デジタルカメラ情報サイト

アーカイブ:2017年 12月

Artシリーズでも通用しそうな描写力 逆光にも強い――SIGMA 16mm F1.4 DC DN | Contemporary(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 中原一雄…

詳細を見る

今年のおしまいにレンズを叫んだ患者(その2)(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】 by 飯田ともき…

詳細を見る

新SSD「インテル Optane SSD 900P」はパソコンでの写真編集に効くのか!?(デジカメWatch)

【特別企画】 TSUKUMO eX.computer写真編集向けパソコンでLightroomを活かす「ベストセッティング」はコレだ! 写真愛好家のためのPCがさらに魅力的に進化 マスターズモデルのベースを支える5つの性能  その1.…

詳細を見る

2017年のデジカメを振り返って驚いた(ITmedia デジカメプラス)

2017.12.29

2017年のデジカメを振り返って驚いた(ITmedia デジカメプラス)コメントを受け付けていません。

完成度が高い「これ買っとけば文句も出まい」なカメラはこれ! もっとも挑戦的で未来を感じさせてくれたカメラはこれ! 「ああこの手があったか!」なカメラはこれ 「もうエントリー機はこれでいいんじゃね」なカメラはこれ コンデジは全能感のア…

詳細を見る

デジカメ Watch 2017年 記事ページビュートップ100――話題の尽きなかった2017年、最も読まれたのは?(デジカメWatch)

【アクセスランキング】 1位:ソニー、積層型フルサイズCMOS搭載の「α9」を海外発表 2位:ニコン、1型コンパクト「DL」シリーズの発売中止を決定 3位:最高ISO819200 ミドルクラス一眼レフ「PENTAX KP」 by 折…

詳細を見る

AFは高速で精度も高い 周辺まで高い解像力――Canon EF85mm F1.4L IS USM(デジカメWatch)

【交換レンズレビュー】 by 大村祐里子…

詳細を見る

落合憲弘カメラマンが選ぶ 2017年ベストデジカメ(日経トレンディネット)

動体の撮影性能を重視 【落合カメラマン:第1位】ソニー「Cyber-shot DSC-RX10M4」(RX10 IV) 【落合カメラマン:第2位】ニコン「D850」 【落合カメラマン:第3位】オリンパス「OM-D E-M1 Mark …

詳細を見る

3,000円で買える新品Cマウントレンズの描写にハマる!――FUJIAN TV LENS 35mm F1.7(デジカメWatch)

【私はこれを買いました!】 by 武石修@デジカメWatch…

詳細を見る

プロレベルの動画機能を作例で紹介――LUMIX GH5(デジカメWatch)

【新製品レビュー(動画編)】 by 上田晃司…

詳細を見る

プリントの楽しみを伝える「それいけ!写真隊」金沢会場レポート(デジカメWatch)

【イベントレポート】 テーマは「写真をカタチに」 エプソン社員が地方を巡る by 折本幸治@デジカメWatch…

詳細を見る

三井公一カメラマンが選ぶ 2017年ベストデジカメ(日経トレンディネット)

富士フイルム「チェキ」も選出 【三井カメラマン:第1位】ニコン「D850」 【三井カメラマン:第2位】富士フイルム「instax SQUARE SQ 10」 【三井カメラマン:第3位】富士フイルム「FUJIFILM GFX 50S」…

詳細を見る

「コレ持ってる俺最強」と思っちゃう無双カメラ、ソニー「RX10M4」(ITmedia デジカメプラス)

高倍率でなおかつ明るいレンズが無双 AF追従で秒24コマの連写が無双 超多機能なのでカスタマイズは必須かも by 荻窪圭,ITmedia…

詳細を見る

厳しい設計基準で作られた大口径標準レンズ――SUMMILUX-TL F1.4/35mm ASPH.(デジカメWatch)

【ライカレンズの美学】 by 河田一規…

詳細を見る

写真集「DEEP ALASKA」刊行記念 松本紀生トークライブレポート(デジカメWatch)

【イベントレポート】 雪の中数カ月をかまくらで過ごす…あまりにもストイックな撮影環境が明らかに ひとりで数カ月、電気のない環境で過ごす マイナス40度でも動いたニコン製品 by 折本幸治@デジカメWatch…

詳細を見る

結果発表!「デジカメ Watch アワード 2017」(デジカメWatch)

【デジカメ Watch アワード】 1位は一眼レフかミラーレスか?  1位:ニコンD850(1,979票)  2位:ソニーα7R III(1,758票)  3位:ソニーα9(1,704票) by デジカメ Watch編集部…

詳細を見る

最近のコメント

  • User Avatar2018年4月の新品・中古デジカメ人気ランキング(デジカメWatch)へのコメント(05/22 21:47)
    →にわかに信じがたいな。 使い慣れたシステムをそう簡単に変えられるという神経が分からない。 多少軽いと言っても、せっかく苦労して行って結果が伴わないリスク等を 考慮したら、よほど入念にテストしてからでないと、私には出来ないな。 ことバッテリーに関しては山では非常にデリケートな問題で、 余裕がある方を選ぶのは当然のこと。 いくら軽くたって撮れなきゃお話しにならないんだから。 机上で想像するのとは違う世界なんだよ。 だからこそ相棒といえる機材をホイホイと変えるわけにはいかない。 それが山。自然と相対する私の感覚だな。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 21:11)
    →自然な見えと遅延のない流し撮りのやりやすい光学ファインダ、連写時の歩留まりの良い動体追尾AF、サードパーティ含むレンズのラインナップの多さ(これ一番重要)。ポトレに向かないとのことだけどライブビューでAFすれば良し。
  • User Avatarニコン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:10)
    →ニコンD750 上面・背面カバーにマグネシウム合金を採用 、 プラボディとは違う。 軽量でありながらアルミニウムやマグネシウム合金に迫る強度・剛性を備えつつ、表面外観性にも優れた炭素繊維複合素材
  • User Avatar匿名速い車が勝つのではなく、勝ったチームが速いのだ(その1)(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:06)
    →メーカにとってはそうですが、少なくとも写真を趣味にしている人の大部分はそう思わないはず。
  • User Avatarニコン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 20:01)
    →>というか、6時間もずっと続くスポーツってなんでしょう? よさこい祭りなんかは、どうなんでしょうね。 スポーツとは言わないけど 体全体で踊るのでスポーツに近いですね。 次から次へと踊りのチームが出演するので
  • User Avatarマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:54)
    →人工物は綺麗だと思うけど、自然風景を撮るといまひとつな事はありますね。 後、斜めがやっぱり弱い傾向もある。 自分はX-Transはどうでもよくて色が好きでで使ってます
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:52)
    →バレーボールです。3試合あって1試合2.5時間くらいです。13時ころ始まって最終試合の終わりは22時頃になることもあります。試合間には2時間くらい休み時間があります。覗きっぱなしではなく覗いた時間の合計が6時間くらいですね。 EVF付きのミラーレスを持っていないのでわかりませんが電源の入っている間でファインダを覗いていなければライブビューはオフになるのですよね?
  • User Avatarニゴン好きカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:32)
    →きっしょ
  • User AvatarM-KEYカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 19:04)
    →ミラーレス機の場合は、電池の保ちは撮影枚数よりも稼働時間に左右されます。 3時間ほどのイベントでファインダーをずっと覗きっぱなしはしませんが 休憩以外は電源は入りっぱなしです。 というか、6時間もずっと続くスポーツってなんでしょう? 普通のスポーツの試合でインターバルなしで6時間というのは知りません。 試合形式なら長くても2時間くらいですし、コートチェンジもありますし、 市民マラソンなら制限時間がそれくらいですが、ずっと覗きっぱなし? その間のトイレや食事は? 野鳥や報道の張り込みなら数時間覗きっぱなしはザラでしょうけど。
  • User Avatar釣り好き写真家、レンタルボートで絶景撮影に意欲(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:50)
    →たしかに。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:49)
    →もちろん前のスレでM-KEYさんがそうおっしゃっていたのは覚えていますよ。1500枚も撮れたかは忘れていました。ミラレスが一眼より電池を食うのはレリーズする前に必ずライブビューするからですね。 お尋ねしたいのは1500枚撮ったときファインダを覗く頻度はどのくらいだったのか?なんです。 またずーっとライブビューしていたら(EVFを覗き続けたら)どのくらい電池が持つのか?という疑問があります。 D850でレンズテストのために4時間の間に度々ライブビューをしましたが電池は半分になりました。バッテリは縦グリにD5用のバッテリを使っています。となるとライブビューしっぱなしだと下手すると1時間も持たないかもしれません。しかしD850もソニー製センサだからそんなにセンサの消費電力が違うとも思えないし。外部バッテリは私もやっていたことですので。 私は場合によっては6時間くらいファインダのぞきっぱなしというような使い方をしますので、でもスポーツ撮影とかだったらそういうシチュエーションは結構あるのではないかと思います。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/22 18:47)
    →SB-400とくらべてSB-07は極端に小型軽量ということはありません。 むしろ高さは増えており、赤目やケラレ防止効果は期待できますが 実際の使用時には、SB-07のほうが大きさを感じるハズです。 しかも、SB-07/SB-300はSB-400よりスペックダウンしています。 (私はSB-300発表時に慌ててSB-400を買い足しました) シューを変えなければSB-400所有者はそのまま流用できるし、 大光量やバウンスをしたい時の選択肢もありました。 また、Nikon 1からのユーザーもFマウント機にステップアップする時に スピードライトをそのまま使えるというメリットあります。 というか、互換性のない専用シューの意味がわかりません。 F3が登場した頃、ニコンでTTL調光が可能なのはF3のみで、外光オートが使えれば納得できる時代でしたが、 その後、FAと同時に同じ本体で脚部の違うSB-15/17、脚部を交換できるSB−16や専用のシンクロコードで F3とそれ以外を使い分けるSB-11/14/21があり、これを買う人は少ないだろうと思われるガンカプラーなど システムとしての配慮はしっかりしていました。 Nikon 1 用のΦ72mmのキャップ(LC-N72)はDX18-200mmで使っていました。 Fマウント用のLC−72の倍くらいの価格なのに操作はしずらいし脱落しやすい酷いモノでした。
  • User AvatarM-KEY撮る道具としての完成度が高まったフラッグシップ機――FUJIFILM X-H1(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:58)
    →大きなボケが欲しい時に4/3機にF1.2レンズを使うよりも 35mmフル機にF1.4~1.8レンズを使う方が合理的なように ミラーレス機での超望遠撮影は、あまり利口だと思えません。 70-200mmくらいがミラーレス機らしく使える境目で 400mmを超える超望遠域なら一眼レフを使う方が快適でしょう。 「失格とはいいがたい」どころかCNでさえ300mm以上の単焦点レンズは 特殊な領域で、35mmフル換算で600mm相当の100-400mmまであれば スポーツや野鳥、飛行機などに特化したユーザー以外には十分でしょう。 (いざとなればマウントアダプターも使えるわけですし・・・)
  • User Avatarマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:46)
    →風景撮るとX-transは解像感が低い。ベイヤーのほうがいいじゃないの。 発色についてはベイヤーだろうがX-transだろうが変わらないだろうし。
  • User AvatarM-KEYカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:34)
    →何度か書いていますが、α7 IIでは、動作時間は1時間ほどで500枚撮れなかったのが α7R IIIでは、約3時間のイベントで1500枚ほどは充分に撮れます。 D850だと、その倍以上撮れるでしょうけど、充電できない場所で何日も滞在するのでなければ α7R IIIくらい撮ることができれば不満はなく、ミラーレス機の主旨には合いませんが、 バッテリーグリップを使えば倍の時間駆動できるので、バッテリー問題は解決したと考えていいでしょう。 タイムラプス撮影などのような長時間の連続駆動が必要な場合には、それ用のアクセサリーもあります。
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:32)
    →D850じゃ周辺部にAF測距点が無いのでポートレートに不向きだね。AF精度も中央以外は低いし。 https://dc.watch.impress.co.jp/docs/sony_alpha/1122356.html
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:30)
    →スポーツ撮影しないから超望遠レンズもいらないし 一眼レフのメリットはないなぁ(個人の感想ですw)
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:27)
    →確かに撮影可能枚数についてはD850の勝ちだねぇ。 それ以外D850にはメリット無いのね?w
  • User Avatarカメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:26)
    →>総プラボディで作ってしまったら D750を馬鹿にするなよ!
  • User Avatarnroffマクロも得意な多芸多才モデル――FUJIFILM X-A5(デジカメWatch)へのコメント(05/22 17:17)
    →Fujiの発色は好きだけど、X-Transの解像嫌い、という人は、少ないながらもいるようです。blogや掲示板でときどき見かけます。 別にそういう人のために用意した機種ではないんでしょうけど。 ところで、中判にX-Trans採用しないのは公式はなんて言っているのでしょうか。
  • User Avatar岩清水カメラグランプリ2018大賞は「ソニーα9」(デジカメWatch)へのコメント(05/22 16:20)
    →私はそういうカメラをニコンに出してほしいんですよ。でも無理かな。

アーカイブ