デジタルカメラ情報サイト

円環の理(その1)(デジカメWatch)

【カメラバカにつける薬 in デジカメ Watch】
by 飯田ともき

関連記事

コメント

    • 雇われ息子
    • 2017年 12月 01日

    レンズタンブラーに羊羹ですか。
    本当にやりたくなってきました。

    • 匿名
    • 2017年 12月 02日

    コメントが少ないが、マニアック過ぎてついて行けない?

      • ネガティブD800ユーザー
      • 2017年 12月 03日

      うまいこと漫画にしているので、突っ込むところや否定するところが無く、やり玉に挙げる気が起きないからでしょうかね。

      自分も毎回楽しみにしてます。

      そういえば以前ここで議論が盛り上がった例のキヤノン御用達アニメも視聴を続けています。

      正直やはりキヤノンでなくても、あのようなプロデューサーのこだわりなど発言しなくても全く問題無く成立する良い青春ドラマだと感じ、こちらも毎回楽しみにしてます。

        • ken
        • 2017年 12月 04日

        ネガティヴさん
        (話がズレますが)
        あのアニメ、観なかったな〜!
        面白いんですね。
        作品の中のカメラだと『聲の形』のD3000系が結構リアルだったと思います。
        作品自体も素晴らしかったし。

        今期は『終末旅行』のカメラが気になってます。
        全くのオリジナルですが。
        (外から見て絞りだかレンズシャッターだかが動く描写はありました)
        記録としての写真の役割にちょっと触れたりして。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2017年 12月 04日

          ヒロインの一人が記事のサムネイルの女の子で写真部員なのですが、カメラの蘊蓄を語る場面は全く無く、むしろ「写真」そのものへの思いはきちんと描かれているように感じました。

          そのあたりはプロデューサーのこだわりに納得いくのですが、やはりその先の機種選定にはやはり疑問が…。( ̄▽ ̄;)
          なんでコンデジなの…。
          フィルム時代ならコンタックスT2を使っている的な感覚なのかもしれませんが。

          物語に関わってくる重要な写真は彼女自身のいつもの愛機パワーショットで撮られたものではなく「写真部の備品の一眼レフ」で撮られたものなので、なんというか、きちんと「写真」に取り組んでいる設定も描写もあるが故に「いつもの相棒ではない借り物のカメラで撮った写真」が物語に大きく関わることにモヤっとするというか、ちぐはぐに感じてしまいます。

          ので、キヤノンが後援でキヤノンのカメラばかりが登場すること自体に文句はありませんが、だからといって具体的なカメラの機種の特長を生かした物語でもないため「カメラの設定をあそこまでリアルに掘り下げる必要性は低かったんじゃないの?」とも思います。

          物語自体は高校3年生男女数人の青春群像もので、「聲の形」のようなセンセーショナルさや華やかさはありませんが、静かに進む感じで良いです。

          「終末旅行」は観てないですが、カメラという小道具や写真を撮るという行為が物語上の「役割」をきちんと果たしているのならば、具体的なメーカーとか機種とか関係無くなる好例になりそうですね。

          • ネガティブD800ユーザー
          • 2017年 12月 04日

          「聲の形」、ガッツリニコンD3000系でしたね。
          具体的な型番の描写も無く、液晶が固定ぽいので3000系のダブルズームキットをおばあちゃんが買ってくれたのかな、という位の情報量でしたが、物語上それで困ることは一切無かったですね。

          これを見てから件の「JUST BECAUSE」を見ると、「そんな細かい設定必要だったか…?」と。( ̄▽ ̄;)

          物語には泣きましたねえ。

          去年の映画でレンタルも準新作に落ちた今更ネタバレ禁止でもないでしょうが一応見た人にはわかる程度に書くと、

          病院で硝子のお母さんがやーしょーのお母さんに土下座したところです。

          ふたりのお母さんの気持ちが如何なるものかを考えると、もし自分がその立場だったらと思うと、目頭が熱くなりました。

          声優さん達の演技も素晴らしかったですね。

          硝子の妹の声優さんはエンドロールを見るまでわかりませんでした。
          なんという声と演技の幅…!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

デジタル一眼ランキング、パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」2連勝(ITmedia デジカメプラス)

“オスカーの遺産”「ライカCL」担当者インタビュー(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ