューター関連)。

    皆さん薄々気付いているからとりあえずα7IIあたりは導入済みだと思いますけど。

      • 匿名
      • 2017年 11月 12日

      そういう人がα7IIを購入してるからソニーの(販売)シェアが伸びてるんだろう。でもアダプター遊び目当ての人や、キヤノンレンズ持ちの人が安価なα7・α7IIを購入する流れは一段落しただろうし、ニコンもD850を発売、それにつられてD750が好調となってきているから、第4四半期以降の(販売)シェアはニコンが盛り返すだろう。
      所詮、エントリークラスを捨ててシェアを取ろうとしても限界があるんじゃないの?

        • nroff
        • 2017年 11月 13日

        > そういう人が……

        その通りだと思います。その意味でもNやCは自社でフルサイズミラーレスを出しておかないと。
        また、みなさん
        「D850やD750は最後の一眼レフだな。買っておくか」
        と思ってるのではないでしょうか。

    • 匿名
    • 2017年 11月 13日

    SONYのフルサイズは安いし、小さいからね。
    2強もそのうち参入するから、それまで春を謳歌してくださいな。

      • 匿名
      • 2017年 11月 13日

      負け惜しみですね。参入してからおっしゃいなさい^^

    • 匿名
    • 2017年 11月 14日

    大言壮語する社長の愛機が、RX10とかいうブリッジカメラ(笑)じゃ全然説得力ないなあ

    ネオ一眼(笑)とも言うみたいだけど、悲しすぎる自称だよね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

シーズン到来!三脚が必要な紅葉撮影とは?(デジカメWatch)

この世界の片隅へ(その1)(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ