デジタルカメラ情報サイト

画期的なフィルター用アクセサリー、マンフロット「XUME」レビュー(デジカメWatch)

【デジカメアイテム丼】
さっと外してパチッと装着 フィルターをもっと気軽に取り替えよう
マンフロットが国内フィルター市場に参入
フィルター装着が一瞬で!
広角レンズは制限あり
まとめ:いうなればこれは「速写フィルター」だ!
by 今浦友喜

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (13)

    • 匿名
    • 2017年 11月 28日

    >このように標準ズームレンズでは広角ズームレンズに交換すれば良いが、

    意味不明だw

      • 匿名
      • 2017年 11月 28日

      24-70mmの24mm域でケラレるが、16-35mmの24mm域なら大丈夫って事だよ

    • 匿名
    • 2017年 11月 28日

    カメラメーカーやレンズメーカーが先端をマグネット仕様にしてこのように簡単に脱着できるフィルターを業界共通仕様で売れば良い。もしかして特許で独占されているのかな?

      • M-KEY
      • 2017年 11月 28日

      約半世紀前のハッセルCレンズやペンタックス67の純正フィルターは
      バヨネットでワンタッチで着脱できるモノでした。
      (ペンタは少し緩く脱落しやすかった記憶が・・・)
      でも、高価だったので、ハッセルにはB50-58mmのアダプターを
      ペンタックスは67mmのネジ込み式のフィルターを使っていました。

    • 匿名
    • 2017年 11月 28日

    フィルターをねじ込むのがそんなに面倒に感じるものだったとは思わなかった。

      • M-KEY
      • 2017年 11月 29日

      撮影の現場で被写体に応じて、PLやNDフィルターを脱着するのは
      結構面倒で、ついついPLが不要でも付けたまま撮影したくなることも多いです。
      ワンタッチで脱着出来るなら、これまで以上に積極的なフィルターワークが期待できます。

      • 匿名
      • 2017年 11月 29日

      風景撮りなどで状況が秒単位で刻々と変化していく中(カメラは三脚でアングルを固定している事が多い)慌ててNDやPLフィルターをねじ込んでいて落としてしまったことが数回あり、一度は数十メートルほど眼下の谷底に吸い込まれていった事もあります。
      広角域でケラレの懸念が残るこの製品がどこまで実用になるのか分かりませんが、このような何らかの対策製品は切望していましたね。

      • 匿名
      • 2017年 11月 29日

      昔のペンタックスは「ネジマウント」だったこと 知らない人が多いんだろうなぁ。

        • 匿名
        • 2017年 11月 29日

        現役時代を知らなくとも最近のマウントアダプターブームで存在自体を知っている人は多い

    • 匿名
    • 2017年 11月 28日

    カメラが降ってきても取れないのか?相当強力な磁石だな

      • 匿名
      • 2017年 11月 29日

      >カメラが降ってきても取れないのか?

      カメラが降るって状況がよくわからないが、節分の豆撒きみたいにカメラをばらまく行事があるのか?w

      • 匿名
      • 2017年 11月 29日

      「振っても」ってことならば、フィルタを何枚も重ねてない限り問題ないかと

      ちなみに日本で発売が決まってヨドですぐ予約注文したら、発売一週間近く前に家に届いた
      本やなんかと違って入荷したら即売ってよい物みたいですね

      • 匿名
      • 2017年 11月 30日

      記事中の動画のタイトルが誤字で振ってもが降ってもになってたがコッソリ直ってるじゃないか

コメントは利用できません。

「Editor’s Shot! 2017」~カメラ・写真専門誌編集者による競作展~(デジカメWatch)

手書きのカンプがポスターに…次世代「Adobe Sensei」が見せた未来のワークフロー(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ