デジタルカメラ情報サイト

風景写真家・中西敏貴さんの「プリントを1,000倍楽しむ! with Canon PIXUS XKシリーズ セミナー・体験会」(デジカメWatch)

【イベントレポート】
中西さんのデータをプリントして学ぶサプライズも
参加者1人1人がPIXUS XKを使用
中西流撮影術とは?
中西流作品作りのためのワークフローを披露
「中西さんの写真」をプリントする
自身の写真をプリントしてみる
作品プリントのチェックと講評
by 曽根原昇

関連記事

コメント

    • ニコン好き
    • 2017年 12月 05日

    まあ キャノンの金儲けのための記事だなあ~
    キャノンの本業は、トナーカートリッジとインクカートリッジ屋だと思ってる。
    消耗品ビジネスは、儲かるだろうなあ~

    カメラ?
    これは、消耗品を売るための道具(手段)ですね。

    写真を撮って、どんどん印刷して
    消耗品が売れてキャノンは、ウハウハ儲かる。
    辞められないねえ~ 

      • 匿名
      • 2017年 12月 05日

      ニコンとキャノンで迷ってたけど、あなたの書き込みでキャノンにすることにしました。

        • 匿名
        • 2017年 12月 06日

        ニコン好きは 本当はアンチニコンの工作員なんです。
        彼の書き込みで ニコンが嫌いになったり キヤノンに流れる人が多いんです。
        今のところ彼の工作活動は成功しています!w

          • 匿名
          • 2017年 12月 06日

          トナーカートリッジとインクカートリッジの製造原価っていくらなんだろうか?
          工場で大量生産されてるから1割もないにでは?(根拠は無いけど)
          仮に1割だとすると10倍もの値段で売りつけられてるのでは?(根拠は無いけど)
          ぼろ儲け、ぼったくりにしか見えない。(根拠は無いけど)
          消費税が8%から10%に上がるのは大騒ぎするけど
          トナーカートリッジとインクカートリッジのぼろ儲け、ぼったくりは平気なのかな?
          影でホクホクとぼろ儲けして喜んでいる者(キヤノン)がいるんだろうね。

            • 匿名
            • 2017年 12月 06日

            まあ それを言い出したら「薬の製造原価」なんてもっと少ないだろう。
            カメラの製造原価だって 原材料費で見れば大したことないだろうし。
            時計なんて数百万円のものもざらだけど 原材料費いくらだと思う?

            • 匿名
            • 2017年 12月 07日

            >時計なんて数百万円のものもざらだけど
            こんなの買えるるの1部の富裕層だけでしょ
            それなのに
            キヤノンは、一般庶民からの ぼろ儲け、ぼったくりをしてるんじゃないか?
            つまり
            仮に製造原価が1割だとすると10倍もの値段で売りつけられてるのでは?
            (根拠は無いけど)

      • 匿名
      • 2017年 12月 06日

      オレも。
      こんなのがいるかと思うと、ニコンユーザーでいるのは恥ずかしい。

      • 匿名
      • 2017年 12月 06日

      幸いにもこういう書き込みはCNに関わらず撮れる写真には関係ないし、そもそもこういった人はどこのメーカーのファンにも一定数いるのかもしれませんが、それでも、NikonとNikonユーザーが気の毒になる書き込みです。

      • ken
      • 2017年 12月 06日

      ほとんどの提灯記事は企業の金儲けの為です。
      真っ当な営業活動の一環です。
      利益を求めるのは企業としては間違っていません。

    • 匿名
    • 2017年 12月 06日

    記事広告は否定しないが、p日本には公正な立場でレビューできる媒体が無く
    それを補うのが、ここのようなネット上のコミュニティなんだが
    実際に使って評価ならともかく、使ってもいないのに誹謗したり
    根拠のない賛辞など、結局はメーカー信者同士の不毛な争いに終始してしまう。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

“シャボン玉ボケ”で知られる交換レンズ「メイヤーオプティックゴルリッツ」が復刻、日本でも販売へ(デジカメWatch)

超広角レンズ「SIGMA 14mm F1.8 DG HSM」専用リアフィルターホルダー活用術(デジカメWatch)

最近のコメント

アーカイブ