デジタルカメラ情報サイト

“シャボン玉ボケ”で知られる交換レンズ「メイヤーオプティックゴルリッツ」が復刻、日本でも販売へ(デジカメWatch)

1月10日まで大幅値引きのキャンペーンも

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2017年 12月 04日

    オリンパスのF1.2を買える予算があれば、こっちを買いたい

    • 匿名
    • 2017年 12月 05日

    Bokehという言葉は、最近日本語から英語化したと認識しているのだが、このレンズが出た当初はドイツでは何と呼んでいたのだろうか?

      • 匿名
      • 2017年 12月 05日

      ボーゲンシュツットウンシャーファヒルデラーケン。
      日本に入って来た時にボケになったと言う説もあります。偶然だと思いますけどね。

        • 匿名
        • 2017年 12月 05日

        ↑ カタカナではなくて オリジナルのドイツ語の綴りでお願いしたい! w

        • 匿名
        • 2017年 12月 05日

        ダンケ!

        • 匿名
        • 2017年 12月 05日

        > ボーゲンシュツットウンシャーファヒルデラーケン。
        > 日本に入って来た時にボケになったと言う説もあります。偶然だと思いますけどね。

        それ、面白いと思って書いているのか?
        昔のタモリのハナモゲラ語レベルの古ーい幼稚なネタだね。

        マジレスしておくと、焦点外した画像という意味で”Bild defokussieren”とドイツ語では言うんだよ

    • レンズ沼
    • 2017年 12月 06日

    Meyer Optik Goerlitzはoeがoにウムラウトだから、「ゲルリッツ」なんだよね。
    ケンコーももっと勉強しろ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

18.5型の巨大フォトフレームが発売、PC用ディスプレイとしても利用可能(AKIBA PC Hotline!)

風景写真家・中西敏貴さんの「プリントを1,000倍楽しむ! with Canon PIXUS XKシリーズ セミナー・体験会」(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ